image001.jpg

  • おもしろネタ

盲目のiPhoneユーザーに聞いた、視覚を使わない驚きのスマホ操作術

社領エミ

ライター:社領エミ

1990年生まれ 兵庫県出身。"面白くて 変なことを 考えている"会社、株式会社人間の書けるムードメーカー。

  • はてなブックマークに追加

こんにちはー! 株式会社人間の書けるムードメーカー、社領エミです!
会社の「社」に領収書の「領」で社領で〜〜す!

section0_image

画像:表参道に立つ社領の写真
私は今、表参道に来ております。
というのも、先日たまたま全盲でiPhoneを使いこなしている方にお会いしまして……。

section1_image

画像:スマホのイラスト
!?


え、iPhoneってツルツルですよ!? 触ってわかるボタン、ほぼないですよ!?
電話もメールもインターネットもしますよ』とのことだったのですが、
一体、どうやって使ってるの……!?

き…………

気になる〜〜〜〜!!!!

もっと話を聞かせて〜〜〜〜!!!!

section2_image

画像:ダイアログ・イン・ザ・ダーク前での社領の写真
ということで、外苑前にある施設 「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」 にやって来ました!

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」は、暗闇のソーシャル・エンターテインメント。完全な真っ暗闇の空間へグループを組んで入り、暗闇のエキスパートである視覚障がい者のスタッフの案内で、視覚以外の感覚を研ぎすませながら中を探検したりと、さまざまな体験ができる施設です。

そして!

こちらが生まれつき全盲のiPhoneユーザー
檜山 晃(ひやま あきら)さんです!

section4_image

画像:檜山さんの笑顔の写真
檜山さんは、ダイアログ・イン・ザ・ダークのスタッフさんであり、社領が先日ワークショップに参加した際に暗闇の案内をしてくださったお方。
5年以上前からiPhone 4、iPhone 5、iPhone 6 Plusと3台のiPhoneを使いこなしていらっしゃる、かなりのヘビーユーザーです。

section5_image

「こんにちはー! 今日は色々教えてください、よろしくお願いします!」

section6_image

「はい、こちらこそよろしくお願いします」

iPhoneは見えなくても操作できる!

section7_image

「早速ですが檜山さん、iPhoneを使いこなしていらっしゃるとか……!?」

section8_image

「いえ、それほどでもないです、人並みです(笑) 電話メールインターネット、あとはAmazonで買い物するとかですかね……」

section9_image

「えー!? iPhoneって見えなくてもそこまで操作できるの!? 一体どうやって…!?」

section10_image

「見てみますか?」

section11_image

画像:スマホを持つ檜山さんの手元の写真
こちらが檜山さんのiPhone 6 Plus。一見すると、私たちの使うiPhoneとまったく変わらなく見えますが……。

section12_image

「ホームボタンを押してみますね」
画像:檜山さんのホーム画面

section13_image

「●#%○」

section14_image

今このiPhone、何か喋った!?!?

section15_image

「『14時59分』って言いましたね」

こちらが、その動画です!

section17_image

言っ……てる…………?

section18_image

「言ってますよ(笑)iPhoneには、視覚障がい者でも使えるようVoiceOverという画面読み上げ機能が備わっているんです。今は、画面に表示されている『時間』を読み上げてくれたんですが……」

section19_image

「これ、めちゃくちゃ早口じゃないですか!? 聞き取れます!?」

section20_image

「はい。僕は慣れてるのでこの速度がちょうど良いのですが、遅くすることもできますよ。じゃあ試しに、天気を調べてみましょうか」

section22_image

な、なんじゃこりゃ〜〜〜!!! すごすぎる!!」

section23_image

「iPhoneはこうやって、画面に出ている情報、今選択しているものの情報を読み上げてくれるので、全盲の僕も使うことができるんです」

section24_image

「じゃあ、メールはどうやって…? 音声入力とかですか?」

section25_image

「基本的には、Bluetoothのキーボードを使いますね。文字どおりのブラインドタッチで(笑)」
画像:折りたたみキーボードを持つ社領の写真

section26_image

こちらが、檜山さん愛用のキーボード! 真ん中で折りたたんで、コンパクトに持ち運べるようになっております。

section27_image

「なるほど、納得。やっぱりこのくらい凹凸がないと文字は入力できないですよね」

section28_image

「いや、iPhoneの画面内のキーボードでも普通に入力しますよ

section29_image

「え!?」

section30_image

「こんな感じに……」

section32_image

「さらにですね。僕は目が見えないので、いま画面を見てないんです。なので、画面が点いてる意味ってまったくないわけですよ。というわけで、3本指で3回タップすると……」

section33_image

画像:真っ暗な画面のスマホを操作する檜山さんの写真

section34_image

「画面が真っ暗になります。が、これ、画面を真っ暗にしただけでiPhoneは起きてる状態なんです。僕はこれでも操作できちゃうんですよ」

iPhone「『マップ』。開くにはダブルタップします」
画像:驚いた顔の社領の写真

section35_image

「…………。」

section36_image

「……すごい……。すごい……もう『すごい』しか出てこない……。あとこれを作ったAppleを、心の底から尊敬した……」

点字でインターネットが読める! ハイテクデバイス「音声点字PDA」

section37_image

画像:話をする檜山さんと社領の写真

section38_image

「想像以上にiPhoneを使いこなしてらして、めちゃめちゃ驚きました…! ほかにはiPhoneでどんなことをするんですか?」

section39_image

「一番よく使うのはインターネットやYouTubeですね」

section40_image

「YouTube! 音を聞く感じですか?」

section41_image

「ラジオを聞いたり、野球観戦したりですね。野球って音でもわかるんですよ、フライとゴロで全然音が違うんです。あとは映画も好きなので、NETFLIXで映画を楽しんだりとか……」

section42_image

「iPhoneは娯楽の道具って感じですね」

section43_image

「もう完全におもちゃですね、電話ができるおもちゃ(笑)」

section44_image

画像:檜山さんの笑顔の写真

section45_image

「ただ、『時間の確認』や『メモを取る』といった動作もiPhoneでするかといったら、そうではないんです」

section46_image

「というと?」

section47_image

「たとえば時間を確認する時、僕はこの腕時計を使ってます」

section48_image

「? 普通の腕時計に見えますが……」

section49_image

「これね、蓋が開くんですよ」

section50_image

画像:蓋が開いた腕時計の写真

section51_image

「おわーー!!」

section52_image

「指で針を触れば時間がわかるんです」

section53_image

「うわー、触ってみたい!」

section54_image

「どうぞ。横から触ると針がずれるので、真上から……」

section55_image

画像:腕時計に触れる社領の手元の写真

section56_image

「あ、わかるわかる! 長針と短針!」

section57_image

「暗闇でのワークショップ中は必ずこれを使いますね。お客さんが夢中になって暗闇を探検してる時に、時間の読み上げ音声が流れると現実に戻っちゃうでしょう」

section58_image

「確かに、これだとみんなに気付かれずに時間を確認できますね。SEIKOを心の底から尊敬した」

section59_image

「メモを取る時に使うのはこれ。音声点字PDA※です」
画像:音声点字PDAの写真

section60_image

※PDA … 携帯情報端末のこと。
画像:音声点字PDAを興味深げに眺める社領の写真

section61_image

けっこう分厚くて重い!

section62_image

「おぉ……なんか音楽ゲームのコントローラみたい! これでメモが取れるんですか?」

section63_image

「上の8つのボタンがキーボードになってて、点字を打ち込めるんです。こんな感じで……
『わたしはひやまあきらです。こんにちは』と、今打って見ました。触ってみてください」

section64_image

画像:音声点字PDAの点字部分に触れる手元の写真

section65_image

「オォォーーーイ!!! ポコポコしてる!! すごい!! すごい〜!!!」

section66_image

「これ、見た通りモニターがついてないんですが、このツブツブがモニター代わりなんですよ。このデバイスがあれば、メモをとったり、メールを打ったり、インターネットに繋げてホームページを読むこともできます

section67_image

「インターネットもできるんだ! 確かに、視覚障がい者の方にとっては、インターネットに画面が必ずしも必要という訳ではないですもんね」

section68_image

「そうですね。まぁ、このデバイスは読み物に向いてるかな。iPhoneとは、用途によって使い分けてます」

section69_image

画像:にっこり笑う檜山さんの写真

section70_image

「でもやっぱり、このデバイスは視覚障がい者専用のものだから。iPhoneを使うようになって、みんなと同じものを使えるのが物凄く嬉しいですね」

画面を見ないでiPhoneの操作にチャレンジ!

さてさて! 檜山さんのiPhoneの操作、めちゃくちゃスムーズに見えましたが実際どうなの?
音声だけの操作って、実は簡単だったりして……?

ということで、実際に私もやってみることに!

私のiPhoneを檜山さんものとまったく同じ設定にして、目隠しをしたままで『目隠しして打ってます』とツイートしてみたいと思います!

【iPhoneを檜山さんと同じ設定にする方法】

「設定」 > 「一般」 >「アクセシビリティ」 >「VoiceOver」にアクセスし、

section74_image

画像:VoiceOver設定画面
一番上の項目「VoiceOver」をオンにすると、読み上げ機能の設定が完了!

「読み上げ速度」のスライドバーで、読み上げる速度を調整してみてください。
一番右のウサギアイコン側に設定すれば、檜山さんのiPhoneと同じ速度になりますよ。

※iOS 9.2.1での設定方法です
※VoiceOver機能は操作方法が特殊なので、目を開けて使ってもめちゃくちゃ難しいです。困った時のために、使用方法を調べられる使い慣れたデバイスを側に置いてのご利用をおすすめします!



目隠しをしたままロック画面からツイートまで、果たして私にできるのか……!?
チャレンジ開始で〜す!

section75_image

画像:目隠しをしてスマホを持ち爆笑する社領の写真

section76_image

ぐわーー!! 目隠しした瞬間もうわからん!!!! いま私、ロック解除できた…!?」

section77_image

「できてますよ」

section78_image

「まずTwitterを開くのが難しいーー!! 私のホーム画面ってどんなだっけ!?」

section79_image

「大丈夫です、今Twitterを選択してますよ。ダブルタップして」

section80_image

「しました……ツイートボタンどこだっけ!? 右上!?」

section81_image

「あ、今ツイートできる画面に来ましたね! まずは『め』を打ちましょう!」

section82_image

「エム……エムどこ!? ヤバい、全然聞こえない! 今どこまで打った……!?」

section83_image

画像:スマホに耳をすませる社領と檜山さんの写真

section84_image

今『め』ってちゃんと打てましたね

section85_image

「なんで全部わかるの!?(笑)」

ということで、10文字打つのに10分かけた大格闘の末、私がツイートしたのはこちら!

section87_image

画像:「しtでううってなす」と呟いた社領の画面のスクリーンショット

section88_image

画像:がっくりうなだれた社領の写真

section89_image

全然ダメじゃねーか!

section90_image

「『目隠し』まで打って、一回全部消してましたよ」

section91_image

「まったく気付かなかった〜!」

これにて、目を使わずiPhoneを使うのはめちゃめちゃ難しいということが判明しました。

私たちは五感のうち、ほとんど目しか使っていない

section93_image

画像:目隠しを外している社領の写真

section94_image

「いやー難しかった……。ダイアログ・イン・ザ・ダークを体験したときも思ったんですが、視覚を遮断されると『私たちが普段いかに目に頼って生きているか』ということを痛感します」

section95_image

「ね。僕はよく『ものが見える人たちって、基本的には五感すべてが使えるはずなのに、ほとんど目しか使ってないな』と感じていて」

section96_image

「おっしゃる通りです……」

section97_image

「なので、僕はダイアログ・イン・ザ・ダークのスタッフをする上で、視覚以外の色んな感覚を使うことで身の回りのことがもっと楽しくなるよ、ということを気付ける場づくりができるよう心がけてます」

section98_image

画像:笑う檜山さんの写真

section99_image

「確かにワークショップの後しばらくは、物の感触や音の感じ方がまったく変わりました! いつも使っている鞄でも、手で持った時の質感を生々しく感じるというか」

section100_image

「そう感じていただけると嬉しいですね」

section101_image

「ということで檜山さん、今日は色んなお話を聞かせていただいて、本当にありがとうございました!」

section102_image

「こちらこそ、ありがとうございました。」

ユニバーサルデザインはすごい

section103_image

画像:檜山さんと社領が並んで笑顔な写真

これにてインタビューは終わりです!皆さん、いかがでしたでしょうか。

視覚障がいを持つ方とお話するのは初めてだった私にとって、今回の取材は驚きの連続でした。
特に衝撃を受けたのは、檜山さんの「みんなと同じものが使えるのが物凄く嬉しい」と言う言葉です。
「使いやすい」は必ずしも「使いたい」とは違うのだなと。そんな中で、「誰もが同じものを使える」というユニバーサルデザインの大切さを改めて思い知った次第です。

という訳で!

そんな檜山さんがスタッフとして勤める「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」、東京会場・大阪会場と2会場で常設開催しております。みなさん、お近くにいらした際は是非体験してみてください!

==========
ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/

東京 外苑前会場
TEL : 03-3479-9683

大阪会場「対話のある家」
グランフロント大阪 北館 4F ナレッジキャピタル 積水ハウス「SUMUFUMULAB」内
「対話のある家」事務局(11:00~18:00 ※土日祝日除く) : 0120-29-2704
==========

では!
この取材をした日の夜、早速友達にVoiceOverを披露していたところ、画面を真っ暗にしてしまい戻せず危うく新幹線を逃しかけた社領エミでした。

社領エミ

ライター:社領エミ

1990年生まれ 兵庫県出身。"面白くて 変なことを 考えている"会社、株式会社人間の書けるムードメーカー。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 64

51 - 64 / 64

iPhone恐るべしですね!親戚の鍼灸師の人もiPhoneを使いこなしてたんで、改めてこんな使い方できるんやなって感じです。まだまだ私なんかヒヨコですね😀社領さんナカナカやりますね!楽しみに拝見してますよ😀

マイネ王 運営事務局

>>皆さん

コメントいただきありがとうございます(^^)

もっともっとiPhoneも進化して、色んなニーズに合った
活用法がどんどん出てくるんだろうな~と思うと、わくわくしますね!

社領さんの記事、また楽しみにしてて下さいね☆

iPhone凄いですねー(*>д<)
身近に視覚障がいの友人がいますがiPhoneをどのように使用しているかはよく知りませんでした!
(ボルダリングではよく会います。見えないのにずんずん登っていきます!
世界のパラクライミングで優勝した方もいますよー)

自分は聴覚障がいですが、iPhoneも有効活用しております。
Bluetoothで補聴器をiPhoneからリンクさせることができるので、直接音楽などが補聴器に入ってきて、鮮明に聞こえるんです。
なので、iPhoneをマイクにすれば、その人の声がよく聞こえるようになります。
※個人の聴力によります。

補聴器の技術の進歩もさることながら、iPhoneの技術もすごいなと感動しました!
Androidも良いところはありますがもう戻れません(汗)

コメントで出ているUD手書きに似たようなものですが…。
話したことを文字化してくれる「UDトーク」も会社で使用しております。

今後も期待ですね★

マイネ王 運営事務局

>>かるさん

コメントありがとうございます!
補聴器をiPhoneとリンクして、音楽が聴けるなんて
すごく便利ですね!
ほんとうに色々な技術の進歩に驚きです。
これから先、もっといろいろな物が便利に使えるようになりそうですよね!

皆さんにとって便利で使い心地がいい!を目指してmineoもがんばりますね(^^)

野球のフライとゴロの音が違った見方・楽しみ方を教わり、視覚だけに比重
を置いていたのを実感しました。
いいレポートをありがとうございます。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

iphone 長く使ってきたのに、こんな機能があり、使用できるとは知りませんでした。
非常にいいレポートです。
またiphone 恐るべし。凄いと再確認しました。

感動しました!
とても良いレポートだと思います。
アップル社が ホントに人に優しい企業であることを 再認識させて頂けました。
mineoもずっと そうあって下さいね (^ー^)

マイネ王 運営事務局

>>皆さん

たくさんコメントいただきありがとうございます。
この記事をきっかけに、こういう機能もあるんだという事が、広まっていけばいいなと思います!
mineoも、もっと頑張りますね!

先ほどこのページを読み登録して書き込んでいます。iPod TouchMD723J/A iOS9.3.5を使っています。以前のバージョンではホームボタンの3回押しでボイスオーバー・画面の色反転などのメニュー選択画面が出ていましたが、現在はホームボタンの3回押しでボイスオーバーのオン・オフが切り替わるようになりました。ボイスオーバーオン時は指をスライドさせてアイコンなどのボタンを選択した後はボタンからずれても(多分画面のどの位置でも)ダブルタップで決定できます。Androidでの視覚障害者向けの設定については「簡単スマホ 視覚障害」などの複合検索で新しい記事が出ていると思います。今後他のページも拝見させていただきます。頑張ってください。

続きです。「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を疑似体験するなら、自宅などの安全な場所で回りを確認した跡目を閉じて周囲の音を聞いたりしながら動いてみるとよいですよ。安全な場所であれば立ち止まって目を閉じてみることもよいかもしれません。余談ですが5.1chサラウンドシステムをお持ちの方がおられましたら目を閉じて音だけを聞いてみたり仰向けの姿勢で聞いてみるのも音の動きに新鮮さを感じることができるかもしれません。私は現在視力0.02です。

マイネ王 運営事務局

>>ひでじい3さん

情報ありがとうございます!

自宅で疑似体験してみるのもいいですね。
毎日生活をしている家も、いつもと違った部分を見つけることができるかもしれません。

「あの速さで聴き取れるなんて‥。」

いろんな意味で勉強に成りました。

また取材で知らない事教えて下さい。

(合掌) (*^ω^*)

五感を使っていない!
そうなんだと思いました。 先日、NHKの奇跡の人というドラマを観て盲聾の方々の世界を想像してみたりしました。五感を研ぎ澄ませば、今の私が気付いていないたくさんのことを深く感じることができるのかもしれません。その世界を広げてくれるiPhoneも素晴らしい!

非常にタメになる記事でした‼

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。