スタッフブログ
mimi-0-OGP.png

イヤホンの使いすぎは難聴や外耳道炎を招く? 専門医に聞く「耳トラブル」を防ぐ方法

ミノシマタカコ
ライター: ミノシマタカコ
ライター/ウェブ編集。2001年からウェブコンテンツ業に企画・ディレクションとして携わる。2012年よりフリーライターに。女性向けコンテンツのほか、アプリ、旅行、生活、クルマ、働き方など様々な分野で執筆中。趣味は狛犬巡り。日本参道狛犬研究会会員。

コロナ禍以降、ぐっと利用機会が増えたオンライン会議。場所の移動がない分、隙間なく会議が続いてしまう人もいるのではないでしょうか。

一人暮らしの部屋などプライベートな空間なら、パソコンのスピーカーから音を流して対応することもできますが、周囲に人がいる空間ではイヤホンの利用は必須に。会議のみならず、周りの雑音をかき消すために常にイヤホンで音楽を流している……なんて人もいるでしょう。

長時間イヤホンを利用すると、耳にどんな影響を与えるのでしょうか?

そこで今回は、大阪大学医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学助教の前田陽平先生に耳への影響について教えていただきました!

前田陽平先生

イヤホンの使いすぎでどんな問題が起きる?

まずは、耳の仕組みについて理解するところから始めましょう。

前田先生「耳は大きく分けて3つの部分から成り立っています。音を集めて鼓膜まで伝えるのが『外耳(がいじ)』、その音を増幅させるのが『中耳(ちゅうじ)』、音の信号を電気信号に変換するのが『内耳(ないじ)』です」

前田先生「イヤホンを使いすぎた場合に問題となるのは、その中でも特に外耳と内耳に関わるもの。起こり得るトラブルとして、耳の穴に対する刺激による外耳道炎(外耳炎)が考えられます。これはイヤホンに限らず、補聴器でも起こる問題です。もうひとつは音量の刺激で起こる難聴があります」

外耳道炎とは、外耳道が不潔な状態だったり、傷を作ったときに細菌が入ったりすることで炎症が起きる病気。主に痛みや腫れといった症状がみられ、ひどくなると聞こえも悪くなってしまうのだかとか。

もうひとつの問題である難聴には、主に3つのタイプがあります。

  1. 外耳から中耳の間に問題が起きる「伝音難聴」
  2. 内耳や脳が問題の「感音難聴」
  3. 上記の2つが合わさる「混合性難聴」


2の「感音難聴」には、突発性難聴や騒音性難聴、加齢性難聴、先天性難聴が含まれています。イヤホンで問題になるのは、騒音性難聴です。

前田先生「難聴のリスクは、音の大きさ×時間の組み合わせで変わってきます。小さな音なら長時間でも難聴のリスクは低く、大きな音なら短時間でもリスクが高まってしまうのです。音と時間の目安については、WHOが基準を公表しているのでチェックしてみてください」

難聴になると、必要な音が聞こえないため、コミュニケーションがうまくいかなくなったり、危険を察知する能力が低下してしまったりするなど、社会生活に支障をきたしてしまうことに。最近では、難聴による認知症のリスクも注目されているそう。

前田先生「外耳道炎は外耳道の表面から起きる症状なので、比較的気づきやすいのですが、難聴は自覚しづらいため見逃されがちです。一度傷めてしまうと元に戻らないので、難聴になり得る習慣がある場合は、早い段階で改めていただく必要があります」

前田先生によると、難聴は検診などで発見されるケースも多いとのこと。特に高い音域が聞こえづらくなっていくと言います。また、年齢とともに誰しも加齢性難聴といって、聴力は徐々に衰えていくものなのですが、若い頃から大きな音を聞き続けていると、もっと早くから聴力が下がってしまう可能性があるのです。

外耳道炎を防ぐためにできることは?

イヤホンだけでなく、補聴器のようにずっと耳に入れているアイテムが原因で起こりやすいのが外耳道炎です。避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

前田先生「外耳道炎リスクへの対処法としては、清潔にすることが第一です。耳に触れる部分をこまめに拭くほか、イヤホンのチップ部分を定期的に取り替えることでも、雑菌の繁殖を防ぐことができます。ほかに、骨伝導イヤホンなどのような、耳をふさがないタイプのものを使う方法もあります」

また慢性的にイヤホンを耳にいれっぱなしという状態を避けることも大切。

前田先生「補聴器はずっと耳に入れている必要があるため、外耳道炎が問題になりやすいのですが、イヤホンでも同じように慢性的に入れっぱなしでいると外耳道炎につながります。外耳道は傷めやすい部位なんです。例えば、腕には骨の上に脂肪や筋肉、皮膚があります。でも外耳道(厳密には骨部外耳道)は、骨の上に皮膚があるだけですから」

オンライン会議が終わったり、イヤホンの充電が切れたり、音楽の再生が終わったりしているにもかかわらず、そのまま耳につけっぱなしになっていた……そんな経験がある人もいるのでは? 外耳道炎予防のためにも、こまめに外すように心がけましょう。

難聴を防ぐためにできることは?

前田先生「周りがうるさい環境でイヤホンを使うと、どうしても音量を大きくしてしまいますよね。難聴リスクを軽減するためには、周りの騒音をカットするノイズキャンセリング機能を使うという選択肢もあります」

周りの雑音を減らすぶん、イヤホンの音を小さくする方法です。とはいえ、「そもそも聞いている音が大きいか小さいかなんて、自分ではよくわからない」という人もいるでしょう。そういう場合は、スマホのアプリを活用する方法も。

例えば、iPhoneの「設定」アプリ内にある「サウンドと触覚」では、「ヘッドフォンの安全性」という項目があります。これはiPhoneがヘッドフォンの音量を測定して、限度を超えたら音量を下げてくれるというもの。

プリインストールされている「ヘルスケア」アプリの中には、聴覚・聴力の大切さを伝える啓蒙記事も。

また、「ヘルスケア」>「ブラウズ」>「聴覚」と進めば、いつでも自分のヘッドフォン(イヤホン)音量が適正か、大きな環境音にさらされ続けていないかなども確認できます。

Androidも同様に、音量が大きすぎることを知らせてくれる端末もあります。

section13_image
▲筆者のAndroidスマホでは、音を大きく設定しすぎると赤く表示される。端末によっては、音量を上げると「聴力を損なう恐れがある」との警告が表示されるものも

さらに、工事現場やライブ、クラブなどの爆音シーンでは、耳栓をするといった保護対策も大切なのだとか。大きな音を聞いた後は、静かなところで耳を休ませることも難聴の予防になるそうです。

耳をふさがないタイプのイヤホンは耳に優しいのか?

こういった耳トラブルに対して、次のような「耳の穴に入れないタイプのイヤホン」を使用することで防止できるのでしょうか?

骨伝導タイプ以外の2つは、従来通り外耳から音を拾って聞くタイプですが、耳の穴に直接触れないのが特徴です。

前田先生「外耳道になにも入れないタイプのイヤホンは、外耳道炎リスクはありません。ただ、『大きな音で聞き続けると難聴リスクがある』という点は、どのタイプも同じです。周りがうるさいときに音量を上げすぎないように注意してください」

耳を密閉できないタイプで、かつノイズキャンセリング機能がついていないものは、周りがうるさいと音量を上げてしまいがちに。うるさい環境ではカナル型イヤホンのような密閉感の高いタイプで、かつノイズキャンセリング機能付きのものにするなど、環境にあったイヤホンをチョイスするとよさそうです。

イヤホンによる耳トラブルを防ごう!

外耳道炎の予防は「清潔さ」、難聴の予防は「適切な音量」がカギに。そして両方に共通するのが「装着時間」。

  • イヤホンは清潔か?
  • 適切な音量か?
  • 長時間つけていないか?


この3点を意識したいですね。

ちなみに、聴力を検査できるアプリもあるので「最近耳が聞こえづらいかも」「難聴かもしれない」と少しでも不安のある人は、一度試してみるのもよさそうです。

Mimi Hearing Test(iOS)

section21_image
▲iPhoneの「ヘルスケア」アプリとも連携可能。聞こえる間だけ「ビープ音が聞こえる」ボタンを押すというシンプルな操作性

Mimi Hearing Testダウンロードページ

聴力検査(Android)

section23_image
▲「聞こえます」をタップするたび音が小さくなり、聞こえなくなったら「ほとんど聞こえない音」もしくは「聞こえません」をタップする

聴力検査ダウンロードページ

アプリも活用しつつ、おかしいなと感じたらすぐに耳鼻科の診察を受けてください。日頃の心がけで、大切な聴力を守っていきましょう!

<取材協力>
前田陽平先生
2005年大阪大学医学部医学科卒業。日本耳鼻咽喉科学会認定専門医・指導医。日本アレルギー学会認定専門医・指導医。医学博士。市中病院勤務・大学院を経て現在大阪大学医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学助教。雑誌取材・メディア出演多数。大学病院での専門領域は鼻副鼻腔疾患・アレルギー疾患・経鼻内視鏡手術など。市中病院でも一般耳鼻咽喉科医として診療している。耳鼻咽喉科領域や診療に関わる医療情報全般の情報について広くTwitter(フォロワー4.2万人)などで発信している。
https://twitter.com/ent_univ_

(編集:ノオト/イラスト:サンノ


おすすめ記事


221 件のコメント
172 - 221 / 221
秋のコスモス
ベテラン
イヤホンはなるべく使わない様にします💧
Frederick
ベテラン
情報ありがとうございます。

音楽聴きながら作業する時や出勤する時、動画を観るときなどにはイヤホンを常用しているので、気をつけたいと思います!

今月の「ゆずるね。」賞品にも応募しましたがBluetoothイヤホンを購入予定なので、ハズレて自己購入する時にも記事を参考にして探そうと思います♪
だいごろう3
Gマスター
イヤホンは使わないのが一番です。
健康第一に考えたいですね。

ながらはやめて、めりはり を!!
hichamaru
hichamaruさん
ベテラン
参考になりました。
イヤホンの使いすぎには要注意ですね。
みっつんん
ルーキー
どんなものも使い方次第ですねー。
norichang02
ビギナー
参考になりました。
asaasami
asaasamiさん
ルーキー
耳気をつけよー
なたりあ
レギュラー
ありがとう
miitaro
miitaroさん
ルーキー
最近骨伝導イヤホンが気になる
yoyoyo
yoyoyoさん
ルーキー
参考になりました!
my24
my24さん
レギュラー
使い過ぎ、音大き過ぎ、汚な過ぎ、
これに限らず何でも適度であればいいってことですね。
草鞋虫
草鞋虫さん
Gマスター

B77014C0-8D00-4220-94D2-2BBC81185A34.jpeg

ありがとうございます。

オンラインミーティングで骨伝導のイヤホンマイク使ってます。

元々音に敏感でテレビやラジオの音量も絞らないと頭痛がするしイヤホンやヘッドホンを使うときは最低の音量にしてたのに何故か騒音性難聴になってました。

ずっと不思議だったんですが、
一日の許容基準がたった3秒の雷のせいだったり?

ここ数年、雷雨が酷くて、しかも1時間以上続くこともあるし、近くに落ちたこともあるから

光の直後にバリーンと来るのは精神的にダメージ受けるけど、あれで耳もダメージ受けてたんですね。
rabauru
rabauruさん
マスター
耳トラブルに関する情報ありがとうございました。
今後イヤホンについては清潔にして、適正音量、使用時間に注意して使って行きます。
また難聴になると元に戻らないとのことですので、要注意ですね。
Ayuma115
Ayuma115さん
レギュラー
為になる情報、ありがとうございます。
子供にも知っててほしい!伝えます!
ハニジョー
レギュラー
耳の保護のため普段イヤホンは使わないのですがロックバンド活動で若い頃から難聴です。
れいちぇる☆
レギュラー
使い方は一度しっかり知っておかないとだめですね!簡単に使えるものだからこそ!
りこさと
エース
昨年末から仕事で常時イヤホンをするようになりました。耳が痛くなることが度々あり不安になってたので拝読させていただきました。
F3_1994
F3_1994さん
エース
未だにどのサイズのイヤーピースがぴったりかわかりません。とりあえず、Mサイズ使ってますが。
宮野善行
ルーキー
勉強になりました
MX-24S
MX-24Sさん
ルーキー
あまりイヤホンを使わないようにしております。
えみぃりあ
Gマスター
イヤホンにまつわる詳しいお話、有難うございます🎧🎶

4年前まで約5年間、電車通勤だったのでイヤホンで音楽を聴きながら読書して通勤していました。
WALKMANで、ノイズキャンセリングありだったので音量は最低でも何とか聴こえていました。
でも、空間を伝ってきた音と違ってイヤホンの音は耳を痛めやすいと聞いたことがあったので、電車通勤をしなくなった今は極力使わないようにしています。
今はマイカー通勤。音楽は停まっている時に聴こえるレベルにしています。走行中は、走行音や風切り音が音楽です🎶
イタコライス
レギュラー
イヤホンで耳が痒くなる原因を教えてほしい
Arita21
Arita21さん
ルーキー
参考になりました
バブアラン
ルーキー
長く使わないように、気をつけています。
yusuke-1017
レギュラー
それ以前に耳周り痛くなってくる。
haukalima
エース
有益な情報ありがとうございます
たくさんありますので最低限
次にイヤホンが時はまずキレイにしてからと覚えておこうと思います
たっちんぐー!
レギュラー
イヤーん
ゆきまいね
ベテラン
参考になりました。ありがとうございました。
テンリュウ
レギュラー
参考にします
kamikamikenken
ルーキー
とても参考になりました
フルタイマー
ルーキー
マジで耳にタコができそうよ。
Yuuchaanv
Yuuchaanvさん
レギュラー
耳が痛くなったり、影響がでるほどの使用頻度はないですが、参考になりました。
マイナー王
ベテラン
最近は耳のためにイヤフォンで音楽を聴くのは控えています。
koumzmikko
エース
耳は大切ですね。気を付けます
まる男
まる男さん
エース
いいね!
マイネイム玉子
レギュラー
骨伝導がもっと普及するだろうなぁ
いろは
ビギナー
骨伝導を使ってます
帰
さん
ビギナー
ほうほう
きょろりーな
ルーキー
音楽かなり聴くので不安、、、気をつけよう
mako75A
mako75Aさん
ルーキー
どうしてもイヤホンを使うと音量は上げがちになりますよね。気を付けたいと思います。
しおり09
ビギナー
参考になりました。骨伝導だと耳に負担ないかと思ってデスクワークでは使います。
ecomode
ecomodeさん
エース
リモート会議でイヤホンを使用することが多いので、適度な音量を心がけたいと思いました。
マーヒー
レギュラー
音量に気をつけて楽しまないといけませんね。
86haru
86haruさん
ルーキー
これは気をつけなければ。
あんこうなべ
レギュラー
記事ありがとうございました。さっそくアプリ聴力検査をダウンロードしました。日頃の耳の使い方にも注意したいと思います。
みのまさ
ルーキー
いいね
かなたなぱん
ビギナー
耳は大切ですね
コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。