top.png

  • おもしろネタ

究極のスマホ(?)が完成! ポイントは「大きさ」と「アナログ感」!?

乙幡 啓子

ライター:乙幡 啓子

群馬県出身・東京在住。「デイリーポータルZ」「世界睡眠会議」等、さまざまな媒体で脱力系工作記事を連載中。

  • はてなブックマークに追加

こんにちは。日々、ハンドクラフトとスマホのことで頭がいっぱいの乙幡(オツハタ)です。

ハンドクラフトといえば、縫製方面ではポーチなど企画することが多いのですが、この前ふと「そういえば、スマホ用ポーチは世の中にたくさんあるけど、スマホそのものの姿をした“スマホ型ポーチ”ってないかも?」と思ったんですよ。

新年ですので、誰もやってなさそうなことにチャレンジしたいではないですか。早速妄想を働かせてデザインしてみました。デザインというか落書きに限りなく近いですけど。

section0_image

結局ポーチではなく、容量を欲張って「スマホ型 バッグinバッグ」に落ち着きました。
セカンドバッグみたいなスマホ。謎のサイズアップです。わけがわからなくなってきました。落ち着いて整理しましょう。

バッグの中にはアプリ画面風の間仕切りが付いて、よりスマホっぽくなる算段です。
こうなったらこれはもう「超アナログスマホ」なわけで、ここに各アプリに対応した機器を入れてみたい。入れて、「ほら、でかいスマホ!」って言いたい。違うけどな。

というわけで始めたいと思います。


~制作編~

さて今回、どう考えても画面デザインが重要になることは間違いないので、ここはしっかり作りこんでおきましょう。

section2_image

ホーム画面と共に、日常使う主要なものを厳選した7つのアプリ画面をヒーヒー言いながらデザイン。

もともとあるアプリを真似しながら作ったんですが、これ、いい勉強になりますね。どうレイアウトすべきかとか、どう要素を絞るかとか、模倣は創造の第一歩だと改めて感じます。妄想工作家の私にいつ発揮する機会があるかはわからんが。

これをキャンバス地にアイロンプリントで貼り付けていきます。
上の写真が反転しているのは、アイロンプリント紙に出力しているからであります。

section3_image

ところで私の持っているiPhoneは裏が銀色なので、キャンバス地も銀色に塗らせていただきます。

section4_image

アクリル絵の具に布用メディウムを混ぜて、布用絵の具にして塗るということをこれも今年はじめてトライしました。そうか、こうすれば布用絵の具買わなくていいんだな。

これでパーツも完成したので、あとは縫製していくのみです。
今、「のみ」って言ったね?

section5_image

この謎のスリット。こんな部分、スマホにあったか?(伏線)

section6_image

縫製していく「のみ」と書くくらいですから、私けっこうこの作業なめてました。パーツ揃ってるし、組み立てていけばまあ、そうねぇ、3時間くらいかしら?

全然ですね。
15時間かかったよね。スマホ作るの初めてだったの忘れてたわ。
試行錯誤しながらやってたらなんだかノッて来てしまって、無駄に徹夜してしまいました。皆さんも、スマホで徹夜はやめましょう。

section7_image

中のアプリ画面はいろいろな色の布でにぎやかにしてみましたよ。
問題はこれをどうバッグに設置するかです。作る前に検討しきれず、作りながら悩んで決めていくから15時間かかるんだよ。

section8_image

いっせいに縫い合わせてるこの時点でも、どうしようかなーなんて考えてます。
まあそういうところが面白くもありますね。こうやって達観するしかないです。

section9_image

仕上がりに近づいてきました。カメラや電源ボタンなど、小物を切り貼りします。この辺はシンプルに。便利な言葉、シンプル。

section10_image

おやおや?カードケースみたいなパーツですね。こんな部分あったかな?しらじらしいけどこれも伏線。


やがてできたのがコレ!がんばって作ったホーム画面をさあ見てください。面積にして、本物の12倍。適当に言えば、ヤングコーンとジャイアントコーンくらい違います。

section11_image

業務用スーパーででかいサイズのソースとかおろしニンニクとか見たときのトキメキを感じます。


次はマチ部分を!

section12_image

5cmはあるけどサイズもでかいから問題ナッシン。

section13_image

裏には控えめに「mineo」ロゴでおなじみのあの部分を、シルバーのナイロン地でピカピカにしてゴマを擦る!

section14_image

けっこう雑な電源ボタンの下に、謎の構造物!伏線回収きた!

引っ張り出すと…

section15_image

SIMトレイでした! Yeah!Down・ザ・溜飲!

section16_image

内側の裏面には、バッテリーも入ってます。それらしい構造を四角と丸だけで描きました。幼稚園で描き方教えてもいいぜ!


あとのアプリ画面ですが、こうやって使うといいと思うのですよ!

~実践編~

この「超アナログスマホ」を持って、出かけてみましょう。

section18_image

そういえば最近でかいバッグを買ったんだけど、中が整理しづらくてねぇ。

section19_image

だからバッグinバッグを採用してみたんですよ。

section20_image

まあ、実はでかいスマホなんですけどね!米2kg袋と5kg袋の中間くらいあるスマホ。ものすごく生活感あふれるフォルムです。

あと、近頃はついついスマホばかり見ちゃうから、スマホはいっそ家に置いて、たまにはこういうアナログスマホで出かけてもいいと思うのですよ。マイネ王で何言い出すんだって感じですけど。

section21_image

猛烈な勢いで間仕切られてます。

そうだ、次の駅でどの線に乗り換えればいいんだっけ。
「乗り換え案内」のポケットを見てみよう。

section22_image

「小さな時刻表」が入っているので、もう乗り換えはこれでバッチリです。

section23_image

バッグも重いが時刻表も重い。全然スマートじゃないことに気付きました。「でかいスマホ」という言葉の矛盾に。

でも気にせず次に行きましょう。

じゃちょっと切符買わなきゃ…お金お金。

section24_image

「電子マネー」のポケットを探ると…まあ予想通りですね。

section25_image

普通に財布です。現行の貨幣です。

電話しなきゃ!というときには、「電話」アプリのポケットを探ると…

section26_image

スマホ出てきちゃったよ。本末 & 転倒。

黒電話入れるわけにもいかないしなー。かといって他はなんだろう、太鼓とか狼煙?モールス信号機か?
本当の意味でのアナログなものに落とし込むなら、小屋1件分のサイズのスマホになる気がしてきました。いや、だからそれスマートじゃないんだって。


「地図」アプリのポケットからは、地図帳。テッパンですね。

section27_image

うちに鉄道用のしかなくて、電車移動専用地図になったけど。

section28_image

んで、「メモ」メモ帳が入るわけ。これも考えすぎると粘土板にまで行っちゃう危険をはらんでいます。

section29_image

「時計」にはアナログ時計、当然!
すでにスマホで足りてるけどな。

section30_image

「カメラ」アプリ。この念写したみたいな不吉な影は、犬を河原で散歩させてる私です。

section31_image

昔使ってたデジカメ「GR」をしのばせてみました。この辺、アナログなのかデジタルなのか判然としない境目って感じですね。いや間違いなくデジタルなんだけど。

スマホカメラと比べると、コンデジはこっちの範疇な気がしてしまいます。

しかしでかい。そして重い。

section32_image

本物のスマホが133gなのに対し、こちらは1.75kg(バッグだけでも500g)。筋トレ機能の付いたスマホというわけですな。しかし同時に疲労蓄積機能も付いているぞ。

でもこれで改札も出られます。Suica機能付きなんですよ。

section33_image

通るには、普通にスマホを改札の読み取り部に近づけるだけ。

section34_image

ピッ

section35_image

おお、このスマホで改札通れました。これはもう誰が何と言おうとスマホだ!

section36_image

なぜならここ、例のここです。

section37_image

Suica入れにしました。最初はSIMになぞらえて免許証でも入れようかと思ってましたが、わざわざここに入れて使う機会がないのでSuicaにしました。それにいきなり私の免許証が記事に出てきても、どうしていいかわからんだろう。

個人的にはこの部分がけっこう気に入ってます。


section38_image

しかし分厚いな!
いろいろ入れることによって布地もくたびれてきて、親近感あるフォルムになってきました。もはやスマートフォンというより、ファットフォン。実家からの食料おすそわけ袋状態です。

ちょうど、スマホにアプリをどんどん放り込んだり使い倒したりすることによってどんどんその人の個性が染みたスマホになってくる、それと同じようなことでしょうか。
また適当なことを言ってしまいました。


まとめ

普通に使えばけっこうカワイイかと思うので、書類とか手帳とか入れて、スマートに使いたいです。…おさえ気味に書きましたが、個人的にこれけっこう欲しいんですよね~(チラッ、チラッ)。

皆さまからの「欲しい!」という声が多ければ、商品化の道もあるかも?!というか全力でなんとかします!
ぜひ皆さまの声をお寄せください!


乙幡 啓子

ライター:乙幡 啓子

群馬県出身・東京在住。「デイリーポータルZ」「世界睡眠会議」等、さまざまな媒体で脱力系工作記事を連載中。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 67

18 - 67 / 67

いっそ、ショルダーバッグもiPhoneデザインにしてマトリョーシカにすれば(^^)

今までで1番欲しくなった。これは商品化してほしいです

Suicaはデジタル部門だと思うのでアナログなら18切符かな?と思いました。
SIMトレイに切符をセットして改札を通るたびに駅員さんに見せて通過する!
これが自動改札に対抗するアナログ改札でしょう。
期間限定なのが玉に瑕👋
あとカメラは使い捨てカメラかピンホールカメラならよりアナログ感が出ていいかと思いますw

私もAndroid仕様で欲しいです!ショルダーバッグにできるフックが2箇所付いていれば完璧ですね!

すごくおもしろいですね。できたもののクオリティーが高くてびっくりです!Android版もぜひお願いします!

ナイス!と言いたいとこだが、どうせならバックのままで通話してほしかった。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

デイリーポータルZ、どれも非常に大人の本気が伝わってくる記事が多くてかれこれ学生時代からずっと読者です。

そのスマホ(型ポーチ!?)も素敵です。
しかも、自信満々に「え?知らないの?これがめっちゃいまのトレンドなのよぉ!」と言わんばかりのご様子が伝わってきます( ^ω^ )
(ある意味、日本語の本当の意味をわからずに「なまはげ」とか書いてあるTシャツをまんべんの笑顔で着こなされている訪日外国人さんたちを思わせますね)

長文の割りには中身なくて笑えた。
てか、とうでもいい。

電話ポケットにはスマホじゃ無くて,格安ガラケーを入れておかなきゃ。

∑(°Д°;)めちゃくちゃかわいい。すごい欲しい。

そしてすごい上手…なのにみんなそんなに驚いてないことに毎度驚く。何故だ(´Д`;)

AndroidユーザーですがiPhone版のままでもいいのでほしいな~。
Androidだとホーム画面がカスタマイズされていろいろなので。
スマホ感が薄れてもいいので、持ち手を付けてほしいです。
あとファスナーが全開できて、内側の布地がベローンと出せたらもっといいかなぁ。ホックとかで好きな画面を表面に出せるとか...。
でもいろいろ考えれば考えるほど、バッグとしての実用性が下がりそうですね。
とりあえず持ち手だけ!あ、あと内側に小ポケット1つ付けてー。

各アプリから出て来る物に、とても笑えました。 グッド‼︎

いいですね。ヴィレッジヴァンガードなどの雑貨屋にありそう(笑)
2500円~3000円くらいで商品化してくれたら買いたいです。

あとはショルダーバッグみたいに肩から下げられたら良いですね。

東京山手線ですか?大阪環状線ですか?

いいですね!かわいい!
スマホではよく使う機能である時計とかマップとかですが、バッグとして考えるとあんまり要らない(笑)

でも場所が決まっているというのは片付け下手なわたしみたいな人には最適ですね。

可愛さと機能性を備えてて、欲しいと思いました。

駅とかの待ち合わせスポットで通話してほしい!!
その動画をユーチューブにアップしてください!! (笑)

いいぞいいぞ!こう言う遊びごころ大好きだ。最高です!^_^

本当にお疲れ様でした。

どこを突っ込むべきか悩むのですが、とりあえず家にある地図が古い「鉄道旅行地図帳」ってどうなのさ。

でもこのスマホ(バック)、普通に売ってても良さそうですね。

このバックほしいです!!
半分ぐらいの大きさで 商品化を(≧▽≦)

SIMトレイが出てきた時には
うぉ~!!(•'╻'• ۶)۶ っと 思わずテンションが 上がりました。細部にこだわってますね。
改札口を通るときは ちょっとドキドキだったのでしょうかw

□ 応募させてもらいますので、よろしくお願いします。

いいですね~❤
面白そう!その大きさだとマクラにも
使えますね。
 スマホで寝落ちしちゃいそう。

このリアル感良いですね。

電車は都営新宿線ですね。地上駅は笹塚かな?

おしゃれで、かわいいですね。

細かい所までしっかり再現しつつも、手作り感があって良いなと思いました。
よく作られたなという印象です。(^^

初めまして、スマホバックかっこいいですね、持って歩いても皆から注目をあびると思います。

頑張ってくださいね心から応援しています。

器用で羨ましいです。欲しい!
作ってくださぁ~い。

大きいタブレット並ですね、いい発想!

(≡^∇^≡)
創意工夫がすばらしいです。
そして爆笑。

最高に素晴らしい。
そのまま山手線周回して、武蔵野線も回りましょう。マイネオの旗、持つて

発想と行動力がすばらしいです。
僕も使ってみたい (笑)

普通に面白かったです!

使ってみたいけど使いたくないというジレンマが(笑)

すばらしいの一言です。
是非スマホリュックを。

simカードが出てくるところ感動しました(≧▽≦)
それぞれの間仕切りから出てくるアイディアも面白いです
でも実際使うとなると重いしかさばるので
間仕切りを少なくしてポーチとして製品化していただけたら購入します!!

何だか微笑ましい(笑)。
でもこれだけ大きいとスマホと言うよりタブレット・・・・・・??

さすがでした。
発想の柔軟性がすごいって、いつも驚いています。

電話のところには、テレホンカードでも良かったのかも(^^;
でも、すぐに公衆電話探すの大変ですけど・・・。

でも、suica入ってるのは、便利ですよねぇ。

楽しませていただきました( ´∀`)

個人的に、ペンケースとショルダーバッグだったら欲しいかも(๑╹ω╹๑ )

ぜひ作ってください(๑˃̵ᴗ˂̵)

電車に乗った時、向かい側の人がこんなデカスマホいじってたら笑っちゃうだろうな
(´・∀・`)w

これはアイデアの勝利ですね!
アプリ画面の間仕切りとSuika入れになるSIMトレーはすごいです。
で、そういう凝った部分とカメラ・電源ボタンの雑さ加減の落差がまた素敵です。
もうこうなったらクラウドファンディングでもして商品化してしまいましょう♪

発想と遂行するための根気に拍手です!

興味のあるバッグインバッグですね。個人的な要望として、肩からもさげて使えるようになれば
もっと利便性が増すのではと思います。

なんかほしくなりました。

アナログスマホで出かけてもいい!

まずアイデアが素晴らしいし、センスも技術も実行力も抜群です。
しかも、文章がめっちゃおもろいし~♪
これはほしいですよ、ほんまに!
アプリの間仕切りがミソやなぁ☆

ナイス記事をありがとうございました。

すごくいい! 商品化希望です。いくらぐらいかな?!

おもしろネタではこれまで様々なグッズが登場していますが、はじめて「ほしい」と思いました。
単におもしろいだけでなく実用的です。SIMトレイがいいです。
しかしちょっと大きい…?
販売するならAndroidば版やWindows版などもあるといいですね。

すごく可愛い!自分もハンドメイドするのですが本格的で驚きました。ほしい❢

いろんな意味で凄いです!(^。^)

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。