スタッフブログ
CD音源をスマホに直接取り込める「CDレコ6」で、思い出の楽曲を持ち歩けるようにした

CD音源をスマホに直接取り込める「CDレコ6」で、思い出の楽曲を持ち歩けるようにした

ミノシマタカコ
ライター: ミノシマタカコ
ライター/ウェブ編集。2001年からウェブコンテンツ業に企画・ディレクションとして携わる。2012年よりフリーライターに。女性向けコンテンツのほか、アプリ、旅行、生活、クルマ、働き方など様々な分野で執筆中。趣味は狛犬巡り。日本参道狛犬研究会会員。

スマホが登場する以前、どんなふうに音楽を聴いていたか覚えていますか? 音楽好きの街歩きスタイルと言えば、コンパクトCDプレーヤーやカセットプレーヤーをカバンに忍ばせ、有線イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く姿が一般的でした。

もちろん、今だって音にこだわる人は有線イヤホンやヘッドホンですし、超絶高級なウォークマンでハイクオリティな音を楽しめる時代ではあります。でも、サブスクリプションサービスや無料のYouTube動画で音楽を聴く方も多いのではないでしょうか。

サブスクは確かに便利。いつだって、気分にあわせていろんな音と出会える楽しみはあります。でも……でも……、自分の思い出の音とは、出会えないんです。若い頃、クラブでもらったミックステープも、学生時代にライブ会場で買ったインディーズバンドの音源も……。

すっかり時代に取り残された音楽をスマホで聴きたい。なつかしいあの頃を、いつでも手元に置いておきたい。そんな願いを叶えるアイテムを見つけました! 今回は試しに、筆者がかつて所属していた幻のバンドのCD音源をスマホに取り込みながら、思い出に浸ろうと思います。

ネット上にない音楽が聴けない問題

今から10数年前に結成されたのが、筆者が所属していた幻のバンド「Flow The Girl」です。渋谷系の影響を受けた女性ボーカルのポップ&ロックバンドでした。多分。ギターボーカルでリーダーを担当したあずー氏が中心となり、Twitter全盛期にTwitterを通して結成されました。

当時のライブの様子。女性3人、男性1人という編成でした。

活動期間は2010〜2014年と短いですが、活動停止後の2017年になぜかアルバムが出ます。活動停止直前に録音していた音源が、優しいレーベルさんによってCDという形になったのです! すべてはリーダー・あずー氏の人柄のなせる業でしょう。

当時のバンドアカウントによるツイート。運営者はリーダー。

ちなみに活動期間中に録音していた音源ですが、当時書いた自分のブログを読み返すと、録音中から「幻のアルバム」になると書いてありました。ゆったりと制作していたので、実際に出るとは思っていなかったのですね。いつまでも形が見えなかったからこそ、「待ち遠しいよ」というタイトルがついたのかも知れません。

イラスト:s.nagatani/デザイン:あずー

ガーリーなデザインですよ。

ちなみに、アルバムタイトルにある「サリー」について、どういう意味なのか改めてあずー氏に問い合わせたところ「意外性のある言葉を組み合わせると目に留まる!みたいな話から出てきた名前だよ」とのこと。

えっ、そんな理由だったの?

そもそもバンド名の「Flow The Girl」についても、「Twitterでお知り合いが、風呂上がりをフローアガーリーって載せてたの」というエピソードから生まれたのだとか。そんな由来だったとは……。

歌詞カードには若かりし頃の筆者が……!(ベースを担当していました)

すでに遠い記憶となったバンド活動ですが、先日、リーダー・あずー氏と久しぶりにお会いしました。コロナ禍もあったので、本当に何年ぶりかという再会です。

その時に思い出したのが、このアルバムの存在。毎週スタジオで練習したあの曲を聴きたい! もしかしたらAppleのミュージックで聴けるかも知れない! と思ったのですが……甘かったのです。

音源をスマホに取り込もう!

有名なものばかり出てきてしまいました……。

ミュージックアプリを開き、さっそく「flow the girl」で検索してみるも……当然、ありません。デスヨネ。

CDプレーヤーがないと聴けないってこと? そんなの不便! いつでもあの頃をなつかしみたいのに!

と思ってネットでいろいろ調べてみたところ、便利なガジェットを発見しました。IOデータの「CDレコ6」です。PCを使わずにスマホに直接CDの楽曲を送ることができるという優れもの。さっそく購入してみました。

アイ・オー・データ 「CDレコ6(ホワイト)」

大きさ的には、よくある外付けCDレコーダーやDVDレコーダーと変わりません。本体にはSDカード、USBメモリースロットが搭載されているので、CDの音源を取り込んだあと、SDカードやUSBメモリーにコピーも可能。

ワイヤレスなので、こまごまとした付属品はナシ。電源アダプターのみ!

今回はこのアイテムを使って、自分が参加していたバンドの音源をスマホに取り込もうと思います!

使うための準備

アプリをダウンロードして準備スタート!

まずは専用のアプリ「CDレコミュージック」をダウンロードします。

マークが緑のときは起動中。白(屋内モード)もしくは黄(屋外モード)に光れば準備完了!

続いて、CDレコ本体を電源につなぎます。本体のマークが白または黄に点灯したのを確認し、スマホの設定を開きます。

Wi-FiでスマホとCDレコを繋げばすぐ使える

本体に書かれているWi-FiのID・パスワードを入力して、CDレコとスマホをつなげば準備完了。

CD音源をスマホに保存する

続いて、スマホで専用のアプリを開き、CDレコにCDをセットします。

CDレコにCDを入れる。

次に、アプリの画面下のメニューから「その他」を開き、CDを選択します。

アプリはその他メニュー画面にある「CD」から始める。

データベースにあれば、楽曲名が自動で表示される。曲を選択して右上の「開始」をタップすれば取り込み開始。

データベースに曲名が登録されているものは、自動でアルバム名や楽曲名が表示されます。今回のアルバムはデータベースに登録されていたのか、曲名が無事表示されました。あとは取り込みたい曲を選んで、右上の「開始」をタップするだけ。

ちなみにこちらのアルバムは2〜3分の楽曲が中心で、全部で10曲。取り込み時間はわずか2〜3分でした。早い!

音源を楽しむ!

登録されていれば歌詞も表示されるようだ。

あとは取り込んだ音楽を、アプリ上で再生するだけ!

ちなみに、iPhoneのミュージックアプリには取り込んだ楽曲は表示されませんでした。CDレコで取り込んだ曲は、専用アプリ「CDレコミュージック」で聴くことになります。

逆に、すでにミュージックアプリ経由で端末に保存してある音源は、こちらのアプリでも聴くことができました。公式サイトによると、iPhone端末だけでなく、Android端末に保存した曲も再生できるようです。

また、音源を取り込まずにCDを聴くこともできました。スマホがスピーカー代わりになるってことですね。CDプレーヤーとしても活躍してくれそうです。

ミックステープもスマホで簡単作成

その他メニュー画面の「CD作成」からはオリジナルのミックステープを作ることも可能。

取り込むだけでなく、スマホからCD-Rなどに書き込むこともできます。取り込みと同じく「その他」メニューから、「CD作成」を選びます。書き込みたい曲を選んで「保存」を押します。あとは空のCD-Rをセットして書き込むだけ。

昔なつかしいミックステープのように、好きな曲を詰めたCDのほか、語学学習のCDから覚えられないフレーズだけ抜き出して自分のためのオリジナルCDを作ることもできそうですね。

音のクオリティは大丈夫?

たった2〜3分で取り込めてた今回のアルバム。音質は落ちたりしていないのでしょうか。

そこで、スマホに取り込んだ音源とCDを聴き比べてみました。

取り込み時に選べる音質は5種類用意されている。

取り込み時の音質は、標準(AAC256kbps)で設定しました。好みによって、CD音質や高音質などを選ぶことができます。

正直、標準の音質でも素人の耳には大きな違いはわかりませんでした。音質にこだわりがある方は「CD音質(FLAC)」で取り込むとよさそうですね。

スマホから音楽を流してみました!

ちなみにこの曲は、バンドで最初に出来上がったテーマ曲「Flow The Girl 〜FTGのテーマソングから」です。こちらはリーダーあずー氏の作詞作曲。今でも、いつでも脳内再生されます。

しかし、聴けば聴くほど、このベースフレーズはもう一切弾けません……このCDは、一生の思い出として大切に持ち歩こうと思いました。

レア音源をスマホで持ち歩こう!

今回は過去に参加したバンドのアルバムで試してみましたが、ほかにもお芝居を見に行ったときに購入したサウンドトラックや友人たちのバンドのデモ音源、英語教材の音源など、ネットにはあがらないさまざまな音源をスマホで持ち歩ける可能性を感じました。

よーし、これからはスマホでなつかしの音源を聴きまくりますよ! 

CDレコには、類似アイテムとしてカセットテープの音源をスマホに取り込めるガジェット「ADレコ」もあるようです。カセットテープにしか入っていない音源を取り出したい場合は重宝するかもしれませんね。

いろんな思い出がつまった音楽たち。こういったアイテムを活用して、スマホと一緒に持ち歩いてみてくださいね!


編集:ノオト


おすすめ記事


293 件のコメント
244 - 293 / 293
最近昔買ったCDを外で聞けたらと思ってたのでありがたい
これで家にあるCDがお手軽に聞けますね!
だいたいやねー
いつもありがとうございます。
PC無くてもスマホに直接取り込めるのか
これ最高ですね!あとでAmazonで探してみます。
パソコンいらずですね(^^)
レコードから取り込めるってのはないんですかね?😅
サブスクは出会いには便利ですが、好きな楽曲を聞くために入るという感じではありませんね。大量のCD、この機会に取り込んでみたいと思います
この先はCD自体手に入らなくなる日がくるのかなー。
そんなソフトがあるんですね。参考になります。
車の買い換えでCDが聞けなくなったところです。
非常に便利ですね。ほしい~
こういう情報ありがたいです。
サブスク中心で音楽を聴いてますが、家にはいっぱいCDがあります。
iPhoneに音楽入れるのが面倒だったんです。検討してみたいです。
すごいソフトがあるんですね!
非常に便利ですね
CD買わなくなったなあ!確かに
こういう商品があることを始めて知りました。
PCで出来るが、PC持ってなければお手軽に取り込めるので便利ですね。
これは、良いかもですね
少し昔を懐かしむ感じで良いと思います。
こんなのあったんですね!
早速やってみます‼️
サブスクで聞けないのがあるのよね
サブスクで聞けないお気に入りの曲をとりいれたい!
以前に、iPhoneに直接取り込む方法は無いかと少し調べていいのが見つからずに諦めたのですが、詳しい内容が確認出来て、とても参考になりました✨

>> 犬箱 さん

>>犬箱さん
先程は、失礼しました。


スマートフォン用アナログレコーダー
https://www.iodata.jp/ssp/cdreco/adreco/

上記の品ならいけると思います🍀
ページのAndroidとiPhoneを気を付けてください。
う〜ん、サブスク利用者が多いと思いますが。
新幹線車内でCDレコの広告を見て以来、機会があれば買いたいと思い続けて早数年…。
.     👑
.  ✳️✳️✳️✳️
.   ✳️     ✳
.  ✳️✳️✳️✳️  
.  ️      ✳
.  ✳️✳️✳️✳️ th+1ヶ月

#マイネ王9周年おめでとう!
値段を知りたいです!
PC無くても出来るのは嬉しいですね。
コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。