【ユーザー記事】mineoで今までの機能は使えるの?(通話/通信編)

  • はてなブックマークに追加

thumnail2.PNG

こんにちは!おじさんと申します。

今年は暖冬・・・だなんて言われていても、やっぱり寒いものは寒いですね(><;
そりゃ温泉やカフェ通いがやめられないよなーと日ごろのぐうたらに理由つけながらまったり(*´ω`)しています。
皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、昨年末~年初にかけて、「今までのケータイ会社からmineoへ」というテーマで初めてMVNO(格安SIM)に興味を持つ方にも読んでいただきたいと思いながら、機種の用意の仕方をいろいろ書かせてもらいました!

【ユーザー記事】mineoの端末はどうやって用意するの?(前編)
【ユーザー記事】mineoの端末はどうやって用意するの?(後編)

本当にたくさんの “ナイス!” やコメントなどでリアクションをいっぱいいただけて驚いています。

ありがとうございます!!

おかげでマイネ王運営事務局の方から「続きもぜひお願いします!」(←とても親身にフォローしていただいています!!!)とお話しをいただけまして、こうしてまた皆さんのもとにお届けできています(^^)

さて、今回も “はじめてのMVNO” な方の心配な部分は何かな・・・と思い、テーマを決めました!

今回からは3回に分けて「普段何気なく使うケータイの機能はそのまま使えるの?」をテーマに書いていきたいと思います。

普段使いで 不便なく・心配なく 使えるのかはきっと大きな要素だと思います。また今までのケータイ会社じゃなくなることで良いことばかりではないことをはっきりさせて、自分には必要な機能が使えるかを調べることができれば、心配事や不安に思う気持ちが晴れるのではないかと思います。そのお手伝いができればいいなと思っています。

今回は第一編:ケータイの基本ともいえる “通話や通信” の話をします(^^)

今まで通りきちんとつながるのか

ますはエリアに関しては心配無用です!MVNOも電波は今までのケータイ会社(auやドコモ)のまま。
しかもmineoはその中でもAプラン(au回線プラン)、Dプラン(ドコモ回線プラン)と2社の回線をお好みで選べるわけですね!

ドコモ回線のみ提供するMVNOが大半な中で、自分の住む地域や使う機種など好みに合わせて回線を選んだり、途中で契約内容を残したまま回線を変更できるmineoは初めての格安SIM選びにおいても失敗の少ないケータイ会社です!(Aプラン←→Dプランの変更は税別2,000円で行えます)

そんなmineoの各プランで利用できるエリアをまとめました。
(090電話:090/080/070から始まるケータイ電話番号での通話やSMSの機能が利用できるエリア)

section2_image

こうしてみると、唯一Aプラン(VoLTE以外)の2014年秋頃までにauから発売された機種で本来対応しているau 3G(CDMA)でのパケット通信がmineoでは(他のMVNOでも)使えません。

ですが、実際の利用で使えなくなる方は少ないかもしれません。
今auでiPhoneや4Gスマートフォンを使っている方は、よければ普段の行動範囲で電波の表示を注意深く見てみてください。“通話中以外で「3G」となる場合だけ通信が利用できない”というイメージです。

auの4G LTEのエリアは広くて屋内やビルの間などでもつながりやすいのが売りとなっているとも聞きます。実際僕もmineo Aプラン(VoLTE以外)ですが、4G LTEでデータ通信できない場所に出会ったのがmineoを使っている1年半の中で旅行中での2~3回・・・くらいです。

その点で ”動画や写真のやり取りもスムーズなLTE” と “広いエリアが魅力の3G” が両方使えるDプランのほうがより安心とも見えるかもしれません。

ということで今までの広いエリアで、うんとお得に利用できるのがmineoのメリットであり、デメリットはないと言い切れるくらいです。
そして090電話での通話品質もauやドコモと同じです。それはauやドコモから通話回線をそのまま借りているからなんですね!

ご自身の行動範囲でのエリアチェックは、よろしければこちらのリンク先の「エリア」からご確認ください(*^^)。

Aプランのエリア確認を含むMVNOのお客さま向けページ(auホームページ)
Dプランのエリア確認を含むMVNOのお客さま向けページ(NTTドコモホームページ)

パケット通信は今までより遅くなる??

インターネットで格安SIMのことを調べていると「昼間のスピードが落ちる」なんて感想を書いている人や、ニュース記事でも「昼間のスピードが速いMVNOはどこだ」なんて書かれていたりするのを僕も時折見ます(^^;

昼間の速度低下に関してはmineoを使っている僕も「そうだなぁ・・・」って思います。

mineoやほかのMVNOは今までのケータイ会社から設備を借りて提供しているから、使えるエリアはほぼ変わらないという話をしましたが、データ通信(インターネットやアプリの通信など)に関しては、au/ドコモの設備とmineo(ケイ・オプティコム)独自の設備を使っています。

section4_image

auやドコモの回線の一部を借りて通信をしている分、混み合うお昼休みの時間で通信速度が落ちたり、インターネットにつながりづらくなったりするようなんですね。

これはmineoの設備が遅いのではなく、au/ドコモの設備とmineoの設備を接続するパイプの太さの影響を受けるためであり、詳しくはネットワーク増強とトラフィックデータを大公開!をご覧ください。
(体感的には平日の12:30~13:00くらいがインターネットにつながりづらくなる日がある印象です)

僕自身、mineoにする前にほかのMVNOを使ってきましたが、ネット接続が12:00~13:00のほかに夕方の家に帰る時間(18:00~)もつながりにくいケータイ会社もあったりして、会社によってまちまちなんだなと思いました。
(ケータイ会社から借りる “回線の太さ” と利用する人の多さやデータの大きさで速度が決まる仕組みなんだそうです)

mineoの話に戻りますと、AプランでもDプランでも速度は遅くなれどつながらなくなることはほとんどないように感じています。

なので、常にWebでメールチェックが必要なビジネス兼用の方や、一分一秒が大事な株式運用をされているような方は昼間でも通信が安定しやすい今までのケータイ会社を選んだ方が安心かもしれません。

一方でLINEでメッセージのやり取りをしたり、ニュース記事を見たりする程度であればmineoでもそれほど不便ないかな、と思うのですが、ユーザーの皆さんどう思いますか(^^?
(LINEやニュース記事、サイトの検索などは通信速度が遅くなっていても、インターネットにさえつながれば十分利用できるサービスなんです!)

あと、職場や自宅などで利用できるWi-Fi(無線LAN)がある方はそちらにつなげていれば混雑時間も快適インターネットが利用できますね(^^)

もちろん混雑しない時間については通信速度もつながりやすさも心配ありません(^^)

section5_image

この記事を書いているときに僕の利用する機種で出先のカフェで計測してみましたが、普段でも10Mbps~40Mbpsは出るので動画も標準画質であればほぼ止まらずにみられるくらいの速度で楽しめます(^^)

ちょっとした調べものも、メッセージやゲームアプリでのコミュニケーションや無料電話も、通信容量に余裕があれば動画サイトやアプリの更新なんかもストレスなく利用できます♪

この環境が最安1,000円を切る値段から利用できる、となればアリと思う方もいらっしゃるのでは??

ですが、この話だけでは「普段使いで問題ない」とはいかないと感じる方もまたいらっしゃると思うんです。

次回はもう少し生活に入り込んだお話しをして、メールやGPS、テザリングなど使う場面の多い機能の使い心地や、不便に感じる点の解決方法・回避方法を書いてみたいと思っています!

おしまいにですが、今回の記事含めてmineoやMVNOを検討中の方へ紹介するときのツールとしてご活用いただけるととてもうれしいです!FacebookやTwitter、Blogへのシェアなどなどぜひどうぞ!

ではまた!!

おじさん

おじさん

僕はいちマイネ王メンバー(一般の会社員です)であり、いちmineoユーザーです!休日はカフェでまったり、温泉でまったり、甘いものを食べてまったり。まったり(*´ω`)
ユーザー目線での・・・なんて上手いことは書けないかもしれませんが、少しでも読みやすくわかりやすい内容と書き方を心がけます!

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 30

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

>> Yasuhiro Takamuraさん
不便少なく利用できているようで本当に良かったです(^^)/

回線の間借りしてる分のコスト、、、ユーザーである僕らが心配するところではないのかもしれないですけど 気になりますよね(^_^;)

一時期、少し遅くなったときがありましたが普段使いなら問題ありません
それだけに会員増えて欲しいけれど、増えすぎるとauなどの大本からの借りるお金が高くなったりしないのか心配です

>> テラピン さん
ソフトバンクユーザーさんは同じネットワークのMVNOが実質無い分障壁が高い気がします…単純に端末と回線のダブルで用意が必要ですもんね(>_<)

そこまで広くケースを示せる方向性が作られたらケータイを使う多くの方に安心感が打ち出せそうに思いました(^^)

就職転職での雇用のミスマッチは労使お互いにとってマイナスですが、通信会社のミスマッチもお互いにマイナスです。

mineoはauもdocomoも使えて裾野が広いですが、乗り換えても逆鞘になる層がいるのも事実。
いい子、悪い子、普通の子、ではないですが、タイプ別での良し悪しを示せるといいですね。

個人的には、SoftBankユーザーを救済してあげてほしいですね。

>> 所沢条司 さん
僕もそうおもいます!
「通話料の定額プランがない」とかの前に、そもそも通話も通信も品質を気にせず使えるかが伝わっていないくらい得体の知れないものに映ってるとしたら…なんて。

通話プランを検討中の方には、キャリアと全く同じよう通話出来ることをきちんとアピールする必要が重要ですよね。
ライトユーザーで月に8000円近く払っている層にうまくアピール出来れば、シェア拡大も夢ではないと思います。

>> バグ夫 さん
そうでしたか…SIMロックフリー機種に限らず機種ごとに電波のつかみ方の癖のようなものがあるのは僕も感じるところなんです。
(勝手な推測かつ例えば話ですけど、特定の場所で前の機種では4G B18を掴んでいたのが、新しい機種では対応周波数が増えて同じ場所なのになぜかB41を掴むようになって電波レベルが下がる…みたいな)

バグ夫さんの実用で不便の少ない範囲とはいえ、この先の改善があると良いですよね。

>おじさんさん

1台しかまだ使った事ないから機種差がわからないんですよね。
ちなみにzenfone2 laser使ってるので対応バンドは充分なはずなんですけどね…
それでも圏外はさほどないので大丈夫かなとは思います。

>> SweetP さん
キャリアの方が見てくださっていることを期待しましょう(^^)

>> ヒィロ さん
メリットもデメリットもとにかく明確にわかりやすく!ということで次回に続きます(^^)

MVNOの認知度をあげるベクトル
ケータイデバイスへのリテラシーを底上げするベクトル

記事に触れてくださる方々が納得して選んでもらえることを僕だけでなく、ユーザーの声をみながら作り出せたらいいなと思ったり…壮大すぎますかね(^^;

>おじさんさん

そうなんですよね。
プリペイドがその代わり、はわかるんですが、やはり金額的なハードルが高そうなんですよね。

自信があればこそ、TRY制度も出来るんじゃないかな〜と( ̄ー ̄)ニヤリ

素晴らしい記事をいつもありがとうございます。

最近,本当はMVNOに向かない方が加入してしまって,こんなはずではなかった…となるケースが増えてきたような気がしています。

MNOは月額にさえ目をつぶれば万人向けですが,MVNOは決してそうではありません。

恐らく,次回以降で触れていただけると思いますが,残念でならないこのミスマッチが減ることを望みたいです。

>> バグ夫 さん
MVNOの仕組みで言えばその解釈で間違いないと僕は思います。

機械である以上、個体差や機種差(対応掴んでいる周波数とかも)が…実際に電波をほとんど掴まなくなることも多かったりしていますか?

>> Yasuhiro Takamura さん
普通につかえます!いや、本当にそうですよね(^^;

長い目でみて品質を保ってくれるキャリアさんだと思うので、これからも見守っていきたいものです。

>> 玉ねぎ部隊 さん
よかったです!
AプランはこれからVoLTE機種を選ぶ機会が増えてくるかもしれないですが、Always 4G LTEになるとエリアがもっとわかりやすいのかもなーって思います(^^)

ガラケーからスマホに変えた時にmineoにしましたが、今までよりアンテナ感度が低い場所があるのは購入したsimフリーのスマホが原因て事になるのかな?
多分ドコモから出てるスマホの方が感度はよいかもだけど。
あとは災害時に電話する時はドコモのキャリアユーザーだけ繋がってmineoユーザーは繋がらないなんて事は同じ場所ならないって事かな?繋がる条件
イーブンならこと電話に関しては困らないなと思います。

普通に使えます。そこは声を大にしていいたいです。
サービスも悪くないし、色々と情報も出してくれてます。
信用出来る会社だと思います。ただ、最近のお昼休みの時間帯は遅くなっています。
ここを早く改善して欲しいです。今までそんな風に感じることがなかったのでここ最近のユーザーの伸びが凄いのかと思いますけどね。

お疲れ様です。
3Gを利用した電話とデータ通信の違いを
分かりやすく見やすい表で上手く纏めてます。
これなら電話もmineoでも普通に使えると初心者でも分かりやすいです。
第2部を楽しみにしてます^^

trywimax.png

>> SweetP さん
ISフラットですとよほどの使い方をしないと速度制限がかかることもなかったでしょうか(^^;

こちらのようなサービス・・・ですよね、きっと!
http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

端末と回線とで試すことができるサービス。

mineoプリペイドパック
http://mineo.jp/prepaid/
がそれに代わる使い勝手を打ち出してくれるといいな、と僕は思います。
(初期費用が少し高く感じます・・・)
Try WiMAXと違って自分の機種で試せるのがいいな、と。見せ方ですねー(^^)

>おじさんさん

毎度お疲れさまです(^o^)。

auの3G回線と2台持ちで、自分の環境では不自由無いんですよね〜。職場の一部で電波の悪いところも、MNOとも変わりありませんので(¯―¯٥)。

mineo以前はauのフラット契約だったので、『使わないと損』みたいな意識が出ちゃってWifiの活用すらしていませんでした。

以前使用してたWIMAXはお試し(TRY)が出来たので、mineoもぜひTRY制度が出来るといいなぁ、と思ってます(´・ω・`)。