スタッフブログ
11180182_839228419481760_342875828_n.jpg

巨大エンターキーをプレゼントしに行く

小堀 ガンキョウ
ライター: 小堀 ガンキョウ
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。

130cmある巨大なエンターキーをプレゼントすることになった。
なんでそんなことになったのかと言うと、巨大なキーボードを作ったからだ


記事:11m!大き過ぎるキーボードを制作!

この企画では、「ぴったりのサイズって素晴らしい!」ということを伝えるため、逆説的に横幅11mの大き過ぎるキーボード」を制作した。
「せっかくなのでプレゼントしよう!」と決まったわけだが、キーボードだとあまりにデカすぎる。
そんなわけで、エンターキーだけプレゼントすることになったのだ。

募集を開始してから2ヶ月が経過…。
プレゼントへの最終応募者はなんと、11名!。

応募者が少ないのはエンターキーが、ただの「板」なのが問題なのかもしれない。
よし!実際に「押せる」エンターキーにしよう!

記事:巨大エンターキー、ちゃんと押せるやつプレゼント!
なんてこともしてみた。
そんなこともあって、実際に押せる「巨大エンターキー」と、ただの「板」の2枚をセットにして、プレゼントすることに。いざ当選者のもとへ!

当選者のもとへ。

押せるエンターキーと、そうではないエンターキーを車に積み込む。

今回もケイ・オプティコムの酒井さんともに、当選者のいる福井県へと運ぶ。

目的地までにかかる時間は車で3時間ほど。ドキドキしながら向かう。

今回、エンターキーが当選された方からは、「自宅ではなく職場に届けてください」と連絡があったらしい。

地図上では、このあたりのはずなのだが…

それっぽい建物が見当たらない。

まさか、ここ…?

ケイ・オプティコムの酒井さんから、当選者さんに連絡してもらう。
どうやら地図アプリがきちんと機能していなかったようだ。

迷いながらも到着!

あれは…当選者さん!

130cmあるエンターキーが家に運ばれてくると人は苦笑いすることが判明。

当選者さんが勤めておられるのは、エジソンシステムさんという会社。

普段はプログラムのお仕事をされているらしい(当選されたのは右側の方です)

なんて、エンターキーにぴったりなのだろうか。

エンターキー、エンターテイメント。

さっそく普段のお仕事で使ってもらおう。

こんなこともあろうと、ケーブルは3メートルのものを用意していたのだ。
USB端子でパソコンに接続してもらう

SF映画で、宇宙戦艦が大きすぎて画面が全部埋まるみたいな場面があるが、そんな感じになっている。

ダーン!

すごい勢いでエンターキーを叩く当選者さん。

瓦なら割れている。

「あ、一気に3回改行されちゃった」

そう、このエンターキー、手加減が難しいのである。
なんだよこれ、という笑いではあるのだが、一応喜んでもらえているようだ。

エジソンシステムさんは、当選者さんと社長さん、お二人で働かれているらしい。

今回、用意したエンターキーは2つ。

そう、ひとりにひとつずつお渡しできるのだ(片方ただの板だけど)
しかし、この場にはたくさん人がいる。
他の方々は取引先の方だったりするのだろうか?
お聞きしてみたところ、左側のお二人は足場のお仕事をされているとのこと。
どういうつながりなのかなと思ったら、同級生だったりするらしい。
そういうつながり、羨ましい。
会社の名前は、山口アルク株式会社さん。
押せない方のエンターキーを見て、山口アルク株式会社さんから、「これ、ただの断熱材ですね」とご指摘があった。

そういう専門分野からの鋭いご指摘はやめていただきたい。

この感触…

当選者さんから、「心臓マッサージしてるみたいですね」とコメントをもらった。
そう、大きなエンターキーを押す所作は、運転免許取得の際におなじみの心臓マッサージとよく似ているのだ。

…とここで皆さん、しきりにエンターキーの中を覗いておられる。

どうやら中の仕組みが気になるようだ。

中はこうなっています。

恐るべき、スッカスカさ。

表面の板に取り付けられた棒が、中にある本物のキーボードのエンターキーだけを押す。

THE・原始的。

最後にみんなで記念撮影。

何の写真なんだろうこれ。


>ある日、圧倒的戦力の宇宙人が攻めてきた。
なすすべのない人類だったが、水面下で秘密兵器の開発に成功。
しかし、秘密兵器の起動には、5人の同級生の力が必要なのだった…


というワンシーンに見える。
この後、会社が割れて、巨大ロボが地下から姿を現すのだ。

なんとお土産まで頂いてしまった。

壁のようなエンターキーを持ってきた我々に対して…(しかも2壁)
やさしい…
お母さんみたいにやさしい!
中身は、福井の銘菓「五月ヶ瀬煎餅」だった。(車の中で泣きながら食べました)

素晴らしすぎる会社!エジソンシステム!

最後に、エジソンシステムさんの会社名の由来は、社長さんがエジソンのあの名言が好きだったからとのこと。

最後にやさしさと続きます。

配送を終えて。

今回の記事では、エジソンシステムさんに巨大エンターキーをお届けした。
エジソンシステムさんからメールが届いた際には、「この文字は巨大エンターキーで押されたものでは…」と、夢を馳せてほしい。
この記事自体は、普通のキーボードで書いたのだが、ちょうどいいサイズって素晴らしい。

これがあの巨大エンターキーだったら、まだ5行も書けていないだろう。
書き終わる頃にはムキムキになっている。
やはりぴったりサイズがいい。スマホだって同じだ。
まずは、自分の毎月の通信容量がどれぐらいか調べてみてはどうだろうか。




関連記事


14 件のコメント
1 - 14 / 14
バギンズ
Gマスター
やっと公開されましたね。
楽しみにしていました(*´艸`)
まさか、中に普通のキーボードが入っていたとは(笑)

このシリーズは、まだ続けて欲しいです♪
Kanon好き
SGマスタ
おーついに当選者の元へ届けられましたか。
私も中に普通のキーボードが入ってる仕組みに笑ってしまいましたw

それと、専門分野の鋭い指摘ってのもw

こういう企画ホント面白くて良いと思いますw
X68000XVI
X68000XVIさん
ベテラン
巨大シリーズ怖くてますます応募できないw。でも、当たった人の様子は見たいです。
>押せない方のエンターキーを見て、山口アルク株式会社さんから、「これ、ただの断熱材ですね」とご指摘があった。
>そういう専門分野からの鋭いご指摘はやめていただきたい。
身も蓋も元も子も無い(苦笑)。
Airepx-in-峰尾
Gマスター
無駄なキーボードだが、面白いね。
半年ぐらいに後日談も聞いて欲しい。
押入れの肥やし?
それとも、ネットで転売?
sachi_koji
レギュラー
当たりたくない。けど、おもしろい(笑)
コメントありがとうございます!
まいねおたん抱き枕に続いて、巨大エンターキーを届けてきました!

「応募したくない」「当たりたくない」なんてお声をいただいていますが、たくさん応募していただかないと、企画が成り立ちませんよ(泣)

今後もみなさんに喜んでもらえる(?)、楽しんでもらえる(?)企画を考えていきますので、その時はご応募よろしくお願いします!

130309dodemoiine.jpg

>「応募したくない」「当たりたくない」なんてお声をいただいていますが、たくさん応募していただかないと、企画が成り立ちませんよ(泣)

>今後もみなさんに喜んでもらえる(?)、楽しんでもらえる(?)企画を考えていきますので、その時はご応募よろしくお願いします!

もう完全に冷めちゃったなあ。プレゼント企画。
しげぼー
ルーキー
心暖まるイベントでした。
いろんなご意見ありがとうございます。
できるだけ多くのみなさんに、驚きや楽しさを共感していただける企画をこれからも考えていきたいと思います。
ぜひ楽しみにしていただければ!
退会済みメンバー
退会済みメンバーさん
ビギナー
福井の銘菓「五月ヶ瀬煎餅」、これどこかで見たことある。
このエンターキーが今どうなっているのか?
見てみたいです。
退会済みメンバー
退会済みメンバーさん
ビギナー
テスト
Nagano Eiji
マスター
.     👑
.  ✳️✳️✳️✳️
.  ✳️
.  ✳️✳️✳️✳️  
.       ✳️ 
.  ✳️✳️✳️✳️ th

#マイネ王5周年おめでとう!
貝殻タカヤ
Gマスター
他のキーも・・・・・・
無理だよね。((笑))
コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。