taishoku-eyecatch.JPG

  • おもしろネタ
  • ITガジェット

退職届を出すときの気まずさを解消できるマシーン

藤原 麻里菜

ライター:藤原 麻里菜

2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。

  • はてなブックマークに追加

退職届ほど出しにくいものはないと思っている。

以前、バイト先の会社を辞めるとき、退職届を出しにくくて退職時期を逃しまくっていたことがあった。

退職届を出すのは、単にすごく気まずい。気まずすぎる。インターネット世代の私からしたら、対面で手紙を渡すなんてハードルがめちゃくちゃ高いのだ。

今は会社には勤めていないけれど、知人が「会社に不満があるけど、辞めにくい」と話しているのを聞くと、気持ちが分かる。

気軽に素早く退職届を出せるシステムがあれば、こんな悩みも一発で解決できるはずだ。

今はテクノロジーの時代である。私は、自分の持つ全技術力を結集させて、「退職届を素早く出せるマシーン」を作ろうと考えた。

「退職届を素早く出せるマシーン」を作る

まずは設計図を書いた。遊戯王のデュエルディスクのように「腕に装着するタイプ」を考えている。なぜそうしたかというと、かっこいいからに決まっています。

▲遊戯王の「ディエルディスク」

ボタンを押すと2つのモーターが回転し、その間に挟まれた退職届が押し出され、退職届がスピード感をもって飛んでいく。そんな仕組みを考えた。上司に退職届を出す気まずさは、そのスピード感で解消される。と、私は考えている。

まずはモーターとスイッチをつなげる。モーターの回転する軸の部分にはラジコンのタイヤをつけた。タイヤがそれぞれ逆方向に回転し、間に挟まれた退職届を押し出す。たぶん、ピッチングマシーンからボールが飛び出すのと同じ要領だ。しらんけど。

スイッチはちょっと危険そうなデザインのものをチョイスした。このスイッチと先ほどのモーターを電線と電池につないでいく。

あとはひたすら木を切って、筐体を作る。

一応、自分の中ではビジネスグッズとしてこのマシーンを作っているため、デキるビジネスマンが装着しても違和感のないように、かっこいい黒色に塗ることにした。

はい、かっこいい黒色です。

あとは、板とモーターを組み合わせたら完成だ。

「退職届を素早く出せるマシーン」の完成

これが、「退職届を素早く出せるマシーン」だ。腕に装着することで、ファッショングッズとしても使える優れものだ。優れものなのだ。

しかし、これを持って街を歩いていたら、絶対に職務質問をされる自信がある。そんな見た目になってしまった。ビジネスグッズを目指して作ったのに……。

ただ、このボタンはめちゃくちゃかっこいい。絶対に押したらいけない感じが漂っている。

このタイヤの間に退職届を挟んでおくだけで、いつでも素早く上司に退職届を発射できる。

これを持ちながら仕事をすると、「俺はいつでも会社を辞められるんだぞ」と、メンタルが強くなる側面もあるかもしれない。

section27_image

ボタンを押すと、このように退職届が吹っ飛ぶ。かっこいい。

会社で使ってみよう

さて完成したので、実際に会社で使ってみることにした。

冒頭でも触れたけれど、私には勤めている会社なんてない。なので今回は、いつも仕事でお世話になっている会社の社長に向けて使うことにした。

「お世話になっている、勤めていない会社の社長に退職届をぶっ放す」

勤めている会社で普通に退職届を出す以上に気まずいことになりそうだけど、ひとまず会社員になったテイで使ってみよう。

このマシーンを使って、社長に退職届を突きつけてやるぜ。

「あの、話があります」と、忙しいであろう社長を呼び止めた。

完全に、私の腕に注目しているけれど、ここで沈黙が生まれてはダメだ。何も考えずにスイッチを押して、素早く退職届をつきつけるのだ……! そしてスピード退職をするのだ。

section35_image

ヴイーンというモーターの音がオフィスに鳴り響いた。

section37_image

勢いよく退職届が飛び出していく。

ああ、こんなことして大丈夫だろうか。

いや、まあ、仕事はやりたくないし。

辞めるときくらい、好きに辞めさせてくれ。という気持ちもあるし。

退職届が社長まで届かずに床に落ちた。それを何も言わずに拾ってくれているのをただ傍観する。

「退職ですか」

「お世話になりました」

退職届を一回床に落として、それを社長に拾わせるという社会人的に最悪なことをしてしまった。というか、床に落ちた退職届を何も言わずに拾ってくれる社長がいる会社、絶対に辞めないほうがいい。

別の気まずさが生じた気がするけれど、これでスピード感をもって退職できる。すごい発明をしてしまった。

「退職をしたらツイートしてくれる機能」をつける

マシーンをもっとパワーアップさせようと思った。

会社を辞めた喜びをみんなに知ってほしい。そうだ、このマシーンに「会社を辞めた喜びを自動でツイートしてくれる機能」を追加しよう。

使うのはMESHというデバイス。この四角いものは、MESHの振動センサーだ。

これを使えば、モーターの激しい振動をしっかり感知してくれる。

「モーターが動いて振動を感知したら、アプリを通してTwitterで指定した文言がツイートされる仕組み」を作ってみた。

これを使えば、単に退職届を発射するだけでなく、その喜びをみんなにシェアできるのだ。

それでは、スイッチを押してみよう。

section57_image

ヴイーンという音が部屋に鳴り響く。ツイッターを見てみると、

「平日の昼の風は気持ちいい」

そう、仕事を辞めて、みんなが働いている平日の昼間にぶらぶらすると、風が気持ちいいのだ。そんな気持ちを12文字にまとめてみました。いかがでしょうか。

我ながら情緒あふれるツイートだと思う。お〜いお茶のラベルの裏に書いてあってもおかしくないほどだ。これで、退職した喜びをインターネットの海原に放つことができる。だから何だというツッコミは心の中にしまっておいてください。

おわりに

今回は、退職届を素早く出せるマシーンを作ってみた。

これできっと、日本社会に蔓延している「退職届が出しづらい問題」は解決へと向かうはずだ。はずなのだ。

退職届をなかなか出せずに困っている方がいたら、作ってみてはいかがだろうか。きっと、めちゃくちゃ怒られると思います。

(編集:ノオト

藤原 麻里菜

ライター:藤原 麻里菜

2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 99

塗料の塗り方がとても雑なのが残念です。ビジネスマンに似合うように塗り残しのないようにしなくては。
そのあたりも修業しないと、才能の無駄遣いが中途半端になってしまうので。。

タイトルだけで、

誰が書いたかある程度
分かってしまいました😅

威力をあげていけば相手を退職に追い込むのにも使えそうですね(何

そんなことしてる間に出した方がいい

これに注ぎ込むネタ作り、素晴らしい!

LINEやメール(昔は電話)で、退職するとか言ってくる奴よりもずっと好感度高いんだが。
ただ実際やられるとリアクションに困ると思う。

まいねおってたまにワケわからん記事だすね。全力スルーしましたwww

こういうのを作ろうとする気持ちは理解出来ないけど、辞めたいのに退職願が出しにくいという気持ちは全く同意します😏(´°_°`)

藤原ちゃん、前回同様、普通の人が思い付かないようなグッズを作りますね。
前回のLINEのやり取りと違って
今回は目の前にいるから相手のアクションが見られるのでマシな気がします。

>退職届をなかなか出せずに困っている方がいたら、作ってみてはいかがだろうか。きっと、めちゃくちゃ怒られると思います。

退職しようと決めている人は怒られるなんてどぉって事ないはずです😒

凄いタイムリーで、今日、退職届け出してきた!
このマシンーがあったらもっと楽に出せたのにな 笑

いつも面白いですね
TV観ましたよ~

一回出したことあるけど、どんなだったか覚えてないなぁ

退職届はむしろ出さない方がいい。
不満はきちんと言いましょう!
それで、未来がどうなるか見届けるのです。
関わりが必ず変わりますよ。

面白いことしてますねw


ただ退職届を出せない人達は、傍から見てると退職届出して辞めるだけなのに、真剣に退職届出せなくて苦しんでいるんですけどね。死にたくなるほどに・・・残念ながらそういう人を茶化してるようにしかみえない

なんてタイムリーな😆😆
ガチで1日レンタルさせて欲しい。

馬鹿馬鹿しい内容(失礼!)を真摯に取り組む姿勢は素晴らしいと思います。

ツッコミですが・・・

■退職「願」とした方が良いかと
■結局、上司(今回は仮想上司ですが)に対面で渡しているのでそれなら手渡しが・・
■有給願いの方が現実味(?)が増したような気がします

とにかくただ文章を埋めるだけのライターさんが多い中、本当に機械を作って
執筆される姿勢は素晴らしいです!

こういうのはまさに「愛すべき馬鹿(褒め言葉ですよ)」ですね。
本当こういう技術の無駄遣い的なのは面白いですし。

あと、アラサー世代だとむしろロックマンのロックバスターの方を思い出してしまいますね。

色々あるけど
「全米が(間違った意味で)泣いた」
感ありあり。
多分「日本人は不憫よノー」と言ってるはず映画館の外で

前回同様、愉快な着眼点に、読む前から充分に期待できるものでした^_^
読み終わって、ツッコミどころ満載で、とても楽しみました。

記事の力強さ、退職届を出す強い意志を持った眼、赤い彗星が装備してもおかしく無い強そうな筐体と真っ赤なこだわりのスイッチ...

そのスイッチ周りが意外にも雑な作り(板が削れてますね^o^)であることに、萌えました(°▽°)

次回も期待しています!

う〜ん!何だかなぁ〜🤭

でもこう言うの好きですよ💜
私は考えも及ばないので.....

頑張ってください(о´∀`о)

突っ込みどころ満載の独創性溢れるネタ、ありがとうございました!
良い表情をしていますね😊こんな感じなら退職届を出しても、明るくお別れできそう!
「平日の昼の風は気持ちいい」
覚えておきたいツイートです。

面白いけど微妙な内容でしたが、つい最後まで読んでしまいました(笑)
手作りでこの仕掛けを作ってしまう事に、感心しました

写真の目力が魅力的ですね

また、期待しています

「今の職場・業務が嫌だから辞めます」はNG。
「新しい職場で頑張るために退職します」であるべき。
自分に嘘をついてでもそう思い込まないと。

全力の無駄遣い最高です‼️
有効利用方法ないかな🤔

顔が真剣 迫力ある 感動しました。
次回は履歴書の提出用に改造する?

麻里菜 頑張れ

いやいやいや・・・
最大の壁をまったく乗り越えてない・・・
逆に喧嘩を売っているだけじゃないのか?
自動ツイートも、気分爽快なら自分でウキウキ気分でしちゃうだろうし。

まあ、無駄な努力から進歩が始まるからいいかな?

くだらないことに注がれるこの情熱、サイコーですね。こういうのは嫌いじゃない、むしろ好きです。

立木文彦ボイスを仕込めば完璧

これなら普通に代行を使います(苦笑)
でも、腕に装着するのはカッコイイですね。

毎回、本当に感動的な発明品をありがとうございます。私ももし定年退職ではなく、「あ〜あ全くやってられね〜なこの会社退職」をする際は、是非使わせていただきたいと思います。大変恐縮ながら、この作品の飛び出すスピード感と繰り返しの映像を見ていたら、他にも何か応用出来ないかと思い始めてしまい、思いついたものを記載します。
・学校で先生がプリントを配る時に使う
→飛び出すタイミングで次の人の席に移動できる事が鍵、複数枚ストック出来るよう改造要、上手くいったらセンター試験でも採用
・忍者の手裏剣の練習
・刀削麺の練習
・号外配り
・豆まき

この世に人類が誕生し、文明とはこのようにして日々進化を遂げて来たのだなぁと感心しながら、
煎餅をかじっております。

腕に装着した時に、「シャキーン♪」という音響効果を付けては如何でしょうか?(^-^ゞ

紙送り機構を改良して、
・履歴書を大量に射出するマシン
・名刺を一瞬で配りまくるマシン
などはどうでしょう?(特許申請してみては?)

ライターさん、おつかれさまっ♪^ ^

クビになって解決するのかな?笑

さすがにくだらないね(^-^;

もっとましなことに余力を注ぎなよ😃バイトなら其れでいけるかもね、

初めてしった。この若者の着想、ふつうすぎることを究めている。実作していくことが、すごい。

ちょうどパート辞めたいと思っていたので
心の中でニヤニヤしながら読みました。
私も真顔で使ってみたい(笑)

マシンを作られたのは凄いのだけど、実際に使えるかと言えば、逆効果
だと思います。(^^;

ちなみに私が勤めていた会社を辞めるときは、退職届ではなく口頭で伝えて
辞める事が出来ました。

まあ状況次第だとは思いますが(^^ゞ

世の中、無駄が良いのです。
今は退職届提出の代行業があるそうです。
あと一年ちょっとで定年退職になるオヤジでした。💦

自分で手渡すのと、マシンを持って手渡すのと、どう違うのか? ただ単に手渡すのが嫌なのかが分からない。

退職届を出す商売も有るくらいだけれど、代理人を通じてやるほどの事なんですかね?

退職届出すのが決まずいというより,任期終了とともに退職することは自明で決まっていたので,さっさと退職届の様式書類をくれ(そして退職金の振り込みや保険切り替えの手続きを進めてくれ)と思ってました。

昨日の大規模通信障害で、早速活用する人が出るのかな。(⌒ー⌒)

この発明力に高待遇で退職を留意されるのでは?

発想が面白いですね!w
でもあんまりマシンを多用しないようにしたいですね(^^;

おもしろい‼︎

センスを感じるw

この発想私も欲しい‼️

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。