スタッフブログ

令和時代の小学校がすごい! 「ICT教育」を取り入れた"未来の教室"に潜入してみた

1200x800_sns.jpg

みなさん、「学校」というと、どんな風景を想い浮かべるでしょう。

深い緑の黒板。風に踊る大きなカーテン。靴箱に並ぶ白い上履き。
机の上に開かれた、ジャポニカ学習帳。

学校に想いをはせるほど、たくさんの思い出が浮かんできますね。なつかしい。


ところで。
そんな学校に今、「革命」が起きていることを、ご存知でしょうか?

その革命は『ICT教育』。パソコンやタブレット、インターネットなどの通信技術(ICT)を活かした、まったく新しいかたちの授業のことです。今、全国の小中学校でICT教育の導入が始まっており、一部の学校では、すでに本格的に取り入れられているとのこと。
※ICT:「Information and Communication Technology(情報通信技術)」の略。

「教室から黒板がなくなる」とか「ジャポニカ学習帳はもう使わない」とか......。わたしたちの懐かしの学校は、これからどのように変わっていくのでしょうか。そして、そんなハイテク学校で生活する子どもたちの様子は......めちゃめちゃ気になりますよね!

百聞は一見にしかず!ということで、学校現場に潜入し「未来の学校」の実態を取材してきました。

どん。こんにちは! はじめて記事を書かせていただきます、武藤紗貴子です。

普段は、発達障害のある子どもたちへ音楽のレッスンを開いているわたくし。実は、特別支援学校の“元教員”でもあります。学校が今どんな進化を遂げているのか、この目でたしかめたいと思います!

ということで、やってきましたのは、いち早く未来へ歩みを進めているとうわさの、尼崎市立下坂部(しもさかべ)小学校 。もしかしたら古き良き学校の風景が変わってしまっていて、ショックを受けないだろうか、と不安を感じながら門をくぐります.....ドキドキ。

「ごめんください〜!」
「こんにちは! おまちしておりました。」

今回、学校を案内してくださる杉本浩美校長先生です。

武藤
今日はよろしくお願いします。
校長先生
ようこそ。お答えできることであればなんでも聞いてください!

楽しすぎてやめられない!? 早速出会った、未来の授業

ご挨拶のあと、学校見学へ。廊下に張り出された子ども新聞が、小学校を小学校らしく彩っています。良かった、古き良き学校だ! そう安堵した、そのとき。

「ピコン、ピコン、ピコン。ティローン♪」

学校では聞き慣れない楽しげな電子音が、どこからか聞こえてきます。まるでゲームセンターのような……これは……もしかして授業をサボって遊んでる生徒が!?

校長先生
「あ、これは2年生の授業の音ですね。一緒に見に行きましょうか。」


案内いただいた教室の引き戸に手をかけ、ゆっくりと、中をのぞくと……

「ピコピコ、ピコン。ティロリーン♪」

わぁぉ! 教室中がピコピコ音に包まれています! そして生徒はタブレットに夢中! これは一体……!?

校長先生
プログラミングの授業です。2020年から必修化された新しい科目ですね。

早速、未来の教室らしい授業を目の当たりにしました。具体的にどんなことをやってるのでしょう。……ちょっとのぞいてみましょうか。どれどれ。

「進む」「ジャンプする」などのアクションを、パズルのように組み立てています。実行ボタンを押すと、キャラクターがその通りに動き、正しい組み方をすれば、ミッションがクリアできるようで……みんなすごく集中してます! 廊下で聞いたピコピコ音は、これだったんですね。サボってるなんて疑ってごめんね。

ここでわたし、あることに気づきました。

武藤
みんな、それぞれ画面が違う。どうしてだろう。
校長先生
それは、やってる課題がみんな違うからです。この授業は「自分に合ったやり方とペースで学ぶ」という学習スタイルなんですよ。
武藤
えっ、みんなと一緒じゃなくていいんですか! 新しい!!
校長先生
はい。課題をどんどん進めてもいいし、一歩一歩着実に進めていってもいいんです。

生徒1:レベル3-2わからんわ〜。

生徒2:3-2とかめちゃ余裕やったわ。おれもうレベル4やで〜。

武藤
(あ、未来の教室にも、小学生らしい会話が……(笑))

「キーンコーンカーンコーン」

生徒:え゛ーーーーーーー!!!!! もう終わっぢゃっだーー!

武藤
えーー!!  休み時間に入りたくないブーイング.....⁉

ICTで「自分のペースで学べる授業」に! 兒玉先生にインタビュー

ここで、プログラミングの授業を担当する、兒玉崇先生にも話を聞いてみました。

武藤
学校に「革命」が起きているのは本当だったんですね! 教室に鳴り響くピコピコ音、授業が終わったことに大ブーイングの生徒たち……どれも新鮮で、びっくりしました。
兒玉先生
いつもあんな風に、にぎやかに学んでるんですよ(笑)プログラミングは「とにかく実践してみる。だめだったらもう一回考える」という姿勢で授業しているので、「やりたい」と思えるのはすごく大事なんです。
武藤
なるほど。するとゲームのように触りたくなることも大事な要素なんですね。
兒玉先生
そうですね!

武藤
それに、「自分のペースで学ぶ」も衝撃的でした。わたしが教員の頃は、学校ではやりたくても難しいとされていた学習スタイルですよね。どんな仕組みなんでしょう?
兒玉先生
生徒のタブレット端末が、わたしの手元にあるパソコンと通信しているので、生徒が今どのレベルをやってるのか、把握できるようになったんです。「あ、行き詰まってるなー」と思ったら個別で指導できるし、全員に向けて解説することもあります。
武藤
なるほど、困ったときにすぐサポートできる仕組みがあるから、個別学習がうまくいくと!

武藤
すごいなぁ。もうタブレット一台あれば十分ですね。小学生のランドセルの中身が、鉛筆とノートじゃなくて、タブレットになるのかもしれませんね……。
兒玉先生
ははは。鉛筆とノートは、これからも変わらず必要だと思いますよ。筆算や計算式のように、手を動かしながら考えるものは、やっぱり紙の方が優れています。

校長先生
本校ではプログラミングだけじゃなくて、算数や社会の授業でもICTを活用していますよ。
武藤
ICT革命が、一般教科にも⁉ ぜひ見学させてください!


社会の授業にもICT!? これまでになかった新しい歴史の学び方

お次は6年生の社会の授業。今日のテーマは「南蛮貿易」! 担当の、宮里先生が教えます。さて、どんな発見があるんでしょうか。

宮里先生
はーい。今みなさんに南蛮貿易にまつわる巻き物を送りました。
武藤
巻き物……!?
校長先生
タブレットに巻き物の画像が送られましたね。

宮里先生
届きましたか? じゃあ、「調査の時間」をはじめます!画像を見て、気になったことを好きなように調べて、それぞれのノートにまとめてください。

先生の合図で、生徒は慣れた様子でタブレットを手にとり、インターネットで調べはじめました。資料集とタブレットを、交互に見ている生徒も。みんなどんなふうに調べてるんだろう。ちょっとのぞき見を……どれどれ。

こちらの生徒は「南蛮貿易で日本に伝わった文化」を調べてますね。

そもそも「南蛮」がどんな意味なのかを掘り下げる生徒も。なるほど、言葉が好きなのかな。わたしも言葉から調べる派かも。

さらに、この貿易で日本に伝わった「鉄砲」から派生して、「鉄砲で、戦はどんなふうに変化したのか」について注目する生徒も発見。マニアックな調査もおもしろい!

武藤
みなさん、独自の視点で調べてて見応えがありますね! でも、切り口が本当にバラバラで大丈夫ですか?

校長先生
はい、みんな違うのがいいんですよ。ここからが先生とICTの出番です!

「ピピピ、ピピピ。(タイマーの音)」

宮里先生
はーい。ここからは「共有の時間」です! ノートを送ってきてくださーい!


教室前方の大きいモニタに、みんなの調べたものが次々に表示されていきます。

宮里先生
いいですね〜! Aさんは、まず南蛮貿易の「南蛮」ってなんだろうって、調べてくれてたね。発表お願いします!

宮里先生
貿易で取引されたものを調べた人も多かったですね。代表してBさん、お願いします!

宮里先生
なるほど、ありがとう。さあ、これがCさんの調査につながりますよ。Cさんは、輸入された「鉄砲」がどんなふうに影響したのか、「貿易と戦国の世」の関係を調べてくれました!発表お願いできるかな?
武藤
あ、さっきの生徒だ。マニアックな調査がクリーンヒットしたみたい!


そんな調子で、生徒が自分なりに調べたことを発表するたびに、教室がどんどん活気にあふれていきます。そして先生は、出てきた情報をホワイトボードにまとめていき、気がつけば……

宮里先生
みなさんありがとう! これで「南蛮貿易」がまとまりましたね!
武藤
バラバラに調べていたことが、ひとつの線でつながった!
宮里先生
じゃあ、最後に教科書を開いて、確認してみましょう!
武藤
なんと! 教科書を読むのが一番最後なんですね!

そして授業後、板書の写真を撮る生徒たち。わたしが小学生のときなんて、書くの遅くて、黒板をうつすことに必死だったなあ……。ちなみに、ちゃんとあとで、自分なりにノートへまとめるんだそうです。

ICT教育が子どもを変えた!? 社会の宮里先生にきいてみた

授業スタイルも革新的だけど、生徒の取り組む姿勢も素晴らしい! 生徒にとってのICT教育の魅力ってなんだろう。先生に、くわしく話を聞いてみました。

こちら、さきほど社会を担当していた、宮里篤実先生です。

武藤
社会の授業、素晴らしかったです! なにより生徒たちが楽しそうでした。
宮里先生
ありがとうございます! 授業をしているわたし自身もめちゃめちゃ楽しいんですよ。
武藤
はい! 伝わってきました! なにか秘訣があるんですか?
宮里先生
「生徒たちと一緒に授業を作りあげる感覚」を大事にしてます。たとえばさっきの「共有の時間」では、なるべくたくさん生徒の意見に光をあてて、それぞれが調べてくれたことをまとめていきます。完成したとき、みんなの達成感がすごいんですよ。

宮里先生
あと、発言するのが苦手な生徒の活躍する場面が増えています!手を挙げるのは恥ずかしくても、この授業スタイルになってからは、生徒同士もノートを見れるし、自分の意見が取り上げられるのはやっぱり嬉しいし、自信になってるみたいで。
武藤
素晴らしいですね!
宮里先生
さきほどのクラスにも、大活躍してる生徒がいるんですよ。もともとは控えめな性格で、コミュニケーションも苦手なタイプだったんですが、ある日、ICTを使って社会の小テストを作ってきてくれたんです。クイズみたいな感じなんですけど、それがすごく好評で!

宮里先生
それから毎回作ってきてくれて、授業の最後にやるのが恒例になりました。自分が作ったものを、みんなが楽しそうに解く様子に触れて、彼女も披露するのが楽しみになって、なんだかすごく成長したなって。
武藤
(先生が本当に嬉しそうに語っていて、わたしもうるっとくる……)

武藤
ところで、ICT教育って慣れないうちは準備とか大変そうな気がしますが、どうやって乗り越えたんですか?
宮里先生
下坂部小学校では、ICT担当の先生と教科の担任が、二人三脚で授業を作ってるんです。わたしは兒玉先生とコンビを組んで、今日の授業を用意しました。
武藤
プログラミングの兒玉先生ですか! 頼もしいですね!
宮里先生
そう! わたしは、やりたい授業内容をカリキュラムにまとめて、それを兒玉先生にお伝えするまでを担当。資料に使う画像の準備や、生徒との送受信など、システムまわりはすべて兒玉先生が準備してくれます。
武藤
導入のハードルはチームワークで解決されたんですね!

 

未来の教室でも変わらないものとは。最後に校長先生にきいてみた。

知れば知るほど、先生にとっても、生徒にとっても、ICT教育はあたたかい。ますます進化を続ける未来の教室は、このさきどんなふうになっていくのでしょうか。最後に、今日一日案内していただいた校長先生に、お話をうかがいました。

校長先生
今日はいかがでしたか?
武藤
わたしが教員をしていた頃からとても変わっていて、嬉しい驚きばかりでした! ICT教育を通して、先生方の大事にしたい「教育論」が見えてきた気がします。
校長先生
それは嬉しい! ICTはあくまで手段なので、それを通してどんな学習活動を目指すかが本当に大事なことなんです。

校長先生
人にはそれぞれ個性がありますよね。手先が器用な人、運動が上手な人。じっくり考えるタイプもいれば、まず動くタイプもいる。得意も不得意も含め、一人ひとりに合ったやりかたで、子どもの可能性を伸ばしたいと思うのです。
武藤
わぁ......。そうやって聞くとやっぱり革命ですね! たとえば、今は全員同じ宿題だけど、今後は一人ひとり内容が違うものになっていく……なんてことがあるのかも。
校長先生
はい。これまでは、限られた時間の中で個別に宿題を作るのは不可能でした。でもICT機器やAIを使いこなせば、「きめ細やかな教育」を提供できるようになります。本当の意味で、一人ひとりと向き合う教育が実現できるのです。

武藤
校長先生……今日聞いておきたいと思っていたことが、もうひとつあります。
校長先生
なんでしょう?
武藤
学校が未来へ進化していく中でも、「変わらないもの」はなんでしょうか? 古き良き学校も大好きなので、どこかで「変わらないでいてほしい」と思う気持ちもあるんです。
校長先生
そうですね……いろいろあると思いますが、「先生の役割」……ですかね。

武藤
先生……ですか?
校長先生
はい。教師の役目はこれからも変わらないと思います。わたしの持論ですが、教師は知識を与える人ではなくて「考えるきっかけを与える人」です。

「なにを?」「なんのために?」そんな風に問いを投げかける。思考を深めること、ときには立ち止まること、他の人の意見を聞くことなど、いろんな視点に気づかせる。それも教師の仕事だと思います。

ICT教育の時代になっても、子どもたちと毎日一緒に過ごし、たくさんのきっかけを与える。わたしたちの役目は、ずっと変わらないと思います。
武藤
生徒たちの違いを尊重しながら、考え方の可能性を広げる。わたしもひとりの教育者として、すごく大切な言葉をいただきました。ありがとうございます!

 

まとめ

未来の教室を取材してわかったこと。それはハイテク技術によって学校にもたらされた、「みんなに嬉しい革命」でした。生徒はのびのびと楽しそうに学び、遊ぶ姿が見られ、先生からは「ひとりひとりと向き合う教育」への情熱を感じられました。

校長先生は最後に言いました。

「社会に出ると、正解が用意されていない問題ばかり。自分らしさを出し合って、協力してゴールに向かう力が求められます。だから学校でも違いを尊重し「それもいいね」とお互いを認め合うことを大事にしたいのです」


変わるものと、変わらないもの。
子どもたちが、自分らしく育っていけるように。
かつてわたしたちに注がれた先生たちのあたたかいまなざしは、未来の教室でも変わらず子どもたちに向けられていました。

企画・編集:人間編集部
撮影:納谷ロマン
協力:下坂部小学校のみなさま

武藤紗貴子
ライター: 武藤紗貴子
1990年生まれ。特別支援学校の音楽教諭を経て独立。発達障害のある子どものための音楽教室「ツナガリMusic Lab.」を神戸に設立。発達支援を取り入れた音楽レッスンを通して、子どもたちの「できた!」を引き出す社会起業家。



156 件のコメント
107 - 156 / 156
루리코
루리코さん
ルーキー
のぶこ02
ルーキー
今の時代の子どもが羨ましいです。私も、参加したかったです。
もも27717
ルーキー
時代の移り変わりの速さ!
a.k.o
a.k.oさん
ルーキー
これからITの時代ですね!
myu11
myu11さん
ルーキー
小さい時から、タブレットPCに慣れるといいですね!
家庭環境によって 縁のない子も学校なら平等に学ぶ事が出来ますね!
やっさん0
ルーキー
そんな取り組みもあるのだと勉強になりました。
これからの時代は、どの分野でもICTの活用は避けて通れないですよね。その意味でも、小学校のうちからICT環境に慣れておくことは意味があるんだろうなと感じました。
8933
8933さん
ルーキー
すごい
ジンさん
ルーキー
今の子たちは良いですね。僕達の時代もこれだったら良かった。
ボーカ口イド
Gマスター
うちらの頃は無かったものばかり...💦
ちょっと羨ましいな❣

がっこの先生もICTの活用能力が必要になるので、
けっこう、たいへんなんだな~と思いました。
でも、専科の先生が居ると心強いのでは。
子どもたちのために頑張ってくださいね🎹
kyo-kosan3
ルーキー
いいですね。
mamako19
mamako19さん
ルーキー
アナログ育ちなんで、うらやましい
upochan
upochanさん
レギュラー
ついていけないー(T∀T)
ayumu_88
ayumu_88さん
ルーキー
時代は変わったな
yumi15
yumi15さん
レギュラー
今の学校のIT化はすごいですね…私も今の時代に生まれたかった…
焼きまんじゅー
ルーキー
新時代!
Sophie
Sophieさん
ビギナー
私も学校従事者ですが、公立学校でコロナの影響でICT活用は急速に進めています。
ただ、受けられる内容やスキルは自治体や学校、教員によって左右されてしまいます。
子どもたちにスキルの格差がでないように、日々教員の研修にも時間が費やされています。医療従事者同様に教育関係者にも手当てが必要かと思います。
いなかもん
Gマスター
もっと最新の設備の学校があるのになぜここなのか( ゚Д゚)
含め 伝えたいものがよくわかりません…ですたい 
けったん86
ルーキー
わたしの時代とは全然違う…
pag
pagさん
ルーキー
もう少し遅く生まれたかったなぁ、と思いました笑
ためのん
ルーキー
これからの時代は必要になりますね!
そうたぱぱ
レギュラー
今後は鉛筆とノートが必要なくなる時代ニなりますね。
なつきやん
ルーキー
これからは必要な時代ですね!
おかきょう
ルーキー
先が楽しみですね!
おまぐち
エース
教科書も鉛筆も、アナログなコミュニケーションも必要ない時代になりそうで寂しいなあ
りゅうりゅう777
ルーキー
ありがとうございますいつも!!
ばななめろん
SGマスタ
読んでいて個人的に「結局使う手段の問題」と感じますし、従来型(板書なりアナログ的なインプット/アウトプット)だとすぐには結果が出ない反面、「奥深く個々人で思考することが出来る」ところもあるので、うまく組み合わせて使うのが正しいんだと思います。

昔々、一時期話題になった「enchant MOON」というデバイスがありましたけど、それを世に出した清水亮氏が、人間の思考パターンと絡めて寄稿していたものがあります。

●清水CEO自らが語る、enchantMOONとは何だったのか? (ASCII.jpデジタル)
https://ascii.jp/elem/000/000/927/927743/

これを読んで「ああ、なるほど!」といろいろ腑に落ちた所はあります。
手を動かすことと頭を使うことって連動させないと効果が出ない、と言われますけど、確かに人間のアウトプットはアナログ的なものが多いのでそうなるよなあ、と思いました。

今後とも学校教育ってさらに情報化が進むようなので、うまく回っていくと良いですね。
これも「未来への投資」ですので。(^^)
スラッダ
ルーキー
進化してますな~!!
ツダトモ
ルーキー
これからの時代、必要ですよね。
東京のダイスケ
エース
おもしろい!
ehiro00
ehiro00さん
ルーキー
なかなか面白かったです。
でも、課題に対し生徒が調べてまとめ、それを元に話し合うのなら、教師はいらないのでは?
とよiPhone
ルーキー
こどもにもmineoをもたせたい
まっつん777
ルーキー
子供の学力向上にはいいものだと思います。ただ、これが推進されると視力低下の若年齢化は間違いなさそうですね。
しょっとバァ
ルーキー
時代も進化しましたね
にゃっち
ルーキー
時代が変わったなぁ。ペーパーレスと言われても重要な書類は紙で打ち出し確認しないと頭に入らない。
画面だけで理解できる子供達、脳の何かが違うんだろうな。
先生の役割が大切と考えているのは良かったです。学校は勉強だけでなく、人との接し方や社会ルールを学ぶ場でもありますからね。
morino_kuma
ルーキー
時代が変わればスタイルもどんどん変わっていくのですね!今はコロナ過だけど、ワイワイしながらの授業も捨てがたいなあ!
taku☆
taku☆さん
ルーキー
その10年後はどうなってる事やら。
ibakazyu
ibakazyuさん
ルーキー
まじで日本は遅れてる
ケツゲバーガー
ルーキー
ハイテクや
yuki0123
yuki0123さん
ルーキー
やっぱり、気持ちは江戸生まれを自認する身としては寂しい感じはしますが、でも!こういう事が発達すると地方と、都会との差や、どこでいても同じような教育の機会やチャンスが得られる良い一面もあるよなぁと!この先は上手に取り入れていける世の中になりますように!
ふぉるつあ♪
レギュラー
凄い時代がきてるな…
KMATI
KMATIさん
ルーキー
自分の子供にもこんな授業を、受けさせたいです。
GJL
GJLさん
ルーキー
教師は考えるきっかけを作る人かぁ、、こういう授業なら受けてみたいな!
ひよこらぼ
ルーキー
私の幼少期とは全然世界が違いますねー。一人一人の進捗状態で進めるって羨ましい。それに共に作り上げる授業っていいですね!
つじ05
つじ05さん
ベテラン
良いです
ayandy
ayandyさん
ルーキー
おもろい!
ちびにゃん25
ルーキー
勉強が楽しくなりそうですね!
すいーとぴー
レギュラー
わたしのすんでる街はこんなに進んでないです。うらやましいなぁ。
Nagano Eiji
マスター
.     👑
.  ✳️✳️✳️✳️
.  ✳️
.  ✳️✳️✳️✳️  
.  ✳️    ✳
.  ✳️✳️✳️✳️ th

#マイネ王6周年おめでとう!
貝殻タカヤ
Gマスター
流石、大阪 南蛮貿易!
与謝野晶子も宜しくね。((笑))
コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。