smapho-0-1-eyecatch.jpg

  • ITガジェット
  • インタビュー

「iPhoneの販売台数は100倍に」秋葉原の中古スマホ店に聞く、この10年で売れた・売れなかった機種

辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

  • はてなブックマークに追加

新品で購入するより安く、思い思いの使い方ができる「中古スマホ」。mineoなどの格安SIMが普及してから、一層の広がりを見せています。

スマホの利用が一般的になった2010年代。激動ともいえるこの10年間で、中古スマホ市場では、どんな機種が売れ、どんな機種が消えていったのでしょうか?

今回は、中古スマホ販売業界の大手である「イオシス アキバ中央通店」副店長の高野裕太さんに、中古スマホ市場から見た10年間を語っていただきました。

 

浸透した中古スマホ市場

——昔は「スマホを買うなら新品」という風潮があったように思います。最近は様子が変わってきたのでしょうか。

高野さん
海外ではもともとSIMカードと端末を別売りしていたんですが、そういった買い方が、やっと日本にも浸透した感じです。iPhoneで言えば2010年から2019年までで、当社の販売台数が100倍になりました。

————すごいなあ、それだけ中古市場が当たり前になったと。

高野さん
おかげさまで、当社も全国9店舗まで増やすことができました。ただ、都会では「売って買い替える」というサイクルが根付きましたが、スマホ買取店の少ない地方ではまだそこまでなので、その格差をどう埋めていくかが今後の課題の1つですね。

▲2016年発売、arrows NX F-01J(富士通)

————同じ時期に買い取られたような機種が、何台も売られていますね。

高野さん
これは法人のお客さまが使っていた端末です。法人のお客さまは2~3年で社用スマホの入れ替えをするので、定期的にこういった大量買取の案件がきます。

————少し古い機種を買う人は、どんなふうに使っているんでしょうか?

高野さん
サブのスマホとして使う方や、お子さん用に買う方が多いですね。あとはドライブレコーダーや監視カメラにしたり、防水・防塵対応機種ならお風呂でテレビを見たり。

▲日本では2019年発売、Galaxy A7(サムスン)。筆者も所有

————最近は、新品での価格が2~4万円前後と安く、性能はそこそこの「ミドルレンジ」と呼ばれる機種が人気と聞きました。

高野さん
そもそも、海外ではミドルレンジがもともと売れ筋なんですよ。

————そうなんですか?

高野さん
総務省の改善命令で「実質0円」をウリにした購入プラン【※1】がなくなってきて、日本でも売れ線はミドルレンジになってきました。あとは格安SIMの認知度が上がって、今までなんとなくハイエンド機種を買っていた人が、「自分の使い方だと、そんなに性能はいらなかったんだ」と気づいたのかもしれません。
※1 スマホ端末の購入代金に応じて毎月の使用料金を割引く仕組み。通信料金の高止まりや新規事業者参入の観点から、2016年に総務省が「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を示した

iPhone 対 Android

————iPhoneとAndroidでは、どちらの売れ行きが好調ですか?

高野さん
販売台数的には、昔からだいたい6対4の割合でiPhoneが人気です。おいしい商材が多い時は、一時的にAndroidの勢いが勝る時もあります。

————中古市場での価格変動の特徴はありますか。

高野さん
AndroidはOSのバージョンアップのサポート期間が2年ほどなので、その後に値崩れしやすいです。なぜかというと、各キャリアの専用アプリを最新OSに対応させなければいけないので、メーカー側にそのコストがかかるんですね。

——だからサポートが終わるのが早いと。

高野さん
iPhoneは自社のもの以外に、基本的にはプリインストールアプリがないので、5年ぐらいOSのアップデートができます。

————そう考えると、iPhoneは強いですね。

高野さん
そうですね。ただ、Androidはそれぞれ特徴のある機種が多いので、iPhoneにも引けを取らずファンがいる印象です。

国内メーカー 対 海外メーカー

——国内メーカーと海外メーカーの勢力図は、この10年で変わりましたか? 

高野さん
はい。海外メーカーではもともと人気のAppleとサムスンに加えて、HUAWEI(ファーウェイ)、OPPO、ASUS(エイスース)、あと最近話題のXiaomi(シャオミ)の機種がどんどん売り上げを伸ばしています

——海外メーカーのスマホが受け入れられるきっかけは何だったのでしょう。

高野さん
元々トップメーカーであるAppleとサムスンを除けば、ASUSのZenFone(ゼンフォン)シリーズの登場じゃないでしょうか。2014年に初の国内版であるZenFone 5が発売され、このあたりからスマホに「コスパ」の概念が出てきました。

——そんなに前から。

▲2014年発売のZenFone 5(ASUS)は16GBモデルで、26,800円+税とは思えない高性能で人気だった

高野さん
後発でHUAWEIがそのクオリティの高さで人気を博して。デュアルカメラ【※2】が搭載されたP9の発売時には「HUAWEIのスマホはどこですか」って、スマホ市場に詳しくないお客さまも来るようになったんですよ。
※2 背面にある2つのカメラ。広角カメラと望遠カメラからなる。

——海外メーカーの強さの理由はどこにあるのでしょうか。

高野さん
世界中にスマホを出荷していますから、大量生産する分、安くできるんです。性能も良いのですが、以前の日本のユーザーは、価格が抑えられた機種に対して「安かろう悪かろう」のイメージがあったようで。

——偏見があったんですね。

高野さん
はい。ですが、そのイメージも払拭されて、ここ数年の中古市場は完全に海外メーカーが優勢です。特にいまよく売れているのは、OPPOのReno3 AやReno Aですね。

▲人気機種のひとつ、OPPO Reno A

——ちなみに、日本のメーカーに逆襲の気配はないですか? 正直、私4年くらい国産スマホは買っていないのですが……。

高野さん
激戦のミドルレンジ戦線でがんばっているのはAQUOS senseシリーズ。年々高級感や機能がバージョンアップしています。あとはやはりソニーですね。最新のハイエンド機Xperia 1 IIも評判が良く、元々のお客さまの期待値も高いので、ミドル戦線に本気で加われば一気に覇権を取れる可能性があります。

特に売れた機種は?

——この10年で、特に売れたスマホは何ですか?

高野さん
iPhone 6です。前モデルのiPhone 5sからドコモが販売に参入し、他社発行のSIMカードを使うことができるSIMフリー版端末も発売。画面サイズも大きくなりましたし、当時は中国がiPhoneの第一次販売国ではなかったので、iPhone 6を爆買いするお客さまもいました。

——いろんなタイミングがハマったんですね。

高野さん
入荷したらすぐ売れてしまうような状況でした。

——Androidではどうですか?

高野さん
2014年に発売されたドコモのXperia Z3 compact SO-02Gが印象に残っています。性能も良かったので飛ぶように売れました。

——私もこの機種は愛用していました。サクサク動いて使いやすくて、コンパクトで。

高野さん
1機種だけで1日分の売り上げを稼いでくれるほど人気でした。この機種をきっかけに格安SIMを使う人も増えたと思います。

売れなかった「ガラホ」

——逆に、意外と売れなかった端末はありますか?

高野さん
ガラケーとスマホのいいとこ取りを狙った「ガラホ」【※3】ですね。
※3 スマートフォン用のOSを搭載した、高機能なフィーチャー・フォン(ガラパゴスケータイ)

——面白そうな端末でしたけれども。

高野さん
ガラホは基本的に4G回線での契約になるので、ガラケーより料金が高くなるんですね。安さを理由にガラケーを使い続けている層が、あまり乗り換えなかったんですよ。

▲2014年発売、P-01G(パナソニック)は連続待受時間約750時間と長持ち

——なるほど。ちなみにガラケーもまだ置いてありますね。

高野さん
需要がゼロになったわけではないので、取り扱いは続けています。ただ2014年ごろから機種が集まりにくくなって、2016年ごろから取り扱う量が目に見えて落ちました。あとは各キャリアが3G停波のスケジュールを発表したのもあり、「そんなに必死でガラケーにしがみつく理由がない」という人が一気に増えました。

——LINEなどができなくなったのも大きいですしね。

中古スマホでもカメラ性能は外せない

——中古スマホに求められる機能は、この10年で変わりましたか?

高野さん
そう変わらないです。中古に求められるのはいつも「安くて、そこそこいい」なので。

——やはりコスパ優先ですか。人気の機能は、おサイフケータイ【※4】あたりですか?
※4 FeliCa(ICカード)が埋め込まれた端末で使える機能。読み取り機にかざすだけで支払いができる

高野さん
と、思うじゃないですか。実は、おサイフケータイを重視される方の絶対数って、そこまで多くないんですよ。もっと求められるのが、防水・防塵機能です。

——へえ!

高野さん
防水・防塵機能って、日本ではガラケーのときから当たり前にありましたよね。これ、実は海外にはほとんどなかったんですよ。

——知りませんでした。

高野さん
例えば、iPhoneに防水機能がついたのはiPhone 7から。GalaxyでもS5からです。国内機種は、それより古い機種にも防水・防塵機能がついています。

——海外メーカーの対応は意外と遅かったんですね。

高野さん
「防水・防塵機能を付けると、原価が1万円変わる」なんて話もあるくらい、コストがかかるんだそうです。ただ、スマホの技術競争がエスカレートした現在では、どのハイエンド機種も防水・防塵機能が付いています。ミドルクラスでも、各社とも販売に力を入れている機種には付いていますね。

——勝負機種には付けていると。

高野さん
ちなみに、安さを最優先で求めるお客さまでも、カメラ性能だけは外せない人が多いですね。

——思い出を残すには大切ですからね。

高野さん
一番大きいのはSNS全盛時代になったことです。「映えなくてもいいので、ある程度キレイに撮りたい」というニーズがあります。「カメラは良くて当たり前」っていうラインになってきちゃってるんですよね。

——人間の欲望には際限がないですね。

高野さん
バッテリー持ちも重要です。SNSをやっていると、バッテリーがすぐ減りますから。

中古au端末はmineoに救われた?

高野さん
ちなみに、mineoさんがauの回線を使う格安SIMを出すのは画期的なことだったんですよ。それまでは「格安SIM=ドコモ回線」だったので。

——えっ、そうなんですか?

高野さん
auの中古端末は、ドコモに比べるとものすごく安かったのですが、格安SIMが使えるようになってからは価格差がかなり縮まりました。それだけ需要が増えたので。

——マイネ王のライターが言うことでもないかもしれませんが、mineoのおかげと(笑)

高野さん
そうですね! その後は他社のサービスも登場して、au回線を使った格安SIMの認知度がさらに上がった印象です。

▲ソフトバンクは3Gケータイなら1,280円のものも

高野さん
ちなみに、当社ではソフトバンクさんの端末が一番売れにくいんですよ。対応している格安SIMが少ないですし。

——へええ。

高野さん
そもそも、ソフトバンク自体がiPhone以外にそこまで力を入れていないので、端末が出回らないんです。だから同じAndroidの機種でも、ソフトバンクの端末だとかなり安く購入できますよ。

——確かに店内の商品を見比べると、ドコモ端末で2万2,800円のXperia XZ1 SO-01Kが、ソフトバンク端末だと6,980円ですね。

高野さん
どこの中古スマホ販売店でも、ドコモが圧倒的に売れているはずです。次にau、かなりの差があってソフトバンク、という順でしょうね。

これから売れるのはどんなスマホ?

——ちなみに、コロナ禍で売れるようになった中古スマホはありますか?

高野さん
圧倒的にiPhone 7とiPhone 8ですね。みなさんテレワークのカメラ用に買っていきます。

——なぜその2機種なのでしょう。

高野さん
まだしばらくはiOSのアップデートから外されないでしょうし、ほかの作業もできるスペックの上に、価格も手ごろですから。

——今後はどんなスマホが売れるのでしょうか?

高野さん
やっぱりiPhoneの二、三世代前の機種でしょうかね。Androidの現行のミドルクラスぐらいと同程度の性能と価格で、まだまだ使えますから。あと、しばらく5G【※5】対応機種は伸び悩むかもしれません。
※5 第5世代移動通信方式。通信データの高速化・大容量化が可能になるほか、多数の端末に同時接続できる

——まだ、使えるエリアが少ないですもんね。

高野さん
そうですね。基地局の整備が必要なので、特に地方ではまだつながらないでしょう。5Gが普及するには、LTE【※6】以上に時間がかかると思います。
※6 Long Term Evolutionと呼ばれる、3Gを高速化させた通信規格。4Gを指す場合もある。

——まだ普及への道のりは長そうですね。

高野さん
ただ、状況に合わせていつかミドルクラスでも5G対応の機種が発売されるはずです。これまでの経験上、iPhoneが5Gモデルを出せば、それがひとつのきっかけになると思うんですけどね。



iPhoneが日本で初めて発売されたのが2008年。そこからスマホが普及して約10年経ったいま、中古スマホ市場は世の中に浸透し、勢いを増しているようです。

中古スマホの用途は「子どもに持たせる端末」「ドライブレコーダー」「監視カメラ」「お風呂でテレビ鑑賞」など、さまざま。

みなさんの家に眠っているスマホも、なにかいい活用の仕方があるかも?

※画像の商品価格は変動している場合があります。

取材協力:株式会社イオシス
編集:ノオト


辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 292

中古スマホをドラレコにする発想はなかったな〜

まだ6Sで頑張ってます

イヤフォンジャックと指紋認証,モバイルSuica対応のiPhone 6 Plusが私の中ではベストでした。

興味本位でガラホを買おうかな?なんて時もありました。

勉強になりましたー。
iPhone使ってますがXperiaで電波がつながらなかった場所でつながるようになりました。やっぱり性能はいいのかなぁ。くらいしかわからないのが残念なんですが…。
でも高いですよね。バッテリーが早くなくなるようになったのでそろそろ替え時だと思うんですが安く新品のスマホが手に入る方法がわからないので躊躇してます。

参考になりました。中古端末も選択肢に入れたいと思います。

参考になりました!

昔からアンドロイドを愛用しています。ASUSのZenFone5zを使用しており、操作性とフォルムの美しさに満足しています。
最近、会社の支給端末がiPhoneになり、まず使い方がわからず、殆ど使っていません。操作に慣れていないので時間ばかりかかり、仕事になりません。アンドロイドにして欲しいな~(^^;

今度の参考します。ありがとうございます。

iPhoneのシンプルな機能がいい

中古スマホ、この考え大事ですよね。
無理に新品で買う必要もないですし🤔

参考になりました!

私もiPhone6sからmineoに変わりました。auSIMです。

こういう記事面白くていいですね!

最強マイネオ使える機種が増えて欲しい!

こんな安いんですね。びっくりです。

iPhoneはやっぱりすごい

HUAWEI nova lite3を使ってて満足してるけど、最近はiphoneがほしいきがしてくる。。。

私は田舎に住んでいるので、こんなお店が近くにあったらいいな✨

勉強になりました。
音質・画質に惚れ込んでHuaweiを使ってる自分(メインはSHARPですが…)が言うのもなんですが、日本のメーカーも挽回して欲しいですね!

勉強になりました!

人の作る物には、やはり限界があります。ねぇ~~😂

最新&中古~今の最新も~~一年後は、中古~なぅ❗️このローテーション😂😂

今生きてるモノ😊コレを、大切に使用するにゃんよ😂笑

10年が、あっという間‼️拝読していて、コレが一番早❗️過ぎし時&品多いワン😂

一つコレ、と言うモノに出会える時待つにゃん笑😂😊

自分の携帯SIMカードは秋葉原店で契約しました、本当によかったです

iPhone使いやすいし、データ移行もクラウドで簡単ですもんね。ただ、他に比べて高い…🥺

中古か…

検討の余地ありですね!

面白かったです!!勉強になります!

使えたらいい!!!(雑)長持ちしたらいいけどね!

日本メーカーのシェア拡大は未だ厳しそうですね。いい機種作ってがんばってもらいたい。

私もauからの乗り換え、mineoさんがau回線のiphoneが使えて、助かった✨1にんです😊

勉強になりました。

中古端末を買おうか、マイネオさんの機種を買おうか迷ってます、、。

うちも夫婦で中古(未使用)を買ってmineo使ってます!安いし、全然新品と変わらないし、節約になります!

中古でもいいかも

イオシスさんで未使用タブレット購入して3年ほど使ってますが、不具合などなく、まだまだ現役です。
最近は最新機種買っても機能をもて余すだけなので、未使用品や中古美品でも全然問題ないのかな、と思ってます!

いろんな機種があるんですね。
勉強になりました。

中古もいいですね。

機種変更を考えているので、とても勉強になりました!スマホを初めて持った時からiPhoneユーザーなのでAndroidがハナから選択肢になかったのですが、次の端末は端末ごとの特徴を調べてから選ぼうと思います。

中古でも十分使えるのでたすかってます

色々と知らない情報があって、勉強になりました。
端末実質0円も、大手三社が格安SIMや中古市場の活用などへのユーザー離れを防ぐ為にやってたんですね。

iPhoneしか使ってないです

日本のメーカーも頑張って欲しいです!

とっても勉強になりました。Android も結構人気あるんですね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。