名称未設定_1.png

  • mineoニュース

テレコムインサイド主催「通信市場の未来Summit2016」にmineoも登壇しました!

もねお@運営事務局

ライター:もねお@運営事務局

戦略、技術、コミュニティの統括を担当。

  • はてなブックマークに追加

マイネ王 運営事務局のもねおです。
先日6月29日に都内で、日経BP社が発刊するテレコムインサイドが主催のイベント「通信市場の未来Summit 2016」が開催されました。mineoも登壇しましたので、その様子をご報告します!

「通信市場の未来Summit 2016」とは?

実質0円の廃止やMVNOの躍進などで、大きな転換点に差し掛かった2016年度の通信市場、本イベントでは、そんな通信市場の主要プレーヤーが一同に会し、新たな市場の未来を語ることを目的に開催されました。
通信市場の未来Summit 2016|テレコムインサイド
※こちらのページで各セッションの概要をご確認いただけます。

今回は、私たちmineoが参加したセッション「前代未聞?主要MVNOが大集合、本音で明かすビジネスの実態」について紹介します!
このセッションでは、MVNO 6社(IIJ、NTTコミュニケーションズ、ケイ・オプティコム、ビッグローブ、UQコミュニケーションズ、U-NEXT)が集まり、MVNO事業の現状や各社の戦略についてトークを行うというもので、弊社からは取締役の橘が登壇しました。
本当にそうそうたるメンバーが集まるということで、もねおもわくわくして聴講しました。

どんな内容だったの?

用意された質問は10個。まず質問に対する回答を各社ボタンで投票、その集計結果が発表され、その後ディスカッションという流れです。
投票は匿名なのでどの会社がどう回答したのかは分からないのですが、ディスカッションの中でそれとなく分かるという仕掛けでした(笑)

それでは質問と回答について順に紹介していきます!
※長くなるのでディスカッション部分はサマリーで紹介します!

【Q1】昨年度の加入者獲得は想定以上だった?
想定以上:2社
想定以下:4社

想定以上の会社の方が多いかと思っていましたが、市場の伸びとともに競争も思った以上に激化していることを要因に上げられていました。


【Q2】実質0円自粛以降、MVNO市場は変化した?
追い風が吹いている:5社
むしろ逆風:1社

逆風とお感じの理由はQ1と同じくそれ以上に競争も激しくなっていることが上げられていましたね。


【Q3】ユーザーが現在、MVNOに最も求めているものは?
ブランドを含めた安心感:3社
音声定額:1社
その他:2社

認知は広がってきたので、なんとなくの不安感を払拭するためには安心感が重要ではとのご意見。


【Q4】正直、サービスの差別化に悩んでいる。
アイデア次第で差別化は可能:4社
悩んでいる:1社
どちらでもない:1社

皆さん悩みながらも差別化はできるとの意見が多かったです。その例として、品質、”格安スマホ”以外のビジネス領域、端末、コンテンツなどが上げられ、各社創意工夫して差別化されようとしている点が伝わってきました。ちなみにmineoは「Fun with Fans!による楽しさと面白いサービス」をアピールしてきましたよ!


【Q5】最も期待するサービス差別化の手段は?
パートナー企業との連携:4社、
その他:2社

各社自社だけで多彩なサービスを提供することは難しく、色々なプレーヤーと協業していくことが重要とのご意見。


【Q6】MVNO事業単体で黒字化している?
既に黒字化:1社
今年度黒字化:2社
来年度以降黒字化:3社

すごく踏み込んだ質問でしたが(笑)、総論としては各社、今はまだ収益性よりも市場全体の規模を拡大するための投資が重要との認識。


【Q7】禁止行為規制緩和でNTTドコモの対応は変わった?
良い方向へ変わった:1社
変わらない:3社
無回答:2社

ここは司会者から特に突っ込んだ質問はなかったです(笑)


【Q8】今年度の加入者獲得目標は?
昨年度以上の水準:6社

MVNO自体の認知が上がり、リアル店舗への展開も進み、多種多様な料金プランやサービスも出て来ていることから、6社ともが昨年度以上の水準になると回答。


【Q9】今年度、最も注力する取り組みは?
新サービス:2社
パートナーとの連携:2社
その他:2社

ここでは新サービスとパートナーに割れましたが、コスト削減のために業務処理をもっと効率化すると回答された会社も。


【Q10】MVNO市場がさらに拡大していくためには何が必要か。(自由回答)
市場拡大の中心になるであろう一般層に対し、MVNOというサービスの正しい理解や、安心感の醸成、面倒くささの払拭などが必要になってくるとの意見。また、MVNO間での競争が認知の拡大に寄与していることから、しんどいけれどこれからも競争を続けていくことが大事で、その中でMNOにはないサービスを創出していきたいとのご意見もありました。

最後に

いかがでしたでしょうか。ちょっと圧縮した形になりましたが、少しでも今のMVNO事業者が何を考えているか伝われば幸いです。
もねおとしては、市場が拡大していく中で、ますます競争は激しくなっていくであろうことを肌で感じましたが、一方で、mineoの「Fun with Fans!」は他社との差別化になるという感触も得られました。
これからも「Fun with Fans!」のもと、皆さんとのやりとりも楽しみながら、面白いサービスをこれからも生み出していきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします!


もねお@運営事務局

ライター:もねお@運営事務局

戦略、技術、コミュニティの統括を担当。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 15

近くの家電量販店を覗いてみると、最近ガラリとスマホ売り場が変わり
ました。
最も大きな違いは中古端末の取扱が始まっていた事です。

今まではキャリアのスマホのみで、格安スマホに関してはパンフレット
だけという感じでしたが、地方でも複数のMVNOの取扱いが始まり、
格安スマホに対する認知度が上がってきている印象を持ちました。

mineoさん、今年が成否を左右する重要な局面になると思いますので、
成功するよう、頑張ってください。(^^

Q6 とても心配です。
長期的にキャリアに嵌められている気がします(笑)

私の近所の家電量販店は、Y!mobileが第四のキャリアとして固定化されていますね。(どこもそうだと思いますが。)
ということは、勧誘に引っ掛かる率も多くなるわけです。
そしてこれからはUQmobileも出てくるとなると更に...

販売店員はちゃんとした情報を提供してくれればいいのですが、
そこから発展して「MVNOは最悪。」と思われないように
して欲しいものです。

「市場拡大の中心になるであろう一般層」
ここをLINEモバイルに持っていかれそうな気がしています。

日頃、mineoを勧めていて思うのですが、mineo=マイネ王にメリットを感じてもらえる人が少ないんですよね~。
(私のような人は稀なんだと実感…)
MVNOにコミュニケーションを求めていない人が多いのも事実。

LINEなどのネームバリューに代わる 何か…“mineoといえばコレ!” みたいなものがあればいいのにな~と思っています。

最近では mineo(ミネオじゃないで~)というのが お決まりになってるので いっそのこと強烈な「ミネオ」キャラでも登場させて頂ければ、、「つかみ」が楽になりそうです(^^ゞ

もちろん、他の格安スマホは使ったことも無いし、これからも使うつもりもありません。メニュー多彩でコスパも良いし、会社の信頼性もベストで安心感があります。
今後の展開に期待しています。

『安ければいい』かというとそうでもないのがミソなんですよね。『ライフスタイルに合ってるか』どうかが肝心なんですけと、それを判断するにはそれなりの知識と意識が必要で、まだ、ユーザーの多くに『意識』が芽生えてないの現状でしょう。しかし、これを進めて行くには政策も必要で、0円廃止は1つのきっかけというか起爆剤になればいいんでしょうけど。mineoにマイネ王があるのは素晴らしい差別化だと思うんですが、まだそれ以前の問題という気がします。なんらかのアクションを起こしてる人回りで未だ少ないんですよね
(•﹏•ั;ก)

MVNO事業者に一番求めたいのはやはり
回線の品質(速度)
余計なサービスが必要ないからMVNOを
選択し、経費削減をしています。
ただし、使いたい時に使えない(昼、
夕方)現状は論外。
仕事をしていれば使える時間帯は限り
があります。
その時間帯の両方が使えないのですから。
三社のようなサービスは求めません。
回線のクォリティーアップ。
これ。
UQはこれをクリアしてるのでメインに
使用。
使用したい時にストレスゼロで使用出来る。
これ以上の重要課題は無いでしょう。
後、スマホ機種の販売。
格安回線だからスマホ本体も低スペックではなしに、海外製も視野に入れた
実証済みの販売を充実させれば
(中華スマホ等)より固定ユーザーが
増えていくかと。

これからさらに競争は激化していき、パフォーマンス(通信速度)も必要とされるなかで残っていくのは、大変だと思います。

mineoがMVNOのどのポジションまでいけるかはわかりませんが、一ユーザーとして、応援しております。

がんばれ、もねおさん(*・∀-)b

これまでは3大キャリア対MVNOだったものが、UQ(KDDI)の戦略変更で【3大キャリア+2ndブランド(Y!+UQ)】対MVNOの戦いになり、さらに楽天,イオン,LINE等「本業の業績を上げるための手段」としてMVNOを運営する会社も出てきているので、mineoさんは相当厳しいでしょうね。
マイネ王を活かしつつ、新たな戦略を考えなければならないと思います。

上田さんをはじめ、mineoスタッフの皆様、頑張って下さい。
応援しています。

Kanon好きさんも書かれていますが、量販店さんの売り場にビックリしているひとりです(^^;

MNOの3キャリアは奥においやられ、あるチェーンでは楽天モバイルがセンターであったり、別のチェーンではワイモバイルとUQ mobileが大きく構えていたり・・・。既存キャリアの売り場に行く前にMVNOの売り場を通過させる構造がすごいな・・・と思っています。

mineoは後発かつ実売チャネルが限りなく無いに等しい(つい数か月前まで)にも関わらずMVNOシェアトップ5~6に成長した実績がありますし、ぜひこれからもユーザーに寄り添った対応+αで事業維持・成長を図っていってほしいと思っています(^^)

市場にMVNOがだいぶ浸透してきている中で、回線の速度だけで判断される方(特にランチタイムや帰宅ラッシュ)が多いように感じます。
もちろん、回線の速度も大事ですが、大手キャリアにはない・他では真似できないぶっ飛んだ(...は大げさですが)独自サービスや端末ラインアップがこれからのカギとなりそう...ですね。
マイネオは「Fun with Fans!」と「マイネ王」がそれに該当しますので、あとは、au系が普通に使える端末のラインアップ拡充に期待します(^o^)/

退会済みメンバー
退会済みメンバー

サービスや安心感というのももちろん大事だと思います。この点は否定しません。しかしながら、(私のように)業界のこと端末のことMVNOの仕組みについて詳しくない平凡なユーザーが増えてくる中で、やはりダウンロード速度と安定感(いつでもある程度イライラせずに繋がる)が一番感覚的に望むところではないかと思います。実際に他のキャリアを契約してみたけど、その点で不満があり、(会社のうたい文句と実態がかけ離れている)解約するケースが多いのではないかと思います。今のところmineoさんには大変満足しておりますので、今後も机上論で会社方針が決まっていかないよう、どうぞよろしくお願い致します。

【Q6】MVNO事業単体で黒字化している?が一番気になり、黒字化に向けては当然「ユーザー増」が必須課題ですが、それによりスピードダウンが今まで以上に加速するとなると、結局のところユーザー離れになりそうです。

他社も付加価値のあるプランを用意してユーザー増に対応するのか興味津々です。

もねお@運営事務局

皆さんご意見ありがとうございます。今年は本当に大変な戦いが続くと思います。従来型のMVNOから、MNOとMVNOの中間のポジションを取りに行こうという動きも活発になっていますし、mineoとしてもこれまで以上にポジショニングを明確に取っていかないと埋もれてしまいますよね。世間の動きにもある程度追随しながらも独自性は磨いていく。ありきたりに言えば左のようなスタンスになろうかと思いますが、具体的に表現していけるよう知恵を絞ります。引き続き応援していただければありがたいです!

Q3,Q4,Q6でmineoさんがどのように回答したのか気になります...(^^ゞ
私としては、マイネ王など特徴をいかし、ある程度ネットリテラシーがあって、コスパの高いデータ通信の提供に特化したMVNOになってもらえればいいなと思っています。

極論すれば、端末の販売や音声通話、対面サービス(取扱店舗や店頭での開設)などは、極力カットして、オンラインサービスと回線強化に投資してもらえればいいかなと...

対面サービスをカットしている他のMVNOもありますが、マイネ王やパケットギフトなど、コミュニティやデータ容量を自由に使えるサービス、A,D両プランでの端末や回線の選択の自由度などは他社と圧倒的に違いますから、その部分の特徴を伸ばしてもらえたらといいと思っています。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。