top.jpg

  • おもしろネタ

変顔100連発、1枚も被らず完璧にこなす方法を考える

毎川 直也

ライター:毎川 直也

お風呂、温泉が好きで、湯治宿、スーパー銭湯で働き、現在は東京の銭湯で番頭をしながら、イベント開催や執筆をおこなう。

  • はてなブックマークに追加

section0_image

「お前さ、変顔得意だったよな!」
「え?うん、まあ得意だよ」
「じゃ100連発撮ってみようか!」

カメラ付き携帯が流行りだしたころ、私は高校生でした。当時こんなむちゃくちゃな遊びが流行っていたのです。

section1_image

「だっはっはっは!」
「さすがー!すごいね!」

このゲームは2~3秒にごとに切られるシャッターにあわせて変顔をしていくという遊びです。

section2_image

「あーもういいや。」

一生懸命やっても、20連発くらいで持ちネタもなくなって場の空気が盛り下がり、「やんなきゃよかった」みたいな空気感になってしまうのです。

section3_image

こんな痛ましい事態が、今も世界中で起きているのです。いたたまれない気持ちになりませんか?
そこで今回は、変顔100連発ゲームをスマートに実行する方法を考えてみました。

実際にやってみて問題点を洗い出す

変顔100連発を「アゲアゲなスマホ芸」にするため、まずは実際にやってみて、盛りあがりにくい理由を探ってみます。

section5_image

section6_image

section7_image

………写真が小さくてわかりにくいかもしれませんが、30枚時点ですでに似たような変顔がいくつかあります。
あと70枚続いたら、何枚この顔が出てくるのでしょうか。変顔100連発=変顔100種類。同じ顔が混じっては興ざめです。そりゃ空気も悪くなります。

section8_image

シャッターが下りるタイミングが読めずにブレていたり、「次どうしよう…」と悩んでいる間に撮影されていたりと、面白くもなんともないものも混ざりこみます。
できれば太陽光など強い光がある場所で、手ブレ補正機能をONにし、撮影者の腕はガッチリと固定してもらうなど、カメラマンとの意思疎通もとても重要です。
撮る側も撮られる側も慣れていない。そりゃあ、盛りあがれるわけがありません。

実際にやってみて、変顔100連発ゲームの問題点がわかりました。主にこの3つです。
・同じ変顔が頻出する
・ブレていて変顔がよくわからない
・変顔じゃない顔が混ざりこむ

100種類の変顔を集める

変顔100連発ゲームの問題点がわかったからと言って、変顔100連発ゲームが始まったときにうまいこと対応できるわけではありません。
ここからは実際に変顔100連発を遂行するための方法を模索します。

section10_image

思いつくままに変顔を撮影してみる。
自分がそもそも100種類の変顔ができるのか確認しておきましょう。
100種類の変顔がないと根本的にこのゲームは成り立ちません。

section11_image

数が集まったら面白くないものを削除し、消した分を追加していきます。
自然の摂理と同じように、変顔も弱肉強食。必要ないものはレパートリーにはいれません。
これを繰り返し、自分ができる面白い変顔を100種類に厳選します。

section12_image

簡単に言いましたが、厳選するどころかまともに100種類を絞り出すことすら厳しいです。
いたずらに変顔を繰り返したせいで、舌の根っこと眼球の奥のほうがおかしくなってきました。
どうにかして変顔のバリエーションを増やす方法はないかと考えながら撮影と分析を続けると、「いい変顔」の共通点が見えてきました。

いい変顔を撮るコツ1「表情筋の可動限界を超える」

section13_image

変顔には「顔の動きが小さい=面白くない」という法則が存在します。
いかに平常の顔からかけ離れた顔をするか、ということが変顔の基本原理なのです。
表情筋の可動限界を超えるような意識で臨みましょう。

いい変顔を撮るコツ2「さまざまな角度から撮る」

section14_image

撮影する角度によって、同じ変顔でも面白くなるものがあります。さまざまな角度から撮りましょう。
正面だけの撮影だと単純に変顔のバリエーションを増やせません。コツというより、必須の技術といえます。



コツをつかんでもまだまだ100種類撮影するのは長い道のり。そんななか活躍するのが「スマホ」です。

section15_image

ネットやSNSで「変顔」と検索すれば、たくさんの変顔画像がでてきます。
権利が叫ばれる昨今、パクってはいけないものは世の中に多々ありますが、いまのところ変顔に著作権はありません。どんどんパクりましょう。

やむを得ない小道具

人の変顔をパクってもまだまだ100に届きません。この状況を打開するため、小道具を使うことはできないかと考えました。
変顔100連発ゲームは「不意に」始まるうえに撮影間隔が短いため、身近にあるもので、ササッと使える道具に限られます。


section17_image

不意に変顔を要求されても、手であれば即座に対応できます。しかもバリエーションが豊富。積極的に手で顔をいじくりまわしましょう。


メガネ

section18_image

最も身近なアイテムであるメガネ。変顔に縁はなさそうですが、レンズを使うことでなかなかの変顔をつくることができます。


スマホ

section19_image

「変顔100連発ゲーム」を生み出した元凶である携帯電話。スマホも、実は変顔に活用できます。
写真のようにあらかじめ顔のパーツを撮って画面に表示させておけば、顔にかざすことで変顔をつくりあげることができます。
「不意に」発生するこのゲームですが、スマホならいつでも持っているため、常時対応可能です。


コツを見出し、小道具を活用することで、なんとなく100種類の変顔を集められる、そんな光が見えてきました。

即座に厳選した変顔を出せるように練習する

変顔を厳選したら瞬発的に想像通りの変顔を出せるよう、練習あるのみです。
練習でもスマホは非常に役に立ちます。

section21_image

たとえばこんな待ち合わせのシーン。
待ち時間を活用して練習ができます。

section22_image

スマホの内側カメラを使えば待ち合わせ中でも自分の変顔をチェックできます。

section23_image

まちなかでの練習が恥ずかしい人は、読書してる風にすれば大丈夫。

section24_image

本の陰にスマホを忍ばせれば、内側カメラで顔の確認もできます。
こうして私はコツコツと変顔の練習を積み重ねていきました。

本番でもスマホが役に立つ!

最後に「変顔の練習をしたところで、本番でできなければ意味がないじゃないか!」という変顔100連発ゲーム最大の障壁をクリアしましょう。
いきなり100種類やれと言われても、100種類も覚えられないですよね。ここでもスマホが活躍するのです。

section26_image

変顔100連発を撮影しているスマホは言い出した人のスマホです。自分のスマホは手元にあります。
保存してある写真を見ながらやればいいのです。カンニングペーパーみたいなものです。
プレゼンテーション系のアプリを使って、2~3秒で次の変顔に切り替わるように設定すれば、両手を空けた状態で次の変顔を確認しながら変顔100連発ができます。

section27_image

前述のスマホを利用した変顔を行う場合は、確認用と変顔用の2台使いをしてください。
月額700円から持てるmineoならこのゲームのために2回線契約していても大丈夫でしょう。

これが変顔100連発だ!!!

くだらないと思うかもしれません。無意味というかもしれません。
でもこれは、私が持ちうる限界以上の変顔です。人生で今後、こんなに変顔をすることはないでしょう。いわば人生の集大成です。その雄姿を目に焼き付けてください。

section29_image

section30_image

section31_image

section32_image

section33_image

section34_image

section35_image

section36_image

section37_image

section38_image

いかがでしたか?
皆さんも不意に変顔100連発が来ても即座に対応できるよう、100種類の変顔を用意してみてくださいね!

バックナンバー

「おもしろネタ」の記事一覧

毎川 直也

ライター:毎川 直也

お風呂、温泉が好きで、湯治宿、スーパー銭湯で働き、現在は東京の銭湯で番頭をしながら、イベント開催や執筆をおこなう。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 11

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

Trojan Horses

異国の図書館だったので、邦題知りません。
タイトル違いだったかも。

マイネ王 運営事務局

>Kanon好きさん

変顔100連発、楽しんでいただけたということで、ポジティブに解釈させていただきます(*^^*)。

ツッコミどころが多すぎてどうコメントしていいか分かりません(笑)

マイネ王 運営事務局

>skとうちゃんさん

お褒めの言葉ありがとうございます!100種類の変顔ってなかなかできる人いませんよね!それを実際にやってしまうのが、マイネ王ですね!

>あっぽー大明神さん、テン・ガ・アールさん

ご意見ありがとうございます!今後のおもしろ記事の参考にさせていただきます。スマホの小技はITガジェットの企画でよさそうですね!

>もっとんさん

その手がありましたね!(笑)。今後のためにメモに書いておきます!

>ぽんた@さん

確かにちょっと無理があったかもしれませんが、月額700円から持てるmineoならではの、携帯2台を駆使した変顔撮影テクニックなんですよ!

>蒼心さん

これで2回線契約する人は、このネタだけで生活できる人ですが、確かにそういなさそうですね(汗)。変なポーズなら、全身を使えるのでだいぶレパートリーが増えそうですね(*^^*)。

>サルバドール音羽さん

くしゃくしゃ顔おじさん懐かしいですね!あのくしゃくしゃレベルには適わないですね(笑)。

>619_ak@mnemoさん

その返却された本が気になりますね!(笑)

意味不明(笑)。
趣味の問題なので、有りは有り。
返却した本に、こんな感じのがいっぱい載ってたかも。
しかしハリウッド俳優も同じことしてたな(オーディション用かな?)。

天候、晴れ。
洗濯したい。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

ポパイのモノマネなどが得意な、くしゃくしゃ顔おじさんを思い出しました。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

たまにはスマホやパソコンの裏技とか小技とかの企画やって欲しい

こんなバカげた企画してても、理系で頭良いんでしょ?笑

変顔撮るためにmineoと2回線も契約する人はいないよね(´ー`)

次は変なポーズ100連発ですか(イラナイ

えーっと、メガネを逆さまに掛けるってパターンをお忘れかと(笑)

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

おもしろ企画好きだけどこれはちょっと引いてしまった・・・ユニークさの中にも知的さが欲しいですっ

100枚を検証する気もなくなる『おバカ企画』を真剣にするところがナイスです!