受付終了

新コロナ防疫初動体制に思う事

感染症防疫の初動体制の肝は、まずは疑わしきを検査する事、次に感染者を隔離する事にあるのは素人でも分かる事だ。感染者、感染経路を把握し、遮断し蔓延を防ぐ、そういう当り前と思われる事をやらなかった。熱があっても4日間様子を見よ、検査も受診もするなと言って、感染者を世に放置するという愚を犯して来た。今になって漸く、疑わしい場合は検査しましょうと言い始めた。余りに遅すぎるではないか。無為無策を棚に上げて、国民に我慢と犠牲を強いる事しかやって来なかった。やった事はアベノマスクと10万円のみで直接新コロナ収束に役立つ事でなかった。何故初動を誤ったかは長くなるので簡単に言うと、医師免許を持った厚労省の高級官僚が自分達だけの業界、権益を守ろうとして、国民の利益を後回しにしたからである。そうそう給付金は有難く使わせて貰います。


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 12

概ね同意なんですが
最後の一文でだいなし感が…(;・∀・)ワラエナイ

>医師免許を持った厚労省の高級官僚が自分達だけの業界、権益を守ろうとして、国民の利益を後回しにしたからである。
←これに、華麗に援護射撃をした野党もほめてあげないと怒られますよ。
サクラ、サクラと騒いで、コロナの話になると予算委員会を退席、ですから。

追記しますと、初動の面倒・混乱から逃れようとした結果、医療現場は蔓延による大混乱に陥ってしまったという訳です。国民が蔓延防止に協力しなかったからでは決してありません。

クルーズ船の下船者も
隔離しないで電車で帰してしまいましたしね。

ホテルに隔離した軽症患者の外出も制止できない

(ハワイでは隔離義務を無視したカップルが逮捕されてます)

それでいまさら「ご協力を」と言われても。

と思う人も多いのでは?

> 初動の面倒・混乱から逃れようとした結果、医療現場は蔓延による大混乱に陥ってしまったという訳です。

上記と「権益を守ろうとする」ことがどう一致するのかよく分からないです。
(権益を守るためなら、逆に積極的に首を突っ込んで介入した方が良さそうにも思えるから)

医師免許所有の高級官僚は、厚労大臣はおろか総理大臣の言う事も聞かないと言われているようです。

薬害エイズ・・・(;一_一)

平成令和の文章としては少々読みにくいと感じますが、
ま、それはともかく

此のまま市区町村管轄下の街の保健所(600あるらしいですね)のマンパワーが頼りの作戦が続くようでは、強力な感染症と戦うのは無謀でしたね。

敵の戦力、経済力を判断できずに無謀な作戦を繰り返した先の大戦のようで哀しいです。

P.S.
底辺な年金生活に10万円はコロナ関係無くありがたい。

検査しなかったのは
オリンピックの為、

と思ってます。日本では拡大してないから
大丈夫、と思わせたかった。

実際オリンピック延期になったとたんに
東京の感染者が急増したことになってます。

と思いました(^-^;

国は上手に使わないと勿体無いです。
いがみ合ったt⚪︎ky⚪︎は全て後手にまわってます。
お金を持つと頭使わないからダメですね。

国民に正確に自らの判断の経緯を示す事はあり得ないでしょう。判断の誤り、無為無策の愚を白日の下に曝す事になるからです。言い訳、言い逃れは得意ですから、残念ながらそれに終始するでしょう。

まだ、振り返るには早すぎます。が、


先の大戦と言えば、終戦にあたり陸海軍は大量の文書を焼却処分したと聞きます。
この数年の官僚の有様を見ても官僚の意のままに公文書やメモを平気で無かった事にしている。
おまけに次期検事総長、、、
とでも検証が出来る気がしない。