【終了~雑談中】もうすぐIIJmio meeting中継が始まります

他社情報ですが、もうすぐIIJmio meeting中継が始まりますよー。

本日13時半〜
こちらで見られるはずです。
http://iijlive.ipcasting.jp/miomtg/sp/

テーマなどはこちらに記載されています。
http://techlog.iij.ad.jp/archives/2138

今回のトークセッションのテーマ
・みおふぉん教室 「格安スマホ選び2017」
・SIMロック解除とMVNOの話
・IIJmio タイプA SIMとSIMフリー端末について

ご興味のある方は是非。


---------
終了しました。

資料はこちらから。
(IIJmio meeting 14資料公開)
http://techlog.iij.ad.jp/archives/2148


個人的には、「au網とMVNO」がめちゃくちゃ面白かったです。
mineoの人にも役立つ内容だと思います。
資料、是非見ましょう〜。


  • はてなブックマークに追加

コメント 175

>Kanon好きさん
>もしかすると、IIJmio meeting9で交換機上のトラフィック制御パラメーター
>のチューニングで速度が改善したというのがありましたが、伝送遅延を
>入れている事かもしれないなと感じました。

確かにチューニングでおおむね改善したと言っていましたね・・・
おそらくその頃から意図的な遅延を多く入れて捌くようにしていたのでしょう。


パケロス回避だ安定性だと言うと聞こえはいいですが、
そもそもはIIJさんがユーザーを詰め込んでいるのが原因なのですよね。
それを低コストで捌くためにユーザーにPing値低下を強いているわけで・・・(´`)

今回の話を聞いて私はユーザーの視点ではあまりいいやり方には思えなかったので、
mineoにはあくまでユーザー増加に応じた帯域幅増強をベースで調整してほしいです。

>わんだゆさん
伝送遅延ですが、どのMVNOもある程度は入れていると思われます。
今の料金では、お昼休みにPOIが混雑しないような帯域を確保することは絶対にできないです。また、MNO(キャリア)には、そもそもPOIというものがないので、一か所に通信が集中することがありません。
おそらく、MNOより高い料金にしてそのすべてを回線増強に費やしても、昼休み時間帯はMVNOのPOIはある程度混雑し、MNOより快適になることは無いと思われます。(ただし、空いている時間帯であればMNOより快適になる可能性は十分あります。)
伝送遅延は、混み具合に応じて適切な値にする方が、結果としてユーザーの環境は改善しますし、スピードテストの結果もよくなります。
多少Ping値が小さくても、パケットロスが発生してしまっては、体感は非常に悪くなりますし、(実効的な)転送速度も落ちます。
確固たるな証拠はありませんが、閑散時のスピードテストの結果を見ると、mineoはOCNやIIJと比較して、一人当たりの帯域は同程度かむしろ広いと思います。

FREETELのSIMが、あんな安い値段で混雑時でも速度低下が少ないと言われていますが、伝送遅延などのチューニングを入れて速度低下を回避しているということならば、FREETELのSIMで混雑時、PING値を計測してみると凄く大きくなっているということなのでしょうか?

>Rudyさん
独断と私見で答えます。
Freetelは評判をよくするためにスピードテストや特定のアプリを優先して速度を早く見せているところもあるので、よくあるスピードテストの結果ほど早くないように思います。とはいえ、全然遅いわけでもないです。

FREETELのMVNEはDTI(Freebit系)で、品質より安く大量という感じなので、帯域当たりの価格は安いでしょうね。
http://www.y-tanabe.net/archives/2897.html
そのぶん、パケット繰越もつい最近までなかったり細かいサービスはなかったですが。
あと、FREETELは、端末も独自開発して端末のみの販売もしているので通信サービス以外の売り上げもあります。そのため、回線コストは多めにかける余裕があるように思います。
あとは、FREETELの事業会社である、プラスワンマーケティングは近々IPOをめざしているので、積極的に投資して事業拡大していると思われます。ユーザ数が少ない中で赤字覚悟で増強すれば、回線コストの割合は相対的に高くできるように思います。
IPOのために、MVNO事業も評判をよくしてイケイケドンドンな感じでやっていますが、いつまで続くかちょっと気になっています。

一方で、OCN,IIJ規模(mineoも)になれば、MVNO事業単体で採算が取れるようにしないといけないので、回線にかけられるコストもほぼ一定の割合になると思います。

補足です。

>伝送遅延などのチューニングを入れて速度低下を回避しているということならば、FREETELのSIMで混雑時、PING値を計測してみると凄く大きくなっているということなのでしょうか?

スピードテストブーストは特定のアプリのポートやスピードテストサーバーのみ優先している可能性があります。スピードテストだけプレミアムコース状態という感じですね。
技術的に回線のチューニング周りは、DTI(Freebit系)と同様でしょう。
freetel自体は、端末とマーケティングに力を入れていると思います。

>ベルりんさん

ご回答ありがとうございます。

FREETELのスピテブーストの噂は常々耳にしますが、どこまでが本当なんでしょうか?
そのような小細工をしているという決定的証拠のような情報はいまだかつてお目にかかったことは、ないですよね。

ベルりんさんも仰るように
>とはいえ、全然遅いわけでもないです。
…なわけで、あの安い値段で昼間は「全然遅い」と言えるmineoよりは速いわけで、そこが不思議っちゃ不思議なわけです。

時折、横浜駅西口やら何処やらでの測定結果とやらが記事になっていますが、毎回同じような測定方法で速度の棒グラフを見せられるばかりで、果たしてPING値などはどうなの?という情報は相変わらず全くナシですね。その程度の情報でもあれば伝送遅延を意図的に行っているかなどの推定材料にもなりそうなのですが。

>FREETELのスピテブーストの噂は常々耳にしますが、どこまでが本当なんでしょうか?

たとえば、こことかスピードテストアプリと、画像やyoutubeでのdownload速度を比較して判断しています。
http://androidlover.net/mvno-speed-test
-----------
FREETEL SIMはスピードテストの結果ほど体感の速度が速くないことが度々ある状況です。今回の測定でも、12時台は1Mbpsを超えているにもかかわらず体感速度はかなり遅いです。

当サイトへのコメントにも、スピードテストほどの速度がブラウザやYoutubeで通信時に出ていないという指摘があります。
実際のアプリ毎の速度を計測してみたところ、FREETELはブラウザとYoutube、アプリのインストールで速度を制限していることが分かり、スピードテストブーストと言われても仕方ない状況になっています。
-----------
スピードテストの測度結果と、画像ファイルやyoutubeのdownload速度が一致しないという報告はいろいろなところで見かけます。
実際は、スピードテストブーストというより、youtubeや画像ファイルへの測度に上限があって、スピードテストのサイトには速度の上限をかけていない、といった設定をしている可能性があると思われます。
今のホームページにはないですが、少し前までfreetelはスピードテストで業界最速レベルというを全面的に宣伝しており、そのためにもスピードテストの結果をよく見せたいというのがあったと思います。
最近は、それもなくなってきて速度も落ち着いてきたように思います。

ちなみに、スピードテストブーストでは、転送速度を早く見せるのがもくてきであって、PING値ではないと思うので、PING地についてはわかりません。PING値が小さいほうが転送速度も速くなる傾向がありますが、そうでない場合も多いので。
とくに混雑時には、PING値を小さくするよりほどほど遅延を入れるほうがパケットの流れが整理されてスピードテストの結果が安定する(結果として数字もよくなる)可能性があります。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1701/31/news123.html

「SIMロック」は悪なのか?――その歴史を振り返る
IIJが開催したファンミーティング「IIJmio meeting」で、SIMロックの歴史と現状を振り返った。SIMロックは悪なのか? 必要なものなのか?

-----

ご参考まで。

>ベルりんさん
伝送遅延について詳しくありがとうございます。
帯域増強だけでは混雑しているのが現状ですし、意図的な遅延を入れる事が
必ずしもユーザーにとって不利益とは限らないのがわかりましたが、
低遅延はLTE通信のメリットでもあるのでやはりそこに頼ってほしくないな・・と思いました。
確かに混雑していないときの速度を見るとmineoは愚直に増強ベースでがんばっているように見えますね^^

時間帯当たりの帯域購入ができるようになる事がブレイクスルーになると思ってたのですが、
最近はそのあたりの議論をめっきり聞かなくなりましたね。

IIJmioが意図的に入れている「伝送遅延」について、今ひとつ理解できていないので、どなたか教えて下さい。

意図的に遅延を入れるとは、具体的にどんなイメージなのでしょうか。
パケットロスを防ぐ為にバッファを持ち、キューに入れている=遅延
という事なのでしょうか?
そのバッファの保持時間を長く設定するのが、意図的な「伝送遅延」という事なのでしょうか?
輻輳時には、キューの設定時間をかなり長くする、とかいう事なのかな?

それは、PING値で判断できるのですか?
PINGは送信データ量が少ないからパケットロスの影響を受けにくいからという事でしょうか?

mineoは、そういった遅延を入れていなさそうか、入れていても小さい、という印象なのですよね?
それは、同じDL速度の場合に、mineoはPING値が良い(速い)から、という事で判断できるのでしょうか?

意図的な伝送遅延を入れると、DL速度に比べて、PING値が悪く(遅く)なりやすいという事なんでしょうかね?

>さとさん
帯域制御はいろいろとありますが、今回の場合は通信経路の途中にあるPOIが問題なっているので、難しい問題がいろいろあります。

帯域制御については以下なんかを参考にしてみるとよいでしょう。
http://www.fujitsu.com/jp/products/network/security-bandwidth-control-load-balancer/ipcom/material/data/3/1.html

ここでは、
1.クラシファイ (classifier)
2.アドミッション制御(admission control)
3.シェーピング(shaping)
4.キューイングとスケジューリング(queuing & scheduling)

の4つが紹介されていますが、遅延をわざと入れるというのは、シェーピング のことになります。シェーピングをしないと、POIの混雑度合いにかかわらず、端末やサーバーから通信したい分のパケットがどんどんくるので、最終的に帯域からあふれてパケットを破棄するしかなくなります。溢れる前に通信速度を抑えてもらうために、シェーピングをします。

賢いシェービングなら、空いているときは遅延を少なくしてどんどんパケットを通し、混雑し始めたら遅延を長くするなど動的な制御をしてくれます。
パケット破棄が起きると、通信が失敗し再送となるので、実効的なスループットは極端に落ちます。LANなどは十分通信速度が速いので、パケット破棄はほとんど起きません。一方、モバイル通信や特にMVNOのPOIでは、混雑時の帯域は絶対的に足りないので、パケット破棄が頻繁に起きていると思われます。

ちなみに、パケットロスが数%おきただけで、転送速度はガクンと落ちるはずです。(スーマちゃんさんがどこかにグラフだしてましたね。)
どのくらい落ちるかは、条件によって全然変わってくるので一概に言えません。

とにかく、PING値を多少よくするより、パケットロスを起こさないようにする方が重要なので、(シェーピングの為に)多少の遅延を入れるのは必要なことです。昼休みの混雑時のような状態を考えた場合は、遅延を入れたほうが、ベンチマークの結果もよくなると思われます。

ベルりんさん

ありがとうございます!
凄くよくわかりました。

そうですか。POIのように、帯域が広い所から狭い所へ接続されている場合は、シェーピングという制御が使われるのですね。
来たままの速度で全部受けてしまっては、溢れてしまうから、という事なのですね。

紹介してもらった帯域制御入門のサイト、図付きでわかりやすいですね。
ありがとうございました。

意図的な遅延の件については瓶に水やBB弾をを移すときに漏斗を使ってプールからカップでどんどん流し込む状態を想像すると分りやすいですよ
この場合漏斗=POI、カップ=各々の通信要求、プール=MNO側ネットワークと思ってください。
何も考えずに来たものをそのまま直ちに漏斗に突っ込むとカップが一気に届いた時には漏斗からあふれてしまい、零れた分をもう一回持ってきてもらわないといけなくなってすごく手間が増えます。そんな状態になったら一時的にカップを持ってきても列に並んでいてもらい、漏斗が溢れないように様子を見ながらカップを流し込む方がマシになります。しかしこの状態では列に並ぶ分カップが空になるのは遅くなります(=pingの悪化)
そして並ぶ場所にも限りがありますから無限に待っていてもらう訳にはいきません(=バッファのサイズやタイムアウト)からある程度の漏斗のサイズが必要なわけです。
あとは瓶のサイズや太さ(=MVNOのプロバイダとしてのバックボーン)が持つかどうかの世界でしょうか。
後は優秀な受付係(=高性能なシェービング制御)がいれば暇なときは列を短くしたり、ヤバくなる前に列を長めに出来たりするから空いてる時はより快適という

#IIJの場合瓶の方が池でプールの方がビニールプールみたいになりそう

guunerさん

なるほど、帯域のボトルネックのイメージを漏斗に例えるとわかりやすいですね。

漏斗=POIという事は、POIには必ずバッファがあって、常に待ち行列が発生しているということですね。

その待ち行列の処理の仕方の一つがシェーピングという事なんですね。
込み具合によって自動で調整できる場合もたるのですね。

IIJの場合、「池」というのはプロバイダーとしてのバックボーンが太いという事ですか?
プール(MNO)がビニールプールとは?
どういう意味なんでしょうか?

人数に対するPOIの太さというのは、どこのMVNOも似たり寄ったりですよね?恐らく。

IIJの場合プロバイダとしてのバックボーンの太さは異常なレベルにありますのでこっちは超広大です、下手するとMNO側の網がビニールプールみたいに小さく思えるってことですね。実際はauやDoCoMoの内部ネットワークも一般的な基準では特大サイズに入るのでしょうが比較対象が…

#勿論IIJ mioに全部割り振ってるわけではないですよ

因みに契約人数に対してPOI側をどの程度確保するかはMVNOによって考え方が変わるとは思います。
ある程度負荷(というか通信の発生時刻や通信量)分散が出来ていて契約数が十分増えてくると回線の利用効率は一般に良くなり、トラフィックも平準化が見えてきますから後はミクロなスパイクを設備側の工夫でどのくらい均せるか(或いはある程度を超えたらスッパリ諦めるか)によっても同じくらいのユーザの利便性を確保する為にユーザ一人あたりに用意すべき設備は変わり得ることになります。ユーザの利便性なんてどうでもいいから詰め込もうとか、逆に品質重視でとかいうパターンまで含めると(ry

#某詰め込みまくり事業者には猛省を促したい

gunnerさん

詳しくありがとうございます。
IIJの場合プロバイダとしてのバックボーンの太さは、auやDoCoMoの内部ネットワークに比べて、そんなに凄いのですね?知りませんでした。

mineoもIIJも、昼時の通信速度はほとんど変わらないので、人数辺りの帯域幅って同じ位?と考えていましたが、、、
法人契約などで、通信量が分散されている可能性も考えられますね。

MVNOの価格はどこも似たり寄ったりなので、通信品質も似たり寄ったりなのかなあと思いきや、結構差があるものなのでしょうか。
某詰め込みまくり事業者ってどこだろう?

>さとさん
>某詰め込みまくり事業者ってどこだろう?
幾つか思い当たる事業者がありますが、
最近、ソフトバンクとの交渉で話題のあの事業者は有名です(^^ゞ

Kanon好きさん

あ、わかった。
あそこは個人向け撤退しちゃいましたね。
評判悪かったみたいですねー。

なるほど、MVNOの線の細さで、客の事を考えてくれなかったら、本当に通信不可能レベルになっちゃいますもんねー。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。