haji-eyecatch.jpg

  • おもしろネタ

SNSで恥をさらしたくないので「アルコール検知スマホケース」を作った

藤原 麻里菜

ライター:藤原 麻里菜

2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。

  • はてなブックマークに追加

.

section0_image

 
酒に酔ったときにしてはいけないことは何だろうか。運転はもちろんだが、スマホをいじる行為も危険だと思う。私は、酔っ払ってスマホをいじって失敗したことが数え切れないほどある。

しんみりした気分になってTwitterでポエムを投稿してしまったり、急に怒りが湧いてきてFacebookに愚痴を書いてしまったり、寂しくなってド深夜に電話をかけたり、LINEを連投してしまったり……。

▲酔って投稿し、フォロワーから「どうしたんですか?」と心配されたツイート



朝起きて、スマホを見てゾッとする。またやってしまった。そう思いながら、ツイ消しをしたり、「昨日は酔っ払っていて……」と弁解したりするのだ。

酔っ払っても失敗しないようにと、飲酒の前にスマホをカバンの奥に入れ、待ち受け画面を警察の画像にしたこともあった(警察の画像にしたのは、なんかシャキッとするかなと思ったので)。

section4_image


しかし効果は全くなかった。酔っ払って知能指数が低くなっていても、少々手こずりながらもカバンの奥からスマホを取り出し、知人にLINEを連投することができたのだ。警察には目もくれなかった。

私はスマホがある限り、酔っ払って恥をかきつづけてしまうのだろうか。スマホという文明は、私には早すぎたのか……。酔っ払ったときに自動でロックされるスマホケースがあればいいのに……。

そうだ、自分で作ればいいのだ。

「酔っ払ったら自動でロックされるスマホケース」を作る

section6_image


ということで、まずは設計図を書いた。使用するのは「アルコールセンサー」だ。飲酒運転の取り締まりで使われているアレである。

これを使って、基準値以上のアルコールを検知したら、スマホがロックされるという仕組みを作りたい。何度か電子工作はやったことがあるものの、全く詳しくない。センサーとかよくわからない。でも、大丈夫。必ず完成させる。なんか根拠のない自信があるから。

section8_image


今回、コネクタを挿すだけで簡単にセンサーを利用できる「Grove」のセンサーキットを購入した。これをマイコンボードの「Arduino」につなげて、PCからプログラムを書き込むだけで、アルコールを検知できるようになる。電子工作をしたことない人に向けて説明すると、森のクマさん(Arduino)に第六感(Groveセンサー)を与え、洗脳(プログラムの書き込み)させるみたいな感じだ。クマさんかわいそう。

section10_image


「アルコール濃度が基準値を超えたらモーターが動く」というプログラムを組みたいのだが、どうすればいいか分からず途方にくれて、酒が飲みたくなってきた。

参考になるサイトはないかとインターネットを探し回っていたのだが、なかなか見つからない。確かに、アルコールセンサーとモーターをつなげるなんて、ニッチすぎるプログラムだ。

しかし、海外のサイトを調べてみたら、エンジニアの投稿サイト「EngineersGarage」で、なんと私がやりたいことをまんまやっている人がいた。しかも手順まで書いてくれている。世界は広いな。

section12_image

引用元:Arduino Based Alcohol Detector

 
 
投稿者であるベヌゴパルさんの真似をしてつないでみたら、完璧に動かすことができた。ありがとう、ベヌゴパルさん。

section14_image


ベヌゴパルさんのおかげで中身ができたので、外箱を作っていこう。まずは、CADソフトで設計する。0.1mm単位で設計していると、気が狂いそうになってくる。

section16_image


設計したデータを3Dプリンターで出力する。大きいので、かなり時間がかかった。文句も言わずに昼夜動いてくれた3Dプリンターにこの場を借りてお礼を申し上げます。

section18_image


基板と外箱を組み合わせたら、完成だ。

「酔っ払ったら自動でロックされるスマホケース」の完成!

section20_image


これが、「酔っ払ったら開かなくなるスマホケース」だ!

section22_image


下部にある丸い穴がアルコールセンサーだ。ここに息を吹きかけると、

section24_image


上部の液晶に表示される「アルコールレベル」の数値が変わる。

テストで、日本酒が入ったコップの内側にセンサーを入れてみたら、5分程度で900まで達した。飲酒前の数値が300〜400程度であるため、ほろ酔い程度の数値だと思われる。ロックされる数値は900でいきたい。

section26_image


パカっと開いて、中にスマホが入る。何も考えずに作ったので、私のスマホ(iPhone 7)より小さいものしか入らないけど、私専用ということで……。

section28_image


ロックの仕組みは簡単。上部に鍵となるフックがついている。アルコールレベルが900以上になると、フックと接続しているモーターが90度回転して、

section30_image


下のくぼみに引っかかるのだ。「いや、脆弱では?」という声が聞こえたら、「じゃあ、お前が作ってみろよ」と逆ギレします。

section32_image


ロックした状態で持ち上げてみるとこんな感じになった。ここで壊れたら今まで費やした時間が無駄になるので、恐る恐る持ち上げている。

section34_image


これで、安心して酒が飲める。もう、SNS上で恥ずかしい思いをすることなんてないのだ。それでは早速、飲酒をしよう!

飲酒をしてみる

section36_image


いつも通り、家で一人ビールを飲む。

全く興味がないかと思うが、私は酒を飲むときは何も食べない派だ。私にとって飲酒とは、ただストイックにアルコールを胃に運ぶ。それだけの時間なのだ。

section38_image


1缶飲みおわり、ほろ酔いになった。スマホを開きたいので、アルコールセンサーに息を吹きかける。

section40_image


どんどん上昇していくが、数値は600前後。ロックされる数値は「900」なので、まだまだ余裕がある。

section42_image


めちゃくちゃいじりにくい。

section44_image


2缶目は、アルコール度数9%のチューハイ「ストロングゼロ」。モンゴル語で「死への階段」を意味するお酒だ。嘘だ。

ストロングゼロは、140円という安さで、びっくりするほど早く酔っ払えるところが好きだ。時間に追われている忙しい現代人にとって、早く酔っ払えるというのは、それだけで価値がある。ストロングゼロは、この世に生まれ落ちた、たった1つの奇跡。

section46_image


半分くらい飲み、「あっ! これは、キてますね」という感覚になった。この後「あれ? スマホどこやったっけ!?」と15分ほどスマホを探してしまった。酒って恐ろしい。

section48_image


アルコールセンサーに息を吹きかける。どんどん数値が上がっていき、

section50_image


スマホにロックがかかる数値「900」を超えた!

section52_image


ケースにロックがかかり、開かなくなった。いや、脆弱なロックなのでちょっと力を入れればこじ開けられるのだが、あれだけ時間をかけてがんばって作ったものだ。壊せるわけがない。

これで、SNS上で恥をさらすことなく、1人で寂しく酔っ払うことができるようになった。世界は平和になったのだ。

おわりに

section54_image


朝起きたら、ストロングゼロの空き缶とバラバラになったマシーンがそこにあった。組み立ての簡単さから、自分でバラしたのだろう。

恐る恐るLINEを見たら、またやらかしていた。

section56_image


冷や汗が止まらない。誰か私を止めてくれ。

それか、酔ったときにLINEしても怒らない人を紹介してください。

(編集:ノオト

(追記:11月21日 12:00)
未成年者の飲酒は法律で禁じられています。

藤原 麻里菜

ライター:藤原 麻里菜

2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 36

1 - 36 / 36

試作レベルではよくできました!
ただ、でかいので持ち運びはちょっと...ね。
おねーちゃん、もう少しおいしそうに飲んで。(笑)

バーで呑みながら
「このカクテルきれい〜!インスタ映えしそう!」
とスマホで撮ろうにも撮れない事案が発生しそう(^_^;)

でもその姿勢、良いですよね〜。

いつかスマホに標準搭載されたりして…。

飲む前に脚立が必要なくらい高い所に置くってのはどう?
シラフなら取れるし泥酔ならフラフラなので脚立に立てないであろう。

息吹きかけるの忘れてたらそのまま開いちゃう感じ?(´・ω・`)

よくがんばりました!
ネタとしては面白いけど・・・
アルコール依存症になる前に禁酒したほうが幸せになれますよ。

検知しようがしまいが酒飲みが糞なのは一緒
言い訳作り格好悪い

「ファインダー越しのお前の世界にわたしがいたことがあるか?」
いやぁ、深いですなぁ(๑¯ω¯๑)

こんなすごい物を手作りできちゃうことに誰も驚いてないのが驚きで、今の時代プログラミング出来て当たり前、3Dプリンターなんて誰でも使えるぜって、それにかなりショック…。ダメだ、私なぞ化石以下なのだな…。

いつも笑わせていただいてありがとうございます(^o^)
今回はプレゼントなしですね~残念。

飲むと電話やメールしたくなる気持ちなんとなくわかります…翌日は冷や汗かきますが( ;∀;)お願い笑って許して…

お酒は節度を保ちましょう。

付き合いとはいえ、飲み過ぎは身体に毒。

種々の方法でストレス発散 リフレッシュできます。

 酔っているような顔には見えません。私は、下戸でビールコップ半分でも顔に出ます。
 しかし、その調査力に脱帽です。

イラッときたらごめんね(>_<)

どんまい(´・ω・`)

そのアイデアと行動力がステキ✨

私もお酒🍶飲みた〜い(禁酒中)

大好き!
自分も今、アルコール濃度900です。
明日、このコメ取り消せますか?

この企画面白すぎ、朝起きたらばらけてるのもgood!!
次は解体し難い構造を。強度的にも。

そのアホさ加減に乾杯!
そもそも「一人寂しく飲酒」って、酒も不味いし、身体にも悪い。
こんなアホな物を作るよりも、そこを改善するのが先かな。

面白い記事ww
アホ臭くて笑えたw

>私は酒を飲むときは何も食べない派だ。私にとって飲酒とは、ただストイックにアルコールを胃に運ぶ。それだけの時間なのだ。

本当の酒呑みですね。(#^.^#)
私は、美味しい肴が無いと
飲めません。
凄い\(^o^)/

スマホのおやすみタイマーを使うとか、飲み始めたら電源切るとか、アルコール検知可能なスマホを作るとかの方が現実的ですね。
ケースが邪魔すぎて日常使いできないっていうオチかと思ったら、想像の斜め上を行っていて面白かったです。
私も酔った時に失敗メールや非常識電話をした事があるので、自分以外にもやらかす人いるんだってホッとしました(^^)
結局は、「いい歳して何やってんの?そんなコントロールもできないならお酒なんてやめてしまえ!」とガツンと怒られたのが一番効いてます(^_^;)

凄いし面白いのですが、私は飲まないので縁がないです。(^^ゞ

こういうネタって関西のノリなのでしょうか?
私にはどこが面白いのか理解が出来ませんでした。
ですが、呼気のアルコールを検知して機械の動作を制限するのは個人レベルでも可能だということがわかりました。

オチはわかっていたけど、最後まで読みましたw
流石よしもと芸人!!!

SNSで恥を晒す前に、こんなネタではNSCの恥晒しになってませんか?

思いついて、考えて、作って、試してってモノづくりの基本ですね。
設定値を低めにしておけばケースも破壊されずだったか・・・
まぁ、酔っ払いに怖いものはありませんから携帯電話を壊さなかっただけ良しとしましょう!

ここの人達はいつも面白いことしてるなー。その発想力、計画力、実行力には感服感服。
当方は下戸なのでー、「酒飲んで失敗」とかとは無縁です。ゲコゲコ。
だがしかーし、「しらふで失敗」の方がダメージが大きいんジャマイカ🇯🇲
しくしく
アルコールをストイックに胃に運ぶスタッフさんに乾杯!

このブログで、YouTubeチャンネル「無駄づくり」を
初めて知りました。
さっそく、YouTubeへ。
無駄と言いつつ、面白すぎるもの、多数あり。
素晴らしい才能ですね。
「人生に無駄はない。」と聞きますが、
本当かもしれません。
楽しむことができました。ありがとう。

お酒を飲んでなくても、LINE誤爆を週に5日はやらかします。それを止めるアイテムをどうにかして作ってください。お願いします。

いや、それにしてもすごい発想力と行動力ですね。技術も。
こういうノリ、大好きです。

マイネ王 運営事務局

>>皆さん

たくさんコメント、アイデアをいただきありがとうござます^^

アルコール検知スマホケースが欲しい というお声もありましたが、残念ながらプレゼントはございません・・!
気になる方は、是非オリジナルアルコール検知スマホケースを作ってみてくださいね☆

また、他にも何かいいアイデアがあれば、ぜひコメントしてみて下さい!

発端から結末まで「素晴らしい」としか言いようがないですねえ♪
個人でアルコール検知器や連動してのロック機構を自作できるとは思いませんでした。
そして既に作ってた人もいたとは……みんな似たようなことを考えるんですね(笑)

メーカーが作ればもっと小さくて頑丈なものができるのかもしれませんが……それは自作のロマンですかね。


追伸 飲んだお酒は2本だけだったんでしょか?
もっともーっと飲んでいた、なんてオチは……(汗)

そのうち、アプリが出来るかもですよ!

このシリーズ、好きなだけにあえて辛口なことを書くと、

3Dプリンタなんかでなくて安物の手提げ金庫とかを改造すれば自分で壊せないものができてしまったと思う。でもそれでは役に立ってしまってオチがつかない。
根本的に間違った前提のもとで全力でやって結果コケるからオモロいので、コケ易いように準備してると感じてしまうと、もうね。
自分で壊してしまうリスクをとってでも譲れない何かの動機が欲しかったです。

繰り返しますが、このシリーズは好きです。
プロとして、いい作品(工作物も含むストーリー)を期待しています!



書いてて一つ思いつきました。
手提げ金庫にスマホを入れて施錠して、鍵を海にでも捨てる。そして合鍵を設計して3Dプリンタで時間をかけて作る。出来上がりを待つ間に死への階段で酔う。呑むときは毎回鍵を捨てては作り直す。アルコールセンサーの出番がない😅

自分が若かったころ、「若いうちは無駄なことが大切なんだ。そしてそれが無駄であればあるほど美しい」というある方の言葉を目にして感動したことを思い出しました。若さって偉大です。
ファインダーの件はなんだか天才のにおいがしました。
今後も期待してます\(^o^)/

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。