名称未設定_1.png

  • mineo技術・サポート

9月のネットワーク状況とプレミアムコースのトラフィック影響について

気まぐれトラベラー@運営事務局

ライター:気まぐれトラベラー@運営事務局

mineoの技術系業務担当。

  • はてなブックマークに追加

お久しぶりです。プレミアムコースのトライアルが始まり、日々のトラフィック分析が楽しみなマイネ王 運営事務局の気まぐれトラベラーです。今回は9月のネットワーク状況報告を行い、速度低下の要因考察やプレミアムコースのトラフィック影響についてお伝えします。

9月のネットワーク状況について

<Aプラン>
9月当初は少し混雑している状態で、増強によって少し回復、しばらくするとまた少し混雑するといった状況が続いておりました。天気で例えると「少し晴れ間がある曇りの日」といったところでしょうか?9月末に大幅増強を行いましたが、じわりじわりと混雑し始めています。来週11日に再度大幅増強を行いますので、もうしばらくお待ちください。

<Dプラン>
8月の大幅増強が大きく効いており、しばらく快適な状況が続いておりました。天気で例えるなら、「雲一つない快晴」です。10月当初のトラフィック増も考慮して9月末に星3つの増強を実施しました。

※増強スケジュールについては、「公開データ(マイネなう)」にて掲載開始しました。逐次更新していきますので、こちらも合わせてご確認ください。
公開データ(マイネなう)ネットワーク

速度が遅くなる要因について

増強予定の記事を投稿すると「増強工事が終わったとアナウンスされているのに、ぜんぜん快適にならない!!本当に増強しているのか?」という声をいただくことがあります。
ここでは、一般的に通信速度が遅くなる要因はどのようなものがあるのかについて解説させていただきます。

①端末の性能(処理速度、対応周波数等)
②端末付近の電波状況
③基地局が混雑している
④キャリア(ドコモやau)のネットワークが混雑している
⑤POI帯域が混雑している。
⑥mineoネットワーク~インターネットが混雑している
⑦接続先の不具合

通信速度が遅くなる要因は大きく上記の7つに分類されると考えています。
この中でmineoが要因となるのは「⑤POI帯域」「⑥mineoネットワーク」です。⑥は余裕をもって設計をした自社設備のため混雑要因にはなりませんので、⑤が混雑しないように日々増強(POI増強については前回の記事を参照)を実施してトラフィックを調整しています。
どこにいてもmineoユーザーだけが遅い場合は⑤が要因である可能性が高く、トラフィック量に対してPOIの帯域が小さかったということになります。
逆に端末や場所が変わると快適になる場合は、主に「①端末の性能」や「③基地局の混雑」が要因で速度が遅くなっている可能性があります。

特に大きな駅の近くでは、ただでさえ人が多いのに電車やバスが頻繁に出入りしています。最近では、ほとんどの方がその中でスマホを使用しており、それが移動してくるので駅付近の基地局は混雑していることが多いようです。

プレミアムコースの影響について

10月よりプレミアムコースの有料トライアルが始まりました。プレミアムコース用の専用帯域を設けたことで、通常トラフィックへの影響を心配されている方がいらっしゃるかと思います。ここでは改めてプレミアムコースのトラフィック影響についてお伝えします。

・通常のmineoユーザーは通常帯域を、プレミアムコースのユーザーはプレミアム帯域を利用する。
・プレミアム帯域からあふれた分は、通常のmineoユーザーと同じ条件で通常帯域を利用可能(通常帯域内では優先度は同じ)
・プレミアム帯域が余っている場合は、通常のmineoユーザーもプレミアム帯域を利用可能(プレミアム帯域内ではプレミアムトラフィックが優先)

プレミアムコースの開始にあたって通常帯域を減らしたわけではなく(下図①)、プレミアム専用帯域を別に構築しています(下図②)。

基本的には通常トラフィックは通常帯域を流れ、プレミアムトラフィックはプレミアム帯域を流れます。万が一、プレミアム帯域からトラフィックがあふれた分は通常帯域に流れることになりますが、通常帯域でプレミアムトラフィックが優先されるわけではなく、同じ条件でトラフィックが流れます。そもそも通常帯域はプレミアムユーザー分も含めて帯域を設計しておりますので、あふれてきたプレミアムトラフィックが通常トラフィックに及ぼす影響は少ないと考えています。

また、プレミアム帯域が余っている場合は、通常トラフィックもプレミアム帯域を利用できます。プレミアム帯域があふれなければ、プレミアム開始前に比べて通常トラフィックが使用できる帯域はむしろ増えることになります。

なお、プレミアムコース開始如何にかかわらず、通常帯域の増強基準に変更はありません。これまで通り増強を実施していきますのでご安心ください。

これからも快適な状態を維持できるように増強を行っていきます。今後ともmineoをよろしくお願いします。


気まぐれトラベラー@運営事務局

ライター:気まぐれトラベラー@運営事務局

mineoの技術系業務担当。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 123

勉強になります_φ( ̄ー ̄ )
Dプラン快適です

image.png

今日のお昼
新丸ビル
えープラン
こんなもんです

こんにちは。

>天気で例えると
>「少し晴れ間がある曇りの日」
>「雲一つない快晴」
これ直感的でわかりやすいですよね。

現在のネットワークがどうであるか、まさに天気予報の如く、
mineoサイトのどこかにリアルタイムで表示できていたら、
ちょっと面白いかもしれませんね。

pon

Aプランの回線増強が後手後手に回ってるのは
Dプランより接続料の卸値が高いのが影響してるのでしょうか?

プレミアムは現在200名しか使っていないと思うのですが、それでも時間帯によってスピード差が見られるのはなぜでしょうか。
通常領域と分かれているならそんなことにならない気がしてしまうのですが。
プレミアム領域がすでに溢れるような、帯域を占拠するような使い方が見られたりするなどでしょうか。
少し気になったのでコメントしてみました。

9月からdプランについてですが快適になりましたが、理由があったんですね。
今月から有料トライアルに当選しましたのでさらに快適となりました。

本記事中「速度が遅くなる要因について」の内容は,折に触れて各所で注意を促すべきと考えます。

よろしくお願いします。

勉強になります。
Dプランで利用中です。
私の使い方では、今のところ困ったことはないです。
ありがとうございます。

退会済みメンバー
退会済みメンバー

Dプランです。低速度は増強とか関係ないのですか?

d通常回線の高速モードで使っていますが、上り回線のスピードにムラが大きく、数秒間トラフィックが止まる現象が多発しています。
下りに対して上りが不安定な原因は何なのでしょうか。
安定的に5Mbps程度を出るようにしていただきたいです。
昼休みなど混雑時は諦めますが、深夜早朝でも上り回線の不安定さがあることを認識してほしいです。
ちなみに他社SIMでは問題ありません。

難しい内容ですがじっくり読めばよくわかる説明ですね。どうもありがとうございます。
今後も積極的な情報開示をご期待いたします。

dプランです。

「雲一つない快晴」とは何をもって仰っているのでしょうか?たしかにそう例えられる時期もありましたが、現在は以前と同様の最低品質の速度に戻っています。具体的には、昼休み、夕方から夜にかけての時間帯は使い物になりません。例えるなら「台風」です。
トラフィックがどうとかの説明は言い訳にしか聞こえません。前にも話しましたが、そういうのはもういいので言葉ではなく行動で示してください。

Dプランは9月に入ってから爆速で問題なく使えたにゃ!プレミアムコースも1回線で契約予定にゃ!!

こういう情報開示は重要にゃ!やっぱり包み隠さず情報を伝えるのは安心できるにゃ!

自分は速度重視派ではないので、春先の掲示板に『遅い』のコメントが溢れる状況だけは避けて頂ければと思います。

ただ、プレミアムは上記の説明で理解できる方がいるのでしょうか?。
自分は脳が足りませんので全く理解できません。

自分は遊園地のプレミアムチケットのようなもので、料金を多く払うので、待ち時間なしで割り込んで乗れる・・・みたいなものだと勝手に考えています。

割合が少ないから影響が少ないのであって、影響がない訳ではないのでは?。それを影響ないかのようにコメントするのはどうなんでしょう?。

自分の認識が間違っていますでしょうか?。

画像、説明はわかりやすいです(^ー^)

でも、ん~通常帯域に流れ込んじゃうプレミアムコースってどうなの?って思います(^_^;)
200名でも発生してるんでしょうか?それともユーザー有料試験の扱いだからなのか…💧
基地局の混雑は納得です。横浜川崎は通り道イマイチですから…(笑)

トラフィックの仕組みの説明ありがとうございます。
こういう説明を随時して頂けるところがmineoのよいところだと思います。

それはそれとして、こういう解釈でよろしいでしょうか?
プレミアコース会員が使うプレミア帯域において、帯域が一杯になったら、通常帯域に流れ出る、しかも、通常帯域に流れたプレミアコース会員は”通常帯域に設定されたプレミア帯域”へ優先的に流れる、”わけではなく”、通常帯域を使うことになる。

もしこの解釈が間違っていなければ、プレミアコース会員さんがお怒りになるのも無理はないと思います。

やはり、余計に金を払ってでも速さを求めてる以上、オプション料金を払ってない人と同じ帯域を使うのは不快だと思います。そのための追加料金ですから。

しかし格安simと言われるサービスで、3大キャリアと同じ環境を求めるのは如何なものかと思いますし、それが実現可能かどうかも疑問の残るところ。

そんなに早い回線をお望みなら、3大キャリアと契約すればいいんじゃないか、と思いますけどね...

本日、どこかのサイトで、お客様は神様だろが!とゴネたオヤジに、コンビニに高級ホテル並のサービスを求めるのは無理がある、と多くの人がTwitterで反論した、というのを読みましたが、それと同じだと思いますね。

回線増強という努力はしてもらってるので、それに不満であれば3大キャリアに行けばいいのはと思います。ただ、mineoとしても、プレミアムコースとしてオプション料金的な設定をしてる以上、プレミアコースの会員は通常コースの人と同じ帯域を使わせるのは如何かと思います。

解釈や仕組みの理解が間違ってたら、駄文です、ごめんなさい。

結構、遅い遅いと言う言葉を目にしながらも私が全く問題なく快適に使えているのは、

1.Aプラン
2.使っているスマホが電波を拾いやすい?(SHL23)
3.都心の割と電波状態がいい場所で使っている
4.節約モードに慣れた

からですかね

スマホを買って、mineoに入って2年が過ぎ、そろそろスマホのバッテリーの持ちが悪くなってきた気がするので、他の機種に換えたいと思っています
快適さが損なわれない機種を選ばないといけませんね
もっとau VoLTEが使えるSIMフリー機がたくさん出て欲しいです

私はAプランを利用していますが、最近はやや遅くなってきている印象です。
ですので、来週11日の増強楽しみにしています(^^

ところで、最近BIGLOBEさんではパケットロス、パケット再送を低減する
NECのトラフィクマネジメントソリューションを採用したみたいです。

・BIGLOBE SIM、NECの通信トラフィック制御技術を採用
 ――通信速度を最大2倍に
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1610/05/news114.html

Dynamic TCP Optimization(D-TCP)と呼ばれるものが具体的にどんな
処理を行っているのかがこの記事だけでは不明瞭ですが、パケットロスや
再送を減らしてPOIの帯域を効率的に利用するというのは良い様に思います。

もちろん、POIの帯域を増強する事が第一だとは思いますが、この記事を
見ていてパケットロス・再送を減らしたり、割当帯域を出来る限り使い
切れるようなチューニングを行う余地はないのだろうかと、技術的な
可能性を常に探る探る探究心は大切かなと思いました。

プレミアム帯域の話については、上乗せ料金の+800円の収入で帯域の
購入が成り立つのなら、影響が無いと言い切れるのですが、人数制限が必要
な限定サービスという事になると、一般ユーザーからの収入や社内の持ち
出し分で賄っている様に見えるので、この説明だと納得されない方が
多くなるでしょう。

しかしながら私は、mineoさんが一般ユーザーに対し影響は影響は無いとの
言葉を信じたいと思います。(^^

大変な事もあるでしょうが頑張ってください! 応援しています。(^^

だいぶ前から何度も何度も「どの地域でも遅いならmineo原因だが、地域で差がある場合には基地局原因の可能性大」と折に触れて言ってきたつもりですが、そのたびに「そんなことはないはずだ」と言ってくる人がいたはんで、これで少しはメンバーの理解度も進むのかな。
プレミアムコースの帯域についても無料トライアル開始前から再三再四「通常帯域とは別途に」と言っているのに「プレミアムのせいで通常が遅くなった」と根拠のない決めつけで書くメンバー、自身で判断もせずにそれを受け入れ文句を言うメンバーがおりましたが、今回こそはそのような人にも理解してもらえますかね。

通常帯域に流れるのはプレミアムが詰まっても通信出来るようにする安全装置的な感じですかね

コンスタントな増強はとてもよい試みだと思います。ひとつお願いがあるのですが、速度制限中のアップロード速度が今一つです。アップロード、ダウンロードともにきっちり200kbps出してほしいです。ocnみたいに300kbpsとまではオーバーなことは求めませんので、よろしくご検討ください。

このような情報公開とても良いと思います。
ただ、ユーザーにまっすぐなmineoだからこそあえて苦言を呈したいと思います。
mineoの基本姿勢は良いと思いますし、回線増強も他社より頑張っていると思います。しかし、単純にネットワーク状況を「天気で例えるなら、「雲一つない快晴」です。」と言ってしまうと、かえってユーザの反感を増やすと思います。
ユーザは、実際に使っている時の速度低下が起きている原因を全体の傾向から推測することはできても具体的に知る術はありません。
mineoに責任のない速度低下があることは理解できても、実際に遅くなっているユーザは、「雲一つない快晴」といわれたら、心情としては反感を持つのではないでしょうか?
仕組みを説明することは良いのですが、表現の仕方が問題のように思います。素直に、POIの帯域に余裕があった、余裕がなかったと言ったほうが誤解が少ないと思います。もしくは、「POIの状況が「晴れ」でした。」くらいの方が良いと思います。細かいことですが、昼間の混雑時間帯や局所的混雑で遅い人はいるわけで、「雲一つない」とは言えないはずです。
あと、プレミアムコースと通常コースの帯域を分けていることは理解できます。ただし、通常回線を減らしていないといっても、プレミアムコースに割り当てている帯域を通常コースに割り当てれば、通常コースをもっと増速できるはずで、「増やせるものを増やせない」という影響はあると思います。
今は試験サービスで、赤字状態でも通常コースの帯域の増速も変えていないのかもしれませんが、最終的には売上に見合うコストをかけて回線を増速するしかないはずで、「プレミアムコース開始如何にかかわらず、通常帯域の増強基準に変更はありません。」と言われても、継続して提供するサービスの理由としては信用できません。
プレミアムコースの感想のコメントにも書きましたが、プレミアムに割り当てる帯域が今のプレミアム料金に見合うようには思えず、一部のユーザしか恩恵を受けられないサービスに思えてきました。また、⑤、⑥以外の速度低下がどれくらい起きているかも見極める必要があると思います。
今のままプレミアムコースを本格運用しても、通常コースとプレミアムコースの両方のユーザーに不満が増えるのではと思います。

長々と書いてしまいましたが、

・プレミアム帯域は、プレミアム料金分だけ増えます。
・プレミアムコースは希望者全員に提供可能です。

ということであれば、信用できると思います。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。