01.JPG

  • ITガジェット

電子ペーパー搭載したリストバンド型デバイス「ソニーモバイル SmartBand Talk SWR30」

青山 祐輔

ライター:青山 祐輔

インプレスにてimpress Watch編集記者と月刊誌『インターネットマガジン』編集者を経て2007年に独立。フリーライターとしてウェブメディアや総合誌などで執筆するほか、企業サイトなどのウェブディレクションも手がける。

  • はてなブックマークに追加

ソニーモバイルのSmartBand Talk SWR30。本体色は黒と白がある

~スマートウォッチとアクティビティトラッカーの中間に位置する「ちょうどよい」デバイス〜

スマートフォンと連携して、より便利に使えるリストバンド型のデバイスが増えて来ました。日常の運動量や睡眠時間を計測してくれるアクティビティトラッカーと呼ばれるものから、Android WearやApple Watchのようにスマートフォンへの着信やメールの通知、地図の閲覧といった高度なものまで、多くのバリエーションが存在します。

mineoユーザーにもこの手のデバイスに興味を持っている人も多いことでしょう。でも、せっかくmineoでスマートフォンを安価に運用していても、周辺機器で必要以上にお金を使ってしまってもったいないです。そこで、コストパフォーマンスの面から、オススメのリストバンド型デバイスを選んでみました。

シンプルなデザインながら電子ペーパーのディスプレイを搭載

SmartBand Talk SWR30(以下 SmartBand Talk)の外観は、ディスプレイと少数のボタンが見えるほかは、とてもシンプルなデザインになっています。

このディスプレイはE-ink技術による曲面型電子ペーパーディスプレイが採用されており、他では電子書籍専用端末などでも採用されているもの。液晶や有機ELと異なり表示面が発光しないため、暗い場所では見づらいですが、コントラストが高いので小さな明かりでも見やすく、また消費電力が小さいという特徴があります。

また、バンドはシリコン製で、アルミ製の固定ピンで留めるというシンプルな構造。付けた感触は非常に滑らかで、軽量なこともあって腕時計以上に違和感がありません。バンドは樹脂製の固定ピンで留まっており、簡単に交換が可能です。パッケージにはLサイズとSサイズのバンドが付属しており、自分に合わせて交換できるほか、別売りでさまざま色のバンドも用意されています。

シリコン製のバンドは滑らかでシンプルな形状。道具なしで取り外しが可能

本体にはボタンが二つあり、上の長い方がボリュームキーでSmartBand Talkのアラームや合成音声による読み上げの音量調整を行い、短い方がアプリを選択する機能キーになっています。また、ボタン以外のインターフェイスとしては、内蔵の加速度センターによって本体を軽く指ではじく「タップ」のほか、音声入力用のマイク、そしてスピーカーを搭載しています。

左から機能キー、ボリュームキー。機能キーの左下の穴はスピーカー、ボリュームキーの右下の穴がマイク

一日の行動を記録してアニメーションで表現する「LifeLogアプリ」

SmartBand Talkでできることは、初期状態では時計の表示、日常の運動量や睡眠時間を計測するアクティビティトラッカー、スマートフォンへのメールやSNSの新着通知、電話の通話などです。またスマートフォンで「SmartBand Talk SWR30」専用アプリから設定することで、より多くの機能が利用できます。

標準状態の画面には、時刻が表示され、その下にある丸い図形は設定した1日の運動量の目標に対する到達率を示しています。

左が標準状態の時刻表示。右がアクティビティトラッカーでのその日の計測状況

SmartBand Talkが接続しているスマートフォンに着信があると、SmartBand Talkが振動しディスプレイに通知されます。その状態で機能キーを短く押すと、SmartBand Talkのマイクとスピーカーを通じて通話もできます。ただし、相手の音声はSmartBand Talkのスピーカーからでるため、周囲の人には通話の内容が丸わかりになってしまうので、利用する場面にはくれぐれも注意が必要です。

スマートフォンに電話が着信したときの表示。相手の名前も出る

アクティビティトラッカー機能については、特に設定する必要は無く、SmartBand Talkを腕に装着しておくだけで、自動的に記録されます。記録を見るには、スマートフォン上で「LifeLog」というアプリを利用します。

このアプリでは、消費カロリー、歩いた歩数と時間、ランニングした時間、睡眠時間、さらには自転車に乗った時間、電車などの乗り物に乗っていた時間も計測します。また、スマートフォンと連動していることを利用して、スマートフォン上でFacebookなどSNSでのコミュニケーション、ゲームなどのエンターテインメントを楽しんだ時間も記録されます。

LifeLogの大きな特徴は、こうした日常のさまざまな活動記録を視覚化したアニメーションとして見ることができるところです。まるで横スクロールのシューティングゲームのように時間経過に応じて画面が動く中で、自分を示すアイコンが歩いたり、走ったり、立ち止まったり、寝たりといった活動状況が表示されます。一日の終わりにこれを見ることで、その日がどんな一日だったのか、見返すこと自体が楽しめ、継続的にSmartBand Talkを利用する動機付けにもなります。

LifeLogは、記録したアクティビティ(活動)をアニメーションで楽しく確認できる

ボイスメモや電話発信も可能、多機能なボイスコントロールも

追加で利用できる機能としては、ライブブックマーク(ボイスメモ)、Favorite Call(登録先への電話発信)、音楽プレイヤーの操作(再生と一時停止のみ)、ボイスコントロール(音声によるSmartBand Talkの操作)があります。

これらの機能は、本体の機能キーを押すとディスプレイ表示が順番に切り替わるので、利用したい機能を表示させてから本体をタップすることで実行できます。例えば、ライブブックマークを使うと10秒ほどの音声メモを記録でき、記録したメモはスマートフォンとの同期時に自動的に転送されます。

SmartBand Talk SWR30専用のスマートフォンアプリ。さまざまな設定が行える

Favorite Callは、あらかじめ通話したい相手をスマートフォンの電話帳アプリから選び、登録しておくことで、SmartBand Talkから電話が掛けられる機能です。相手が電話に出たら、そのままSmartBand Talkを通じてハンズフリー通話できます。

左がライブブックマークの表示、右がFavorite Call(電話発信)の表示

SmartBand Talkのさまざまな機能の中でも、特徴的なのがボイスコントロール機能です。この機能は、スマートフォン側に追加アプリが必要なため、利用開始時の設定にひと手間掛かってしまいますが、その分かなりの高機能です。

使い方は、機能キーでボイスコントロールを選び本体をタップして、声で入力するだけです。利用できる機能は、時間の読み上げ、指定した場所の天気、電話発信、アラームやタイマーのセット、スケジュールに登録された次の予定の読み上げ、バッテリー残量の通知など、かなり多機能です。ボイスコントロールからしか利用できない機能もあるため、とらえ方によってはSmartBand Talkのメイン機能とも言えます。

例えば、天気を知りたい場合は、ボイスコントロール機能を呼び出し「天気」と話せば、スマートフォンの位置情報を元にその場の天気を合成音声で読み上げてくれます。また、「大阪の天気」と地域を指定して指示することもできます。

電話を掛ける場合は「○○さんに電話」と指示すると電話を発信し、相手が出たらSmartBand Talkでハンズフリー通話できます。ただし、Favorite Call機能で登録した相手に限られます。

スマートウォッチとアクティビティトラッカーの中間的なデバイス

現在、ソニーモバイルからはSmartBandシリーズとして、他にアクティビティトラッカー機能だけに絞ったシンプルなモデル「SmartBand SWR10」が発売されています。また、Android Wear™を搭載したより多機能な「Smart Watch 3 SWR50」というスマートウォッチもあり、スマートフォンと連動するスマートデバイスとしては合計で3機種あります。

その中で、この「Smart Band Talk SWR30」は、ちょうど機能面では中間に位置するモデルになります。価格面でもSmart Watch 3が実売価格で約2万8千前後、SmartBandが約8千円前後のところ、Smart Band Talkは約1万9千円前後となっており、ほぼ中間に位置しています。

しかし、中間モデルでありながら、紹介した通り実際にはかなり多機能です。もちろん、SmartBand TalkではGmailなどの電子メールを読んだり、SNSの新着やメッセージを見たりといったことはできませんが、デバイスのサイズやスマートフォンのオプションとしての位置づけを考えれば、コストパフォーマンスの面からはかなりのスグレモノです。

というわけで、最新デバイスに興味があるけど、コストも気になるmineoユーザーにはピッタリのアイテムかもしれませんよ。



青山 祐輔

ライター:青山 祐輔

インプレスにてimpress Watch編集記者と月刊誌『インターネットマガジン』編集者を経て2007年に独立。フリーライターとしてウェブメディアや総合誌などで執筆するほか、企業サイトなどのウェブディレクションも手がける。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 12

こういうスマフォ関連のギミックの紹介は面白いですね。
できれば、1機種だけではなく、複数機種の比較を行っていただけると参考にしやすいと思います。

この記事見ていたら、ウルトラセブンのウルトラ警備隊のリストウォッチ型テレビ通信機やドラゴンボールのスカウターみたいなウェアラブル端末が実用化されるのも、そう遠く無い未来の事だと期待してしまいます。おっと、歳がバレる。😊😆😱

マイネ王 運営事務局

Rudy様

おっしゃるとおりDIGNO Mではご利用いただけない商品ですね。ご指摘ありがとうございます。
mineoが信頼いただけるMVNOとなれるように、そうした気配りに今後気をつけてまりいます。

マイネ王 運営事務局

バギンズさん
よそものさん

記事を楽しんでいただけたようで、うれしいです。
複数機種の比較もおもしろそうですし、むかし考えられていた近未来の実現というテーマもおもしろそうですね。
次にこうした記事をライターさんに書いていただく機会があれば、そういうネタでお願いしてみましょうか。

とっても面白い記事でした。
デジモノの特集を入れて、活用方まで書いてあるのが欲しいです。

マイネ王 運営事務局

おやぢDL650さん

記事を楽しんでいただけたようで、うれしいです。
活用方法もふくめたデジモノ特集もおもしろそうですね。
今後の記事の方針の参考にさせていただきます。ありがとうございます。

退会済みメンバー
退会済みメンバー

スマホの情報を表示する時計。
便利そうで良いなぁ!
これという1台が見つからない。
マモリーノウォッチみたいなのがmineoで使えたら良いなぁ!

退会済みメンバー
退会済みメンバー

株で儲けて、ロレックスを夫婦で買ったという同僚がいます。
けども、私ならスマートウォッチの方が欲しい。

退会済みメンバー
退会済みメンバー

続き、でも多分持たないです。
邪魔ですもん。

子どもに持たせる話せるウォッチの方が欲しいな。

.     👑
.  ✳️✳️✳️✳️
.  ✳️
.  ✳️✳️✳️✳️  
.       ✳️ 
.  ✳️✳️✳️✳️ th

#マイネ王5周年おめでとう!

一度使ってみたい!

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。