スタッフブログ
菫ョ豁」逕サ蜒・1200窶岳630px-2.jpg

「えっと」「あのー」が多い人は思考のメモリ不足かも?会話のプロに聞いた"つなぎ言葉"の改善方法

しまだあや
ライター: しまだあや
エッセイを書く作家活動を中心に、企画やMCなど。代表作品に「今週末の日曜日、ユニクロで白T買って泣く」、「7日後に死ぬカニ」、「小学1年生ぶりに、父の前で真っ裸になった話」、「日常を3日間タイムループさせたら、74歳に娘ができた」。大阪生まれ、奈良暮らし。家の94%を開放するという変わった暮らし方をしている。

こんにちは。しまだあやです。

突然ですが、みなさんは、お喋りは得意ですか?

YoutubeやPodcastなど、誰でもがネットでお喋りを配信できる時代になりました。私も最近、Podcastでラジオ番組づくりにチャレンジしてるんですが、自分の収録を聞いて、気付いたことがありまして。

私、話の途中に「なんか」「あの」「えっと」って、めっちゃ言ってるんですよ。

ちょっとくらいなら気にならないけど、連続すると、すんごい焦ってる人みたいだし、編集しにくい。なんとかしたいなあ。

この「あの」「えっと」などのつなぎ言葉は、専門用語で「フィラー」と呼ばれるもの。フィラーが多すぎる喋り方は、自信なさげに感じられたり、話す内容の説得力が下がってしまったりするそうで。ネット配信じゃなくても、仕事の電話対応やプレゼン、就活の面接など、大事な場面で出てしまうフィラーを減らしたい人、結構いるだろうなーって思ってます。

そこで今日は、話すプロの力をお借りして、「フィラーってどうして出るの?」「どうすれば減るの?」を探ります。ぜひ、お付き合いくださいまし〜。

「あの」「えっと」って、どういうメカニズムで出るの?

ということで、やってきました。こちらは大阪のラジオ局「FM802」。お話を伺うのは、こちらでラジオDJをされている「中島ヒロト」さんです。

しまだあや
ヒロトさん、よろしくお願いします!
中島ヒロト
こちらこそ! どうぞよろしくお願いします。

中島 ヒロト(なかじま ひろと)

5月23日生まれ、A型。 23歳の時、地元熊本でラジオDJデビュー。以降、現在に至るまでラジオ番組のレギュラーを1週も欠かさず続ける(あっ、自主的にお休みもらったことはあります)。 1994年10月、FM802のDJとなる。いついかなる時も、素敵な音楽と最高のハッピーをリスナーに届けるためにマイクに向かう。「普通」を愛し、「普通」であり続けることを信条とする。

しまだあや
今日は、喋り方について相談をしたくて。最近、Podcastでラジオをやってるんですけど、どうしても「あの」とか「えっと」が出てしまうんです。もうちょっとうまく喋りたいなー、と。
中島ヒロト
なるほど。
しまだあや
ただ、何も勉強せんと来るのもあれなんで、一応下調べもしてきました! そしたら、こんな本を見つけまして……。
中島ヒロト
どれどれ?

スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本(高津和彦著/フォレスト出版)

中島ヒロト
おお、ドンピシャなタイトル! もうここに全部答え書いてたんじゃない?
しまだあや
えっと。結論から言いますと…… 書いてました(爆)
中島ヒロト
俺、いる??
しまだあや
いりますいりますッ! 今日はこの本を教科書にしながらも、ラジオDJのヒロトさんはどうなのかな? っていうのをお伺いしたいです。
中島ヒロト
確かに、人の数だけ話があるだろうしね! おっけー、なんでも聞いてください。それに、僕もフィラーの専門家ではないから、学術的なことはあんまり語れないと思うんだよね。この本には、なんて書いてあったの?
しまだあや
フィラーが出るメカニズムを、「心」「思考」「声」の3つのバランスで説明されてました。このうちのどれかに不具合が出て、バランスが崩れると、フィラーが出やすくなる。例えば、不安や焦りなどの「心」の不具合があると、そのことで「思考」のメモリが埋まっていく。すると、「次はこれを話すぞ」「こういう表現で伝えようっと」など、内容について考えるためのメモリがなくなり、「声」に乱れが出る。=フィラー発生! ……という感じで。
著者の高津先生にご協力いただき、書籍の内容をもとに作図。

しまだあや
就活の面接を想像すると、わかりやすかったです。普段、友達の前ならお喋りが得意な人でも、「次は何を聞かれるんだろう、答えられるかな……」とか、「わあ、隣の人すごい……どうしよう」とか、ぐるぐる考えちゃう。そういう心配事で「思考」のメモリを使い過ぎると、質問の答えを考えるためのメモリが減る。
中島ヒロト
なるほど。それでフィラーもたくさん出てしまう、ってことね。
しまだあや
なので、「思考」のメモリをできるだけ浪費しないためにも、とにかく複雑にしないのがベターだそうです。一文を短くしたり、考え方や伝え方をシンプルにしたり……
中島ヒロト
うんうん、ほんとそうだと思うよ。……ねえ、やっぱり記事、いいんじゃない?(笑)
しまだあや
うわーん! 書かせてください、聞かせてください!!!(笑)

茶番です、ご安心を。


素人とプロ、1分間スピーチでフィラーを数えてみた

中島ヒロト
ちなみに、しまださんはどれくらいフィラーが出るの??
しまだあや
あっ、えっと、いっぱい出ます。
中島ヒロト
ほんとだね(笑)。じゃあ、試しに今から1分間、ひとりで喋ってみて。テーマは「好きな食べ物」で!
しまだあや
好きな食べ物?! どうしよ、いっぱいある!
中島ヒロト
いくよー。よーい、スタート!

しまだあや
私は、麻婆豆腐が好きです! えっと、基本的に辛いものが好きで、あと、辛いとかしびれるとか酸っぱいとか、そういう舌を刺激する物体が好きっていうか、えー、なんか言い方おかしいな。
中島ヒロト
(笑)
しまだあや
唐辛子とか山椒が効いた、四川風っていうんだっけ、えーと……(中略)……だから、麻婆豆腐が好きです。……えっ、まだ時間ある?! アー、なんかこんな話をしてたら、麻婆豆腐が食べたくなってきたなァァーー?!って、今、思って、まァアす!!
中島ヒロト
はい、終了〜(笑)
しまだあや
最後「ア」をのばすことでなんとかしてしまった。

中島ヒロト
いやあ、焦ってたねえ。突然スタートした焦り、言いたい内容がうまく表せない焦り、もう終わるかなと思ってたらまだ時間があった焦り。フィラーは6回くらいかな。最後の「アアァ〜」もカウントすればもっと多いけど(笑)
しまだあや
この本に、「思考=内容の蓄積量」と「声=話の進行度」が同時に進んでいるとフィラーが出やすいと書いてあったんですけど、まさに今みたいなことだな……。

著者の高津先生にご協力いただき、書籍の内容をもとに作図。

しまだあや
これ、ヒロトさんもやっていただけませんか? 話すプロは出ないのか、話し方はどう違うのかを確かめたい!
中島ヒロト
うわ〜、いけるかな?
しまだあや
テーマは同じく「好きな食べ物」で。よーい、スタート!
中島ヒロト
僕が好きな食べ物は、鍋かな! ちょうど冬だし、鍋がおいしい季節。いろんな種類がありますけど、特に「モツ鍋」が好きだなあ。キャベツやニラにスープが染み込んで、ぺらぺらぺら……(中略)で、最後はやっぱり中華麺でシメたいよね〜!

1分間、まるでラジオを聴いているようだった……!

しまだあや
終了ー! ……さすがです、フィラーゼロ!!!
中島ヒロト
よかった〜。途中、余計なこと考えちゃって危なかったよ。「あれ。咄嗟に鍋って言っちゃったけど、一番ってワケじゃないな〜」とか(笑)
しまだあや
あはは(笑)。でもリアルなモツ鍋が頭の中に浮かんできて、おなか空きました。
中島ヒロト
あ、そうそう。僕も喋りながら、よく行くお店のモツ鍋を思い浮かべてたよ。で、その鍋の中身だったり、自分が食べるときの流れを説明してた、っていう感じかな。
しまだあや
なるほど。具体的なイメージがあると、言葉が出てきやすいんだ。

フィラーは決してワルモノじゃない? 沈黙を味方に、きちんと言葉に

しまだあや
今日ね、ここに来るまでに、ヒロトさんのラジオを聴いてたんです。
中島ヒロト
オンエアとなると、さすがにフィラーゼロじゃなかったでしょ。
しまだあや
はい。でも全然気にならなかった。なんでだろう? 自然で、フィラーもトークのリズムを作る一部になっているような……本に「表情や身振り手振りなどの変化があると、フィラーは気になりにくい」って書いてたんですけど、声の抑揚もそのひとつなのかな。
中島ヒロト
あるだろうね。うちは音楽を届けるラジオだから、トークのリズムも意識してるよ。あと、僕たちのフィラーは、焦りや自信のなさから出てるものじゃないってのも大きいだろうね。適度にフィラーが入ることで、リスナーが話しかけられてるように感じる場合もあるし。
しまだあや
確かに! 印象がやわらかくなったり、フレンドリーな気分になったり。
中島ヒロト
そうそう。フィラーは決してワルイやつってわけでもないんだよ。

中島ヒロト
自分がフィラー出してたときのことを思い出してみたんだけど、その頃の僕、無音がこわかったんだよね。
しまだあや
無音がこわい?
中島ヒロト
そう。ラジオって無音は4秒までって決まってて。5秒以上無音が続いたら、放送事故扱いになるの。
しまだあや
え! そうなんだ!!
中島ヒロト
めったにないけどね。特に、FM802は基本的に、トーク中もBGMが流れてるから、トークに間が空いても無音になることはない。でもAMラジオだと、トーク中はBGMナシが多くて。
しまだあや
ヒロトさんは元々、地元熊本のAMラジオ局にいらしたんですよね。
中島ヒロト
そうそう。だからAM時代の感覚が残ってた頃は、「自分の話が途切れちゃいけない」って思ってたんだよね。

中島ヒロト
そこで意識して使ったのが、沈黙。例えばね、「次のゲストを紹介します。実は、あのー、ちょうど3年前に…」。次の言葉を考える間に入ったフィラーだけど、「あのー」が入った途端、トークの温度が下がっちゃう。沈黙だと、「次のゲストを紹介します。実は……ちょうど3年前にね」。
しまだあや
あえて溜めてるようにも聞こえますね。
中島ヒロト
そうそう。しかも収録を聴いてみると、自分が3〜4秒だと思ってた沈黙って、実際は1〜2秒だったりするんだよ。全然気にならない。みんなの世界には4秒ルールはないんだし、フィラーを出すくらいなら、沈黙を使ってみるといいんじゃないかな。

中島ヒロト
あと、これはフィラーとは少し違うんだけど、ラジオDJって「さあ!」っていうつなぎ言葉をよく使うんだよね。でも僕の先輩が「さあ!」は使い過ぎるなよ、って言ってて。
しまだあや
どういうことだろ……?
中島ヒロト
次の話題にすぐにいこうとするのは良くないよ、っていうこと。「さあ!」って、前の話題をスパーンと切っちゃえるからね。これも沈黙にかえて「……それでは、次の話題に移りましょう」の方がいいときもある。あるいは、前後の話題を自然につなぐトークをするとかね。
しまだあや
つなぎ言葉に頼り過ぎず、きちんと言葉にしていく、ってことだ。この本にも書いてありました。「えっと」や「うーん」を、「どう言ったらいいかな」とか「言葉にするのが難しいのですが」にしてみる、って。
中島ヒロト
ラジオは、そういう言い換えを常にしてるだろうね。リアルだったら指を差して「それいいね」で伝わることも、ラジオだったら「その猫の絵が描いてあるトレーナー、あったかそうな生地で、いいね」ってなる。
しまだあや
それが習慣づいてるから、フィラーも、きちんと言葉になっているのかもしれないですね。

本当に話すことが苦手な人は、どうしたらいいの?

中島ヒロト
その本には他に、どんなコツが書かれていたの?
しまだあや
「相手の目を見る」と「声を大きくする」というのもありました。
中島ヒロト
確かに、めちゃくちゃデカイ声で、めっちゃ目ぇ見ながら「えーーーっとぉ!あのォ!!」って喋ってくれる人、あんまり見たことないな(笑)
しまだあや
自信なさげな声色には、ならなさそうですね(笑)。 私ね、この本の好きなフレーズに、「声と自信は切っても切れない。でも自信がつくのを待つより、声を出してみることから」っていうのがあって。気持ちを変えるのはすごく難しいことだから、動きから、っていう。
中島ヒロト
うんうん。大事なことだよね。

しまだあや
今回、本の内容を引用させていただく上で、著者の先生とも話したんです。「本当に話すのが苦手な人は、何からはじめればいいですか」って聞いたら、「フィラーをたくさん出してください。どんどん出してください」って言ってました。
中島ヒロト
フィラーがたくさん出るってことは、それだけ、喋ることにチャレンジしてるってことだもんね。
しまだあや
それもハードルが高いなら、独り言でもいいみたい。朝起きて、外を見て「ああ、いい天気だな」とか。テレビに映る料理に「わあ、おいしそう」とか。それができたら、コンビニの店員さんに「温めお願いします」とか「ありがとうございます」とか、声に出して、自ら伝えたり、って。
中島ヒロト
いいね。その次は、バスや電車で「よかったら座ってください」とかね。
しまだあや
このご時世「会話は控えめに」っていうルールがあるので、できる範囲になるけれど、そういう練習からはじめるのも素敵ですよね。

キャリア30年のラジオDJでも焦るときって? そのときはどうしてるの?

しまだあや
ヒロトさんは、30年程このお仕事をされてますけど、緊張することってありますか?
中島ヒロト
あー……今からする話はさ、ラジオDJとしてすごくダサい話なんだけど。僕、どんな人にも緊張しないのが強みだったのよ。はじめての現場でも、ビッグゲストでも。ただ近頃ね、緊張する相手がいるんですよ……。
しまだあや
誰ですか、そんなヒロトさんをも緊張させる人って……。
中島ヒロト
最近の、めっっっちゃ若い、アーティストさんたち。
しまだあや
えっ。
中島ヒロト
もうね。今の若いみんなが一体何を考えていて、どういうことに価値を感じるのか。その世界は僕の思考じゃ追いつけない、すんごいところまで来てるな、って感じるんだよ……。

しまだあや
あはは、わかるなあ。そういうとき、ヒロトさんはどうしてるんですか?
中島ヒロト
ゆっく〜りトークしながら、探る(笑)。 で、目の動きとか、ちょっとした声の変化を見て、「あ。今のもしかして、好きな話題だったかな?!」ってなったら広げていく。でね、その時の自分なりのコツで、相手の喋り方にちょっと合わせるってのがあるの。
しまだあや
ふむ。
中島ヒロト
例えば、相手が「キャー!どーもどーも◯◯でーす!!」って感じだったら「来てくれてありがとねー! 新曲、最ッ高だったよー!!」って。相手が静かで「……ウッス、◯◯です……」って感じだったら、ちょっと背中丸めて低めの声で「ねぇ、こないだの新曲……聴きましたよ……めっちゃよかったッス……」って。そうすると、相手との距離が縮まる感覚があるよ。
しまだあや
なるほど、相手のトーンに寄り添っていくんだ。じゃあ、緊張を通り越して、頭が真っ白になったことは? 暗記してた原稿がブッ飛んじゃうとか……。
中島ヒロト
うーん、ないなあ。真っ白になったという嫌な記憶を、脳内から抹消してるだけかもしれないけど(笑)

中島ヒロト
そもそも、原稿を暗記することがあんまりないんだよね。頭ん中でざっくり話の構成だけ組み立てて、話す一言一句は決めない。
しまだあや
本にも、丸暗記は、話すよりも前に、原稿を思い出すという工程が挟まって思考のメモリを消費するからオススメしないって書いてたなあ。
中島ヒロト
でも「言おうとしていたことを忘れる」だったら、年に1回くらいあるかも。何か大事な悩み事があって、それをオンエアギリギリまで考えちゃってて。オープニングトークが始まるタイミングで「あ、何話そうとしてたんだっけ」って。
しまだあや
ん? それは、真っ白ではないんですか?
中島ヒロト
真っ白ではない。そういうときどうするかを用意してるから。
しまだあや
どうするんですか?
中島ヒロト
ディレクターの顔の話をする。
しまだあや
なんだそりゃ?!
中島ヒロト
「今ですね〜、僕の目の前にディレクターがいるんですけどもォ、なーんかニヤニヤしてるんですよね〜、嬉しいことでもあったんですかね〜」って。で、それを挟んでる間に「そうそう、嬉しいことと言えばね」って浮かぶから喋る、みたいなね。つまり、そのとき最初に見えたものを実況する。で、それがだいたいディレクターの顔なの(笑)
しまだあや
あはは、なるほど(笑)
中島ヒロト
目の前にその風景があると、話しやすいよね。だから、喋りたい内容を先に、映像で思い浮かべることが多いよ。「今日、すごく焦って走ってる人がいてね」ってことを喋るなら、汗かいて走ってたその人の姿を具体的に浮かべて、それを説明するイメージ。
しまだあや
1分間スピーチの「モツ鍋」も、そうでしたよね。日頃の観察力、それを思い出す想像力も大事なんだろうなあ。ああ、だからそのためにも「思考」のメモリを空けておくべきなのか……いやあ、脳みそってすごい。「アンタもう十分頑張ってるよ」って気持ちになってきた(笑)

何を本当に伝えたいのかを考えて、自分の言葉で話すこと

しまだあや
いや〜本当に勉強になった……! ヒロトさん、ありがとうございます!
中島ヒロト
よかった、よかった。
しまだあや
このタイミングで私、もう一度1分間トークしてみようかな? フィラー、減るかな??
中島ヒロト
お、いいね! ……じゃあ、その前にひとつ。今日はテクニックの話をいろいろしたと思うんだけど、一方で、どんな気持ちで、何を届けたいのかを、本当に心から考えて話をすれば、伝わるんじゃないかなとも思ってるんだよね。例え、どんなに沈黙やフィラーがあっても。

しまだあや
「どんな気持ちで、何を伝えたいのかを本当に考える」……わかりました。やってみます。
中島ヒロト
じゃあ、タイマーセットするね。よーい、スタート。

──私は、麻婆豆腐が好きです。……前職時代のことなんですけど。悩みとか相談事があるタイミングで、上司がよく連れてってくれる中華料理屋さんがあって。そこの麻婆豆腐が、すごくおいしくて。

テーブルに、山椒が3種類あるんですよ。上司が「いっぱいかけるのがウマい」って言うから私も真似したら、目が覚めるくらいしびれて(笑)。でも本当においしいし、食べながら上司が相談に乗ってくれて。ごちそうさまする頃には、「よし、頑張ろう!」っていう気持ちになって。

仕事は変わったけど、今でもずっと、麻婆豆腐はパワーフード。だから私は、麻婆豆腐が、大好きです。

中島ヒロト
……はい、1分です!
しまだあや
えっ、ちょうど?!
中島ヒロト
うん。しかもフィラーもゼロだった。何より話し方が最初と全然違ったよ。すごく伝わった。
しまだあや
麻婆豆腐の何を本当に伝えたいのかを考えたら、この思い出が浮かんで。頭の中に出てきたイメージを言葉で説明した感じでした。
中島ヒロト
僕も「その上司はどんな人だったのかな」とか「3種類の山椒はどんなテーブルに置かれてるのかな、古き良き中華屋さんなのかな」とか。ずっと想像しながら、聴いてたよ。情景が浮かんだ。
しまだあや
すごく嬉しいな……あー、今度こそ本当に麻婆豆腐が食べたくなってきました。
中島ヒロト
いいね。僕も今夜、麻婆豆腐にしようかな。

まとめ

いやあ、すごいなあ。フィラーって減らせるんだな。フィラーって面白いな。

ちなみに、他でも実践してみたところ、さらなる気付きがありました。「えっと」の代わりに「そうだなあ」を使ったら、焦りが減ったこと。沈黙にすると、「今丁寧に考えてくれてるのかな」ということが伝わって、相手もじっくり言葉を紡いで、話してくれるようになったこと。

みなさんもぜひ、まずは「好きな食べ物」について、1分間話してみてください。録音してもいいし、誰かに聞いてもらっても。そのあと、その食べ物のことを心から考える。例えば、その食べ物にまつわる思い出を映像で思い浮かべる。浮かんだら、姿勢を正して、さっきよりちょっと大きな声で、もう一度1分間。

どんな変化や気付きがあったか、よかったら教えてくださいね。

※この記事は、冒頭で紹介した『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』の著者である高津和彦先生にもご協力いただき、執筆しました。先生の本もぜひ、読んでみてください。目から鱗が落ちまくります。
https://kozukazuhiko.com/books.html


編集:人間編集部
写真:大越はじめ


おすすめ記事


211 件のコメント
162 - 211 / 211
ブルーライオン208
レギュラー
私も自分が話す時に多いなぁと気にしてました。そういうことだったんですか。
なるほどと思いました。
パンプキンナイト
レギュラー
中島さんスキー🤗
no.32
no.32さん
ルーキー
なるほど、、!!勉強になりました!
弓子kyuko
ルーキー
そうなの?
なんか~ 違う場合もあると思うんだけど~
あのー、言ってますね。メモリ不足です!
善哉
善哉さん
レギュラー
私はどうしてもフィラーを多用してしまうので、気付かされる事が多くとても興味深い記事でした。
tanba22
tanba22さん
レギュラー
お疲れ様です。面白かったです。
あつし77
エース
プロが話すのを聞くときは、あの、えっと、ってのはダメだなって思うけど、普段の会話でそれがダメっていう環境になってほしくないと思いますけどね。勉強になりました。
naoni
naoniさん
レギュラー
色んな情報助かります
riomineo
riomineoさん
レギュラー
読み応えのある記事でした。
上手に話すのって難しくて、いつも落ち込んでしまいます。
特に人前って緊張してしまって、うまく話せるようになりたいです。
さっとう
ビギナー
やってみます!
けいやん
エース
フィラーって知りませんでした。参考になりました。
tatsumi.atr
ルーキー
勉強になりました!
ニャンチ
ルーキー
勉強になりました!
はるかっぱ
ルーキー
すごく勉強になりましたー!やってみます!
sword
swordさん
レギュラー
先日会社で短い持ち時間内に高密度で話さないといけないことがあり、その途中で固有名詞を間違えてしまいました。

「あ、今俺間違えたよね。やばい。言い直すべきか?でも本筋にはさほど関係ないところから大丈夫かもだし、もし間違えてなかったら訂正するのはおかしいし、そもそも今回は時間がない。よし、気づかなかったふりをして続行に決定!」
と心の中でしばし葛藤しましたが、その間、私は何事もなかったかのように話し続けていました。

つまり、
・止めずにしゃべり続ける私
・一旦止めて言い直すかどうか検討する私
さらに
・その両者を客観視する私
の三人がその瞬間、同時に存在しました。

人の脳ってマルチタスクで動けるんですねーと思った次第でした。
とうちゃんちゃん
レギュラー
とてもいい勉強になりました。
kuni17
kuni17さん
レギュラー
勉強になりました✨
パプ
パプさん
ルーキー
話す事を頭の中でまとめられる人はあの〜とかならないですよね。
ぽっくる0317
レギュラー
ナカジマヒロトのラジオ聴いてます。
好きです
夢は正夢
レギュラー
面白い😊
わらわらわらわら
ルーキー
参考になりました。
ゑん
ゑんさん
レギュラー
お勉強になりめす!!!
hirokazudesu
エース
参考になりました。
びーすけ
ルーキー
面白い内容でした!
今後もこんな感じの記事を読みたいです(⁠◍⁠•⁠ᴗ⁠•⁠◍⁠)
1949noborin
Gマスター
ためになりました😁
ぴちょんちゃん
レギュラー
じぶんもあのー、えっとと言いがちなので勉強になりました!
太郎888
太郎888さん
レギュラー
なるほど
ますみんご
ルーキー
実は仕事の電話応対で咄嗟に出てしまうので改善したいなと思っていました。沈黙も怖くない。無理に繋いでいく必要はないのですね。勉強になりました。
leon@GRRM
leon@GRRMさん
レギュラー
参考になります
せいし
ルーキー
フィラーって、その人の口ぐせ、しかも長い単語だと、聞いてる側がイライラしてくることがあります。みなさんも気をつけて下さい。
お た か
レギュラー
えーと、
あのですね、、
私はそういうの少ないからですね、
えーと、
あのー、
そのー
やや(Noriko)
ベテラン
なんで私は言葉が
スラスラ出てこないんだろー

独り言でさえ
スラスラ出てこない💦

そんな悩みが
解決するかも🤩🤩

いいもの読めました✨
ありがとうございました♪
mocohachi
ルーキー
頭まわらない時にあるあるです
あすかぜ
ルーキー
どうしてもでちゃうんですよねー
シンデイ1978
レギュラー
感動した
めぐぢい
ルーキー
いいですね
F3_1994
F3_1994さん
ベテラン
スマホのRAMも不足してるかなぁ。はぁ。
ponbashik
ponbashikさん
レギュラー
喋るの苦手だからよくあっ、とか言う
とうちゃんちゃん
レギュラー
勉強になります。
D.aigo
D.aigoさん
レギュラー
とても勉強になりました。
otchie
otchieさん
レギュラー
自分も多いけどフィラーって自分のためだったんですね。間をうまく使えるようになりたい!
しむじ○
エース
なるほどです。
うさぱる
ルーキー
勉強になりました
sauce
sauceさん
ルーキー
ついつい、言ってしまうことあるよね。
もっと会話が上手になりたい。
tama_nk
tama_nkさん
ビギナー
勉強になりました。
チョコチップ
エース
思考が進んでいるとフェラーが出にくい、なるほどですね。やっぱりトークが滑らかな人は頭の中の整理が出来るってことですよねー。
さらにはスポーツの実況みたいな今目の前にある事象を誰にでも分かるように言語化するスキルってのもほんと凄いなって思います!
kkko2019
kkko2019さん
ベテラン
たしかに。
じぶんの思考速度を超えない事か。
muku
mukuさん
ルーキー
そやなぁ、はしょっちゅう言ってる
たかとぅーりぃ
ルーキー
コミュニケーションにおいて繋ぎ言葉は重要ですよね
コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。