title-kininaru.jpg

  • おもしろネタ

ゲーム作りは「人生の修行」? 儲からないのに個人制作者がスマホゲームを作る理由

斎藤 充博

ライター:斎藤 充博

インターネットが大好きで、Web記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。

  • はてなブックマークに追加

Google PlayやApp Storeには、スマホ用のゲームがたくさん並んでいます。「パズル&ドラゴンズ」や「キャンディークラッシュ」のように企業が運営しているゲームが目立ちますが、その中でいい味を出しているのが「個人で作ったゲーム」。どうしてゲームを作っているの? 儲かるの? ゲーム作りって楽しい? 制作者に直撃してみました。

 


 


 


 


 


 


こんにちは。斎藤充博です。

スマートフォンのゲームが好きで、しょっちゅうグーグルプレイをのぞいています。特にインディーズっぽい個人制作のものが好きです。

今回は僕の大好きなゲームの一つ「ラビットぼうや」を制作したゴボリさんに話を聞いてみました。ゴボリさんは現在28歳。高校生のときにゲームを初めて作って、今までに制作したゲームの数は40ほど(未公開分含む)だそうです。

「ラビットぼうや」と続編の「大ラビットぼうや」は、前半は無料で遊べて、後半は購入しないと遊べない仕組み。

取材時点で、「ラビットぼうや」の無料ダウンロード数は2万2468。そのうち購入された数は1169。「大ラビットぼうや」の無料ダウンロード数は7051。そのうち購入された数は1145。

続編では無料ダウンロード数は大きく減っているのに、購入者がほとんど同じくらいなのがおもしろいですね。きっと1作目で買った人と2作目で買っている人はほとんど同じ人なのではないでしょうか。

マンガで描いているとおり、収益的には厳しいものがあるようです。しかし、個人で作ったゲームが1000人以上の熱心なファンを獲得している。僕もそのファンの1人です。なんかちょっと感動してきます。

皆さんには好きなスマートフォンのゲームはありますか? コメントでぜひぜひ教えてくださいね。

(編集:ノオト


斎藤 充博

ライター:斎藤 充博

インターネットが大好きで、Web記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 15

POLTA、めちゃくちゃ好きなバンドだけどマイナーなので、まさかこんなところで名前を見ることになるとは……驚き!!!

わたしもPCゲームが一般的だった頃から、インディーズなゲームは気になっています。2,3回ほど作者さんにWebでお話ししたこともありました。あのかたたちは今どうされているのでしょう。

それはそれとして。個人のゲーム開発はなかなか大変なジャンルだろうなあと思います。わたしもツール系アプリの開発はしますが、ツール系とは使うテクニックが全く違いますし、確認しなければいけない範囲も広いですから。

そのうえ、当時と違ってアプリの開発にかかるお金が少なくない(当時は開発環境こそそこそこの値はしましたが、開発者の登録料などはありませんでしたから)。やはりどこかしら、プログラミングやその課程に好きなところがないと続かないだろうなあ と思います。

今や洞窟物語などのように、いつのまにかゲーム機に移植されたりするケースもありますし、がんばってほしいなあ と思います。

スマホのゲームは全くしませんが、
興味深い内容でした。
「修行」から、楽しいものを
生み出せるのが不思議です。

退会済みメンバー
退会済みメンバー

年齢的にゲームは、しませんが物作りの仕事は、大変で楽しいです。勉強になりました。

あっ。ちなみにわたしは、ゲームはゲーム機で派です。

ゲームするのに、スペックとか気にしたくないですし、通知が途中で来たりするのは嫌ですから(どうしてもスマートフォン版しかないゲームは、極力Nexus Playerに対応を待つか自宅専用端末でやります)。先払いの分品質も一定以上が期待できますし。


とはいえ、今は3DSやSwitchのゲームも頑張れば個人で作れてしまう時代。
今見てみたらSwitchの名前が載ってないですが… いちおう開発環境はWii Uと同じでいけるみたいです)

いつかスマートフォン向けの個人製作ゲームが専用機でやれる時代も来るかもしれませんね。

王国ダンジョン作りも修行でしょうか?
(*'ω'*)

こんにちは。
知らない世界を覗いてみるのは楽しいです。
下北沢ふしぎ指圧、ブログかと思ったら、リアル店舗なんですね。

配布するのにもお金が掛かるというのは以前は無かったのでこれは大変だなと
思いました。(^^ゞ

『新曲プロモーションゲーム』
PV から PG に新しい世界です。
(⌒_⌒)

退会済みメンバー
退会済みメンバー

昔はパソケットという即売会でゲームの販売をしたことがあります。
Quick BASICやTurbo CでPC-9801向けのゲームを作っていました。
出展料が1回で3,000円かかりました。

「王国ダンジョン」にまったく関心がないし、別世界なお話でしたw
ゲームを作るスキルなどありもしないので、感心します。

(ゲーム)ソフト作成は集中力!
ハード屋さんに聞かせて上げたい(笑)

「mineoレーダー」制作者へもインタビューしてみてはどうなんだ?w

ラビットぼうや、可愛いかも。

まさに、自己満足の世界ですがな!

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。