pb-ec.jpg

  • おもしろネタ

平成5年生まれの私が、初めてポケベルを触らせてもらった日の話

藤原 麻里菜

ライター:藤原 麻里菜

2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。

  • はてなブックマークに追加

スマホからポケベルに変えてみたい

私は無駄なものを作る活動「無駄づくり」をしている。これまで、地球の大切な資源と20代前半という貴重な時間を費やして「アルコール検知スマホケース」「スマホの通知が来るとお祝いしてくれるマシーン」など、たいして役に立たないけれど、自分がほしいものを作ってきた。

私はポケベルを知らない。というのも、私が生まれたのは平成5年。バブルが終わったころだ。物心ついたときには携帯電話もメールもあった。和音でオリジナル着信音も作っていた。「ポケベル」という言葉を知ったのはだいぶ後になってからだった。

正直、ポケベルが何なのか、よく分かっていない。小さくて漢字が打てない機器らしいのだが……。もちろん実物を見たことはなく、インターネットやテレビなどの情報で得た知識のみである。

今はスマートフォンが普及して、電話やメール以外にもたくさんの機能がついている。

それにインターネットもあってSNSも生活に根付いている。便利だけれど、便利すぎるというか、情報が多すぎるというか。そう感じているのはたぶん私だけじゃなくて、他のみんなもそうだと思うのだけれども。

私は、進化というのは「不便を切り捨てるのではなく選択が多くなること」だと思っている。だからこそ今、ポケベルを選択してもいいのではないだろうか。余計な情報がシャットアウトされ、必要最低限のメッセージしか受信しない。ポケベルには炎上もクソリプもない。最高だ。現代社会に必要なのは格安SIMでもインターネットでもなく、ポケベルなのだ。

そう思ってインターネットでいろいろ調べたけれど(インターネットって便利ですね)、ポケベルの会社はほとんど残っていなかった。

Googleで「ポケベル」と検索して10ページくらい探してはみたが、契約する術はなさそうだ。検索の上位に出てくるのは「懐かしすぎる! ポケベルあるあるベスト10」みたいな記事ばかり。私のポケベルへの欲は、もりもり大きくなる一方だった。

追えば追うほどポケベルのことが気になってくる。

死ぬまでにポケベルを触ってみたいな。そんなことを思った。でも、どうすればいいのだろうか。もうこの世にポケベルは存在しないのかもしれない。ポケベルは人類が見た夢だったのかも……。

怖くなってツイッターで「ポケベル持っている人いますか?」とつぶやいたけれど(ツイッターって便利ですね)、現役で使っている人はいなかった。

ポケベルを使っていた人に話を聞いてみよう

そこで、私の知り合いのポケベルを実際に使っていた世代に話を聞くことにした。担当編集の宇内さんだ。

——ポケベルってマジであったんですか?

マジでありました。高校1年の1〜2学期しか使ってなかったけど、気になる女の子と毎日ポケベルでメッセージのやりとりをしていました。ある月はポケベルのやり過ぎで家の電話代が3万円を超えて、親に自分で払えと言われたこともありましたね……。

パソコンも携帯も普及していなかった頃なので、遠隔で文字のやりとりができるのがめちゃくちゃ新鮮でした。

——文字の表を見ながら打っていたとネットに書かれていましたが、大変でしたか?

文字の表は暗記していましたね。アルファベットはほぼ使わなかったので、表は半分(五十音と濁点・半濁点)暗記しておけばなんとかなりました。不良とケンカして仲直りした後、ベル番を交換したら「ヨロシク JUN」とメッセージがきて「不良はアルファベットを使うのか!」と笑ったのを覚えています。

——今になって「使いたい」と思うことありますか?

懐かしむことはありますが、使いたいとは思わないですね。公衆電話もあまり見かけなくなってきたし、ポケベルはスマホより不便なので。スマホが滅びてポケベルが再燃した場合は、それはそれで楽しめそうな気もしますけど。

「懐かしむことはありますが、使いたいとは思わないですね」 こんなセリフを言ってみたい……。これはポケベルを知る者しか口にできないからだ。うらやましい、そう思った。

どうにか、死ぬまでにポケベルを触りたい。その思いを込めて、「東京テレメッセージ」という会社にメールを送った。現在ポケベルを扱っている唯一の会社とネットに書いてあったからだ。

個人での契約は停止しているようだが、ちょっとお借りして触らせてもらうだけならイケるのでは……。お触りできればそれでいい。そう思ったのだ。

ドキドキしながら返事を待つと、なんと社長直々に取材オッケーのお返事がきた。ポケベルへの愛が伝わった。

ついにポケベルと対面

ということで、新橋にある東京テレメッセージの本社にやって来た。私の手には、すでにお借りしたポケベルがある。そしてこの笑顔である。

これがポケベル……!

ポケベルだ……! ポケベルすぎる! しかも2台もある。両手に花ではなく、両手にポケベルだ。

実機に触れることができ、夢が叶ったので家に帰ろうとしたのだが、なんとメッセージの送受信を体験させてもらえることになった。社員の方に送信の手順を教えていただき、さっそく固定電話からメッセージを送ってみることに。

ポケベルに割り当てられた電話番号をダイヤルし、続けてフリーコードの「*2*2」を入力する。すると、カタカナを送れる状態になる。

コマンド表を見ながら、慎重に電話の数字を押す。「ア」なら11、「イ」なら12、「カ」なら21……といった具合だ。これを暗記してサクサク打ち込んでいたなんて、ポケベル世代はすごいな……。

この時点でもう楽しい。ずっとニヤニヤが止まらなかった。メッセージの入力が終わり、受話器を置くと、ブブブブと、ポケベルが震えた。

届いている。

届いている……。

送信するたびに電話代がかかることも忘れて、ポケベルを鳴らし続けた。自宅の電話じゃないのに。社会人として終わっている。

「アイシテル」と打ちたかったが、間違えてしまった。ポケベルは画面が小さく相手の名前が表示されないから、末尾に名前を記入するといいらしい。初めて知った。

section35_image

ブブブブ……と小刻みに震えるポケベル。

114106……この数字に込められた意味、わかりますか? 取材時に教えてもらったけれど、私はもう忘れた。

ポケベルが楽しすぎる。楽しすぎるのだ。これは社長にしっかりと感謝を伝えなければ。

社長にポケベルの話を聞いてみよう

こちらが東京テレメッセージ社長の清野英俊さんだ。

——「死ぬまでにポケベルを触ってみたい」という私しか得しない取材で伺いました。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

——ポケベルが流行っていた時代を全く知らないのですが、どんな感じだったのですか?

あー、僕も当時のことはよく知らないんですよ。

——え?

ずっと銀行でニューヨーク勤務をしていたんですよ。50歳手前くらいまでですかね。そこから、ちょっと職を変えようかなと思い、米系のヘッジファンドの仕事を始めました。

ある日、仕事をしていたら、今にも潰れそうな会社から連絡が入ったんです。調べてみると「今日の夕方に東京地裁に行って破産の申立書を出すんだろうなぁ」というくらいの経営状態でした。正直、ダメな会社だなと思いました。まあ、それがこの会社なんですけどね。

——え……? どういうことですか?

所属していたヘッジファンドが、その会社に数10億円ほど投資をしていたんですよ。潰れたらまずい……と思い、すぐに会いに行って話を聞きにいきました。すると、「ポケベル電波を使った新しい事業をしようとしている」と言われて。「え? ポケベルって何?」という感じでした。

——その時に初めてポケベルを知ったんですか?

そうですね。だいたい10年前なので、もう携帯電話もPHSも出ていましたからね。

——ポケベルのことを知ったの、私より遅いのでは……。

その潰れそうな会社の新しい事業が、災害時の通信手段としてポケベル電波を利用するというものだったのです。

実際に3つの自治体で使用されていました。ただ、売り上げはかなり少ない。もう、この会社の経営は続かないなと思ったのですが、少し気になりました。そこで、実際にポケベルを使っている自治体に行って話を聞くことにしたのです。

自治体の担当者に会い、なぜこの会社のサービスを採用したのか聞きに行きました。会社が潰れてサービスが停止したら、自治体も損害を被ってしまいますから。しかし、担当者は、「同じようなサービスをいろいろ試したけれど、ここの電波しか使えなかった。他のものは全くダメでした。だから、これを選んだだけです」とハッキリ言い切っていました。

現場がここまで断言するなら、この会社には未来があるかもしれない。そう思い、追加の融資をすることにしました。

——防災への利用に希望を感じたのでしょうか?

そうですね。しかし、またすぐに経営難になり、もう打ち切ろうと思いました。でも、やはり契約している自治体のことが気になり、会社を分割しましょうと提案したのです。

1つの会社は泥舟で沈んでいくとして、分かれたもう1つの会社に必要なものだけを詰め込み、再出発すればきっとこの防災事業がうまくいく。そう思ったのです。そして、無借金会社として再スタートしました。

しかし事業はなかなか軌道に乗らず毎年4,000〜6,000万円ほどの赤字が出て、4年で数億円まで膨らんでしまったのです。従業員の給料も払えない状態にまで追い込まれていました。

そんなときに、また最悪な出来事が……。あまり詳しくは言えないのですが、とある大手企業がこの会社を訴えたのです。お金がない会社は裁判で圧倒的に不利。もう風前の灯火です。そこで、僕がこの会社の社長になり、裁判を代わりにやりました。

社長になったものの、僕はあくまで投資をしていた人間であって、経営者じゃない。それにこんだけ傾いている。でも、潰れちゃまずい事業をしている。

それで、ずっと希望を持っていた防災事業を自分でやってみよう、と思ったのです。

東日本大震災やその後に続いた震災の影響もあり、日本人の防災意識がガラリと変わりましたよね。それに、普通の携帯の電波が届かなくなる恐怖を味わった方も多いと思います。そんなときも、無線呼び出しの電波は稼働することができるのです。

そこで、地方自治体の防災無線として、大災害に備えたシステムを売り込み始めました。すると、売り上げも伸び、今に至ります。

——す、すごい話すぎて、聞き込んでしまいました。ポケベルって、こんなに人の人生を左右するものだったのですね……。

3つだった自治体の契約数も、今は30にまで増加しました。これから3年で、もっと増えるはずです。

▲東京テレメッセージが販売している機器。建物内での受信に強い280メガヘルツの周波数帯のポケベル電波を使用し、文字や音声、赤色ランプなどで情報を伝達する

——清野さんがポケベル時代を知らなかったことが、一番びっくりしました。

ポケベルが流行った社会を知らないので、ドラマの「ポケベルが鳴らなくて」を最近になって見てみたんですよ。でも、あんまりポケベル出てこないんですね、あのドラマ。

——えっ、そうなんですか?

おわりに

清野さんがいなかったら、ポケベル電波を活用した災害時の通信手段は、今ごろなくなっていたのかもしれない。

取材前は「不便なものにこそ癒やしがある」などと思っていたが、ポケベルは不便なんかではなかった。これから起こるかもしれない自然災害で、きっとこのポケベルたちが活躍するのだろう。もちろん、災害が起こらないに越したことはないのだけど。

ポケベルはずっと私たちを見守ってくれているし、私たちもポケベルを見守っている。そういう関係性でいたい。ちょっとポケベルに感情移入しすぎて訳のわからないことを言っている。

とにかく、死ぬ前にポケベルを触ることができてよかった。次は、肩にかけるデカイ電話機を触りに行きたい。

(編集:ノオト

藤原 麻里菜

ライター:藤原 麻里菜

2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 60

ポケベル達人の学生さんが多くいました。
私は、業務で持ってました。
24時間いつ呼び出されるかとビクビクしてました。
休みの日に遠くへ遊びに行くと、必ずと行っていいほど鳴りました。
一週間交代で持っていたので良かったです。
ーーーー
今は、アドコン使ってます。
http://www.adocon.jp/

アレ、他のたところでネタを一回あげて、コメを集めて記事にして、それ以降消えたライターが・・・。


ポケベル、以前に会社から持たされていました(ノД`)
あんなもの当時は持ちたくなかったよ。

想像を裏切られた。11874(イイハナシ)だー。

清野社長にあっぱれ♪
次は廻なくなった回転寿司、今のうちに経験しとくべしw

仕事で鳴るだけのを持たされてました。
鳴れば公衆電話を捜す。
何もかも皆懐かしい...(*´ω`*)

個人では去年まで何も持ってませんでした。😅

今回は何も作らんのかぁ(笑)

私が初めて持ったポケベルは赤ランプが光ってピーピーなるだけのもの。
画面なんて無かった。

NTT以外の競合他社が出て画面が付いて数字が送れるようになって…
文字表示ができるようになって流行りだしたころにはもう携帯に変えててポケベルは使ってませんでした。
当時の携帯はアナログ電波だったなぁ…

あぁオッサンすぎていやになる(ToT)

ポケベルは、使ったことはありませんが、
流行りましたね。
知り合いが、会社から持たされていて、
鳴るたびに、ビクッとしていました。
廃れることになるとは、夢にも
思いませんでした。

時は流れていきますね。

防災ラジオのこと、テレビでも見ました。
今も、活躍していてよかったです。

外まわりのおじ様達が持たされてましたね。受付の私達は呼び出し専門!
持ちたかったな〜。(笑)
ウッわ!歳が〜。😂

ポケベル=テレホンカードでした。

ポケベルは持ったことがありません。

...はい、このころは、ワープロが家にありました。
今は亡き父親が必死で文書を作り、感熱紙で印刷しているときでした。

退会済みメンバー
退会済みメンバー

こんばんは😊
運営事務局の方々いつもご苦労様です。
うまく表現できないですけど、ポケベルの方が気持ちが伝わった気がしました。

中部テレメッセージのポケベル持ってましたよー
しかも数字などなく、鳴るだけのやつを。

たしか単4電池で動いてたと思います。
懐かしいし、まだサービスが残ってるのがすごい!

使ったことはないのですが一時代を築いたアイテム。それを使ってみたいと頃からスタートして奥が深い話になり、ためになりました。

昔020番号から始まる維持費無料のポケベルがあって便利でした。
呼び出す側が通話料と一緒に呼び出す料金を収める仕組みでした。
ゼロニードと呼ばれてたと思います。

ポケベルはドコモと東京テレメッセージが運営してて、東京テレメッセージが鷹山(YOZAN)となりアステル東京というPHS運営会社を経営してました。
その後、鷹山はPHS不振から脱却するためにいろいろやりました。
インターネットFAXの先駆けとなるサービスとかね。
鷹山はネタを撒いて投資家を呼び寄せて増資(株券を印刷)するという業態から「印刷業」と揶揄されたりしました。
WiMAXにいち早く参入を宣言したのも鷹山でした。(実証実験のあとサービス開始することなく消えましたがw)

関東エリアでのポケベルは
東京テレメッセージ→鷹山(YOZAN)→東京テレメッセージと移り変わってます。
最初の東京テレメッセージと最後の東京テレメッセージは別法人です。

いずれもTTMロゴの製品を扱ってましたしユーザーは引き継がれたはずです。

なお鷹山は経営に行き詰まって消えたため、今でもその名残りで関東地区の電柱には使われなくなった鷹山(アステル東京)PHS基地局アンテナが取り残されている箇所があります。

全然無駄なものじゃないです。
起から結が予想できない、とても良い記事を読ませていただきました。ありがとう。

糞記事だと思ったら、まぁ中身のある話が書いてあった。

でも、ライターの考え方にはまるで共感できなかった。

駅前の公衆電話はダイヤル打ちの女子高生で埋まってたなぁ・・・懐かしい思い出です。記事も面白かったです!

*2*2(こめにこめに)なつかしいです。
大学生の頃、写真にも出ているセンティーA使ってました。

面白い🤣そしてためになる。
(^^)

丁度、結婚前に私と妻でポケベル持ってやりとりしてましたが、どんな数字を送っていたかは覚えていません
その少し後に文字を出せるポケベルが出たかな

114106=愛してる なんですね

私より一回り位下の人は高校生ぐらいなのでそういう遊びをしてたのかも

「ポケベルが鳴らなくて」は流行ってましたね

なんか、ポケベル鳴るのを待ってるって胸熱ですね
待ち疲れて寝ちゃうとか・・・
そんな頃に戻りたいなー

娘が高校生の時に使っていました。ポケベルはなくなっても、形を変えて生きてるんですね!いいお話でした!

ポケベルは学生から社会人まで使ってました。そこそこの不便さが今となっては気持ちが高ぶる度合いが多かったと感じます。
通信定額化、通話放題そして子供がスマホを持つ…当時は誰も想像してなかった。
目まぐるしい時代の変化ですね。
あ、食べ放題は当時からありましたね!

私はその頃 中学生の娘が欲しがってたのを記憶しています。でも1〜2年後 携帯電話が出てきてその娘が高校3年生の時買い与えました。私はその後数年間携帯電話を持たなかったのですが娘のお下がりau携帯からSoftbankの iPhone3GS→auガラケー→ iPhone5→ iPhone5S→ iPhone6→ iPhone6S→ iPhone SE→ iPhone7と間があきましたが約10年 iPhoneを使っています。
SEは画面が小さいけどパフォーマンスは7並みで6Sよりも好きです。この大きさでバッテリーとCPUだけ進化させて欲しいと思いますね^ ^

ポケベル、懐かしいですね、これに返信出来るシステムがあれば、もっとよかったのにと思います。

震災の時 携帯が繋がらず 家族との連絡が一時途絶えて不安になったのを覚えています。数が少なくなった公衆電話に何とか家族と連絡を取ろうとする人達の長い列が出来ていました。勿論、私も並びました。 知らないだけで 形を変えて今尚、活躍しているモノが 人の想いと一緒に繋がっているのですね。いい記事でした。

懐かしいなぁ〜。昔は営業さんが外回りをしている時に連絡手段として使ってましたよ(^-^)

懐かしい!!小学生の頃2つ上離れた親戚がキティちゃんのポケベルを持っていて私も欲しくなり父に何度もお願いして買って貰ったなぁ〜*ˊᵕˋ*でもポケベル持ってる子がクラスに1人くらいしか居なくてそんなに使わないから1年くらいで解約した記憶がある〜笑

なついな~。
ポケベルが流行ってた時は、同年代が公衆電話を長時間占領して、社会人に迷惑かけてるのを見るのが嫌でした。「テンキーピコピコ打ってるのなら、さっさと会話して終わらせろよ。」と思ってましたw
ショルダーフォンは中学生の遠足の時だかに、学校が用意したモノを先生が肩に掛けていたので、掛けさせて貰いました。かなり重かったです。先生も重いモノ長時間持たされて大変だっただろうな~。

いいおはなし読ませていただきました。
親戚のおっちゃんが持ってて、1度だけポケベルに連絡して折り返し電話もらったことがあります。将来、
ガラケー触りたい!
スマホ触りたい!
iPhoneって何?
ってことになるんでしょうかね?

昔は仕事でポケベルを持たされていた世代です^^;
ポケベルでオフィスに電話をしろと来て、公衆電話で電話して要件を聞いてました。
今から考えるとのんびりした時代ですね。

自分は毎年20回以上献血をしてますが、献血ルームでベッドへの案内をされるのに渡される機器は、ポケベルの機能を使っていると聞いたことがあります(^^)

懐かしい。ポケベル📟持ってましたよ。
カタカナに出来ない数字だけのやつでした。

あ〜なんか思い出してキュンとなっちゃうね。
良い時代だったのかな。不便って想像力を養ってくれるのかもしれません。

いつも楽しく拝見してます。要所要所いちいち面白い

というか吉本なんですね。びっくりしました
そしてそして間もなく誕生日おめっとさーん

*2*2 とか懐かしい。休み時間とか学校の公衆電話に並んだよね。ステラ使ってたなー。最後に##笑

85223204410412 (良き時代)

ポケベルなしに私の高校時代は語れない!笑
今でもベル打ちできますよ😆

懐かしいですね、ほんのいっときですが彼とお揃いのマンボーのポケベルを持ってましたw

すぐに携帯が普及して、そちらに変更しましたので文字コードまで覚えてませんがw

ポケベル、私も使ったことないです。中学生の頃は携帯電話が出だしていました。オレンジかグリーンのバックライトのやつ。
でも、その頃からポケベル打ちで入力してるので、タイピングの早さは磨かれています(笑) 今は2タッチ入力ってなってて、ポケベルって言葉が忘れられかけているのかと寂しくなったり、呼び名が変わっても使えるキーボードがあって嬉しくなったり。おかげでフリック入力は全くできません。

防災の目的で今も使われていたとは。震災のときは本当に心細かった…。独り暮らしで電気も4日止まってて、携帯電話は全然繋がらないまま電池切れ。福島の実家はどうなっているのか不安で不安で。
ぜひ今後メジャーになってほしいです。

仕事で持たされてたなぁ。
携帯と違って、とんでもなく受信範囲が広くって、鳴ると大体面倒ごとの処置依頼とかで、良い思い出がほとんどない(T . T)

ポケベル、新入社員当時に持たされていました。

当時の携帯は地下に入るとつながらなかったりとか平気でつながらないことが
あったのに、ポケベルはどんなに山奥でも(=折り返し連絡する電話がない場所でも)ピーピーなるという(笑)

ちょうど、PHSも出はじめだったりするあの頃が懐かしいです。

最初の携帯電話1987年頃が自分が使用した携帯電話でした❗

まだポケベル残ってたけど、関西デジタルホンの携帯がモバイル始めでした。

この子、気持ちよくアホやから、またアホなことを仕出かし、、、、、
あれ?真面目な記事やん?????
キュラが違う、、、、けど、面白い記事でした。

おどろいた!
面白かったわ(゚∀゚)

感動した。ポケベルを使った世代でした。ポケベルの周波数を災害用のラジオに使用することで役立たせている逆転の発想に感動しました。ポケベルとは異なる使い方(防災ラジオ)でまた、かかわりたいと思った。

ポケベル📟世代です。はじめはビープ音だけで、次に数字だけ表示されるモデル。そして、カタカナと英数字が表示されるモデルが出て、その後すぐにアナログ携帯電話と、PHSでした。
自分が使っていたのは最初数字が出るモデルでした。DDIポケット社のでした。青いライトが光り暗い所でも読めるのが新しかった時代です。当時の女子高生たちはものすごい速さで公衆電話のボタンを押してメッセージ送信してました。あの速さは芸術レベルです。その後、携帯電話はアナログでやっとショルダーホンから、家庭用電話の子機のサイズになりましたが、通話時間は連続120分とかで、いろいろ触ってるとすぐ電池切れでした。PHSが出て電話がかなり小型化し、電池持ちも通話連続6時間と飛躍的に伸びました。携帯電話に変わって行ったのは通話時間が変わらなくなったからですね。iPhone発売前に全面タッチパネルの携帯電話を使ってました。パイオニア製でした。スマートフォンではありませんでしたが、先駆けだと思います。

な、懐かしいな~(笑)

高校から短大のはじめに使っていました。その当時はスマホを触っている自分が居るって考えも及ばないほど、時代は変化したのだと思います。
ポケベルのやりとりのために、公衆電話に長い列が出来ていたことも懐かしく感じます。
今では公衆電話もポケベルもすっかり少なくなってしまいましたが、災害時にこそ、公衆電話もポケベルも必要だと改めて感じた記事でした。

タイトルに惹かれて最後まで眺めてしまった🤗社長インタビュー良かった。応援させていただきます。

懐かしい気持ちになったよ・・(>_<)

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。