サムネイル.png

  • mineoニュース

Mobile World Congress 2017レポート 番外編

コンバット@運営事務局

ライター:コンバット@運営事務局

mineoの通信を使って面白い取り組みができるパートナーを探すことを担当しています。

  • はてなブックマークに追加

マイネ王の皆さま
東京支社所属のコンバット@運営事務局です。

お待たせいたしました。前回、Mobile World Congress 2017レポートの番外編の報告です。
番外編ということで緩めです。さらっと読み流していただければと思います。

前回記事のコメントで書かせていただきましたが、私が通ってるエニタイムフィットネスというジムは、国内130店舗、全世界3,000店舗以上もあり、24時間いつでもどこでもトレーニングができるというのが特徴で、実はマイネ王運営事務局でも他3人も会員がいます。

さて、今回は、一旦MWCの小難しい話は置いておき、それ以外の出来事を中心に報告いたします。

今回、都合上、東京(本社組は大阪)→フランス・パリ→スペイン・バルセロナという経路で行きましたので、まずは羽田空港→経由したフランスから順々にご説明させていただきます。

羽田空港にて

出発日の朝、羽田空港に到着し、事前に予約しておいたモバイルルーターを受け取りました。これはモバイルルーターを使いたかったというよりは、SIMとどっちが便利なのかを肌で感じたかったためです。
受付で予約の紙を見せるとすぐに受け取りが可能で、簡単な説明をしてもらいました。特に難しく感じることもなくすごく簡単で、現地に着いたら電源を入れるだけで繋がりました。

フランスに到着

悪天候のため出発が1時間半も遅れましたが、飛行機も落ちることなく、機内食もおいしくいただき、無事フランスのパリ=シャルル・ド・ゴール空港に到着しました。
ホテルまではUberで移動。上司が慣れた手つきでぱぱっと。ここは上司にお任せ。

section3_image

Uberは皆さんご存知だと思いますが、本当に便利ですね。言葉が通じない中で、目的地まで辿り着けるか、遠回りされてカモられないかなど、不安が尽きませんが、Uberならあらかじめ運転手の評価がわかり、目的地も指定でき、値段も一律、支払いもアプリ上で、ということで一切会話なしでもいけます。
さすがにボンジュールとメルシーは言いましたよ!

ホテルで大阪出発組と合流し、遅めの夕食を食べてその日はおとなしく休みました。
翌日、出張2日目は市場調査です。目的地まで歩いて約20分。その道すがら、早速おもしろいものを発見しました。
日本でも少しずつ増えつつあるシェアリング自転車です。

section4_image

1995年に首都として初めて、デンマークが導入したシェアリング自転車サービスで、欧米ではかなり広がっています。パリでは「velib」というサービス名で提供されています。30万人近い契約数をほこり、ヨーロッパ最大、世界でも有数の規模のようです。空き情報はスマホアプリで確認できます。乗ってみようと思いましたが、登録方法がよくわからず断念してしまいました。後悔です。
調べてみると、各国ビジネスモデルが異なりますが、非常におもしろいサービスだと思いました。
東京ではNTTドコモさんがされていて、台数もかなり増えてきているように感じます。私も時々使っています。大阪でもあるようですが、私は見たことがありませんので、まだまだ少ないのかなと思っています。
通信を搭載しGPSで位置情報を特定して、観光情報と組み合わせたりなどいろんなサービスができるのではないかと思いました。

さて、目的地に近づき、遠くからでもわかる目立つ看板が見えてきました。フランスの携帯電話会社freeです。
フランスでは長らくオレンジ、SFR、ブイグ・テレコムの3社体制であった中、第4の携帯電話事業者として参入し、「シンプル」かつ「価格破壊的」な料金プランで一気にシェアを獲得した事業者です。これにより既存3社はサブブランドで対抗、MVNO各社は価格競争など激しい戦いが行われていたようです。興味ある方は調べてみると面白いかもしれません。

section5_image

店内もおしゃれでとても広く、すっきりした印象です。ネットができるPCやスマホの実機もたくさんありました。平日の朝ですが、多くのお客さんがいましたよ。
一番気になったのは、店内に複数設置してあるタッチパネルの端末機(自販機)です。10台近くありました。
お客さんがセルフでSIMを購入できる仕組みになっているようです。フランスの滞在は1日ちょっとでしたので実際に端末機でSIMの購入はしませんでしたが、購入している人の様子を見ていると簡単に買えるようです。まるでSuicaをチャージするように皆さん当たり前にやっていきます。

section6_image

大手3社に比べると圧倒的に店舗数が少ないようですが、この自販機をうまく活用していて、自社の店舗以外でも雑貨店などに置いているそうです。店員さんもいますが、やり方をアドバイスする程度で基本的にお客さんが自ら端末機で購入する必要があるようです。
freeはMVNOではありませんが、複雑な料金体系が一般的だったところをシンプルしたこと、無駄を省き価格を安くしたことなど、やはりシンプルで安いに限るなと、こういった戦略は参考になります。

ここからはスペインのバルセロナ

スペイン・バルセロナにて、ようやくSIMを調達しました。
空港のVodafoneショップでSIMを購入したのですが、MWCの影響で結構並んでいました。
1.5GBで€15(日本円で約2000円弱)です。パスポートを見せ、クレジットカードで支払いました。

section8_image

私はSIMフリーのiPhone 7を使っていて、普段はもちろんmineoを使っています。
まずmineoのプロファイルを削除してSIMを抜き、購入したVodafoneのSIMに挿し替えました。あとはSIM台紙のカードに記載されているPINコードを入力するだけで設定完了です。かなり簡単です。
モバイルルーターはSIMを買っていない人に貸し、ホテルのWi-FiとこのSIMだけで数日間過ごしました。
日本で使っている感覚と同じように普通に使えるので、便利というか何も困ることなく利用できました。モバイルルーターは複数人で利用できる点では便利ですが、何度か充電をし忘れて使えなかったり、小さいとはいえ邪魔に感じたりと、少し不便に思うことがありました。そういう意味でも個人的にはやはりSIMに軍配が上がるかなと思います。

4日間くらい使い、Vodafoneから何度かスペイン語のメッセージが来ましたが、よくわからないので放置していました。その後、気がつくと1.5GBを全て使いきってしまったようで、通信ができなくなりました。
あと2日ほどしかありませんでしたが、偶然街中でVodafoneショップを見つけたので、チャージに挑戦しました。
店員さんにチャージしたい旨をカタコトの英語で伝えスマホを渡しましたが、何やらスペイン語か英語でよくわからないことを言ってきます。これを繰り返すうちに、店員さんも諦めたのか、私のスマホを操作して処理を進めてくれました。私がいけなかったのですが、購入したときのSIM台紙に書かれたIDやPINコードが必要だったようです。テクノロジーは進化して便利で簡単になりましたが、言葉の壁は越えられませんでした。
後から上司に聞いてみると、チャージという言葉はなく、”TOP UP”でないと通じないようです。
ぜひ皆さんも機会があれば海外の現地SIMを試してください。困れば店員さんがやってくれると思います。

さらに番外編

行ったメンバーの誰にも言っていませんが、実はこっそりバルセロナでエニタイムフィットネスに行ってきました!
事前に日本で調べていると、ホテルから2kmほどのところに偶然店舗があったので、ネタ的に行かない手はないなと。もちろんその時のためにICチップの入った鍵とウェアは持ってきていました。
今回は予定が詰まっていて時間がないので、行けるのは朝一しかありません。
会場内を歩き回った疲れと、フランス語、スペイン語、英語による脳の疲れなどありましたが、がんばって朝6時に起き、ホテルから軽くジョギング。見慣れた看板が見えてきました。感動です。

section10_image

店舗入り口に到着し、本当にこの鍵で開くのか少しドキドキしましたが、日本と同じようにドアが開きました
マシーンの種類は違いますが、中の雰囲気や印象は日本と全く変わらずです。そういった意味で特に違和感なく、日本にいるかのように利用できました。全世界共通。素晴らしいブランディングですね。
日本で発行された鍵で全世界どこでも利用できるというのは素晴らしいことだなと感じます。
mineoも24時間いつでもどこでも使える日が来ればいいなと思いました。

さらにもっと番外編

バルセロナでの移動は、MY TAXI(Uberのようなもの)か地下鉄を利用してました。
地下鉄で、日本と違った非常におもしろいことがひとつありました。
それは、電車が到着する時間の表示です。

section12_image

どういうことかというと、日本では、13:40(13時40分)に到着するという到着時刻が表示されてますが、スペインではカウントダウン方式です。あと01:56(1分56秒)で到着、という表示です。
ものすごくわかりやすく便利だなと思いました。海外の信号でもカウントダウン表示の国がありましたが、なぜ日本では時間表示なのか、きっと理由があるのでしょう。
日本よりも時間に厳しいとは到底思えないので、なぜなのか非常に気になります。知っている方がいれば、是非教えてください。
私はせっかちなので、日本でもこのカウントダウン方式にしてほしいなと思いました。

section13_image

以上、MWC以外でも刺激的で非常に有意義な出張でした。

これをもちまして、生ハムとカンプ・ノウでMobile World Congress 2017レポートを閉めさせていただきます。
長々とお付き合いありがとうございました。

section14_image



コンバット@運営事務局

ライター:コンバット@運営事務局

mineoの通信を使って面白い取り組みができるパートナーを探すことを担当しています。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 21

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

そういえば、mineo海外用プリペイドSIMの存在が忘れ去られているような(^^ゞ
http://global.mineo.jp/

IIJ海外トラベルSIMみたく、音声通話30分付きのSIMカードもあったら
便利だろうなと思いました。

コンバット@運営事務局

現地SIMについては、途中からは入れてることすら忘れるくらい日本にいる時と同じ感覚で使っていましたので=便利ということですね。
ただ、日本でSIMを調達していくか、モバイルルーターか、現地SIMか、は用途などで変わりますし、事前に設定できる安心感だったり、手間をかけたくないなど、人それぞれ違いますので一概には言えないですね。

今度は出張ではなく旅行でスペインに行きたいです!

フランスはトランジットで空港内をウロウロしただけ、スペインは行ったことないな~
自分の携帯は古い機種なのでキャリア呪縛から逃れられず、海外では使えない。。。

コンバットさんこんにちは!
番外編のブログ更新ありがとうございます(*^^*)

色んな情報を知ることが出来て、とても楽しく読ませて頂きました。

海外に滞在する時は現地SIMを手に入れた方が何かと便利なんですね…!
勉強になりました♪

海外行ってみたいですね。

春休みに高校生の娘がバイト代をためて友達と韓国に旅行に行っていました。

親として心配していましたが無事、帰って来て一安心しましたが、親の私がまだ海外未経験。(汗)早く経験のために行きたくなりました。(笑)

コンバット@運営事務局

>皆さん

コメントありがとうございます。
少しでも楽しんでいただけたようでほっとしています。

またこのような機会があれば、どんどんレポートさせていただきます!

英語もひとつではなく,多様な英語があるんですねぇ。

チャージという用語ではなく,容量を増やしたい,データ通信量が少なくなった,というような,易しい表現の方が伝わるのかもしれません(^^ゞ

勉強になります。

SIMフリーのiPhone 7は海外で使うには対応Bandも多く使い勝手が
良いのだなと思いました。
私も同じ端末を使っていますが、国内でしか使っていないのでこうした
実感は無いですが(^^ゞ

番外編の方が他にない情報が沢山あって面白いなと思いました。(^^

こういうレポート読んでて楽しいですね(^^)

とでも面白い話を頂き、ありがとうございます。将来、世界はスマホ一つで回れるとなるね。

ブラリ街歩き、良いですね!

ありがとうございます。興味深いですね。また、お願いします。

待ってました番外編♪ ありがとうございます。
私もおフランス行きたい~

Mobile World Congress 2017レポート 番外編、楽しみにしておりました。
またのレポートお願いします。

(Mobile World Congress 2017レポート 番外編) ありがとう御座います。
身近な情報、我々にお伝え下さり楽しみです。
今後も継続をお願いします。

Free!_promotional_image_1.jpg

Hi, Mr.Combat,

I'm happy to read your posts! How about Any time fitness club in Barcelona? Please be careful with obesity. But I must be also caraful obesity,

Do you use mineo overseas sim? I hope to hear GREAT NEWS of this sim. I want to use this SIM , but in price, IIJ foreign sim is better than mineo. Please wirte a report by K-Opticom members.

I think Free! is vest company in France.

Viel Glück!

世界で使えて自宅が圏外!ボーダフォン3G!
ボーダフォンのロゴを見るとこれしか思い出せないw

>飛行機も落ちることなく
よかったですねw

ブログ楽しみにしています。

楽しいレポートを有難うございます。
実は私もほぼ同時期にバルセロナに行ってました。

地下鉄のカウントダウン表示には私も驚きましたが、残り1分を過ぎると消えてしまったり、残り1分以上あるのにもう到着してしまったりと、結構アバウトではありました。

あと、私が空港で見つけたVodafoneのお店では、3GBで€40のSIMしか置いてなかったので購入を見送り、モバイルルーター(500MB/日)のみで凌ぎました。(重い作業はホテルのWi-Fiで)