00.jpg

  • mineo技術・サポート

続!iPhone・iPadのAPN構成プロファイルの変更による動作確認テストについて

マイネール@運営事務局

ライター:マイネール@運営事務局

mineoに関する技術全般を担当しています。「mineoの至宝」と呼ばれるように日々練習に取り組んでいます。(何の?)

  • はてなブックマークに追加

マイネール@運営事務局です。

まずは、状況報告や叱咤激励をお送りいただいております、たくさんの皆様にお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。心から感謝しております。

私たちにこれだけの力をいただき、皆様の力でmineoが成り立っているのだとスタッフ全員本当に頭が下がる思いです。

検証の状況

しばらく時間が空いてしまいましたが、弊社の内部ではiPhone、iPadの各世代、各機種について、iOS8 + 新プロファイルの動作確認および長期試験、またプロファイルの記述を一部変更しての確認などを継続して行っておりました。

皆様のご報告にもございますように、再現・非再現の事象もあり、確認に時間がかかっておりますことご理解いただければと思います。

また、「見た目の動作確認結果はこうでした」という報告で終わるだけではなく、並行して「なぜ、そういう動きをするのか」ということを、もう少し技術的に解析すべく、試験環境の準備を進めておりました。

これについては本文最後のほうでご紹介させていただきます。

動作保証はできないのです

次に「いつになったらiOS8に公式に対応?」というお声をいただいている件について「動作保証」ということを交えて、正直にお話したいと思います。

以前、私から 続・mineoのデータはどんな経路を流れているの?という記事でご紹介させていただいたことがあるのですが、MVNO事業は無線部分からコアネットワークまでの端末接続をつかさどる大事な部分をモバイルキャリア(KDDI様)から借りた上で成り立っております。

このためMVNO事業者である私たちが、端末との接続を担保・保証する事は事実上、大変難しい状況であります。さらに、市場で一般的に販売されている端末についても、その動作について全てを解析し、サポートできるものでもございません。このため、大変心苦しいのですが、決して「動作保証」はできないのです。

どのMVNOさんも、ホームページ上に
「本ページに掲載した内容は、すべて独自に調査した結果であり、その内容を保証・サポートするものではありません。」
「メーカー各社が動作を保証しているものではありません。」
などの記載があるのは、同様の事情からなのです。

あくまで「動作確認」結果となります

だからといって「動作するかは分かりません」では、あまりにも事業者として無責任であり、私たちの目指すところではありません。

このため、私たちは皆様に少しでも安全・安心にお使いいただくために、できる限り多くの端末で検証をさせていただき「私たちの条件下で確認したところ、この端末は動くことを確認しました」ということで「動作確認」の形で公表させていただいております。

以前より動作確認端末一覧にて記載しております「iOS7.1.2/KDDI16.1」につきましても、「動作確認」であって、決して「動作保証」はできないのです。

今回のiOS8の件に関してましても、今後、私たちから正式な「動作確認」結果を発表することもあるかもしれませんが、公式にiOS8で「動作保証」したということにはなりません。

「自己責任」というと冷たい表現になってしまいますが、今回のこのことは大変心苦しいながらも、あらためて皆様にご理解・ご認識をいただければと思います。

検証経過

さて、話は変わりますが、最初に少し述べましたとおり、今回のiOS8+構成プロファイルの件につきまして、「なぜ、そういう動きをするのか」ということの技術的解析を少しずつ進めております。その途中経過となりますが、以下のことが、実際に端末の接続・切断シーケンスを追うことで確認できておりますので、少しご報告させていただきたいと思います。

ざっくりと大雑把に新旧二つの構成プロファイルの差分を説明させていただくと、新プロファイルは、「AttachAPN」というキーに「APN=mineo.jp」を記載しており、旧プロファイルは、「APNs」というキーに「APN=mineo.jp」を記載しております。

LTE端末は、最初にLTE網にアタッチ(接続・登録)するのですが、この際、
iPhoneの動きとしては、最初にMNOのAPN(=mineoSIMの場合はKDDIのAPN)でアタッチしに行くことが観察されます。

この場合、mineoのお客様はmineoのSIMで、KDDIのPGWに接続に行くわけですから、当然、接続をリジェクト(拒否)されることになるのですが、ここで、新プロファイルを利用すると、最初からKDDIのAPNの代わりに、「AttachAPN」に記述されているAPN=「mineo.jp」にて、LTE網へアタッチする振る舞いを見せることが観察されています。(APN部分について、KDDIキャリアプロファイルを上書きするイメージです。)このため、mineoのPGWに接続ができております。

では、旧プロファイルにかかれた「APNs」ではどうかというと、この場合、最初のアタッチにて「APNs」に書かれた「mineo.jp」のAPNで接続する、というような期待する動作はしてくれていません。

さらに見ていくと、最初のアタッチでKDDI網でリジェクトされたあとに、「APNs」に書かれたAPN=「mineo.jp」まで滑っていって、これでLTE網にアタッチしてくれれば、それでいいのですが、そういう動作をしないことも確認できています。

なお今日現在では、まだ解析中ですが、この後の接続動作をもう少し解析をすれば、もう少し詳細な答えが見えてきそうです。

さらに、私たちもDocomo回線での提供を予定しておりますので、「AttachAPN」に記載せずに「APNs」に記載すれば接続できることと、3G接続の関係なども確認する予定です。

残念ながら、まだまだ解析が始まったばかりで、解き明かせていないことばかりです。iOS7での動作も確認しなくてはなりませんし、iPadは安定しているのに、iPhoneは不安定などの挙動もあり、皆様も発見されていらっしゃるとおりSMSに関しても動作に差分が見られます。

おそらくSMS over IMSや、VoLTEのSIP用の2本目のセッション(ベアラと呼びます)の接続の安定性や、デバイス自体の設計思想(Voice優先なのかData優先なのか)などなど・・・も関係してきそうな感じです。もう少し解析してみたいと考えておりますので、お時間をいただければと思います。

最後に

長々と書いてしまいましたが、ご支援、ご叱責、ご批判、あらためて皆様の全てのお声掛けに感謝いたします。

皆様のご協力のもとmineoは育ってまいります。
スタッフ一同、これからもよろしくお願いいたします。

マイネール@運営事務局

ライター:マイネール@運営事務局

mineoに関する技術全般を担当しています。「mineoの至宝」と呼ばれるように日々練習に取り組んでいます。(何の?)

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 57

51 - 57 / 57

>ヒィロさん

そうですね
ほぼ同様の挙動だと思います
ちなみに「モバイルルーターで補う」とはどのような状況でしょうか?

> くじらさん

モバイルルーターにmineoのSIMを挿しているので,そのWi-Fi下にiPhone5を入れるということです。

>ヒィロさん

なるほど
モバイルルーターならプラチナバンド対応だから使えるってことですね

私はband1圏外のエリアに居続けることはまずないので
自動復帰しない時はプロファイルの上書きインストールでサクッと4Gに戻して運用してます

問題なく繋がってますよ

機種は
au iPad mini 64GB
バージョン 8.4.1
キャリア KDDI 20.0


今日乗った電車は 西武線 池袋 ⇄所沢は4Gのまま\(^o^)/
山手線一周は問題なく4Gのままでした

ヤッタネ

こちらの記事を知り、mineoのSIMを契約してau iphone5sで使用を開始しました。

ios8.4.1時はテスト用プロファイルを入れても4Gを掴むものの1分ともたず、1xになってしまっていました。

とある記事で、ios9 beta profileをインストールするといいとあったので、それも試しましたが状況は変わりませんでした。

半ば諦め気味で、テスト用プロファイルを一度削除しios9 publc beta3を導入し再度テスト用プロファイルを入れ直したところ、現状安定して4Gを掴んでいます。

まだ、1日目のため継続的に判断は必要だと思いますが、参考な為に書き込みさせていただきました。

iPhone 5s au版 32G
iOS 8.4.1
キャリア KDDI 20.1
テスト用 mineo プロファイル

先日、mineoさまにauからMNPいたしましたが、
問題なく快適に繋がっております。
まずはご報告までさせていただきます。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

APN構成プロファイル、こまめに対応しているようで、今後とも頑張ってください。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。