mock-eyecatch.jpg

  • ITガジェット
  • インタビュー

ケータイ・スマホの展示用サンプル「モック」の専門店 法人客やマニアに10年愛されるニッチな商売のウラ側を聞いた

辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

  • はてなブックマークに追加

携帯ショップに欠かせない存在が「モックアップ」(以下、モック)。

モックとは実物大の模型のことで、ガラケーやスマホのモックが店頭に並べられているのを見たことがあるかと思います。カタログだけではわからないフィット感やデザインなどを確かめられるので、みなさんも一度は触ったことがあるのではないでしょうか?

実は、このモックをネット通販している専門店、その名も「モックセンター」の運営会社が山梨にあります。

いったいモックの販売だけで経営が成り立つのか? どんな人に、どんなモックが売れるのか? 頭の中がハテナマークだらけになりながら、筆者は東京から「特急かいじ」に揺られて山梨に降り立ちました。

モック専門店「モックセンター」店主の末田さん

お話を聞くのは、平間通信の代表取締役・末田卓(すえだ・すぐる)さん。携帯電話業界で働きはじめて20年、2004年にはTVチャンピオン(テレビ東京)の「ケータイ王選手権」の決勝大会にも出場したことがあるそう。

1990年代から最近のものまで、幅広い品揃えのお店を構える末田さんに、「モック専門店の謎」について伺います。

自分の携帯ショップがつぶれて、余ったモックが売れた!

辰井
モックの販売って、なかなかニッチな商売ですよね。なぜモック専門店をはじめたんですか?
末田さん
2008年に携帯ショップをはじめたんですけど、「1円携帯電話」規制【※1】とリーマンショックのあおりを受けて、さっぱり売れずにつぶれてしまったんです。
※1 端末を1円など破格の安さで売った分、高い通信料金で回収する、当時の携帯キャリア各社のビジネスモデルの見直しを図った総務省の要請
辰井
それはきつい……。
末田さん
そうすると携帯電話のモックがたくさん余るわけですが、自社の責任で処分する必要がありまして。
辰井
そうなんですか……!
末田さん
ええ。捨てるにも産業廃棄物でお金がかかるので、ヤフオクに出してみたところ、こんなに売れるんだっていうぐらい、売れたんですよ。
辰井
それはびっくりです。
末田さん
購入者からも「もっと入手できるなら欲しい」とありがたいご要望をたくさんいただきまして、そこから続けています。

1998年発売、デジタルツーカー「CA3(DP-212)」のモック。
全面タッチパネルで、手書きメモやスケジュール管理などのスマホ的要素を持っていた


実は法人のお客さんが大半

辰井
どんな方がモックを買うんですか?
末田さん
法人が多いです。まず携帯電話のアクセサリーを作っているメーカーさんですね。スマホケースやストラップを作る業者さんが買って、型取りなんかに使うんですよ。
辰井
へええ。
末田さん
あとは携帯ショップの展示用で使うとか。
辰井
たくさんあると売り場が華やぐからですか?
末田さん
モックが多いと売り上げが伸びますから。ちなみに某通信大手の20周年CMで使われたり、PHS終了のアナウンス映像に使われたり、ケータイデザインの変遷を研究する目的で、工業大学がごっそり買っていってくれたこともありますよ。
辰井
すごい、各方面にいろんな理由で売れるんですね。

1998年発売、NTTパーソナル「パルディオ316S(ドラえホン)」の実機

モック好きが「聖地巡礼」に来た

辰井
個人で買うのはどんな人ですか?
末田さん
携帯電話オタクの方で、若いお客さんが特に多いですね。彼らは自力でそんなにスマホを買いそろえられないので、モックで所有欲を満たすんですよ。
辰井
少年少女の切実なお金問題。
末田さん
あとは漫画で描くための見本として買っていただけたり、「アニメのキャラが10~20年前の世界で持っていたガラケーと同じものが欲しい」って、コスプレイヤーさんに買っていただけたり。
辰井
それは楽しいですね。ちなみにモックコレクターっているんですか?
末田さん
います。横浜で営業していた時は、わざわざ大分や愛知からマニアの方が聖地巡礼的に来てくれましたし、ネットで「コレクションしています」と連絡もいただきます。
辰井
各地に点在しているんですね。

かつて営業していた横浜市保土ケ谷区の路面店。現在は山梨に移転しネット通販専業に

辰井
モックってどうやって調達するんですか?
末田さん
携帯電話の販売店はいろいろあるんですけど、ドコモショップなどの大手キャリアのショップではなく、いろんなキャリアの製品を扱っているお店・併売店さんにアプローチをかけます。それで取りに行ったり、送ってもらったりしています。
辰井
そんな簡単に譲ってくれるんですか?
末田さん
廃棄処分したらお金がかかるので。いまモックを1.5トン(150gのスマホ1万台分)処分したら、30~40万円はかかります。
辰井
そんなに……かなりのWin-Winですね。

新しいモックと、うんと古いモックが人気

辰井
モックの値段はどのように決まるんですか?
末田さん
新しいものは高く売れます。スマホケースを作っている業者さんが、どうしても新商品のケースを作らなければいけなくて、少々高い金額を払ってでもモックを手に入れたいからです。

2019年発売、「Google Pixel 3a XL」のモック。2019年11月現在の売れ筋のひとつ

辰井
他の商品に比べて格段に値が上がりますね(※取材した2019年11月現在で、税別5,980円)。
末田さん
手に入れるのに他のモックよりも少しコストがかかるので、そういう値段になっています。
辰井
なるほど。
末田さん
もう一つはすごく古い機種のモックですね。20年前のものは滅多に手に入らなくて、コレクターの方が虎視眈々と狙っています。

辰井
他にどんなモックが人気ありますか?
末田さん
auのINFOBARというシリーズがありまして。これは海外のeBay(世界最大級のオークションサイト)でも売れるんですよ。数年おきに続いている伝統的なシリーズなので、集める方はいらっしゃいますね。

2003年発売、au「INFOBAR(A5307ST)」のモック

末田さん
あとこのキティちゃんケータイなんですけど、まだドコモに比べてauやJ-PHONE(現ソフトバンク)が二流三流扱いされて人気がなかった時期にも関わらず、キティラーの方が大挙して「ドコモをやめてこれにします」って言うぐらい、すごく牽引力のある製品だったんですよ。

2001年発売、au「C401SA(ハローキティモデル)」のモック

辰井
いま見ると楽しくてちょっと欲しくなりますね。スマホにはない所有感があるし、手のひらにおさまってかわいい。
末田さん
このあたりのキャラものモックは高くても売れます(※2019年11月現在で、税別8,800円)。

2002年発売、au 「A3014S(ハローキティモデル)」のモック

末田さん
ところが、こっちは全然売れませんでした。
辰井
えっ、なんで?
末田さん
さっきのはエンブレムとかをちゃんと作っているんですが、こちらは塗装だけでごまかしているんですよ。それ以外はふつうの既製品と同じなので、キティ好きの人は心が揺さぶられないそうです。
辰井
ファンはシビアに評価してるんですね。

2001年発売、ツーカー「TK11」のモック

末田さん
これは、ツーカーがいちばんがんばっていた頃のモデルで、世界初の64和音着メロの機種です。もう本当に大々的にCMもたくさん打って。京セラが社運を賭けたモデルなんですけど、売れなかったんです。モックも売れていません。
辰井
社運を賭けたのに。ちょっとオモチャ感はありますけど、いまのスマホにはない感じでかわいいですね。

末田さん
ちなみにCMで使う用に、画面を真っ黒にしたモックが売れるんですよ。黒い部分に画像をハメ込んで使えるから便利なんです。やたら売れていた時期は、スマホゲームのテレビCMがよく出ていました。
辰井
へええ。いまどれぐらい売れますか?
末田さん
1カ月に100個ぐらいは売れますね。ちょっと旬を過ぎてしまっているようなモックでも、画面を黒くすれば売れるので助かっています。

幻のモック、やたらとデカイD2101V

辰井
いつかは入手したい、幻のモックはありますか?
末田さん
ドコモのFOMAのモックの中でひとつだけ入手できていないものがあって。三菱のD2101Vです。500個ぐらいしか売れていないとされる機種なんですが、めちゃくちゃ大きくて、持っていると変な人だと思われます(笑)

2002年発売、NTTドコモ「D2101V」。長さは約15cm
(Photo by Rebirth10 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:D2101V_1.jpg


辰井
……ちょっとそれで電話したいですね。
末田さん
そのモックが一度も入ったことがなくて、このままだと死んでも死にきれないです。
辰井
記事で呼びかけておきますね。

※「D2101V」のモックをお持ちの方がいましたらぜひこちらまで連絡をください!

iPhoneのモックを売っていないワケ

辰井
iPhoneのモックはないんですか?
末田さん
iPhoneやiPadに関しては法律的な問題で。「商標権の侵害です」と向こうの顧問弁護士に言われまして、あっさり白旗を上げました。
辰井
そうですか……。
末田さん
ちなみに商標権の問題をクリアするために、アップルのロゴが乗らないものを中国のメーカーに作ってもらったことがあるんですけど、売るときに「iPhone」って言えなくて。「話題のスマホ」って載せてもなかなか売れませんでした。

以前販売していた“話題のスマホ”のモック

末田さん
名前を「iPhone」にしていた頃は1カ月に100~200個売れていたんですが、「話題のスマホ」に変えたら200個が1年かかってやっと売れたぐらいで。
辰井
名前でぜんぜん変わってくるんですね。

日本のケータイよ、奮起せよ

末田さん
私、ガラケーが好きでして。ガラケーって、まっすぐのものや折り畳みタイプ、スライド式……いろんな形があるじゃないですか。流行してから、日進月歩で新しい機能がボンボン追加されていって、あのワクワク感もよかったですね。
辰井
当時は楽しかったですね。昔、ラジデンってラジオが聴ける機種がありましたけれども、私はラジオを聴くのが好きだったので、すごく欲しいなって思いました。
末田さん
ラジデン、実は今日持ってきました。

2005年発売、NTTドコモ「SO213iWR」のモック

辰井
……おお、これですか! 当時憧れだったんですよ。ラジデン、3バンド搭載【※2】でテンションが上がりますね。
※2  AMラジオ、FMラジオ、TVの周波数帯に対応するラジオチューナーが内蔵されていた
末田さん
めちゃくちゃラジオに特化していて、振り切っていますよね。

さきほどのモックの裏面。「一発選局7つボタン」で、1〜7のボタンにあらかじめ設定されている周波数に切り替えが可能

辰井
ホント、ホント。カッコいいですね。
末田さん
けっこう在庫があるんで、おみやげでお持ちください。
辰井
ええ、いいんですか? めちゃくちゃうれしいです!
末田さん
でも、これ売れないんですよ。
辰井
ええ? ファン層が限られているんですかね?
末田さん
そうですね、あとmova【※3】の最後のほうの機種なので、知られていないんですよ。もう世の中の注目がFOMA【※4】に移っている時期でしたから。
※3 NTTドコモが提供していた、第1世代(1G)および第2世代(2G)における通信サービスの総称
※4 movaの次世代として展開された、第3世代(3G)における通信サービスの総称

辰井
ちなみにモック販売を通して、携帯電話業界が変わったなと思うことは、何がありますか?
末田さん
そうですね、日本メーカーが失敗を恐れるようになったなって。このラジデンなんかは、おそらく失敗を恐れずに作っているじゃないですか。最近はチャレンジングな製品がなくなりましたね。
辰井
やはりおもしろ味に欠けますかね……?
末田さん
はい。たとえば韓国のサムスンは何度失敗しても、折り畳めるスマホをずっと作り続けていますよね。中国のメーカーも1億画素のカメラのスマホを出しています。そんなチャレンジングな製品を、日本でもまた作ってほしいですね。

2008年発売、UTstarcom「SideKick」のモック。アメリカで普及した

生き残りをかけて

辰井
今後もモックの販売だけでやっていくんですか?
末田さん
将来はモックも売るし、白ロム【※5】も売るし、格安SIMも売る複合的な形で生き残りを模索しています。ひとつひとつの売り上げが小さくとも、束ねれば何とかなるだろうって。
※5 解約済またはSIMカードが入っていない携帯電話のこと
辰井
「ついでにこれもどうですか」と?
末田さん
そうそう。たとえば格安SIMを買うお客さんに、新古品のスマホがありまして、「auショップで買うと6万ですけど、ウチで買うと4万です」みたいな売り方ができますから。
辰井
なるほど。
末田さん
実はモック販売だけでは厳しいこともありまして、畑でクリスマスツリー用のもみの木を育てています。

末田さんの畑に植えられたもみの木

辰井
もみの木は、1本どれぐらいで売れるんですか?
末田さん
大きさで違うんですよ。高さがだいたい3mぐらいの木は1~2万円ぐらいで安いです。それが4~5mぐらいになると、急に1本あたりの値段が30万ぐらいになるんです。
辰井
へええ! 4~5mまで育てるのに何年ぐらいかかるんですか?
末田さん
1mぐらいの苗木だと、3年もあればそれぐらいになるそうです。
辰井
木の生命力はすごいですね……。
末田さん
ただ僕が畑をなめていたと言いますか。いちばん最初に植えた木は7割方枯れてしまったんですよ。1年以上かけて土壌改良をして、ようやく最近は枯れてしまう木が3割ぐらいになりました。肉体的には疲れますけど、けっこう楽しいです。

モックは「人生の救世主」

NTTドコモ「N502i」のモック。シックなデザインで当時人気だった

辰井
末田さんにとってモックはどんな存在ですか?
末田さん
大げさですけど、僕の人生の救世主です。
辰井
救世主?
末田さん
僕がモック屋をはじめた頃は、病気をしていろいろなものを失った時期でもあるんですよ。心身ともにボロボロで、携帯ショップも廃業して、「これからどうやって生きていけばいいだろう」って考えていた頃にモックを売り始めて、意外と売れて。何とか自分を保っている状況のときに、生きる光明が降り注いだのが、モックが売れたことなんですね。
辰井
ユニークな商売が当たって。
末田さん
もう本当に、蜘蛛の糸が落ちてきたみたいな気分で。あのとき本当にそう思っていて。
辰井
ご自分のアイデアと行動力でつかみとったんですね。

2003年発売、NTTドコモ「N505iS」のモック

末田さん
僕が携帯電話の仕事をやるようになるまで仕事を転々として、正直パッとしない人間だったんですけど、はじめてハマった仕事が携帯ショップだったんですよ。そのときからモックは付き物で、自分の人生が好転するときにもあったのがモックなので。やっぱり特別なものです。
辰井
モックに救われて、モックと歩んできたんですね。
末田さん
10年以上これを仕事にして生きてきていますので、粗末に扱えないですよね。去年の一時期、やめようと考えていたこともあったんですけど。
辰井
なぜやめようと思ったんですか?
末田さん
赤字が続いたからです。新しいモックも以前ほど高い値段では売れなくなってきていたので。かつては新機種のモックが1万円近い値段でガンガン売れていたんですよ。Xperiaの初代が出たときはモックもすごく売れましたね。でも厳しくなってきて、やめどきを考えていたんですが、横浜から山梨に移転してコストを抑えればなんとかなるかなと思いまして。

NTTパーソナル「パルディオ101H」のモック。末田さんの原点のひとつ

辰井
最後に、モックのよさって何だと思いますか?
末田さん
本物の携帯電話ほど身構えず、もうちょっとフランクに集められます。値段も安いですし、ケアもカンタンですからね。
辰井
いい大人のホビーですね。
末田さん
はい。モックはひとつの文化なので、コレクターズアイテムのひとつのカテゴリになってもいいと思うんですよね。野球カードやプラモデルみたいに。

(編集:ノオト


辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 27

長い・・・。

でも、モックも必要と購入欲求を満たしたりコレクターズアイテムになったりとこれからも人気がでそう。

どうせなら、ガチャガチャ(カプセルトイ)のミニチュアガラゲーの話も入れてほしかった。

正直モックには興味ありませんでしたが、最後まで読んでしまいました。
うちに眠ってるガラケー売れないかなぁと欲深くも…。

今だにお気に入りのガラケー保管してる

充電器なくしてしまったけど( ¯▽¯ )

楽しそう😆✨
行ってみたいです😊🍀

初代INFOBARを使ってたんで、モックでエエから欲しいなぁ〜・・・(^。^)
2代目は実機があるんで。。。(*´-`)

モックは携帯ショップへ行けば必ずありますが、CM用としても活用されているのですね。

...ということは、葵わかな国王がCMで持っていた(推定)arrowsも、ここで販売されていたもの?かもしれませんね。

とても面白かったです。
一時はイオンのモバイルコーナーでモックが100円で売ってたこともありました。
ガラケー時代の方が個性豊かな端末が豊富だったので、あの頃はモックでもワクワクしていましたね。
ドラえホンやRADIDEN、funstyle…懐かしい!
あの頃の感じ、今のスマホ社会じゃ全く起きなくなってしまったな…

モック屋さんならモミの木じゃなく樫の木を育てて欲しかった(50代以上限定ネタ)

mineoの中の人(例のあの人)が自作してスタッフブログに製作過程を
公開しそうなしなさそうな・・・

実は数年前、こちらでモックが販売されているのを発見して購入しました。
確か300円位だったかな・・?
当時使っていたガラケーのボタンが外れてそのまま紛失したのですが
そのガラケーの修理自体も既に受付終了していたのですよ。
愛着あったけど変えるか悩んでいた時に、
モックからボタンを取り出してガラケーの外れた所にはめてみると
サイズは同じなので使うことが出来ました。
まあ実機と違って使用されている素材が違いましたので
ボタンのバックライトが光りませんでしたが・・・

素晴らしい  こんな世界があるなんて知りませんでした
昔よく店頭で手に取って品定めしてたなぁ

.     👑
.  ✳️✳️✳️✳️
.  ✳️
.  ✳️✳️✳️✳️  
.       ✳️ 
.  ✳️✳️✳️✳️ th

#マイネ王5周年おめでとう!

記事読んでたらW-Zero3シリーズのモックを揃えたくなりました。
ジャンクなら今でも全種手に入りそうな気もするけど。

楽しそうですね。
行ってみたい。

モックなら端末の自由化(買取)が導入された頃のIDOやセルラー、関西デジタル
ホン時代のNECのがまるで「折りたたみ無線機」でした(笑)
セルラーのはストレートのアナログ京セラ製がインパクト強いです。
当時はアンテナを引き出してました。

1.5GHz帯の新規参入組の電波は建物内で切れまくりでしたねぇ・・・

800MHzのプラチナバンドを既得権で持ってたドコモとセルラー系が圧倒的に
有利でした。

アナログ方式時代の方がPDCより多少ノイズが入りましたが音声遅延が無かった
印象です。
デジタル方式で遅延がほぼ無いのがPHSですがそれもまもなく終わりを迎え
ます。

「音質」そのものはMNOの「VoLTE HD」でかなり上がった感じですが音声遅延は
何とも・・

携帯通信費に10万円近くかかってた時代に比べたら今はカケホ制度があるから
音声遅延解消は贅沢な悩みですかね・・・

ガラケーやスマホのモックって、携帯会社が取り扱ってるものだと思ってました。

専門店があったんですね(ºㅁº)!!

ガラケーやスマホの歴史が知れそうで、興味あります。

え、何しれっと犯罪自慢インタビュー掲載しちゃってるんですか!?

> iPhoneやiPadに関しては法律的な問題で。「商標権の侵害です」と向こうの顧問弁護士に言われまして、あっさり白旗を上げました。

Appleは親切に警告してくれたみたいですけど、iPhoneやiPad以外の商標付モックアップを売るのも同様に違法ですよね? 違法輸出品として何度も税関に没収されてますよね? 商標権侵害は著作権侵害と違って非親告罪なので「権利者が黙認しているうちはグレー」なんてことはありません!

本物ではないなら欲しいとは思いませんが、操作が本物同様出来るのでしょうか?
店頭にある...と、どなたかが言ってましたが、
店頭にある物は基本、操作できますよね?
動画見れたりも...
あれがモックなんでしょうか?

モックは持って無いが昔のガラケーはまだ持ってる。そのうちに価値付くんだろうか?

お芝居、とくに舞台で小道具としてケータイが出てくる時はモックのお世話になってるんですよね。
アクションシーンがあって乱暴に扱ったりするから本物を使うのは危険な場合もあるので遠慮なく扱えるモックは便利です。
以前劇団に所属していた頃、趣味と実用を兼ねてモックも集めてました。

ところで、売れなかったと書かれてるTK 11、私実機を四台持ってるんですけど……(汗)

私のモックのイメージと言ったらハードオフに売ってる100円のやつですw
最新機種だと高く売れるんですね

黒いモックが売れるっていうのは初耳でした。


ちなみに私は最新機種のホットモックがほしいです(^^♪

昔の携帯電話の端末って縦半分に折りたたむ端末だけではなく、画面を回してみたり、真横にキーボードをスライドしたりなどの変態端末や、すごーく小さい物やスティック状の端末など、それはもうバリエーションに富んだ形状の物まで色々あったので、そういうものをモックで並べるっていうのは収集欲が刺激されて堪らないだろうなぁ💖
実機は2台持っていますよう。

記事で紹介されていたSO213iWRみたいな電話以外の機能が楽しい端末は、動態モックで電話以外だけ動いてくれるようだったら欲しいけど、そういう物はないんだろうな。

昔使ってた携帯を思い出しちゃいました。
ありがとう😊

昔の携帯電話今は目覚まし時計に使っています。
前々回のスマホは時々Wi-Fiで接続して遊んだりしています。
もっと前の残して置いたら、いくらかで売れたかも?
残念でした。

携帯のモック良いですね(^^

昔の携帯電話はメーカーによって形状の違いが大きく
個性があって面白いと思いました。

昔よく携帯ショップの店頭でタダで配られていたので、もらってきて子供のオモチャにしてました。懐かしいなぁ。

ガラケーを知らない世代が会社に入ってガラケー渡されて、使い方に困ってました。
ポケベルなんて、化石と思われそうですね。
あ、ポケベルのモックも、その時代を懐かしむのによさそ。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。