mineoのデータはどんな経路を流れているの?

  • はてなブックマークに追加

00thumbnail.jpg

はじめまして、マイネ王 運営事務局のDDです。今回は、mineoスマホのデータは、どのような経路や装置を通ってインターネットに流れているのかについて、少し難しいかもしれませんが技術的な面から説明してみたいと思います。

はじめに

マイネ王の本拠地がある大阪も、このところの陽気で満開になった桜が春の到来を告げています。これから、お花見に、ピクニックに、mineoスマホと一緒にお出かけされる方も多いのではないかと思います。

ところで、皆さんのmineoスマホは、特に意識することなくインターネットに接続し、SNS投稿や写真の共有、地図の閲覧にと、大活躍してくれていると思いますが、そのデータはどのような経路を通って流れているのでしょうか。今回のトピックではそのあたりを少し技術的な面から説明してみたいと思います。

なお、mineoが属するMVNOという事業の定義は、大まかに言えば「物理的な移動体回線(無線)部分を持たずに移動体回線サービスを提供するもの」であり、実際の設備形態はいろいろあります。

今回はmineoの接続構成をベースにご紹介しますが、他社さんの中には、ほぼ自前の設備を持たず、全体を借りてサービスを提供している事業者もあります。

mineoのネットワーク構成

section1_image

上の構成図をご覧ください。スマホから無線基地局(LTE通信の世界では無線基地局はeNodeBと呼ばれます)までは電波でデータを伝送します。そこから先は無線基地局~通信センター間のネットワーク(大半は光ファイバ回線)を経由して、通信センターに集まります。

au契約の場合はここからauのネットワークを経由してインターネットに流れていくわけですが、mineoが借りている区間はここまでですので、mineoのデータはここでauネットワークを離れ、mineoのネットワークに転送されます。

厳密には、ここにはeNodeBと同じくLTEの世界でSGW(Serving Gateway)と呼ばれるau側の関門ルーターがあり、そこからmineo側の関門である、PGW(Packet Data Network Gateway)と呼ばれるルーターに接続されています。なお厳密にはこのSGW~PGWの間が両社の分界点です。

無事mineoのネットワークに届いたデータは、mineoの運営主体であるケイ・オプティコムが提供するFTTHサービス(eo光)や法人向けインターネット接続サービス(オフィスeo光、ビジネス光の各種サービスなど)のインターネット接続データトラフィックと合流し、日本中・世界中に流れていきます。

なお、このマイネ王の関連記事「ネットワーク増強とトラフィックデータを大公開!」で説明しているのは、このSGWとPGWの区間の増強です。なにしろ、mineoのデータのすべてが通る区間ですから、ここがネットワーク増強の最大のポイントになります。

mineoのデータ通信の行き先設定がAPN

最初に説明したとおり、MVNOであるmineoでは、無線区間をauから借りています。その無線区間ではmineoもauで電波の周波数が異なるということはなく、全く同じ仕組みで分け隔てなく交じり合って飛んでおり、無線基地局も電波を送受信しています。

ではどうやってmineo向けのデータを選別してmineoネットワークに転送しているのでしょうか。

mineo端末の設定項目

section3_image

こちらの表は、mineoをご利用していただく時に設定して頂く内容の一部です。この中の「APN(Access Point Name)」設定を使って振り分けをしています。LTE方式では、端末が電波の圏内に入り、データ通信を始めるときには、最初にPGWに対してデータを通すための経路を設定します。この経路設定のあて先がAPNです。APNが「mineo.jp」に設定されている場合は、auのPGWではなく、mineoのPGWに対して接続が要求されます。

PGWでは、その接続要求に対して、ユーザ名,パスワード,SIMカードのID等で認証を行い、認証が完了すれば接続を確立し、IPアドレスを払い出します。なおここで払いだされるアドレスはいわゆるプライベートアドレスであり、この区間でのみ使用されます。

端末がこの先インターネットに出て行くにあたっては、NAT(Network Address Translation)によってグローバルアドレスに変換されて出て行くことになります。また、mineoの通信容量を使い切った場合の200kbpsの速度制限についてもこのPGWで行います。端末~PGWの経路の太さを絞るイメージです。

mineoスマホと春を探しに行きましょう

mineo以外で使われていた端末のSIMカードを入れ替えただけではデータ通信ができません。これは、APNの設定が異なっているので、たとえ電波の圏内であったとしてもmineoのネットワークへのデータ通信経路の設定ができないからなのです。

一方、mineoで販売しているスマホやモバイルルーターは、お客様の手元に届くときには、上記のAPNやユーザ名、パスワードなどが設定された状態となっていますので、SIMカードを挿入して電源を入れれば、面倒な設定不要ですぐにデータ通信が可能です。

大手携帯キャリアさんほどの品揃えはありませんが、小粒でピリリと辛いmineoスマホを用意していますので、まだお持ちでない方はぜひゲットして頂いて、mineoスマホを持って春を探しにお出かけしてください。

執筆者: マイネ王 運営事務局 DD

マイネ王 運営事務局

マイネ王 運営事務局

もうmineoを使っているお客さまも、ご検討中のお客さまも、スマホに興味があるという方にも、皆さんに満足して楽しんでもらえるように「マイネ王」の運営がんばります!

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 26

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

マイネ王 運営事務局

>wak@mnemoさん
MVNOでは技術的にとてもムズカシイ内容もたくさんあるのですが、王国通信の記事では、なるべくわかりやすくお伝えできるように、図などもうまく活用して情報発信しています。
これまでもたくさんの記事を出していて、マイネ王のヘルプでカテゴリーごとに整理していますので、時間のある時に興味のある記事をぜひ見てくださいね!

王国通信のカテゴリー別記事一覧(ヘルプ)
https://king.mineo.jp/helps/magazine

NATでWAN, Global IPは基本同じなのですね。
難しいけどなんとなく分かってきました。

マイネ王 運営事務局

うーむ、そうでしたか。
mineoが利用可能かどうかは分かりかねますが、「G-BOOK」、「マツダコネクト」どちらも使えるといいですね。
もし使えたら、ぜひレポートコメントをお願いします!

先ほどの投稿は言葉足らずでしたので補足します。
大手3社のキャリアさんは、Bluetooth DUN経由でG-BOOKのAPN(auto.g-book.com)への接続を許していますがMVNOに関しては少なくともdocomo系は許してないようです。
「王国酒場」での投稿記事にマツコネへ接続できている投稿があり、マツコネ接続中は他の通信ができていない旨の記述がありましたのでマツコネAPNに接続していると思われます。
ひょっとしてG-BOOKのAPNにも接続できるのではないかと淡い期待をしています。

お返事がいただけるとは思っていませんでした。
ありがとうございます。
既に問い合わせ済みですが、どこに聞いてもうちではわからないとの回答でした。

マイネ王 運営事務局

トヨタ自動車が提供するテレマティクスサービス「G-BOOK」のことでお間違えないでしょうか。

「G-BOOK」のことをおっしゃられているのであれば、恐れ入りますが、私たちでは「G-BOOK」のことについては、詳しいことは分かりかねます。

大変お手数ではございますが、G-BOOKサポートセンターにご確認いただければ分かるかもしれませんので、一度お問い合わせいただけますでしょうか。

 【G-BOOKサポートセンター】
https://g-book.com/pc/etc/tokushoho/index.html

データの経路を聞くと、DUNで「auto.g-book.com」APNへ接続できてもいいような気がするのですが駄目なのでしょうか??

マイネ王 運営事務局

X68000XVIさん
コメントありがとうございます。

できるだけ分かりやすいイラストや文章で記事をつくりますね。

>miyamonさん
追記ありがとうございます。認証サーバー(契約確認?)や高速モード可能かなどチェックするサーバーなど、図には描かれてないものもあるんでしょうね~。

>運営の皆様
他社のネットワークで、出せるところ出せないところあると思いますし、またそのネタが集まったらよろしくお願いします。

マイネ王 運営事務局

au 4G LTEのデータ通信の場合、mineoがどんな経路が流れているのかについて、わかりやすく伝わったようでよかったです!

ご質問のiPhone6、VoLTE、3Gとmineo未対応の関係性や、3GやWiMAX2+の場合はどんな経路を流れているかについては、miyamonさんからもフォローをいただており、感謝です。

ただ、これをコメントだけで説明するのはなかなか難しいので、近々しっかり記事でお伝えしたいなと思います。

言葉足らずで、すみません。
UQは、auの子会社のKVEで従来あるUQがバックボーンです。
UQでは3G,LTEは、mineoと同様Auを通りますがmineoの箇所が、UQとなります。UQは、WiMAXやWi-Fiも運営しています。

KDDIがMVNO向け接続料を半額以下に減額したようですね。
10Mbpsあたりの数字では、
・NTTドコモは94万5059円
・KDDIは昨年(275万1142円)の半額以下となる116万6191円
・ソフトバンクモバイルは351万7286円
ということで、NTTドコモとほぼ同額に…。
http://buzzap.jp/news/20150413-docomo-kddi-softbank-mvno/
めでたしめでたし。
(しかし、この表をよく見ると、最低利用期間を設定して解除料をとっているのはKDDIだけのようですが、それがmineoにも反映されているということかもしれませんね。)

>miyamonさん
ありがとうございます。と言うことはUQのネットワークについてもmineoの経路が設定されているんですね。auとUQは近い会社なので、実はauネットワーク網にUQが有ったりするのかなと思いました。

UQであろうが、docomo系(auの箇所がdocomoですが)であろが、MVNOは設定ファイル(プロファイル)によりこの方法しか
接続経路を構築することで出来ません。
090(080/070)通話の場合は別ですが、その他ネットはこの接続方法しか利用できないはずです。
このため、バックボーンネットワークが重要となります。
ケイオプティコムは、知りませんが、その昔1980年後半日本のDNSのトップはIIJでした。(インターネットイニシアチブジャパン)
そこから各プロバイダーの接続ノードが構築されました。
もちろん、ツリー構造で上位ノードのほうが優先順位は、高いです。
そのため、docomo系の場合これだけ多くなるとバックボーンネットワークが、かなり下位の業者も多いと考えられます。
下位の業者は、上位の業者の影響を受けます。

mineoのSIMでWiMAX2+も使えるような事を見ましたが(自分の端末は未対応機)その場合の経路はどうなるんでしょうか。UQのネットワークも同じようにauの設備とかなり近い物でしょうかね?

MVNOってシステム的にどういう役割を担っているのか
わかりにくい部分がありましたが、この図はかなり分かりやすいですね。mineoらしくてこういう説明は大好きです。
さて、3Gの通話はどういう感じになっているのかも教えてもらえれば嬉しいです。

iOS8.3・・・
ソフト開発人種から言わせるとバグ
ハード人種から言わせると仕様・・・
まぁ、ソフト人種のレベル低すぎ・・・・
それとも、ウイルス込みかも(笑)

そういえば、通話はどんな流れなんでしょうね?
明日はいよいよ、マイネオオフ会なので、じっくり聞いてみようかな?

マイネ王 運営事務局

みなさん、たくさんのコメントありがとうございます!

iOS8.3については動作検証を進めておりますが、mineoのSIMカードを挿した瞬間にVoLTEが有効にできなくなる(設定メニューが消える)ことまで確認しております。

少しでも早く、iPhone端末でもお使い頂けるよう、引き続き問題解決に向けての検討を進めますね。

ピリリと辛いスマホという事は今度は発表した瞬間に大炎上した○AIOスマホとかどうでしょうか?