大手携帯キャリア他のSIMロック解除受付条件の一部変更について

サムネイル.png

マイネール@運営事務局です。

次のiPhoneは、7sになるやら8になるやら、いろいろと信憑性の高そうな噂の飛び交う季節になりましたね。今年も新iPhone & 新iOS の記事を予定しておりますのでご期待ください。

さて、今回はそんなiPhone/iOSとは全く別の話題になるのですが、総務省のSIMロック解除に関するガイドラインが平成29年1月に変更されています。総務省で公開されているガイドラインはこちらからご覧ください。

ガイドラインの変更に伴い、端末へのSIMロックを実施しているKDDI、ドコモ、ソフトバンク、Y!mobile、UQ mobile、各社が「SIMロック解除の受付条件」を変更されていますので、各社の対応状況をまとめました。

〜 本文は省略されました 〜


hmamnoさんのコメント

SIMロック解除ができるのが購入者本人のみということは、
SIMロック解除せずに1度 中古市場に流された端末は、
ずーっと元のキャリアでしか使えないということでしょうか?

最初の持ち主の意志で、その後の端末の使えるキャリアの範囲が決まるというのが
要注意というか、将来の変更の余地ありと思います。
SIMロックをかける側のキャリアからすれば、囲い込みの一環なのかもしれません。


元のページに戻る