title.jpg

  • mineo技術・サポート
  • ITガジェット

mineo端末のバッテリーをなるべく長持ちさせるには?(前編)

山口 真弘

ライター:山口 真弘

テクニカルライター。

  • はてなブックマークに追加

mineoユーザーに限らず、スマホを使うユーザーは誰もがバッテリーの減りの速さに悩んでいると言っても過言ではないだろう。スマホはいわゆるフィーチャーフォンに比べて電力消費量が多く、バッテリーの持ち時間は非常に短い。機種によっては、1日の途中で追加充電しなければ、帰宅までにバッテリーが持たない製品もあるほどだ。

今回は、なるべく電力消費を抑えるための、Android側でできる設定変更の方法を紹介しよう。アプリストアに行けば、バッテリーの消費を抑えるための省電力アプリが数多く存在しているが、今回はこうしたアプリは使用せず、設定の変更だけでしのぐ方法に絞って紹介する。日常から設定しておいてこそ意味がある方法なので、端末を入手したら早めに設定を見直しておくとよいだろう。

いずれの方法も、設定を変更することで以前と端末の挙動が変わる場合があるので、自分が意図しない動きをするようであれば無理をせず、設定を元に戻すよう心がけてほしい。どの設定変更がどこに影響を及ぼしたのか把握しやすくするため、なるべく間隔を空けてひとつずつ設定を変更することをおすすめする。

なお、ここで紹介した方法はAndroid 4.x以降で利用できる。スクリーンショットはmineoのセット端末のひとつである「LUCE」のものだが、要領はほかの端末でも変わらないので適宜読み替えてほしい。

画面がオフになるまでの時間を短くする

Android端末は操作が行われない状態がしばらく続くと、画面を消灯して電力を節約するよう設定されている。画面が消灯するまでの時間を短めに設定すれば、そのぶん電力の消費を抑えることができる。

section1_image

「設定」アイコンをタップして開き、「ディスプレイ」をタップする

section2_image

「ディスプレイ」を開いたところ。「スリープ」の項目を見る限り、この時点ではスリープまでの時間が1分に設定されていることが分かる

section3_image

スリープまでの時間をさらに短く、ここでは30秒に変更することで、より電力の消費を節約できる

明るさの自動調節をオンにする

画面の明るさが周囲の明るさの変化に応じて変化するように設定すれば、暗い場所で画面がまぶしすぎるといったことがなくなり、あわせて電力の消費も抑えられて一石二鳥だ。

section5_image

さきほどと同じく「設定」→「ディスプレイ」を開いたのち「画面の明るさ」をタップ

section6_image

「明るさの自動調整」にチェックを入れてオンにする。スライダーを左に動かして、デフォルトの明るさを調節することもできる

通知用LEDをオフにする

Android端末の多くでは、電話やメールの着信時に点灯するLEDが用意されており、画面が消灯している場合でもLEDを点滅して着信を知らせてくれる。もし画面上の通知領域にさえ表示されれば十分であれば、LEDをオフにすることで、電力の消費を抑えられる。

section8_image

「設定」→「音/バイブ/LED」をタップして開く

section9_image

「お知らせLED」のチェックを外すことで、メール着信時などのLED通知を無効にし、電力消費を抑えることができる

使用していないアプリを強制停止する

意図しないAndroidアプリがバックグラウンドで動作していると、バッテリーを余分に消費する。これらの多くは自動起動に設定されているので、設定メニューを開いて強制停止し、加えて自動起動の設定がオンになっていればオフにすることにより、電力の消費を抑えられる。

なお不要なアプリだけでなく、バックグラウンドで重要な働きをしているアプリまで停止させてしまうと、端末の動作に不具合が出る危険性があるので、十分注意してほしい。一般的には、Google製のアプリやサービスはOSの動作に密接に関係していることが多いので、停止させないほうがよいだろう。

section11_image

「設定」→「アプリ」をタップして開く

section12_image

アプリの一覧が表示される。画面を左に1回フリックし、上部に「実行中」と書かれた画面で不要なアプリが表示されていないか確認し、もしあればタップして開く

section13_image

「停止」をタップすればアプリが終了する

電力消費量の多いアプリを探して強制停止する

不要なアプリを閉じれば電力の消費を抑えられるのは当然だが、どのアプリも使用中で判断に困るという場合は、電池を消費しているアプリをチェックし、優先的に強制停止するとよい。先ほどと同じく、OSの動作に関係するアプリまでむやみに停止しないよう気をつけよう。

section15_image

「設定」画面を開いたのち「電池」をタップして開く

section16_image

電池をより多く消費しているアプリやシステムが表示されるので、これを参考にどのアプリを停止するか優先順位をつける

section17_image

いったん設定画面の最初に戻ったのち「アプリ」をタップし、対象のアプリを探す

section18_image

見つかったらタップし、「強制終了」をタップして終了させる

端末独自の省電力モードを使用する

このほか、端末のメーカーが独自に、省電力のためのユーティリティアプリを用意している場合がある。例えば今回のLUCEだと「エコモード」と呼ばれるモードがあり、少しでも長時間駆動を行いたい場合には役立つ。こうしたアプリが用意されていないか、アプリの一覧画面から探すか、取扱説明書をチェックしてみるとよいだろう。

section20_image

「LUCE」では、バッテリーを長持ちさせるエコモードが用意されている



山口 真弘

ライター:山口 真弘

テクニカルライター。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 13

1 - 13 / 13

スリープ時間を最低に設定し、操作中は消灯しないようにScreeblというアプリを利用しています。

新しい端末ほど、バッテリーが大きくなり、省エネモード等が充実している気がします。

SHL23は省エネを意識する必要ないな
普通にネット使ってても一日30%ぐらいしか消費しない

こういう解説はありがたいです。

確かに色々なアプリを入れると、電池の減りが早いですね。
こう言う解説は、有難いです。
これからも、ヨロシクです🎵

マイネ王 運営事務局

みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。

記事の内容がお役にたっているようで、よかったです。
みなさんもそれぞれ省エネの工夫をしていたり、愛用の省エネアプリがあるようで、面白いですね。
もっとみなさんの省エネのコツみたいなものを聞かせていただけると、うれしいです!

電池を長持ちさせるって、基本的には必要以上に使わないことだろうね。
ガラゲーの時と使い方が違うから。
あと、充電した電池を長く持たせる方法は、ネットで検索すれば色々と出てくる。ただし、下手な電池長持ち対策アプリを入れると電池の減りが早くなる。

最近は、電池が内蔵式で交換できないものが多い。内蔵式電池を修理(交換)だとmineoみたいな端末は白ロム・中古端末だと1万円ぐらい掛かってしまう。
内蔵電池の寿命を長持ちさせる方法は、充電回数を減らすしか無い。
1日1回で我慢ってむりか・・・。

私は、充電を20%以下まで使い切ってから充電をするようにしてから、電池の持ちが格段に良くなりました。

 それとメール受信を手動受信、アプリ更新は電源接続時に、画面表示を静止画に設定してから楽に一日使えるようになりました。

 たまにゲーム(ソリティア)をやりますが電池の消耗は激しい(笑)

マイネ王 運営事務局

みなさん色んな省エネのコツを知ってらっしゃいますね。さすがです!

もうすぐしたら、この記事の後編も公開しますので、ぜひそちらも楽しんでくださいね。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

L_image_(3).jpg

これは良く使ってます。
画面がすぐ落ちては困るアプリを見てる時は30分に切り替えます。
やっぱりこの時間を長く設定すると、バッテリーは減少が早いですね。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

これ本当に初心者に見てもらいたいブログですね。
どうやったら初心者にここへ導くことが出来るかな?
記事に使うスクリーンショットが古臭くなるので、定期的に記事出してもらうのも良いかも。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

ところで、34番の記事が削除された理由は?
よほどの事情があるの?と思ってしまいます。
代替えでこっそりブログあげとくとわからないのに。
どんな記事だったのか、・・・・・。わたし、気になります。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

減ったら充電したら良い話。確かに省電力でも使えますけどね。
省電力で、パケットはチョビチョビ使っている人でスマホだけ立派な人を見ると本末転倒な気分になります。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。