thumnail.png

  • アンケート

アイデアラボ運用ルール見直しのご意見をください!!

スイーツ王子@運営事務局

ライター:スイーツ王子@運営事務局

マイネ王の業務統括。

  • はてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。スイーツ王子です。

コスパ王からマイネ王の統括業務を引継ぎ、早2カ月がたちました。この2カ月間、マイネ王漬けの日々で、ずっと頭の中はどうすればマイネ王がよくなるか、皆さんに楽しんでいただけるか、ばかりを考えてきた気がします。
中でも、アイデアラボについては、上田やもねおと共に、皆さんのコメントも拝見しながら、運用方法の見直しについて悩んできました。皆さんもお気づきのように、日を追うにつれアイデアラボに投稿いただけるアイデア数が減っており、投票を通過するアイデア数も減ってきています。タイミングとしては少し遅くなってしまいましたが、ルールの見直し案について、皆さんのご意見を広くお伺いするために今回記事を立ち上げました。

アイデアラボの目的と問題点

改めてにはなりますが、アイデアラボの目的は、「①今まで散在していた皆さんのアイデアを集約できる場所を作り、②みんなで意見を出し合うことでそのプロセス自体も楽しんでいただきながら、③私たちmineoスタッフだけでは思いつかないような面白いサービスを一緒に創っていく」ことです。
ただ、現状では多くの問題を抱えることとなっています。その理由として事務局が感じているのは大きく2つ。

1つは、投票システムが機能していないこと。
投票システムは、皆さんの総意をアイデア実現の採否に反映させる目的で導入しましたが、今ではほとんどの投稿がユーザー投票で見送りになっている状況です。皆さんのアイデアは私たちも全て目を通していますが、見送りとなったアイデアでも面白いと思うものもありますし(実際に見送りの中でも実現しようとしているものもあります)、一部、投票システムの弊害が出てしまっていると感じています。。

もう1つは、mineo側で実現できるアイデア数に限界があること。
いいアイデアをいっぱいいただいたとしても、mineo側のキャパ(コスト、マンパワー)に限界があり、それほど多くのアイデアを実現できないということも分かってきました。特に、システム変更を伴うものは半年~1年かかり、その優先順位争いも熾烈なのが実情です。そういった事情から事務局判断の見送りも当初多かったことが、1つ目にあげた投票システムの機能不全を招いたとも言えるのかもしれません。

事務局で考えた問題点と解決策案

理想像と現状の問題点を整理すると以下の図のように考えています。

section2_image

先にも述べましたが、投票によりアイデアが見送りになってしまうこと、事務局側のキャパの都合で実現できる数に限界があること、この2つがボトルネックになり、負のスパイラルに陥っているのではないかと考えています。

改善の方向性

これらの問題を解決して、みんなが楽しく参加できた結果、良い・面白いサービスが生まれるアイデア ラボとなるよう、私たちが考えている改善策は以下のとおりです。

1.投票制度を廃止し、全アイデアを事務局で受け付ける。
 いろいろと議論した中で、私たちの実運用に一番近いと判断したのがこの運用方法です。投票見送りになったものでも事務局で面白いと思えば採用することもあり、そもそも投票自体が正常に機能していないところがあるため、廃止する方がよいのではないかという考えです。その代わり、注目度のバロメータとしてアイデアへの「ナイス」機能は残そうと思っています。このルールであれば、ユーザーの皆さんも反対意見ではなく、こうした方がもっと良くなるんじゃない?という建設的な意見も出やすいのかなと思っています。ただ、こうした場合2つ目の問題点にどう対応するのかが問題になります。

2.実現できるアイデアの量にどうしても限界があることもご理解いただいた上で、可能性を感じるアイデアには丁寧に事務局見解を伝える。
 投票制度を廃止すると、全て事務局判断になります。そうなると今どんなステータスなのか、事務局はどう受け取ったのか、また、なかなか実現されないことにフラストレーションが溜まるかもしれません。正直に言いますと、ここには根本的な解決方法はありません。まずは案件の種類によって(例えば、Webサイトの更新であれば比較的容易で、システム改修が伴うようなものはハードル高いなど)ハードルの高さが異なることや、限られた予算・マンパワーの中で優先度をつけながらやっていくことになること、などをアイデアラボ投稿時に理解いただけるようにすること、(こちらが重要な点かと思いますが)投稿された意見に対し、そもそも事務局が目を通したのかどうか、可能性があるのかどうか、を皆さんに理解いただくように説明するしか解決策はないと考えています。
とはいえ、すべての投稿にコメントを返そうとすると、逆に定型化してしまい、思いの入っていないコメントになってしまいます。これらを踏まえ、今は開発に着手、もしくは実現が難しいものを含むキラリと光る面白いアイデアに対してはどういう点がいいと感じたのかも明確にし、思いをこめてコメントするという方向でどうかと考えています。

下図が見直し案のイメージになります。

section4_image

ご意見をいただく期間とその間の運用

今回大きく2点の問題を取り上げました。皆さんもいろいろご意見があろうかと思いますが、まずは、2週間程度を目安にコメントいただければありがたいです。
また、こちらは大きな判断になりますが、今のまま運用していてもルールが変更になった場合、皆さんに議論・投票いただいた結果が有効に活用できませんので、一旦、新規アイデアの受付を停止させていただこうと思います(投稿済のものは今まで通り運用)。
その間にいいアイデアが思いついた方は掲示板(王国広場)に投稿いただければと思います。
なお、新規投票受付の停止期間は、①いただいたアイデアから見直し案を作成(2週間)、②社内議論により見直し案を確定(1週間)、③見直し案に向けたシステム改修の期間(2週間)を踏まえ、1カ月程度を見込んでいます。

最後に

皆さんが、掲示板などでアイデアラボに対する熱い議論をしていただいているのは拝見しており、本当にありがたい気持ちと、イヤな思いをされた方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そのような状態を改善するために、また、アイデアラボがmineoと皆さんにとって良い結果を生み出す素敵な場所となるように、私たちも一生懸命考えていきたいと思いますので、どうかご意見よろしくお願いいたします。いただいたアイデアをもとに10月中旬ごろを目途にリニューアルオープンいたします!!

スイーツ王子@運営事務局

ライター:スイーツ王子@運営事務局

マイネ王の業務統括。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 175

151 - 175 / 175

提案そのものですが、どんな形にせよ、利点と欠点はあるのでなかなかまとまらないと思いますが、良い形になることを祈っています。

さて自分ならとの思いですが
提案をするにあたり気軽に提案と言う思いも有るようなので、提案に関してはテンプレート式かな。定形外も可能でもあるので。
提案以降に関しては
まず提案されて議論が始まりますが、議論に並行して(3日程度)「要望」「提案」の判別期とします。
なぜ議論と並行かというと、提案されて一番議論が活発な時期が3日~4日程度なので、同時進行としています。
違反報告ではありませんが「要望・提案判定スイッチ」を設けて、ユーザーが要望だと思えば要望スイッチで報告
運営側が判定期に数字と内容と議論、提案者の回答などを判断して、「要望で提案まで昇華できない」「過去の提案と全く同じ」などとと判定したらそこで議論も含めて終了。
その提案はユーザーの要望としての意見に集約する。(廃棄ではない)」

提案と判定されたら引き続き1週間から10日を最低議論期間として議論。
《最低議論期間終了後》
議論取りまとめ期間(1週間程度)提案者が選択をしなければ議論は継続。
提案者は
1.議論を取りまとめ、投票に移行する
2.提案見送りにする(自主見送り)
3.議論継続する(追加で1週間程度)

以上のどれかを1週間以内に判断、決定する。
提案者がどれも選択しなかった場合は「かき捨て提案」として提案は廃案とし無投票で否決(書き逃げ禁止措置)

投票は誰でも投票が望ましいのですが、議論活性化のためにも、議論参加者とID連携者のみの投票

このような感じを考えました。

指標

多分、これって正解はないと思います。
アクティブユーザーのアクションを等倍してもズレは生じます。
問題はそのズレの幅ですよね。
押し通せばどこかに無理が生じます。

なので投票でなく、事務局判断とされたのは共感します。

おそらく今後も試行錯誤は続くと思います。
指標判断も徐々に、ゆっくりと改善を図って行って良いと思います。

間違わない=正解ではない

間違い探しではなく正解(の一つ)探しをしてるんです。

私は先の発言で「緩やかにフェードアウトすべし」と書き込みましたが、スイーツ王子さんの次の書き込みを拝見して、発言を改めます。

【以下スイーツさんの発言】
またまた個人的な意見ですが、私はアイデアラボはやめたくありません。
見送りになっているアイデアでも、やってみたらオモシロそうというもの
もありますし、そういうアイデアがある以上はルールを改善して続けたい
です!!
【引用終わり】

ここはとりあえず、スイーツさんが提案の中で述べられている改善案に沿って進行させることにして、様子を見て遂次手直ししながら・・・ということにしてはどうでしょうか。

本来ならそれこそ事務局でここの発言者の中から一定数の人たちを非公開で選び一堂に会してもらって、いま流行の「有識者会議」的ななものを開き、改善案を議論しながら纏めてもらうのが最上だと思うのですが、費用や時間などの面で難しいのか、とも思います。

ということで、当面はスイーツさん提案の改善策の通りに実施していくということでやむなしと思います。

んー、提案のハードルを下げて雑多な案件全てに目を通し目に止まったもの全てにコスト算定をするだけのリソースを割くって、現実的にかなり困難な気がするんですよね。
いきなり投票を廃止して全てを運営が受けてヘイト集めるリスクを負うより、投票あり(廃案にはしない)で投票上位から算定していく。やっていく中で全てを負えそうならその時点で再度投票廃止を検討する。
が現実的だと思います。

ユーザーの提案を全て受け付けて、コメントするか検討するかを全て事務局が判断するという事務局改善策では、「ユーザーと共に」とは名ばかりにならないかと危惧します。

そこで、コメントするしない、検討するしないの基準をユーザーの賛同数200以上とかいった明確なラインにする必要があるんじゃないかなあ…と思う次第。

勿論、ユーザーの賛同数200以下のものでも気になる提案があれば、どしどしコメントしたり検討を進めてもらって結構なのですが…

気概のある運営ならば、
「投票で基準をクリアーした提案だけしか検討できないなんてつまんねーや!
全部おれらに検討させてくれや!」
と思うのが普通でしょうね。

いままでの仕組み、提案者どころか運営スタッフのモチベーションも削ぎ落としてたんでは?

もし、検討するのが億劫で、イヤイヤ検討してるような運営さんなら、今までどおりのような投票制度を維持して、片っ端からぶった切ってチョ!

アウトプットの質を上げるためにインプットの量を制限するって仕事では当たり前のことなんですけどね

常設にせず、期間限定開設とするのはいかがでしょうか?
例えば、毎月7日間だけ投稿できるとか。
そして、アイデアラボの運営自体も毎月見直していけばいいと思います。

期間限定はいいかもですね。ブラッシュアップしたい人はそれまでの間で個別に広場で意見を募ればいいし。
常設でなければ運営もその期間に向けてリソースコントロールすればいいわけだし。

>アウトプットの質を上げるためにインプットの量を制限するって仕事では当たり前のことなんですけどね

インプットの時点で質が下がってたら元も子もないですよ。

議論は好きじゃない、したくない、という人も多数います。そういう人は議論はすっ飛ばしてくれたほうが提案しやすいはずです。
そういう人はここに案を書くこともしないでしょうから、私が書いときますね。
議論は(「相談」等と名を変えたとしても同じこと)したい人だけすればいいと思います。

勘違いや間違いが多々あると思いますが一言。mineoが国内3キャリアに対し3年後どの立ち位置に居たいのかスタッフの理想モデルを毎年1回オープンしそれに沿ってまたは反してアイデアを募集しては如何ですか?サービス コスト 技術 3キャリアとの差別化
理想モデルとのギャップ の観点からスタッフの一次仕分けの結果を先にオープンにしてからアイデアを募集しては如何ですか?

ざっくばらんですけど、思いつきで一つ提案いたします。

Q&A(王国教室)や掲示板(王国広場)の投稿後、編集画面に<ラボに投稿する>みたいな連動する仕組みがあったら良いナ、と思います。
思いつきですので、細かな仕様とかはまだ考えていません。

発案者とスレの編集者を別に設けられませんでしょうか?

現状ではアイデアラボに投稿した提案者のみが提案を編集出来るんですよね。
言い換えるなら、提案者が編集してくれないと他の人がいくら議論しても提案は変わらない。もし提案内容に問題があっても修正されないし、問題に対しての改善案が提示されても提案に含まれない。

その辺りの事情があるために「議論に参加しないならば議論にならない」みたいな意見も出てくるわけで、だったら「要望と提案を分けよう」とおいらが言ったのは4日前のこと。

でもきっとそれにも抵抗がある人はいる。「分ける必要がない」とか「議論を強制するな」ね。

だったらもう編集する人を分けちゃおう。
議論を強制するなと言うならば提案に至らない要望については発案者は発案者としてその後ノータッチでもいいから、他の議論したい人たちが議論して編集者がまとめればいい。

いかがでしょうか。

現状への不満のみを吐露するのは違うと思うので、無い知恵絞って改善策をひねり出してみました。

「提案」と「要望」を分けるのは明確な基準を作るのも難しく、また、守られる保証もないですが、その一方で、「議論(によるブラッシュアップ)をしたい」か「横やりはノーサンキュー」かは、投稿時の自分の心に明確にあると思います。

例えば投票見送りになった自案で「mineo有料ファンクラブ設立」というのがあります。これなんかは中身を運営とユーザーとで語り合うのが楽しいと思っての提案ですので、これが議論なく運営だけで話し合われるならとても味気ないと感じます。
一方、例えば「5分話し放題プラン」という案があったとして、運営ならともかくユーザーに否定される筋合いはないと感じる人も少なくないでしょう。

ですので、提案の段階で「議論」か議論をしない「投票(ナイス)」かを選べるようにしてはどうでしょうか?
共に期間は一週間として、どちらも足切り基準は設けずにストック入り。「議論」ならその盛り上がり、「投票」ならその得票を選考基準の一つとして運営が総合判断の元、次のステップに進める案をチョイスする。

議論には運営も参加してもらえるとベターですが、リソース的に困難でしょうから、ストック入り後に運営が面白いけどもう少し煮詰める必要があると感じたものを運営が議題に上げて議論を行う。これは運営が管理し運営主導で進行することになります。

ある程度、「見直し案」の図に則って考えて見ました。

自分が提案する案件は議論してこその物が多いので、議論をなくす方向は寂しく感じます。

mineoIDでログイン出来るようにならないですか?
ログインの方法が違うため面倒。

見直し案のイメージ図を見直していて、気づいたことがあります。
ストックされている 投稿 を、破棄するルートが必要では?

具体的には、例えば
・1回めの検討で、着手済みに進まなかったもので再検討の対象としない投稿がありえる
・再検討の回数が3回を超えたものは、破棄する
などです。

投稿の数にもよりますが、
「着手済みに進まない案件も3ヶ月ごとに再検討」とありますから、なんらかの基準で投稿を再検討の対象から外すステップがないと、どんどんストックされている投稿 が増えていくと思います。

掲示板のスレッドの関連で、久しぶりにこのスレッドを覘いてみました。
桜田ファミリアさんは退会されたのですね。

今度はどんな名前で出ていらっしゃるのか、興味津々です。

>桜田ファミリアさんは退会されたのですね

もしや私のせい?

受付タイミングを、議論中の期間設定ではなく議論中に投票を設定して
一定の投票率を確保したものを事務局で審議し採用の判断を行ってはどうですか?議論は賛成反対意見を分けるとわかりやすい。毎日見ない方もいるので、意見はあるが期間が過ぎたという方の回避もできると思います。

現状アイデアラボを閲覧するユーザは少ないような気もするので、
マイネ王のトップに議論中のネタを一つでも良いので目立つように
載せるようにしてどうでしょうか?

ライトユーザの目に留まる確率が増えれば、ニーズの把握や
アイデアラボ自体の認知度を向上させることが出来そうな気がします。

IMG_2344.PNG

もねお さんが途中で軌道修正してくださいましたが、意見が十分に出ていない段階で議論するとアイデアが広がらないので・・・。

最初の1週間は議論は遠慮してもらい意見をたくさん集める時間にして、次の1週間を議論の時間にしてもいいかと思いました!

スイーツ王子@運営事務局

みなさん

たくさんのご意見ありがとうございます。
みなさんからのご意見もだいたいいただけたのかと思いますので、
ご意見を元に、見直し案を検討いたします。

是非見直しをお願いいたします。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。