050 IP電話と VoIP-Out の国際・通話料金の比較 - 2018年8月 -

モバイル・IT

messageImage_1533885255375.jpg

久しぶりに IP電話の通話料金・比較表を更新してみました。


*実際の通話料金・課金では、1秒単位、30秒単位、1分単位、3分単位など色々ありますが、上表ではすべて 単位 = 円/分 に換算してあります。

*為替レートの変動や、四捨五入、税込有無 等により、正確さに掛けることがあることをご容赦ください。目安くらいの感覚で参照して頂きたいと思います。 実際に IP電話の利用に際しては、サービスごとの最新情報を利用者ご自身で確認されるようお願いします。

* NextPlusの SMS は世界中から受信可能ですが、送信は米国内のみに限定されます。


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 4

おぉ、これは分かりやすくて良いですね。(^^

投稿者 kc_iOS9.2.1

>kanon好き さん
コメント、ありがとうございます。

IP電話と一口に言っても、海外で利用する場合には、相手国によって料金的に結構大きな差が発生したりします。 

IP電話は、国内サービスですよね 海外からIP電話回線で日本に電話した場合は、国内通話になります  例えば台湾から台湾の回線に電話した場合日本から台湾に電話している金額が課金されるはずですネ

投稿者 kc_iOS9.2.1

>Koushiさん

>IP電話は、国内サービスですよね

う~ん、言われている意図を正確に掴みきれませんが…
表中の SMARTalk, Brastel, LalaCall は+81-50-xxxx-xxxxの番号を持つ日本のIP電話ですが、DingTone, NextPlusは +1-xxx-xxx-xxxx(米国)や、+44-xx-xxxx-xxxx(英国)、他、オーストラリアやベルギー等の番号を取得することのできる外国のIP電話です。


>海外からIP電話回線で日本に電話した場合は、国内通話になります

はい、その通りです。
+8150-IP電話(日本のIP電話)の場合にはどの国に居ようと、+81宛ての通話は国内通話料金が課金されることになります。


>台湾から台湾の回線に電話した場合日本から台湾に電話している金額が課金される

はい、その通りです。
+8150-IP電話(日本のIP電話)の場合にはどの国に居ようと、+886宛ての通話は台湾宛通話料金が課金されることになります。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。