title.png

  • コミュニケーション

親子でどんな会話をしているの? 他の家族のLINEグループに招待してもらった

神田匠

ライター:神田匠

有限会社ノオト所属のライター・編集者。かわいいものと気持ち悪いものが好き。

  • はてなブックマークに追加

こんにちは。ライターの神田(こうだ)です。

皆さんはちょいちょい親と連絡を取っていますか? 私は最近、母親が「LINE」を始めたため、メールや電話ではなくLINEでやりとりするようになりました。

これまでは、地元の祭りの俳句会で一句ひねらないかと、たまにメールで連絡が来る程度だったのに、LINEに切り替えてからは頻繁にメッセージがくるようになりました。

ですが、私自身あまりLINEを使わないので、LINE上でどのような接し方をしたらいいのかわかりません。

会社の同僚に聞いたところ、家族のLINEグループを作って、その中でやりとりをしているとのこと。LINEの特徴のひとつとして、複数人でチャット形式のやりとりができる「グループトーク機能」があります。家族だけのグループを作って、そこでいろんなやりとりをしているんですね。なるほど……。

▲LINEの画面。グループ作成から、参加するユーザーを選択すると簡単に作成できる

グループがあれば、より家族とのコミュニケーションが活発になりそうですね。私も作ってみたい。でも、みんな家族内でどんな話をしているのでしょうか?

というわけで、SNS上で「あなたの家族のLINEグループに私を入れてください」と不審者のような募集をしてみたところ、なんと、ご協力いただける方が見つかりました!


家族のグループLINEに招待してもらう

今回協力してくれたのは、女子高生(16歳)と、ご両親(どちらも42歳)の3人家族。高校生はLINEでのコミュニケーションを頻繁にしているイメージがあるので、いろいろ学べそうです。さっそく招待してもらいました。

他の家族のグループLINEに入ってしまいました。おそらく誰も経験したことがないのではないでしょうか。ホームステイみたいでドキドキしてきました。

まずは協力してくれたご家族に自己紹介をしました。娘さん(yuna)とお母さん(michiyo)は同居中、お父さん(norio)は単身赴任中です。

LINEグループの中では、家族の日常会話が繰り広げられていました。簡単な連絡や情報共有などをしているようですね。なんだかのぞき見しているような背徳感があります。

家でひとり寂しくごはんを食べていても、Familyからの通知が来るので、常に一緒にいるような温もりを感じました。

温もっている場合ではありませんでした。自分の家族のLINEグループを作るときの参考にするべく、気になっていることをジャンジャン聞いていきましょう。


メールからLINEに移行したとき、どうだった?

LINEとメールでは大きくスタイルが変わります。移行する際、抵抗はなかったのか聞いてみたところ、とくに問題はなかったようです。ただ、LINEは相手が読んだかどうかわかる「既読」機能があるので、お母さんにとっては少しプレッシャーになっている様子。このプレッシャーは友だち間だけでなく、家族も同じなんですね。


家族グループのメリット・デメリットは?

メリットとしては、「メールのやりとりよりも楽」「グループだと複数人に向けて同じ内容の話をいっぺんに共有できる」などが挙がりました。

EメールでもCcを使えば同じメールを共有できますが、「全員に返信」を選択するのを忘れて結局1対1のやりとりになっちゃったりしますよね。その点、LINEは1つの部屋に全員のメッセージが集まるので一覧性があり、家族間の話題をさかのぼって振り返りやすいようです。

デメリットは娘さんから出た1つのみ。「親に若者言葉を使っていいのか悩む」との意見が挙がりました。自分たちの感覚では当たり前に使っている言葉でも、親の世代には伝わらなかったりするので、わかりやすい言葉を選ぶ必要はありそうです。親に「まじ卍」とか言ってもわからないですもんね。

念のため、自分の母親(51歳)に「まじ卍」の意味を聞いてみたところ、なぜか知っていました。

私が今回いちばん驚いたのは「@」を用いたメンション機能。グループ内の特定の人に向けてメッセージを送るときに使用します。TwitterのリプライのようなものがLINEにもあったんですね。使いこなしているお母さんすごい……!

ちなみに、吹き出しの上にある相手の名前をタップすると、メッセージの入力欄に@付きで名前が反映されます。@をつけて送信すると、相手にメンションされたことが伝わります。グループ内で、個人宛てにメッセージをしたいときに便利ですね。


LINEを使うようになって、家族とのコミュニケーションは増えたか?

もともと家族同士で話すことも多かったため、LINEを始めて劇的にやりとりが増えたということはないようです。お母さんが言うように、親子が離れて暮らしている場合は、コミュニケーションに最適なツールとなるのかもしれません。

せっかくの機会なので、お母さんに「母の日は何をもらったらうれしいか」を聞いてみました。やはりお花はうれしいものなんですね。胡蝶蘭は自分の選択肢に一切なく、Amazonで明太子を買って贈ろうとしていたのでとても参考になりました。もし親と同居しているのなら、マッサージなどモノじゃない贈り物もアリかもしれません。


自分の家族のLINEグループを作ってみた

というわけで、母の日に「家族のLINEグループ」をプレゼントしました。父親はLINEをやっておらず、妹は連絡がつかなかったので、参加者は母親と弟と私の3人です。

携帯慣れしていない母親が張り切ってLINEをしているのが、なんだかほほ笑ましい。弟(かつみ)からは露骨にめんどくさがっている様子が伝わってきますが……。

母親が矢継ぎ早にLINEを寄こすのでやや疲れてしまう部分はありますが、コミュニケーションが増えてうれしそうなので家族LINEを作ってみてよかったです。

家族のLINEグループについて、ほかの人からもいろんな使い方や意見を聞くことができたので、以下にまとめます。

●母、姉、妹(私)と女性の多い家族なので、「家族の女子会」をする時や「父には関係ない話」をするための「娘」というグループがあります(17歳 女性)

●家族の誰かが誕生日を迎えたときはグループで盛大にお祝いをする(22歳 女性)

●母親はあまり個人と全体の区別がついていないようで、特定の誰かにメッセージを送るときも家族LINEで送ったりするので、内緒の話のときは心配です(25歳 女性)

●妹と母親がグループで親子ゲンカを始めたときは、かなりげんなりしました(20歳 男性)

●親が意味のないスタンプや写真を大量に送ってくるので通信制限が心配(18歳 女性)

●昔は携帯電話なんてなかったから、些細なことでも連絡できるだけで安心できる(47歳 女性)

●グループで私が飼い犬の名前を叫び続け、家族に写真を送ってもらうやりとりなどがある(18歳 女性)



なかにはややネガティブな意見もありましたが、LINEグループによって家族の距離感が縮まると言ってよさそうです。家族のLINEグループがない人は、これを機に作成を検討してみてはいかがでしょうか!

神田匠

ライター:神田匠

有限会社ノオト所属のライター・編集者。かわいいものと気持ち悪いものが好き。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 29

すみません・・・
私は家族のグループから抜けました。

どーでもよいようなことを、送ってくる。
親しき仲にも礼儀ありで、返信しなければ。
疲れました。

本当に連絡が必要なら、TELでと言ってあります。
それで、たいして困ってはいませんよ。

「あなたの家族のLINEグループに私を入れてください」という募集で
協力してもらえる方が居られた事が驚きです。(^^;

家族で携帯(スマホ)を持っているのが私だけなので、そもそもうちでは
LINEグループは成り立ちません(^^;

しかしながらLINE自体は利用していますので利用方法に関しては
参考になりました。(^^

うちも息子が、ピンコンピンコンうるさいと言って抜けました。確かに父親と長女の二人だけで盛り上がっていてうるさい。次女は適当にあしらっています(笑)

なんでそこに興味もつの?気持ち悪い

協力者に驚きました。
私が時代遅れなのかもですが…
LINEもE-mailも通話も使ってはいますが
今回の記事に上手く言い表せない感覚に
なりました。
拝読した内容は今後なんらかの参考に
覚えておきます。

高槻市在住者です。先週の地震では家族のLINEグループは安否確認や相互連絡で大活躍でしたよ。携帯や固定電話に通信制限のかかっているときも使えました。

よその家族のlineに入り込むなんて、ライターさんも色々大変なんですね。
読んでみて色々思うところもありますが、これからも頑張ってください(´・ω・`)

全くLINEを使わないので、LINEについて
知ることができました。

スマホを手放せなくなる理由の
1つになりそうですね。

とはいえ、使おうとは思わない
自分がいます。
縛られている感が強い・・・。
(全く使わない私個人の感想です。)

メリットが多いのも、事実だと思います。
話しにくいことを、書いて伝えるのには
便利だし、共有できるのもいいですね。

なんでそこに興味もつの?気持ち悪い…その2

yzyz様も触れていらっしゃいますが、災害時には、電話回線(FOMA回線or 3G回線)についてはなかなか電話が繋がらない中で、LINEにて家族の安否を確認できるのは大きなメリットですね。
しかし、一方で、dera2様の息子様のように、「LINEの着信がウザい」というケースもあります。

いわゆるSNSは、上手く使えば有益なツールになりますが、それ故に人間関係が崩れることもありますので、なかなか難しいところです...(^^ゞ

家族でLINE。やるかどうかは別として。

グループでも個人宛に送れるのを始めて知った。

便利な時ありそうですが、仲間はずれ感感じたりとかもありそうな。。。

やらせじゃないの?
架空のはなし。

未だにLINEってしたことがありません。iPhoneにインストールもしてません。久しぶりに会う友達に、LINEやってないと言うとことごとく引かれます。iMessageで充分間に合ってるのですが、LINEとiMessageの違いすらよくわかってません。完全に時代にとり残されています。

帰省の連絡など、弟が何故か母ではなく私にLINEしてくるので、いつも私が母にメールしています。そうすると母から弟への質問が私に返ってくるという悪循環…

家族グループ作りたいです(涙)。
※母はLINEはやらない派

本記事ライター氏曰く、
「気持ちの悪いものが好き」
とのこと

退会済みメンバー
退会済みメンバー

こんばんは😊
運営事務局の方々いつもご苦労様です。
自分は、LINEをやらないのですが、嫁と娘はやってるみたいです。娘との会話が中学生になってから少なくなって寂しく思います。
LINEに誘ってくれないかな?と心の中で思っています。
でも優しい良い娘です🍀

ビミョーな状況が面白かったです(笑)
親切なご家族ですね。

家族では作っていませんが、大人数で集まる時には情報共有が簡単にできるので、グループLINEを利用しています♪

でも、グループLINEが苦手な人って、結構多いですよね。あまりにメッセージが多いとウンザリすることもあります^_^;

ラインのグループで1人だけにメールが送れるのを初めて知りました。こんな機能が有ったのですね。周りの人にも教えてあげたいです。有難うございます。
ラインのグループは文章をコピーしたりしなくて済むので便利ですね。既読が表示されるので伝わったのも分かり、本当に重宝しています。
今回は新しい機能を教えて頂いて感謝です。有難うございました
🤗

他の方も指摘していましたが、家族のLINEに他人が入ることは、自分も含め何方も嫌だと思います。

ちょっと話題が逸れますが、幼稚園, 学校, PTA, 部活などでもLINEが利用されています。

自分が幼かった頃は、電話に連絡網で連絡を取り合っていましたが、今やスマホでLINEが出来る時代ですから、お母さんや子供達も大変な時代です。

おはようございます❗
 LINEより普通のメールが多く利用します。

>のびたのママ さん

「@xxxx」と付けても、それはグループの皆に見えるんですよ!
個人的にメッセージを送るのとは、また別です。

LINEは動画を相手がどんな機種でもどんなOSでも全員に見えるフォーマットに自動で変換してくれるので、すごく重宝しています。
iPhoneで撮った息子とか姪っ子の動画を母親のらくらくフォン宛にメールで送っても見れなかったのでわざわざ直接見せにいってましたが、LINE入れてからは直接送れるのがとても大きいです。

家族ラインを使ってる単身赴任中のです。
自分が作った晩飯を、写真で送っています(外で食べたときは、送ってません...)。
自分も既読スルー派なので、家族には、返信はいらない と、宣言しています。(それでも、何十回に一回、娘から返信が来るので、嬉しいです)
寂しさを少しでも緩和できる技術として、いいと思っています。

このタイミングでLINEのグループを使う記事なら
用途は災害時の安否確認の方がよかったです。

メンション機能、勉強になりました。

以前から母、嫁、自分のライングループを作っているのですが、母はiPod,嫁はiPadmini と普段はあまり手元にない端末でラインを入れてるのでこちらからの連絡や投げかけは気づいてもらえない(笑)必然的にメールと電話がメインになってますねー。母親には最近iPhoneをプレゼントしてラインを入れてるのですが、ガラケーメールの方が使いやすいらしくなかなかラインに移行しません(笑)

弟くんの対応が可笑しかった😆
ほっこりな記事に癒されました✨
ありがとう👍

PTAの連絡にLINE を使い出しましたが、2%の方が頑なにLINE は使って無いのでと。その方たちのためにメールしないといけないんです。面倒臭いでしょ!

家族グループ便利に使ってますが、@は、これから利用したい(^。^)

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。