title.png

  • ITガジェット

スマホの悩みNo.1? バッテリー問題を解決するためのポイントとは

田代くるみ

ライター:田代くるみ

ウェブメディア、週刊誌、月刊誌のライター。東京・宮崎の二拠点で活動中。初めてのスマホデビューは2009年、Xperia SO-01B。

  • はてなブックマークに追加

スマホさえあれば電話やメール、調べ物はもちろん、買い物や暇つぶしにも困らない時代だ。しかし、バッテリーが切れてしまっては、スマホもただの文鎮に。また、長期間同じスマホを使っていると、バッテリーの寿命が短くなり、気づけば「半日も使っていないのに残り3%」という経験は誰しもあるはず。つまり、スマホのバッテリー問題は、我々現代人にとって死活問題なのである。

今回は、そんな我々が抱えるバッテリー問題の解決の糸口を探るべく、ガジェットの話に明るいライターの砂流恵介さんにお話を伺った。砂流さんが現在使うスマホは「iPhone 7 Plus」。使い始めて1年ほどだが、現状バッテリー問題で困ったことはないのだそう。ちなみに、砂流さんはかなりのスマホゲームユーザー。動きの多いスマホゲームは、何かとバッテリーも食いそうだが……。

“問題児”は誰だ!? まずはスマホの状況把握から

バッテリーの持ちは、どうなったらよくなりますか? ——ストレートな疑問を投げかけたところ、砂流さんが開口一番に放ったのは「とにかくバッテリーは、設定次第です」という言葉。

「iPhoneの最新OSには、バッテリーを節約できる機能が多数備わっています。そこで最初にやってほしいのは、バッテリー使用状況の把握。『設定』内の『バッテリー』の項目をタップしてみましょう。すると、一体どのアプリがバッテリーを食っているかが表示されます」(砂流さん 以下同)

なるほど。確かにまずはバッテリーを食っている“問題児アプリ”を洗い出すのは賢明な方法だ。早速筆者もバッテリーの使用状況を確認。すると……?

section1_image

 
直近24時間以内のバッテリー消費で、「すみっコぐらし ~パズルをするんです~」が、31%も締めていることが判明。パズルゲームばかりしていることが判明し、少々恥ずかしくもあるが、状況把握は完了だ。

各アプリの設定次第でバッテリーは節約可能

 
バッテリー消費に拍車をかけているアプリがわかれば、ピンポイントでの対策が可能になる。主に音楽アプリを使っているならば、ボリュームを下げて再生するだけで、消費電力を抑えられる 。

「調べてみると、『あれ? こんなにバッテリーを使っているんだ』と疑問に思うアプリもあるかもしれません。そうしたものに関しては、iPhoneの設定画面にある該当アプリの項目をタップして、アプリ個別の設定画面 を開いてみてください。勝手に自動アップデートされる仕様になっていたり、位置情報を提供したりする設定になっていませんか? こうした設定をオフにするだけで、バッテリーの節約になります」

section4_image

 
試しに、iPhone設定画面にあるFacebookの項目を見てみたところ、位置情報の提供が「常に許可」、Appのバックグラウンド更新がオンになっており、これらがバッテリー消費の一因であると砂流さんは言う。このようにアプリごとの設定を確認する……そんな細かな気遣いがバッテリーの節約には欠かせないそうだ。

iPhoneの設定画面上でも、バッテリー節約のための工夫が行えるが、アプリ自体にも、ちょっとした節約が期待できる機能を備えているものもあるという。

section6_image

アプリ「ポケモンGO」内の設定画面
引用:ポケモンGO

 
「例えば、僕がやっている『ポケモンGO』には『バッテリーセーバー』という機能があります。その名の通り、バッテリー消費を抑える機能で、スマホの画面を下に向けると、画面が暗くなります。バッテリーの消費量は、ディスプレイの輝度に大きく左右されますから、こうした機能は積極的に使っていきましょう」

section8_image

アプリ「すみっコぐらし ~パズルをするんです~」内のオプション設定画面
引用:すみっコぐらし ~パズルをするんです ~

 
ということで、先ほど最もバッテリーを消耗していた「すみっコぐらし ~パズルをするんです~」の設定を確認してみた。「ポケモンGO」のようにバッテリーの節約に直結する設定はないが、ミュージックや効果音のオン・オフを切り替えられるボタンを発見。これをオフにするだけでも、節約が期待できる。

本体自体の設定も見直すべし!

 
ほかにも、アプリごとではなく、iPhone自体の設定でもバッテリー節約は可能だと砂流さん。

「GPSが常に起動していたり、使ってもいないWi-Fiで勝手に通信しようとしたり、気づかぬうちにバッテリーを消耗していることもあるでしょう。それも設定で変更可能です」

section11_image

 
さらに、画面を下から上に向かってスワイプすると表示される「コントロールセンター」で画面の輝度、ボリューム、Wi-Fiの仕様状況など、こまめにチェック、調整することも重要。ほかにも、iPhoneの「低電力モード」を常にオンにして、アプリのバックグラウンド更新や自動ダウンロードを制御させるのも、手っ取り早い方法だ。

「バッテリー節約は、とにかくこまめなカスタマイズに限ります。一度設定してしまえば楽なので、時間があるときに、設定状況を確認してみてください」

おしえて! モバイルバッテリーの選び方のコツ

 
バッテリー節約のコツについて教えてもらったが、「どれだけ節約しても、やっぱり心もとない」「バッテリー問題によるストレスから解放されたい」人もいるはず。そこで、モバイルバッテリーについても、砂流さんにヒントをいただいた。

「僕はもうずっと、モバイルバッテリーを持ち歩く生活を送っています。『かさばりそう』『邪魔になりそう』という意見もあるかもしれませんが、バッテリー問題から解放されると、とんでもなく快適です」

では、モバイルバッテリーを購入する際には、どのようなものをチョイスすればいいのか? ポイントは「バッテリー容量」「重さ」「メーカー」だという。

「まずはバッテリー容量について。モバイルバッテリーは、自分のガジェットの使用状況次第で、どの容量のものを選ぶかが変わってきます。例えば、スマホを使うのは会社と自宅の往復のときくらいなら、3000mAhで十分。どこか出張に行くことが多い人や複数のガジェットを持ち歩きたい人は、10000mAhあればOKでしょう」(砂流さん)

次は問題の「重さ」。当然ながら、バッテリー容量が大きくなればなるほど、大きさも大きくなる。

section14_image

 
「一昔前のモバイルバッテリーからすれば、かなり小さく・軽くなっていますが、大容量のものになれば、それだけ大きく・重くなってしまうもの。僕は360度カメラを多用しますし、iPhoneと同時に充電する機会が多いので10000mAh以上のものを持っていないと足りません。そこで、ずっと愛用しているのが『cheero』というメーカーの『DANBOARD』シリーズ。愛用中の『cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD version』は、容量が13400mAhと十分なんですが、持っていて楽しくなるようなデザインだったのが決め手。ずっと一緒に持ち歩くからこそ、愛着が湧くものを選ぶのもポイントかもしれません」

意外と見落としがちなのが「メーカー」だ。最近では、安価なものも市場に出回っているが、聞いたこともないメーカーでは、やはり「心もとない」と砂流さんは言う。

section16_image

 
「大切なガジェットを充電するものですから、やはり信頼の置けるメーカーのものをチョイスしたいもの。もしもの話ではありますが、安価なものだと発火するいったトラブルに巻き込まれる可能性もなきにしもあらず。先ほどのcheeroをはじめ、モバイルバッテリーの代名詞と言われる『Anker』など、ネットのレビューを読みながら信頼できるメーカーを選ぶことをオススメしたいですね。ちなみに、僕はAnker製の『Anker PowerCore Fusion 5000』も愛用中。バッテリー自体を充電しながら、スマホやほかのガジェットも充電できるので重宝しています」(砂流さん)

まとめ

 
砂流さんによると、スマホのバッテリー問題解消するためのポイントは、以下の通り。

1. 設定画面の「バッテリー」の項目で各アプリのバッテリー使用状況をチェック!
2. 設定画面内にある各アプリの個別ページで、不要な機能をオフに
3. スマホ自体の設定も見直そう
4. モバイルバッテリーを購入する際は「バッテリー容量」「重さ」「メーカー」で選ぼう!


今回は誰もが一度は悩んだことがあるであろう、スマホのバッテリー問題にフォーカスした。砂流さんのお話の中でも、バッテリー節約のポイントは今日から導入できるものばかり。ぜひすぐに試してみてほしい。


田代くるみ

ライター:田代くるみ

ウェブメディア、週刊誌、月刊誌のライター。東京・宮崎の二拠点で活動中。初めてのスマホデビューは2009年、Xperia SO-01B。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 35

1 - 35 / 35

参考にさせて頂きますね!

音量下げるとバッテリーの持ちが良くなるって初めて聞いた(o_o)
D/Aの出力レベルの問題かしら?
だとするとbluetoothで飛ばしたら…ってbluetoothそのものでバッテリー食っちゃうかw

Panasonicのモバイルバッテリー搭載急速AC充電器 QE-AL301を質屋に新品¥2700で売ってたので、買ってみました。
「モバイルバッテリーとして約2700回くり返し使える」と
ありますが、本当かいな?
量販店で見たら、結構値が張る物でした。
モバイルで使うには、厚みがあって重いです。

自分もcheeroのモバイルバッテリーを持ってます。20100mAhなのでズッシリきますが、遅くまで外出する時には持参しています。

あ。

mineoさんバッテリーも購入してます(笑)
これは常にリュックに入れてますね。

それはさておき。

平日は、自宅と職場に充電出来る環境があるので、バッテリー残は気になるほどではないのですが、例えばASUSのスマホだと、消費電力の大きいアプリの警告が通知されるので、それを見ながら判断してます。

いや、警告しているアプリは分かっているのですが、今使ってるからなぁ…と、切るに切れないのが現状ですね。

バッテリーは大切だが、今は問題が多い。
なんとか保たせたいのが本心ですが、
参考にさせて頂きます。

iPhone6sドコモsimを使用中です。
好みによってもかわるけど、「画面の明るさ」の自動調整をオンにして、自分が見辛くない程度に、明るさのスライダーを下げておくと、最大でも設定した明るさまでしか明るくならないし、バッテリーの持ちが結構違うと思います。
ちなみに私は真ん中より少しの左くらいで設定しています。

 電池持ちに一番影響を与えている困ったちゃんはGooglePlay開発者サービスなんです。これは強制停止できないし(すぐ復活する)。

Oukitel K10000 Maxというバッテリー容量10000mAhの機種すごいぞ
ほんとに何日も使える(ただし重い)

iPhoneはなんだかんだで1日3回は充電してたからなあ
スマホの使用頻度が高い人は高いiPhoneよりミドルスペックのAndroid機を回転させたほうが幸せになれます

参考にはさせてもらいますが、節約のあまり画面が暗くなるのもつらい。

旅行などでは2台持って出かければ何とかなるので、気を使いながらも過ぎた省バッテリーは目に悪い、とほどほどに頑張っています。

興味をそそる情報ありがとうございます。

一日中 外出で 充電できない状況なら モバイルバッテリー必要でしょうね。

モバイルバッテリーを持っていても、どうしても困る状況になれば、まずはバッテリー交換します。

機種替えは最低2年は見送りたいと思います。

バッテリーが減ってきたらカバンにしまう!(スマホをイジらない)

最強の節電 (´・ー・`)ドヤッ!

息子の出る空手の試合を観戦しに、朝から夕方までアリーナに張り付いている間、充電し忘れたAndroidスマホは死んだままでしたがな!

バッテリーが半日持たなくなって。
スマホ替えようと 思っていたので、
タイムリーな 掲示板 ありがとうございます。 
 感謝

即 試して みます。

また1日 バッテリーが、持つようならないかなーーー。
わくわくーーー。

早速一部設定を見直してみました。一部のアプリで位置情報がonになっていました。情報ありがとうございます♪

モバイルバッテリーを検討していますが急速充電に対応しているのか良くわからなくて。悩み中です。先日の外出時、カメラメインで使用中、ウルトラ省電力モードでも昼過ぎには、30%で焦りました😅

さっそく、バッテリーの使用状況を確認しました。
個々のアプリでの見直しもやりました。

iPhoneのバッテリー交換を
自分で出来るスキルを持つ事
が出来れば無敵

バッテリー節約方法を解説するのは大変良いことだと思います。
既に私も実践しています。(^^
無駄に消費しているアプリがないか調べることは大切ですね。(^^

次は、無駄にデータ通信を節約する方法なんてあると良いと思います。

TwitterやLINE、Instagram等のSNSで勝手に動画再生してデータ量を消費したり、
iOS11でiCloudが無線LAN環境がなくてもアップロードしたりあるので、
それを改善する設定法等あれば良いでしょう。(^^

もしかするとmineoのピーク時の混雑も多少和らぐかもしれませんし。(^^ゞ

USB充電器とバッテリーの一体型が有れば良いんだけど。有りますかね?

いつかモバイルバッテリーなくてもガラケーなみに数日もつぐらいのバッテリーになってくれればいいんですけどね。
未だにスマホだけでは不安なのと、時間制限なしかけ放題はMNOにしかないので、電話はガラケー、ネットはスマホと分けて持ってます。

知らない間にバッテリーが消費されるのに驚きました、チェックポイントを確認して快適に使います。

お願いがあります。
できれば、実測値を取っていただけないでしょうか?
書かれている事は間違っていないのですが、全体の消費量に対する比率がバラバラなんです。

例えば、画面の輝度やGPSは強烈に効きますが、音量やBluetoothなんて微々たるものです。
効く効かないの記事はどこにでもありますから、どの程度効くかが知りたいのです。

以前、どなたかが記事にされてましたが、mineoの低速モードで動画サービスが使えるか?みたいな、実際にやってみた、測ってみたというような、生きたデータを期待します。(^ ^)

モバイルバッテリーのチョイスに「メーカー」も考慮すべしには賛同。

電車内で発火とかのニュースを見ると、ほんとにあやしいメーカー(主に大陸製?)のものは使えないなとあらためて思います。

画面が明るいと、バッテリーの消耗が激しいようです。
タブレットの場合、お昼休みにネットサーフィンするだけでかなり減りますので…。
省エネ設定を見おなしてみることにします。

>아빠さん
横レス失礼します。
モバイルバッテリーとUSB充電器の一体型の製品ですが「Anker PowerCore Fusion 5000」という仕様品がおすすめです。
一度に2つまでの機器が充電可能です。

そう、iPhoneならね。

私は、会社の机、営業車、打ち合わせ先、新幹線の中で充電しています(^_^;)
モバイルバッテリーも持ち歩いています。

そろそろ、小型発電機も持ち運びたいヽ(´ー`)ノ

今回は特に興味ある記事でした。何時までも初心者ですが、チェックしてみようと思います。モバイルバッテリーはいつも携帯しています。災害時を考えて。

iPhoneの例で説明されていますが、バックグラウンドで大量消費するのはアプリのバグぐらいで、後は単純に使用した分だけ減る印象です。
設定を見直ししても全体の消費量への影響は少なく、やはり最後の項目のモバイルバッテリーの利用が単純明解でおススメですね。日中の使用ならば小型軽量薄型のバッテリーで十分ですし。

1年以上、同じスマホを使っています。
バッテリーが減るスピードが早くなった気がします。
モバイルバッテリーを使えば、
スマホを買い換えなくてよさそうですね。
良い情報を得ることができました。
ありがとうございます。

自分は一時期モバイルバッテリーにハマって沢山買いましたねぇ~
ただ端末だけに使うのじゃなく災害時用などを考えて買ったり・・・
あとは急速に普及しているモバイルバッテリーで動く商品など
自分はUSB電源の扇風機が今年1番使いましたねぇ~w
あとUSB電源のLEDライトやランタンなど
楽器の機材などもモバイルバッテリーで使える物も出てきました
そういう意味でモバイルバッテリーを沢山買ったのですが
考えれば、それだけ省電力で動く商品が沢山出たという事になりますね!
省エネ・・・スマホも個々の端末でバッテリーの食い方が違いますからねぇ~
じっくり設定をいじらないとですね!
自分はアプリを使い終わったらすぐ無効(切る)にしますね!
その癖がついたおかげで2日は優雅に持ちますが
端末によってはCPUがめっちゃバッテリーを食うのもあるし
その端末の癖と言うか切っても無効にならない端末もありますし
アプリもバックグラウンドだけ食うのじゃなく
アプリその物が食うアプリもありますからねぇ~
例えばLINEやインスタはめっちゃ食うしバックグラウンドでも食うのでインスタだけは切ってますがLINEは切れば通知来なくなるので無効に出来ないし
アプリ作る側も省電力をもっと考えてほしいですね!無駄な機能はいらない
なんか長々と愚痴の様なコメントになってしまったww
やっぱスマホはいつかバッテリーやデータ量など気にせず使えるようになってほしいですね!

Androidから見た場合も特集してくれますよね😳😌

基本は、機内モードにして通信を遮断しています。使うときにモバイル or WiFiをONにしています。あとは、こまめに最適化をかけています。

うーむ、目新しい情報は無かったかな。

スクリーンショット_2017-12-05_11.52.08.png

うちもダンボーつかってます!めっちゃ重いんですが、5回ぐらい充電できるので重宝してます。友達に「モバイルバッテリー可愛いのが欲しい」と言ったら買ってくれました^^

ちなみに、iPhoneに関してはAppleのHPに充電に関するヒントがあります。
https://www.apple.com/jp/batteries/maximizing-performance/
https://www.apple.com/jp/batteries/why-lithium-ion/

微々たるものとは思うんですが、iPhoneの場合は壁紙の設定も
「ダイナミック」などの動くタイプの壁紙を設定すると電力消費が多いらしいので、静止画の方が良いようです。
また、アクセシビリティの「視差効果を減らす」をONにすると省エネになるそうです。https://support.apple.com/ja-jp/HT202655

既出ならすいません。iPhoneの設定→位置情報サービス→システムサービスで位置情報関係や自分は使っていないサービスをオフにすれば多少の節約になります。微々たるものですが。

個人的にやっていることですが、ナイトシフトモードを24時間使ってます。
https://news.mynavi.jp/article/20170218-ipadiphonehacks/

あとは、眠れない時にベッドでスマホをやることがありますが、かなりまぶしく感じるので、ホームボタントリプルクリックで低照度モード設定にしてますが、最近は長い会議中にもやるようにしたところ、ちょっぴりバッテリーが持つようになった感じがしました。
https://kotonova.com/1412

いずれもiPhoneの話で恐縮です。

毎日、利用しない時間帯を作って電源を落とすようにしています。
(職種によっては難しい方もいると思います)
感覚的には動画鑑賞で結構消費しますね。
画面の輝度の調整は有効だと思います。

あとiPhoneでテザリングをすると、結構電力を消費するのでモバイルルーターは持ち歩くことが多いです。
タブレットは余裕があれば Wi-Fi モデルより Cellular 購入の方が荷物は減るかも、と思います。

そのうちスマフォが無駄な電力を検知して、設定のオススメを教えてくれるかもしれませんね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。