000_R.jpg

  • ITガジェット

ちょっと心配……でも安心!? Android⇔iOS間の機種変更を考える

格安SIM王

ライター:格安SIM王

ITニュースサイト ASCII.jpの編集部員。王様だけど部員。

  • はてなブックマークに追加

iPhoneを世代が変わっても使い続ける人や、Androidのままでも買い換えるごとにメーカーを変えている人はいるが、AndroidとiPhoneを行ったり来たりする人は意外に少ないのではないだろうか。今回は、OSをまたいで機種変する際に必要なデータの移行を考えてみよう。

完璧な移行は無理でも、データの引き継ぎは難しくない

スマートフォンをフル活用している人は大抵、メール、アドレス帳、アプリをGoogleアカウントやApple IDと紐付けて管理しているではないだろうか。特に意図しなくてもスマートフォンの2台目、3台目になってくると、いつのまにかそうなっているということもあるだろう。

その状態を前提とすれば、メール、アドレス帳、アプリはほぼはGoogleアカウントやApple IDを新しいスマホで設定するだけで済む。特にGmailでメールを管理し、Googleアカウントにアドレス帳データを集約していれば、Android、iPhone問わず新しいスマートフォンを手にして、特にPCと接続したりしなくても、アプリやサービスのIDとパスワードを再度入力するだけで、1時間もかからないうちにほぼ使える状態にまで持っていくことができる。

section1_image

Androidはアドレス帳の登録の際、Googleアカウントに登録を励行しておけば常にネットで同期される。

section2_image

iPhoneはグループで「Gmail」を選んでおけば、Googleアカウントで同期される。タブレットとスマートフォンの2台遣いなど、複数デバイスを維持する場合に便利だ。

そして、残りは写真や動画のデータだが、これもGoogleドライブをはじめとするストレージサービスにネットで同期している設定なら移行は簡単。だが保存と通信容量の問題、そしてセキュリティの心配からネットで同期を好まない人もいる。ならば、iPhoneならiTunesを使ってPCとUSBケーブルで同期、AndroidならmicroSDカードに保存する方法で管理すれば、同じOS間で機種が変わってもほぼ大丈夫。

しかし、問題は異なるOS間の移行となる。そこで、「Move to iOS」といった公式移行アプリの出番となる。


公式アプリがオススメ

移行アプリはかなり多く存在するが、ここでは公式のみを紹介したい。理由は、写真や動画はプライバシー第一で扱いたい人が多いだろうから。昨今の報道を見れば、人生を棒に振る人はだいたい写真や動画が起点ということからも、慎重に扱うべき代物だということがわかるだろう。

今回紹介する、AndroidからiPhoneスマホへの転送アプリ「Move to iOS」は、Android用だがアップルの公式アプリで、しかもデータのやりとりにインターネットを使わない。途中でパケット容量の上限に達して転送が実質中断してしまう心配がないのと、データがインターネットに流れない安心感がある。


Move to iOSを使ってみよう

使い方は、まずAndroidスマホ側にアプリをインストールし、起動する。

受け入れるiPhone側は一度本体をリセットして最初にWi-Fiネットワークを選択し、移行元のAndroidスマホと同じ無線LANに接続する。Appとデータの画面から「Androidからデータを移行」を選び、Androidスマホを認識すると数字が表示される。

この数字をAndroidスマホ側に入力するとデータの移行が始まる仕組みだ。

section6_image

アプリをインストール。「Move to iOS」で検索すればすぐに見つかるはずだ。

section7_image

起動する。

section8_image

条件に同意。

section9_image

ここで同じWi-Fiネットワーク上のiPhoneを検索している。次にiPhone側の作業だ。

section10_image

リセット後Wi-Fiネットワークに接続して、iPhoneのセットアップ方法を選択するところで「Androidからデータを移行」を選ぶ。

section11_image

相手のAndroidスマホが見つかると、乱数のコードを表示する。

section12_image

Androidスマホに戻り、iPhone側に表示されたコードを入れる。

section13_image

転送するデータを選ぶ。

section14_image

転送が開始される。

section15_image

同様にiPhone側も転送画面となる。

この先の時間はデータ量次第だが、しばらく待って転送が終わったら、iPhone側でApple IDを設定すれば、めでたくiPhoneが使えるようになる。なお、アプリをインストールする際にApple IDは絶対必要なので必ず設定しておこう。

section17_image

しばらく待つと、Android側に転送が完了したと表示が出る。

section18_image

iPhone側も転送完了。引き続きiPhoneは設定があるので、画面に従って進めていく。

section19_image

設定が終われば、メールなどの設定が引き継がれている。

section20_image

アドレス帳もカレンダーも……

section21_image

写真も転送された。

section22_image

アプリも同様のものが引き継がれようとしたが、今回転送の途中で止まってしまった。仕方ないので個別にインストールしよう。

section23_image

ブックマークも転送されたが、これはAndroid側の「ブラウザ」を引き継いだものでChromeではない点に注意。

section24_image

必要に応じてGmailやChromeなどGoogleのアプリを自分でインストールし、Googleアカウントを設定すればさらに元の状態に近づく。

以上で転送は完了だ。あとは必要に応じてGoogleアカウントの設定や、SNS系のアプリなどをインストール&設定すれば、ほぼ使える状態になるはずだ。


iPhoneからAndroidスマホは意外に難しい

さて、iPhoneからAndroidスマホの側は公式アプリがない状態だ。一部メーカーでは用意されているものもあるので、メーカー製のアプリがないか調べてほしいが、“Androidのどの機種でも安心して使えるアプリ”というものはない。

基本的に、第三者が転送アプリを用意しているが、その会社のサーバーを経由するため、セキュリティ上の不安もある、あくまでも第三者がサービスを行なっているという点をよく理解した上で使ってほしい。

section27_image

iPhoneからの移行は一筋縄ではいかない。

とはいえ、iPhoneでもGoogleアカウントを活用し、Gmailの機能を使っていれば、Android側はGoogleアカウントの設定だけですぐ使える環境になることが多い。写真の転送はPCを経由して、直接フォルダを開いて手動でコピーしてしまってもよいだろう。

iPhoneをPCに接続すると、[PC]→[Apple iPhone]→[Internal Storage]→[DCIM]→[100APPLE]に写真や動画ファイルが置いてあるので、これをPCに転送してしまえば写真や動画のバックアップは完了する。それを必要に応じてAndroidに転送すればよい。なお、[Apple iPhone]と[100APPLE]は設定や使用状況で名前が変わってることもある。

section28_image

PCからiPhoneの内部のフォルダを開くと、動画や写真がまとまって保存されている。これをそのままコピーすればバックアップ完了。


保存したものをAndroidに転送するなら、直接microSDカードに設定してもよいし、AndoridをPCに接続して転送するのもアリだ。

section30_image

AndroidスマホをPCに接続して閲覧した一例。microSDの本体装着の有無や、機種によっては場所が異なるので注意しよう。

この記事はASCII.jpとの連携記事です!

ASCII.jpでは「格安SIMでも機種変更は大丈夫!データ移行って実は簡単」を掲載しています!
マイネ王の記事と合わせてお読みください!


格安SIM王

ライター:格安SIM王

ITニュースサイト ASCII.jpの編集部員。王様だけど部員。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 29

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

マイネ王 運営事務局

>>wzjmさん

内容もわかりやすくまとめて下さっているので
まだ慣れてない方にも役立ちそうです!
いつもありがとうございます(^-^)

iPhone→Androidへデータ移行《JSバックアップ編》も出来上がりましたので、こちらにもリンクを貼らせて頂きます。

https://king.mineo.jp/my/wzjm/reports/7553

マイネ王 運営事務局

>>wzjmさん

ありがとうございます☆
画像付ですごくわかりやすいです!

僭越ながら、掲示板にiPhone→Androidにデータ移行《Zeetle編》を投稿させて頂きました(^o^)
https://king.mineo.jp/my/wzjm/reports/7465
ぜひ、こちらもご覧下さいませ(^_^)/

マイネ王 運営事務局

>>gaspard1107さん

情報の共有、ありがとうございます(^-^)
ご自身にあった使い方をされていて、すごく参考になります!

最近iPhone⇒Android(Xperia Z4
)に移行したものです。

私はiPhone時代からこまめに写真をPCのエクスプローラの「画像とビデオのインポート」でPCに移動していましたので、
Xperiaに移行した時にそのまま必要な写真はXperiaにドラッグ&ドロップでフォルダごとにコピーしました。

参考URL↓
http://www.ipodwave.com/iphone/howto/iphonepictures_windows.html


その他のアプリは大抵ログインするとデータが同期されます。



iTunesに頼らずにそんな使い方していたので「iPhoneじゃなくていいな」となりXperiaに…笑

マイネ王 運営事務局

>>hajimeさん

そうなんですね!
ちょうどいいタイミングでのこの記事でしたね(^-^)
ぜひご参考くださいね~☆

これまでiPhoneをメインに利用してきましたが、近々Androidの端末を購入して、AndroidとiPhoneを行ったり来たりする人になろうと思います。
その際にはこちらの記事を参考にさせていただきます。
Zenvolution!

マイネ王 運営事務局

>>JRサフィーさん

Androidを使い続ける予定なんですね♪
もしまわりに困っている方がいたら
この記事をオススメしてみてくださいね~(^-^)

分かりやすい記事を有難う御座います!
私個人としてはAndroidを使い続ける予定です。ipadシリーズが気になるけど。

マイネ王 運営事務局

>>Kanon好きさん

Android⇔iOS間の機種変更をされる方は、かなり多そうなので、お役に立てればいいのですが(^^)

異なるOS間の移行は手間がかかるので、解説している記事があるのは
良いですね(^^

マイネ王 運営事務局

>>Kei(。・∀・。)ノさん

お役に立てたようで良かったです☆
また、iPhoneを持つときがきたら
この記事を参考にしてみてくださいね(*^^*)

今すぐというわけではありませんが、iPhoneも持ってみたいと思っている私なので、このような記事は参考になります。
「JSバックアップ」と、「Zeetle」も勉強になりました。

ありがとうございます。

マイネ王 運営事務局

>>sinnoさん

AndroidからiOSへの連絡先の移行に関しては、マイネ王のQ&Aで質問してみると、すごく詳しいユーザーさんがいるかもしれませんよ(*^_^*)

>>タジマハルさん

ご丁寧にありがとうございます(*^-^*)

これはわかりやすい記事をありがとうございます。

最近AndroidからiOSに乗り換えた口ですが、Google管理下に入れていた連絡先のよみがなが、iOSに連携させるとすべて名前側に偏って登録されてしまい、名前順表示が正しく行われなくて、面倒だなーと思っているところ。
どっちor自分が悪いのかわかりませんが。

マイネ王 運営事務局

>皆さん

コメントありがとうございます☆
皆さん色々な方法で試されてるんですね!

Android⇔iOS間の機種変更をする予定がある方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね~(^-^)

>しらけん(2号)先輩
「Zeetle」って便利ですよね(o^^o)
私は主にiPhoneと初代VAIO PHONE間で写真転送しています(^_^)ノ

チップをお送りいたします。今後ともよろしくお願い申し上げますm(__)m

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

電話帳の移行程度なら「ジートル」使ってます。
写真とかも移せますが、10枚単位なので現実的じゃ無いですけどねw

自分も、オズさんと一緒で100%無いとは言い切れませんので、お気に入り登録しときますw

とても参考になりました!
お気に入り登録もさせてもらいました。
私はAndroid⇒iPhoneが無いとは言えないので・・
もしその機会があったらこの記事を再読させてもらいます♪

「Move to iOS」は秀逸ですね。先日家族のスマホを3台AndroidからiPhoneへの移行に使いましたが、超簡単でした。Androidを使っていたとき「JSバックアップ」でしこしこやってたのが馬鹿みたいです。只、AndroidからiPhoneへの場合LINEのトーク履歴が引き継げないのが残念。

最近はどのOSのスマートフォンにもすべて(Microsoftアカウント、Googleアカウント、Apple ID)のアカウントが入るので、これだというアカウントに常に電話帳を保存するようにすれば案外移行は難しくないかなと思います。自分もAndroidメインの時代からMicrosoftアカウントに連絡帳保存してましたし(Windows PC上でも連絡帳使うのでその方が便利だった)。
現在、Android、iPhone、Windows 10 Mobile、すべて日常的に使ってますが、そのおかげで引き継ぎなどに戸惑うことはありません。

移行する/しないにかかわらず、スマートフォンには「スマートフォンにしかない」という情報は極力作らず、常に「すぐ消しても大丈夫」な状態を保つのが良いと思ってます。
たとえば写真はクラウドストレージのカメラバックアップなどを使ってPCフォルダへ→クラウドバックアップ、文章はOneNoteなどに保存しスマートフォンにはコピーのみ、スケジュールは標準カレンダー経由でクラウドに保存。ゲームも、やる場合はクラウド同期できるゲームを基本に(まあ、自分はゲームはゲーム機でやる人なのでそもそもスマートフォンにゲームはほとんどないんですが)。

スマートフォンは、何かと初期化する必要が出てきます。端末紛失時はもちろん、故障修理時も、不具合の疑いがあるときも、スマートフォンがどうしようもなく重くなったときも(とくにスマートフォンには、デフラグ的な機能はないですし)、スマートフォンはPC以上に精密な機械ですし、「なにもしてなのに壊れた」なんていう冗談みたいなケースもPCほど珍しい事じゃありません。

だからこそいつ初期化しても大丈夫なように、スマートフォンに「しか」存在しない情報はつくらず、極力いつ削除しても大丈夫なように使うのが、便利かな と思っています。

iphoneからandroidに変えた時は困りました。
次もandroidにするつもりですがにiosにする時は参考にします。

我が家では私以外3人がiPhoneですが、移行はいつも私任せなので、すべてGoogleで管理してます。メールもGmailメイン設定です。こうしておけば容量も何も気にせずにWi-FiさえあればWebから簡単移行できるのでいつもそうしてます。それにしてもガラケーの時代からすれば何でも移行できるようになって便利になったもんだ(´ー`*)

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

Windows Phoneも似たような感じでござるか?

追記 JSバックアップはドコモも採用しています。
バックアップ用の保存先はいろいろ選べます。ドコモのデータ保管BOXも。

JSバックアップの方が簡単ですね。
それにiphone使っている人はGmail紐付けしていない人ばかりです。

最初からGmail連絡先に電話も入れていれば以降は簡単ですが、紐付けされていない本体保存の電話帳は後から紐付けしても移行されません。

結果全ての連絡先が移行可能なJSバックアップの方が優秀なバックアップアプリと言えるでしょう。

googleが信用出来ないという人も多いと思います。

Android→iPhoneやiPhone→Androidでも、PCがない場合ということもあり得ると思います。
その場合は、「JSバックアップ」や「Zeetle」がオススメです。特に「Zeetle」は10枚ずつですが写真や動画も移せます(^_^)/