スタッフブログ

iPhoneに負けない。“好き”を選べる「Android」の良さをファンの僕らが伝えたい

android-eyecatch.jpg

日本国内でスマホの代名詞のように扱われる絶対的人気の存在、それが「iPhone」。

それゆえに、世界シェアならiPhoneより高いはずのAndroid勢のほうが、何かと肩身が狭い。

家電量販店のスマホ関連グッズのコーナーでも、iPhoneのエリアは広く、Androidのエリアは狭い。特に100円ショップでiPhone用のガラスフィルムが売っているのは本当にうらやましい。

さらにiOSのみ対応のアプリも多く、Android民は歯がゆい思いをしている。

しかし、いちAndroidユーザーの僕は思う。このままでいいのだろうか? 

ここで静かに「Androidの逆襲」を宣言し、少数であるAndroidのすばらしさをiPhoneユーザーにも訴えたい。

iPhoneが美川憲一で、Androidがコロッケ?

その前にまず知りたいのは、iPhoneユーザーがAndroidをどう思っているのかだ。

iPhone歴9年のライター仲間・うないに話を聞いた。

左=うない 右=辰井(筆者)

——いつからiPhoneを持っているんですか?

うない
2011年からです。ガラケーから初めてスマホに変えて。最初はiPhone 4Sでした。

——なぜAndroidにしなかったんですか?

うない
選択肢にすら入っていなかったですね。

————なぜですか?

うない
周りがみんなiPhoneだったので、僕のなかではスマホ=iPhoneだったんですよね。あと、iPhoneのほうが先に出たじゃないですか。そのあと、Androidがマネして現れたイメージがあったんですよ。

——マネ?

うない
iPhoneが美川憲一だったら、Androidはコロッケみたいな。コロッケも面白いんですけど、当時はモノマネよりも本人の歌を聴きたい気分だったんでしょうね。

——(笑)。確かに最初はiPhoneを少し参考にした(?) とも言われますが。

うない
今は美川とコロッケとは思いませんけど。当時の話ですよ!

——iPhone 4Sから機種変はしましたか?

うない
はい。しばらく使ってからiPhone 7に変えて。今はiPhone SE2です。

——そこでもAndroidに変えようとは思いませんでしたか?

うない
安い機種には目が行きました。iPhoneは高価で、スマホにここまで金をかける必要があるのかっていう疑問があって。

——おお。Androidなら、新機種でも1万円台から買えますからね。たとえば……こういうやつです。

▲安さでブレイクしたGalaxy A20(サムスン電子)。1万円台前半でおサイフケータイや防水に対応した。

▲筆者私物のRedmi Note 9S(シャオミ)。2万4,800円とは思えない動作の速さと、脅威の電池持ちを誇る2020年最強クラスの廉価モデル。

うない
良さそうですね。でも、iPhone SE2はあまり高くなかった(5万7,600円)ので、これならと思ってまたiPhoneを選びました。

▲うない私物のiPhone SE2(スマホケース装着)。

——SE2はAndroidユーザーも目を見張る高コスパ機でしたからね。

うない
iPhone続投を決めた理由は他にもあって。9年間iPhoneだけを使っているので、Androidに乗り換えて慣れるまでに時間がかかったら嫌だなと思ったんですよね。

——それは、わかりますね……でも僕もiPhoneを使ったことがありますが、操作面に大きな心配はいらないですよ。ちなみにずっとiPhoneで不満はないですか?

うない
ないですね。スマホよりPCを触ることが多くて、スマホではネットや時計、カレンダー、カメラ、画像をPC(Mac)に転送するときにAirDrop……それくらいしか使わないので。

——なるほど。結構ライトな使い方なんですね

うない
はい。僕みたいな、なんとなく使い続けているiPhoneユーザーも結構いる気がしますけど、どうなんでしょうね。

Android専門店があった!

Androidユーザーにとって、大きなコンプレックスがある。Androidには「専門店」がなかなかないのだ。

逆にiPhoneは、渋谷のパルコにもグッズを扱う専門店があるし、他の地域でもiPhone専門の修理店や、中古iPhoneの専門店などが存在する。

しかしAndroid専門店など、探しても出ない。だが唯一見つかったのが、2016年に徳島にオープンした「アンドロイ堂」 なるAndroid専門店だった。

▲アンドロイ堂、開業当時の写真

Androidの専門店、果たして商売は成り立っているのか。運営会社「ミッド・インターナショナル」代表取締役・CEOの森田孝夫さんに話を聞いた。

——Android専門店……やっていけているのですか?

森田さん
おかげさまで順調です(笑)。

——良かった(笑)。ほかにAndroidを扱うお店ってどれだけあるんですか?

森田さん
ほとんどありません。

——人口が少ない徳島にAndroid専門店があるなんて、徳島のAndroidユーザーはうれしいでしょうね。

森田さん
そうかもしれませんね。県外からも、いろんな業者さんも視察に来ます。

——どんな方が?

森田さん
Androidの取り扱いを検討しているお店の方です。他県でもこんなお店はないらしいです。中には「Androidの専門店をやりたい」って方も来ます。

——ええ? その方はAndroid専門店を開いたんですか?

森田さん
ハードルが高いので、リスクを考えてやらなかったようです。

——やはりここはホントに貴重なお店ですね……。

▲なお、数店舗あった店舗は現在徳島本店1つになり、iPhoneとAndroidを両方扱うお店としてあと1年以内にすべて統合される予定だそう。

——「アンドロイ堂」は、どんな人にありがたがられていると思いますか?

森田さん
ケースを探している方ですね。特にらくらくスマホを使うようなご年配の方はネットができなくて、どこの実店舗に行っても見つからないらしくて。

——Androidのグッズ探しは、大きなお店がないとしんどいですよね。

森田さん
さらに徳島あたりのお店では、半年もすると対応のスマホケースが店頭から消えてしまうんです。しかしうちにはAndroid機種のケースは350種類くらいあります。さらにオーダーで作ることもできますから、過去に販売された機種はほぼカバーできますよ。

——すごい……! そんなお店、日本でも数少ないのでは……?

▲ズラリと並ぶ、Android機種のスマホケース。

▲Android機種の修理も受け付けている。

Androidは“刀”、磨きながら作り上げるもの

——Androidの専門店まで運営されている立場からして、Androidのいいところってどこだと思いますか?

森田さん
まずは利便性の高いGoogle系のサービスとすごく相性がいいところです。

——確かに、Googleの各ネットサービスは世界最強クラスですもんね。

森田さん
あとはやっぱり機種を選べるところですね。私はXperia X Performance(ソニーモバイル)を長く使っていました。すごくバッテリーの持ちがよくて、1泊2日の出張なら充電なしで余裕でした。iPhoneだと難しいので。

▲「3日持ちバッテリー」など、バッテリーの進化がうかがえた(Photo by STB-1

——目的別に機種を選べるのがいいですよね。

森田さん
あとはカスタマイズして、自分好みのスマホにできます。決められた枠の中で操作するiPhoneにも良さがありますが、Androidは自分の刀を砥石(といし)で磨きながら作り上げるようなもので、そのプロセスが楽しいですよね。

新機能攻勢をかける、いまのAndroid勢

もともと国内でユーザーが多く、居心地のいいiPhone。不自由を感じていなければ、そこから乗り換えるのはハードルが高い。

それでも乗り換えたくなるほどの「Androidの良さ」とは何か?

以前にもご登場いただいた 、中古スマホ販売業界の大手・イオシスから、アキバ中央通店の店長・石山祐輔さんに話を聞いた。

——Androidの良さって何だと思いますか?

石山さん
まずは自分に合った機種を選べることですね。好きなブランドや好きなデザイン、好きな機能を搭載したスマホが、多種多様なラインナップから選べますから。

——最近だと、2画面スマホのGalaxy Z Fold2 5G あたりは熱狂的なファンがいますからね。

▲Galaxy Z Fold2を開いたところ。1画面でふつうのスマホのようにも使えるが、ディスプレイを開けば2画面分を同時にタブレットのごとく使用できる。(画像提供:イオシス)

石山さん
あとは、新機能をどんどん出すところ。昔は革新的な機能をAppleが生んでいたんですけれども、いまはAndroidの競争が激しくて、各社いろんな新機能を出します。たとえばペリスコープ(折り畳み式)の望遠カメラで月までよく撮影できる機種もあります。

▲50倍ズームの望遠カメラで、月もここまでくっきり撮影可能

——画面内指紋認証もAndroid独自の機能ですね。

section71_image

▲「画面内指紋認証」はディスプレイ領域を広く取れて、指の動きが少なく手から落下させる恐れが少ない認証方式

石山さん
逆にAppleはあまり新機能を出さず、各社がすでに出した中で、この先も確実に続くであろう機能をチョイスしていくんです。

——確かにAndroidユーザーからすると「少し遅れて来た」って機能も多いですよね。最近出たiPhone 12も「11からの変更点が少ない」とみなす声もありました。

石山さん
はい。ただiPhone 12 miniは、昔のサイズ感に戻るということで春先からウワサがあって、出た後も評判がよかったです。

——iPhoneは「戻るボタン」がないから、小さい方が扱いやすいですもんね。

▲Androidは右下に戻るボタンが標準搭載されており、大きな画面でも比較的操作しやすい。ボタンを表示せず、ジェスチャーで操作する設定にもできる。他にもホーム画面のアイコンの数を変えられるなど、カスタマイズ性が高い。

石山さん
ガジェット好きの方は、新しいiPhoneもちゃんとチェックはしますけど、Androidは一年中追いかけていますね。

——Android、モノ好きにはたまらない所有感がありますよね。

石山さん
まわりにiPhoneが多いと、iPhoneへの憧れが強くなるんですよ。でもその中で「iPhoneばかりじゃ面白くないから、俺はAndroidを極める」ってガジェット好きもいます。

——僕も、そのタイプかも知れません(笑)。

国産メーカー、希望の星が登場

——Androidと言えば、国産メーカーががんばるプラットフォームでもありますよね。

石山さん
はい。国内メーカーは海外メーカーに押されっぱなしだったんですが、11月にSHARPからAQUOS sense4というすごい一台が出ました。

▲筆者も気になる傑作、AQUOS sense4

——これ、名ガジェッターらがこぞって絶賛していますね。通常使用では困らない処理スピードで、おサイフケータイや防水もついていて3万円台ですし。

石山さん
あとは顔認証+指紋認証、さらにはカメラも広角+標準+2倍望遠ができて、写りも良好です。海外メーカーの評判のいいミドルレンジモデル【※】と比べても全然負けませんから。

※ 概ね5万円くらいまでの廉価機のこと。

▲3眼カメラすべてに電子式手ブレ補正も内蔵。IGZOディスプレイも搭載して3万円台。ちなみにmineoでも購入可。

——海外ではAndroidのシェアのほうが高いですが、ブランド力もありますか?

石山さん
ええ。たとえば世界一売れているGalaxyはiPhone並のブランド力があります。自国では安く手に入らないハイエンド機の中古をウチで買って、本国の方へおみやげにしてくださることも多いです。あとHUAWEIも、Googleの利用が制限される前の機種は人気でした【※】

※ mineoが2020年12月現在で扱うHUAWEIのnova 5T、P30、nova lite 3はいずれもGoogleサービスが利用可能。

——日本ではGalaxyが苦戦しているので、意外でした。ちなみに私もGalaxy Note20 Ultra 5G(サムスン電子)を持っているので鼻が高いです。

▲筆者の私物、Galaxy Note20 Ultra 5G。ペンで字や絵が描けるのに加えて、50倍ズームの望遠カメラ、6.9インチの大画面ディスプレイなどを搭載。

iPhoneがゲームに強いワケ

——Androidの良さだけ聞いても不公平なので、iPhoneの良さも聞いていいですか?

石山さん
iOSは古い機種でもOSアップデートに対応してくれます。あとiOSは自社で最適化したOSを載せているので、メモリの使い方の効率がよくて、Androidよりメモリが少なくても快適に使えます。

——自社開発の強みですね。

石山さん
あとiPhoneは、ゲームが強いです。ゲームメーカーは、マシンパワーの強いハイエンド機種として世界的にシェアが大きいiPhoneに合わせて最適化するので、一番安定しているんですよね。

——なぜAndroidには最適化しないんですか?

石山さん
Androidは価格の安い端末のシェアが大きいのですが、そういう非力なスマホでも動くゲームは課金要素が少ないんですよね。iPhoneのようなハイエンド機で動くゲームのほうがお金を遣ってくれるから、ゲームメーカーがiPhoneを厚遇するんです。

——お金は大事ですからね……Androidのハイエンド機のシェアってそんなに少ないんですか?

石山さん
はい。OPPOの社長いわく「全体の売り上げの10%もあれば」ってくらいのシェアなんですよ。逆にiPhoneはみんなハイエンド機ですからね。

——iPhoneの強さが見えますね。

石山さん
はい。うちでもiPhone 7あたりならまだまだゲームで使えるので、よく売れていますね。

——記事タイトルに反してiPhoneをだいぶ褒めてしまいましたが(笑)、最後にAndroidの良さをもう一度お願いします。

石山さん
いまのiPhoneはムダなことをそぎ落とした機種ですが、Androidはムダで楽しいことをやってくれます。双方良さはありますが、Androidは多種多様な機種が出て、モノとしての所有感を存分に味わえますよ。

▲「ペン付き」「丸洗いできる」端末ごとの特徴も楽しい(価格は2020年12月時点のもの)




ぼくはなぜAndroidを使い続けているのか。3人への取材を通して、新機能満載で好きな機種を選べる自由度と、己の愛刀を磨き上げるようなカスタマイズ性に惹かれていたんだと思えた。

それは同時に、iPhoneの良さも知る時間でもあった。

Androidも、iPhoneも。ぜひそのメリットを見きわめて、ホントに自分へ合った一台を選んでほしい。

取材協力:ミッド・インターナショナル株式会社株式会社イオシス

(編集:ノオト

辰井裕紀
ライター: 辰井裕紀
ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。



219 件のコメント
1 - 19 / 219
ゆんたぬ11
Gマスター
マイネ王さん👌🐾ユーザー双方共TPO選択👌🐾です。
抜かり無い👌🐾勝敗無縁です!自由〜ココには、常に満載〜満開です🌸。
ぎんうさぎ
エース
iPhoneとAndroid複数台持ちですがネット関連はAndroidが使いやすいのでメインはAndroidです。
iPhoneは音がやわらかいので専ら音楽聴く専用機になってますね。
うっかり電源落としたつもりがスリープだったようで電池が放電していて電源入らなくて焦ったことあります(笑)
エッフェル塔
レギュラー
Android良いですね。次回は、検討しようかと思います。今後も応援しております。
長柄のヤン
マスター
Androidの性能やカメラ機能はiPhoneに引けを取らないです。
させぼ✨
マスター
私はiPhone一途です。
シンプル イズ ベストです。
Androidユーザーには怒られるかもしれないですが😅
友人に借りて触ったAndroid機のアイコンのごちゃごちゃ感が好きになれなかった。
スマホではないですが、昨年買ったデジタルウォークマンがAndroid搭載でした。キーボードが小さくてアルファベット入力がし辛いし、操作が慣れなくてほとんど使ってないです。
Trebien
Trebienさん
レギュラー
興味深い記事、ありがとうございました。
私もAndroid 使ってみたかったけれど、結局iPad、iPod touchでiOS に慣れていたのでiPhoneに。それとAppleは電話でスタッフが丁寧に対応してくれる、いざとなれば実店舗で気軽に相談出来るということで、私のようなスマホ初心者や高齢者にはありがたいです。私にはハードルが高そうなAndroidの新機能を自分好みに使いこなせる人、羨ましいなぁ。
トッチン
Gマスター
Androidも好きだけど、個人的に感じる弱点は「メーカーやキャリアの謹製アプリ」が削除できない点。

最近のiOSなんて、iOS標準のアプリでさえ削除できるのに!(声を大にして言いたい)
fukuchan
fukuchanさん
レギュラー
Android→Phone→Androidと今は主にAndroidを使っています。カスタマイズできるAndroidの方が圧倒的に使い易いし、
コストパホーマンスでも優れている。
ゆきゆきだま
エース
私はガジェット好き。 形が面白い 物理的キーボード付き 2画面 などなどandroidoが好きです。でもパソコン並み、いや安いパソコンよりはるかに高い価格なのがねー。

一方でいい感じに小さいiphoneは
ケースを着けて首から下げるとかわいい。
動画と写真も共有する機能も遊ぶアプリもいいから欲しくなってくる。あと下取りの充実もか。
ネックは
andoroidから乗り換えるのは面倒なのがねー。
新しめの中古欲しいかな。
ちゃとら
Gマスター
昔は負けていたかもしれませんが、最近は全然負けてないでしょ。勝手に負けたことにしないでください。俺はiPhoneなんて御免です。好きでAndroidスマホ使っています。
歯は大事だから
ルーキー
ナイス記事です。
どちらかをディスってどちらかを上げ続けるスマホユーザーが好きではありません。愛がそうさせるっていうんなら理解できますが。
Androidは選択肢が多いので一まとめにできず、どれが良いのかは使っている人にしか説明できないんですよね。
それとこれまでにPCスマホタブレットで、ローやミドルで性能が上がっているような触れ込みで買って、「やっぱりロー/ミドルか」っていう経験が多すぎてもはやチャレンジ精神もなくなりました。
そういう点でシンプルハイなiPhone一択になっています。
Sense4(またはPlus)はセカンドで試してみたいなとは思っています。
ぱぺろにあん
マスター
どうやら自分でカスタマイズ出来るスキルのある方がAndroid好きなんですね❗️
昔Xperiaを使ってましたが、購入して2年後のOSアップデートで使えなくなり、それからずっとiPhoneです😆
じゅん4989
レギュラー
故障した時の対応を比べるとAndroidは使い捨て感覚でしか使えない
ごまぶぐさん
ルーキー
正直、くだらない記事だよ…。こんなので金貰ってるの?逆襲とか…。頭の中が何年前から止まってるんだよ。
チョコみるく
エース
Androidばかり使ってます😆
LiveG
LiveGさん
エース
iPhoneとAndroidどちらも機能が年々(進化⁉️複雑‼️)
多くなりますネ (アプリ以外)
使わない機能の方が多いと思います
皆さんどうですか?

ちなみに私はiPhoneです
ケッコー
レギュラー
どちらにせよ、それぞれの特徴がありますよね
自分の生活の上での価値観で選択したいと思ってます🌸
弾圧
弾圧さん
ビギナー
楽だからiPhone
コツメカワウソ2
エース
「信者」を刺激する事も無いかと(笑)

鬼契約でショップの展示スペース制約、帯域準保証契約、
広告量契約等が酷すぎてドコモが最初、販売契約を見送っ
た経緯があります。(その後、ドコモも取り扱いましたが)

S社が次に契約を拾ってしまって身動きが取れなくなっていま
したねぇ。最初は良かったものの・・・

自由度、そしてSDカードが標準で使えるので無駄に本体ROM
容量を増やす必要がない、イヤホンジャック端子、先端的な
システム導入など数えればキリが無いほどです。
(最近はイヤホンジャック端子が無いAndroidも一部有り)・・・

まああと5年もすれば決定的になっているような・・・

考え方次第ではありますが、スマホは一生モノでは無いかと。

ならば時代に応じて買い替えが容易な価格のスマホが良い
ような気がします。
もちろん、気に入れば長く使えばいいのですが、電池寿命が
来るので3年もすれば電池交換しないとツラくなります。
使い方によっては2年程度でもモバイルバッテリーの介護が
必要になったり・・・

色々いじれて選択の自由があるのはどちらか明白です。
コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。