いつでもOK YAHOOカーナビの 混雑線の見方

写真.JPG

JARTIC情報は、凡例説明がついているので分かるのですけど…
YAHOOカーナビ アプリ内に凡例説明がないので教えてください。
(データソースはVICSみたいなので、YAHOOアプリのせいではなさそうですが)
渋滞情報の線の色、
①赤実線
②オレンジ実線
③オレンジ破線
④緑実線
⑤緑破線
⑥無色(線なし)
があります。
赤=渋滞、オレンジ=混雑、緑=順調 という傾向は分かるのですが、
実線と破線の違いがわかりません。

想像ですが、
データ数の少ない(信頼水準が低い)時点では破線、アップデータが多くなると実線になる?
データがいよいよ少ない道では、幹線道路であっても ⑥無色(線なし)になる → 渋滞しているかもしれないし、順調かもしれない?
と思うのですが、正しいでしょうか。

他のナビ(GOOGLE MAP、iOSマップ、渋滞ナビ等)でも、定義ははっきりしているのですかね。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

この質問への回答 1

回答 No.1 
きゃすたGマスター

mineo-label 連携済みWakaba きゃすた さん

  • Xperia XZ2 SOV37 au au

medal ベストアンサー獲得数 235 件

下記ページに解説されていますね。

http://blog.map.yahoo.co.jp/archives/20150512_probe.html

破線(点線)は「プローブ情報」だそうです。

「『プローブ』とは、Yahoo!カーナビをご利用のみなさまが、アプリを起動して実際に走行した情報のことです。この走行ログ情報をもとに最新の交通状況を推測し、アプリ画面上で渋滞情報を表示します。」

一方、実線で示される箇所はVICSからの情報のようですから、VICSでカバーできないエリアをプローブで補っているというイメージでしょうか。

これ以上ありません。