子供(小3)の算数の問題わかる?

フリートーク

まーたくモバイルと関係無い話題ですみません。
小学校3年生の算数の宿題で、子供と私とで意見が分かれています。
皆さんはどう思われますか?

■問題:
『子どもが34人います。1つの長いすに4人ずつすわります。長いすはいくついりますか。』

■答え案1(私の考え):
34÷4=8 あまり2
答え:9つ
※理由は、子ども34人全員が座るには4人掛け×8つ、2人掛け×1つ、合計9つ必要。

■答え案2(子供の考え):
34÷4=8 あまり2
答え:8つ
※理由は、4人掛け長いすが8つ、長いすでは無い椅子に残り2人が座る。
 問題に「4人ずつすわります」とあって、「4人まですわれる(2人でもOK)」とは書いていないから。
 問題に「全員が長いすに座る」とは書いていないから。
※学校の先生に、「全員」「全て」といった言葉がある場合に、あまりを1として足す、と習ったらしい。

※追記です。
子供が言うには、残り2人は別の椅子に座るとは限らなくて、立ったままかも知れないし、別の部屋へ移動するかも知れないし、その2人がどうするかまで考える必要は無い、という事です。
とにかく長いすには4人「ずつ」座る、と書いてあるから、長いすは8つだという事です。

6072.jpg

割り算のあまりをどう処理するか、という事を習ったばかりのようです。
余りの分も1として加算して答えるべき問題と、余りは除いた値を答える問題とが混在していて、文章から読み解く、という練習です。

例えば、
【問題A】
「おり紙が42まいあります。このおり紙を8まいずつたばにします。8まいずつのおり紙のたばは、いくつできますか」
→これは、余りを除いた数が答えですよね。
42÷8=5あまり2  答え:5たば

【問題B】
「本が28さつあります。この本を1回に5さつずつはこびます。全部はこび終わるには、何回はこべばよいですか。」
→これは、余りを1として足した数が答えですよね。
28÷5=5あまり3  答え:6回

【問題C】
「子どもが35人います。4人まですわることのできる長いすにすわっていきます。みんながすわるには、この長いすはいくつあればよいでしょうか」
→これは、余りを1として足した数が答えですよね。
35÷4=8あまり3 答え:9つ


さて、一番上の本題の「4人『ずつ』すわります」が、
問題Aの「8まい『ずつ』の束」と同じ種類の「ずつ」と考えるのか…
あるいは問題Cの「4人『まで』すわれます」と同じ種類と考えるのか…


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 70

大人だと、全員座るのに必要な数と取るし、子供だと4人でしか座っちゃだめだと理解し、余りを出す。
これで、回答が1つだとしたら、先生の日本語理解力が無いと分かるねw

Z ultra さん

>1 ~ ∞
>問題文を 素直に読むとこうじゃないのかなあ 。。

くわしく教えて

私が子供の頃にもこういうケースは多かったですが、たいていは大人の事情が優先されます。問題に対する正解は採点する側が決めますので、回答する側が忖度しないといけないのです。
だから私は忖度の必要な国語が大嫌いで、その必要のない絶対的な解のある算数が大好きでした。このような問題は、愚問を作ったほうが悪いのです。
実社会では評価する側に決定権がありますから客観性ではなく評価者の主観が優先します。そして今回のケースでも先生が非を認めて権威が失墜しても疑心暗鬼になって今後かえって悪い結果を生むような気もします。親は子供の味方になりつつ笑って見逃せばいいと思いますね。

全員が座るには〜って書いていないのでお子さんのも間違いとは言えないって感じですね。
問題作る側だったらレビューで指摘されるんじゃないですか?笑

9が正解だろうけど。

そもそも子どもの考えだと
だれも座らなくても正解のわけで
1でも2でもいいとなる。

子どもだと想像力豊かだなって
なりますね。

しかし、大人が同じく突っ込みすると
クレーマかよ!ってなっちゃいますね。

小3で ∞(無限大)ならいますか?

>1つの長いすに4人ずつすわります。

答え②の応用範囲を広げると
これは言葉遊びになりますが4人座って、また立って次の4人のループ
椅子一個でも良いになるw

一度に34人座るためと言ってないので解釈次第で答えが変わる!

日本語は難しいです。
捉え方次第ですね(;^ω^)

こういう別解答を考えられるお子さんって素晴らしいですね。

先生には、「『4人まですわれる(2人でもOK)』と書いてあれば9つだけど、そうは書いていないから長いすは8つ必要で、普通のいすが2つ必要です。」と考えた過程も分かるように回答されるのが宜しいかと思います。

確かに言葉足らずかもしれませんが、そんな無理矢理可能性を作らなくても(笑)
要は出題者の意図を読み取る力かと。
少し辛口かもしれませんが「柔軟な」とか「独創的」とかそういうことよりも、「融通がきかない」ということかと思います。

確かに先生がおっしゃられている条件には当てはまらないので、それを忠実に守っているのでしょうが、「全員座れなくてよいはずがない」とか「4人までなら何人でも構わないわけがない」という前提がないとそもそも問題として成り立たないということをこれから学んでいけばいいのだと思います。

あ、でも…

〉※学校の先生に、「全員」「全て」といった言葉がある場合に、あまりを1として足す、と習ったらしい。

…と定義しているのであれば「仕様書」的に考えると、子供の答えが正解ですね。

はっ・・・・実は、その答えで、子供の協調性とか、優しさみたいなのを知ろうと言う意図が・・・(そんな訳無いかw)

娘が正しいじゃろ?
それ以外は大人の忖度じゃ!

おとぼけ解答例その2

『子どもが34人います。1つの長いすに4人ずつすわりグループ写真を撮影します。長いすはいくついりますか。』

長いすは1脚で足ります。
4人のグループが順番に入れ替わって撮影します。 (*^^)v

わたしでしたら「うーん…でも、その2人が大好きなお友達でやっぱり座る座りたいって言うかもしれないよ?どうする?」って脱線しそうですw
そして、次から聴かれなくなるパターン…

マイネ神さま
〉娘が正しいじゃろ?
〉それ以外は大人の忖度じゃ!

ひょっとして、親が子供の宿題を手伝っていないかを調べるためのトラップ問題!?∑(゚Д゚)

さとさんのお子さんは、小学校では認められなくても、将来はアインシュタインのように天才になれるかも!?

真面目に読み返してみたら、「長いすはいくついりますか」と問われているので、「いくついるか(必要か)」という意味では、8つ必要ですよね。4人がけの長いすは。

9つまでは必要じゃない。

4人がけの長いすを9つも入れたら教室が狭くなっちゃうから、必要か必要じゃないかで考えれば、4人がけの長いすは8つしか必要じゃない。あとは2人がけの長いす1つか、一人がけの椅子2つで良いわけです。

なお、問題の長いすは4人がけなので、2人がけの長いすも足して9つ必要とする答えは間違いだと思います。

大人の都合で己より賢い子供の成長を邪魔するでない・・・
と言うことじゃ

こんな話があります。

問題:氷が解けると何になりますか?

この問いに対して、ある子は「春」と答えたそうです。
この問題は理科のテストだったので、残念ながら×にされたそうですが、なんとも素敵な解答ですよね。

答えは×だけど、感性は◎です。

余計なお話、失礼しました。

皆様、ありがとうございます。
子供に説得力があり過ぎなのか、私が親馬鹿なのか、子供の話に「なるほど、そうかも知れない」と思ってこのスレを立てました。

私としては、五分五分の確率かと思っていましたが、皆さんの話を聞くと、9割以上は私の回答が正解、という事みたいですね。

日常生活で、人数からテーブルが何個必要か考えるなんて事はよくありますが、当然、全員が同時に座る前提ですもんね。
「余った人は座れない」とか、「同時に座らないで順番に座る」「複素数(なにそれ!?)」なんて事は普通には無い事なので、考慮不要と。確かにそうですね。

算数の教科書には、余りを切り捨てる問題と、繰り上げる問題が多数載っていて、中には引っ掛け問題もある為、私も子供も疑心暗鬼になっていたのかも?

今日学校から帰って来た時に、どんな納得の仕方をしているか、確認してみたいと思います。

>今日学校から帰って来た時に、どんな納得の仕方をしているか、確認してみたいと思います。

楽しみです。

小3の算数ならば9つと答えて欲しい所でしょうが、いかにも公務員的な出題の仕方をした先生に対して、経営者的な発想で答えたお子さんは将来有望だと思います。

〉※学校の先生に、「全員」「全て」といった言葉がある場合に、あまりを1として足す、と習ったらしい。

今更ですが、「小学校のテストでは○を貰えるけど、実社会では役に立たないテクニック」を教えるのは、果たして教育なのかと暗澹とした気持ちになる教師ですね。

大昔、自動車学校に行ったときにクランク道路で言われた、「フェンダーミラーと3本目のポールが重なったらハンドルを切りなさい」と同じ位、役に立たないテクニックでは無いでしょうか。

4Lavieさん
この出題における「全員」「全て」は本当に役に立たないのか?は分からないのだと思います。

実務にしても「補助椅子で賄うケース」があり得ますからね。

だから私は「難しいな〜」と思ったし、そうなると原理原則に従って「全員」「全て」の定義を守るのが正しいとも言える。

忖度が社会問題や政治問題になっている中、ルールに従うべきか?気を利かせるのがよいのか?
はたまた忖度するのか?

現代社会を踏まえると、さとさんの疑問はなかなか面白いテーマだと思っています。

残念なお知らせ。
子供は学校から帰って来ましたが、今日は算数の宿題の答え合わせはしなかったそうです。
正確な答えは不明なまま。(たぶん子供の答えが間違いなんでしょうけど)

ありゃりゃ。
正解、不正解にかかわらず、親子でいろいろ思考した点はよかったのだと思います〜!(o^^o)

「正確な答え」なんて多分無いですよ。
あるのは「出題者の意図した答え(通常は一つ)」と「出題から導き出される答え(複数の可能性あり)」くらいでしょうか。

そうそう、宿題は学校で用意された一般的な「算数ドリル」です。
ですので、問題は子供の学校の算数の先生が作った訳ではないです。
ドリルの答えページは、学校が預かっているので、親も見る事は出来ません。

老眼さん
初期条件的なものとして『学校の先生に、「全員」「全て」といった言葉がある場合に、あまりを1として足す』があります。

『子どもが34人います。1つの長いすに4人ずつすわります。長いすはいくついりますか。』
という問題だと。

でも、「子どもが34人います。4人まですわることのできる長いすにすわっていきます。みんながすわるには、この長いすはいくつあればよいでしょうか」となると、トッチンさんの初期条件が生きてきますね。

老眼さん
う〜ん…
〉『子どもが34人います。1つの長いすに4人ずつすわります。長いすはいくついりますか。』
の時点で、初期条件は生きるような…。

『「全員」「全て」といった言葉がある場合に、あまりを1として足す』が初期条件ですから、この場合、初期条件に基づき、「あまりに1は足さない」となります。

だから、さとさんのお子さんが正解です。
(細かい指摘ですいません)

①『子どもが34人います。1つの長いすに4人ずつすわります。長いすはいくついりますか。』

という問題の後半が、

②『長いすがいくつあれば全員すわれますか?』
であれば、答えは「長いすは9つあれば全員すわれる」となり、

③『必要な長いすの数と一人がけの椅子の数を求めなさい。』
であれば、答えは「長いすは8つ必要で、一人がけの椅子は2つ必要」となります。

しかし、
①『長いすはいくついりますか?』
という問いですので、答えは「長いすは8ついります。それと一人がけの椅子2つか二人がけの椅子一つがいります。」または、「長いすは9ついります。他の椅子が無いのであれば。」となります。

つまり、答えの後に各自が条件を付記しなければならない、実に高度な問題になっているということです(笑)

 さとさん、軽く老眼です。
 さっきは本当に本当にすみません。

 私の2つの有害なコメントは消しますね。あまりにも場違いで失礼で、深く深く反省しております。

 ある人から凄いお叱りを受けました。複素数とか、代数的に解くとか、方程式を解くとかは、全く関係のない事ですね。初期条件はともかくとしても。

 椅子が幾ついるかの子供の問題に、ガロアもリーマンもオイラーもアーベルも全く関係のない事ですものね。

 最近、自らの”数理系”ブログにのめり込んでしまって、すっかり知ったかフリをしてしまいました。軽いウケのつもりで書いたんですが。今から見直すと酷く失礼な事、書いてます。
 ほんとにほんとにすみませんでした。これからは気をつけます。

 トッチンさんやDarkさんが非常にわかりやすい模範解答を下さってます。それが救いです。

 お子様の健全な成長を心から願っております。

>ある人から凄いお叱りを受けました。
メッセージを受信しない設定にしてください。
(ブロックも可能です)

算数に国語の読解力を加味しなければ解けない難問ですね。
おそらく作者の意図はさとさんと同じで大人の経験値からすれば作者の意図は
全員>ずつ
また登場させるアイテムは4人がけのいすだけであり、1人がけ、2人がけ、立ったままという選択肢は考慮しないというものだと思います。
後出しジャンケンは揉めるもとですから。
4人までとしなかったのは、
「私3人で座る」「私2人がいい」まで正解に含めると収集がつかなくなるからでしょう。
優しい言葉を使って短い文章で問題を作るのは本当に難しいと改めて感じました。
今回の問題は「ずつ」の重みを先生からドリル制作業者に問いかけてもらういい問題かと思います。

あらためて問題を読み直してみました。
>※学校の先生に、「全員」「全て」といった言葉がある場合に、あまりを1として足す、と習ったらしい。

ということなら、クラス全員の答えが「8」
良くできました、チャンチャン。
で次に行きそうです。
それを聞いて父兄全員がずっこけるというパターンですか!?

まあ、さとさんの話からすると、ドリルの答えは先生の教えに反して、9が答えになっている可能性もあるのですが…。

しかし、それは先生の教えに反した答えなので、先生がどう判断するのか?その仕切り次第ですねw

Dさん
この問題、なかなか難しいですよね。
なので一番初めに私がコメントしたのは「両立の答えを書けばいいんじゃないかな」です。笑
もし、仕事でこの状態になったら、クライアントに「どっちにするか?」を確認しますし。

トッチンさん

>「両立の答えを書けばいいんじゃないかな」です。

すいません、「両立の答え」ってどんな答えでしょうか?
「8であって同時に9でもある」とか、
「8にも9にも見える」とか、
「ある時は8,またある時は9」とかですかね。
2つの解が両立する答えという意味だとしたら凄い!

と、ここまで書いてからトッチンさんの最初のコメントを見に行ったら、「両方の答え」と書いてありました。なんだ〜〜〜〜(笑)

Dさん
すいません、誤変換です。笑

よく新聞などのインタビューで括弧書きで発言内容を補足しているケースがあります。
実際には発言していなくても、その発言には背景もあれば前提条件がありますし読者にわかりやすいように補足するわけです。(事実のねつ造にも使われます。)
今回のケースでは、先生としては子供なのだから「平等に椅子に座らせてやりたい、そうかといって無駄な椅子は準備したくない。」という前提条件があるのでしょう。
だから「4人ずつすわります」というのはあくまで副次的なことであって「順番に4人ずつ座っていって、残った人も当然座る」という意味に解釈するのが一般的な大人の解釈かと思います。
だからそこを突っ込むと、屁理屈とかひねくれ者とか思われる可能性があります。
しかし、これはあくまで大人の子供に対する考えであって、椅子を提供される子供にとっては「そんな前提条件知らない」となってしまいます。
また私が子供さんの意見のほうが好きなのは、算数というのは現実世界で利用することも可能ですが、やはり架空の世界のものだからです。
虚数しかりで、そう定義したのならその定義は絶対正義であってそのルールに従って全ては組み立てられるべきと考えるからです。
仮に犬の名前をタマと呼び、猫の名前をポチと呼ぶと定義したなら、ポチは猫でありタマは犬でなければなりません。
それを変だと言い出したなら、サッカーでボールを手で持って走ってはいけないのもおかしいし、ラグビーでボールを前に投げてはいけないのもおかしいことになり、反則し放題になります。
大人の事情や常識のほうが算数の世界では実はおかしいのです。
現在、国会議員の数を減らすために選挙制度改革を考えた結果、議員を増やすことにしましたという法案が通ろうとしています。
私は被災地に住んでいますが、JRの在来線がダメ、道路もダメ、やっと新幹線だけは乗れるようなったものの全員車両に乗れずに積み残しも出ていました。
実際に車両に乗ると、指定席には誰も座わっておらずガラガラで自由席からはみ出した人は、すし詰め状態で通路に立っているそうです。
大人の常識という非常識が今日も堂々とまかり通っていますし、それが嫌いだからです。

知らぬ間に、いっぱい話が盛り上がっていて楽しいです。

軽く老眼さんの、昨日の複素数の話は読みましたが、「代数的に解くとか、方程式を解くとか」のコメントは見ていないので、是非読みたいですね。
お叱りのメッセージ、はどういう意図なのかわかりませんが、私は別に関係無い話をしても良いと思いますので是非。

去年、2年生の時にも、同じ出版社のドリルで意味の分かりにくい問題がありました。子供に「問題の意味がわからない」と聞かれ、他の掲示板に質問して答えはわかったのですが…

------
■問題
図かんが 8さつ ならんでいます。
1さつのあつさは3cmです。

【1】1つ分を あらわす 数は いくつですか。

【2】はばは、何cmに なりますか。


■わからない所
【1】番がわかりません。
 「1つ分をあらわす数」ってどういう意味なんでしょう。
 まさか「1冊」という答えな訳は無いですよね。

【2】番は、わかります。
(しき)3×8=24(こたえ)24cm
ですよね。

■推測
「1つ分をあらわす数」の意味は、もしかして
・かける数
・かけられる数
の内の、かけられる数は何か、という質問なのかな?
この場合、3×8なので、かけられる数の3cmの事なのかな~?

------
【もらった回答】
小2のかけ算の単元の導入では、
「1つ分の数×いくつ分=ぜんぶの数」
と教えるようなので、
3cmのことかなと思います。
------

要するに、「1つ分の数×いくつ分=ぜんぶの数」
の公式に当てはめた場合に「1つ分の数」という名前の変数に代入する数値は何ですか?という問題だったのでした。

普通の日本語では、幅(長さ)の事を「数」とか「いくつ」と表現する事は無いので、日本語として読むとおかしい表現になってしまっていますよね。

>さとさん
【1】は、そのまま「1さつ」だと思います。
【2】は、さとさんのお答え通りかと。

Kanon好き さん

このドリルの【1】番の答えは「3」だったようですよ。
わかりにくい問題ですよね。

お子さんは
15時ころに学校から帰るのですか。

TS801661000 さん
今日は土曜日で学校はお休みなので、次は連休明けの火曜日に学校に行きます。
火曜日は授業が長い日なので15時より遅く帰ります。
(答えが待ち遠しいのですね?)

>(答えが待ち遠しいのですね?)
メッセージトラブルが発生してますので、早いほうが良いと思ってます。

>さとさん
あらま、3cmの方だったのですね。(^^;

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。