3月1日、「日経電子版+SIM」はじまります

  • はてなブックマークに追加

サムネイル.png

はじめまして、皆さん。mineoの東京支社所属の「SIMリーマン@運営事務局」です。よろしくお願いします!

皆さんご存知のように、mineoを運営するケイ・オプティコムは大阪に本社があります。
私は東京に在住していて、週に1度は東京と大阪を往復しています。多いときは週に3度往復したことも。大阪/梅田駅の地下通路も攻略し、今ではエスカレーターも臆することなく右側にスッと立てるようになりました。

さて、私の仕事はmineoのパートナーを見つけることです。いまあるサービスやコンテンツに通信を付加して、新しいサービスとして展開してくださる企業さま、コンテンツホルダーさまを探しています。きょうのスタッフブログはその成果となる「日経電子版+SIM」についてです。まだ誰にも語っていない開発エピソードを交えてお話ししますね。


■日経電子版+SIMとは

「日経電子版+SIM」は、コンテンツやサービスとLTEデータ通信をパッケージにした新モバイルサービス「+SIM」の第1弾です。
日経電子版の購読料と LTEデータ通信をパッケージにしてご提供することで、電子版と通信を別々で契約するよりもおトクになる料金に設定いたしました。
詳しくは、先日のプレスリリースをご覧ください。
コンテンツとデータ通信をパック販売 新ブランド「+SIM(プラスシム)」スタート


それでは、「日経電子版+SIM」ができるまでの開発エピソードをご紹介します。少し長くなりますがお付き合いくださいね。

■日経電子版+SIM、そのきっかけ

話は遡ること、今から30年近く前。私は大学進学で上京し、学費をまかなうため日経新聞の奨学生(※1)をしていました。朝・夕刊を配達し、購読料の集金をしながら大学に通っていました。「この新聞代金から、ぼくたちの奨学金も支払われているんだな」。そう思いながら、夏の暑い日照りの日も、雨の日も雪の日も、重たい自転車に350部の新聞を載せて配達していたんです。そんな経験がよほど強烈だったんでしょうね。それから20年ほど経った頃でも、寝坊した夢を見て飛び起きて「配達に行かなきゃ!」と寝ぼけたことがよくありました。
※1 日本経済新聞育英奨学会

社会人になってからしばらく経ち、8年前の私は某通信会社で働いていました。「次世代通信規格を活用した新サービス」を考えていたときのことです。夏の暑い日の夕刻、部屋から窓の外を眺めていると見慣れたジャンパーを着た新聞奨学生らしき人が目に留まりました。「真夏の新聞配達はキツかったなぁ」なんて思い出しながら目で追いながら、

「真夏の配達は大変だったなぁ」
「そういえば僕らの配達代も、新聞代金に含まれてたんだよな」
「駅売りで毎日買うより安いのに、自宅まで配達してくれるっていいサービスだよな」
「でもインターネットの時代も新聞を家まで届けるとかアナログだ」
「インターネットで新聞を読む時代になったら、通信代金ってどうなるんだろ」
「通信代金込みのインターネット新聞とか、あったら面白いな」
「でも通信代金もらえなかったら、通信会社は儲けがなくなっちゃうか」
「それなら新聞社が“波”持ったら面白いなぁ」
 (編集注記 “波”:電波、つまり通信のこと)

と、頭の中でシナプスが次々につながっていきました。

こうして新聞という「コンテンツ」と「大容量データ通信」の組み合わせを思いつきます。当時は新聞紙面の画像をそのまま配信するイメージで、紙の新聞と同様に新聞代金に通信料が込みになったモデルを検討し、当時の上司にレポートしました。(ちなみにその上司、今ではmineoの競合社の事業責任者。縁は粋なものです)
しかし事業を取り巻く環境が変わり、結局そのアイデアは実現することなくお蔵入りに。別の通信会社でも実現に向けて動きましたが、時代がまだそれを許してくれることはありませんでした。

■「思い」は、ケイ・オプティコムで

そしておととしの冬。mineoの事業拡大のためケイ・オプティコムに入社した私は、前のmineo責任者である津田に思い切って、「日経新聞のSIMを作りたい」と相談。すると津田は「ええやん、やろやろ」とGOサイン。さっそく提案書を作り始めました。

ところが、要となる日経さんへのルートがまったくありません。お客さま窓口など、いろんなところから試みますが、なしのつぶて。そこで、前述の学生時代にお世話になった日経新聞の販売所長さんを探し出し、アドバイスをいただくため20年ぶりにお会いしました。当時は小さな販売所長だったその方も、今では東京都の販売所を束ねるお立場にまでなっていらして、貴重なアドバイスをたくさんいただくことができました。本当に救われました。

section4_image

知人を通してアポイントを取ってなんとか日経さんにお伺いできることになり、資料をもってご提案。交渉を重ねてサービスデザインを何度も何度も練り直し、少しずつ形にしていきました。何回も壁にぶち当たりましたが、そのたびに弊社取締役の橘、今のmineo責任者の上田、2番バッター、白パン、そして同じチームの京昆布など、みんなが助けてくれて、無事立ち上げることができました。今回はそうした仲間にも恵まれたなと思っています。


■日経電子版+SIMのポイント

プレス発表やそれを取り上げた記事にもありますが、日経電子版+SIMは月額4,946円(税別)で電子版の有料契約とLTEデータ通信(5GB)が使えるパッケージプランです。大手通信事業者3社が提供している5GBのLTEデータ通信の標準的な料金が5,000円ですから、それよりも安いのに日経電子版の有料契約が含まれている、というのが一番のポイントになります。いま大手事業者の5GBプランをご契約の方は、この日経電子版+SIMに乗り換えるだけで日経電子版が(月10本で我慢することなく)読み放題になっちゃうわけです。この価格設定のところはどうやったらお得になるか、お得さがどうやれば伝わるか。もう、本当に、何度も何度もデザインし直しました。



■最後に

「紙の新聞の配達代が購読料に含まれているように、電子新聞の代金に追加料金なしで通信サービスも提供する」というサービスデザインの実現は、残念ながらコストの問題で叶いませんでした。最初の1年だけとか、キャンペーンで限定期間だけ、という立て付けであればそういう見せ方もできたかもしれません。しかし「契約期間の縛りを設けず」、「途中で値段は変わらない」、「お客さまも弊社も日経さんもハッピーになる」、というmineoでもやっている原則はどうしても貫きたかったので、今回の発表のようなプランに落ち着きました。

「安さ」はもちろん大事です。でもMVNOが提案できるサービスは、安さだけではないと思っています。MVNOだからこそできる、MVNOらしいサービスをご提供することが「+SIM」の価値であり、使命です。第2弾、第3弾をご提供できるように今も準備を進めています。皆さんからも、こんな組み合わせがあったら面白い!といった声をお寄せいただければ嬉しいです。そして、いろんなサービスやコンテンツホルダーさんも、ぜひ通信を自社の商品に取り込んで、新しいサービスとして提供することを、ご検討いただければな、と思っています。

section7_image

最後に、の最後に。「日経電子版+SIM」の報道発表の日が急きょ決まって、2月16日に東京オフィスでラウンドテーブル(記者向けの小さな説明会)を行ったんですが、その日の夜、私は久々にあの「寝坊して配達を遅らせる夢」を見て、うなされて大きな声を上げて夜中に飛び起きてしまいました。本当に困ったものです…。



SIMリーマン@運営事務局

SIMリーマン@運営事務局

mineoでは数少ない東京ベースでmineoのパートナーを見つける仕事をしています。昨秋からはプロモーションのクリエイティブをディレクションする仕事も。実は白パン2号。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 79

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

>Kanon好きさん
コメントありがとうございます。
50日近い新規募集の停止ですもんね。
以前、運営事務局の方が、mineoと+SIMは別ブランドで、
ブランド間の移行はシステム改修が必要とおっしゃっていたので、
ちょっと期待しています。

>Treeさん
キャンペーンが3/1時点で当初発表時より4/27までだったのが4/20に短縮され、
その上今回の発表なんですよね。

私は、mineoブランドの一サービスとして仕切り直しでもするのかと考えました
が、実際の所どうなのかは分からないので、今後のケイ・オプティコムさん
の発表に注視していきたいと思います。

「日経電子版+SIM」のサイトに、6月2日までサービスサイトやシステムのリニューアルに伴う新規お申し込み受付の一時停止についてって記載されていますが、何が変わるんでしょうね?
mineoの会員でもあり、日経電子版の会員でもあるので、両方とも解約せずに統合でき、新サービスへ移行できるようになると良いのですが・・・。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

もう少しお得感がほしいところです。当分は静観します。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

楽天証券とか使ってれば日経電子版無料で見れるらしい。噂w

いつものブログとちょっと目線が違う気がして、面白かったです。

かつて奨学生として配った新聞と、その時のツテを使い今コラボできた達成感は仕事としては凄いやろうなと。
疑問も回答されてよく分かりましたよ!
安いだけのMVNOブランドとは違う、いろんな企画出せる、そんな感じて読ませてもらいました。

悪くないですが、
マイネ王で、長々書く必要があるのかは、疑問。

スタッフブログならば、軽いコメントで、公式リリースにリンク貼れば、十分と思いますが。

SIMリーマンさん、
これからもmineoの商品開発やサービスコンテンツいいもの作ってくださいね。
応援しております(^ ^)

日経電子版+SIM ユーザーサポートのHPでの記述
「mineo通信サービスからプラスシムサービスへ、携帯電話番号ポータビリティー(MNP)での移行・転入はできません。」

これには愕然としました。
(当方、mineoデュアルと日経電子版(有料)を契約しています)
システム仕様上の制約とのことですが、早期の改善を要望します。

そして、なぜこの移行を「MNP」と称するのか、腑に落ちません。
(事業者は共にケイ・オプティコムですよね?)
もし、これを「MNP」と称するのであれば、
将来様々なプラスシムを立ち上げて、プラスシム間の移行を希望するユーザーに対して
MNPの転出・転入手数料を徴収することで利益を稼ぐビジネスモデルであるとも受け取れますが、
だとすれば、商売の仕方として、それで善いのでしょうか。MNPの本来の趣旨から外れています。

mineoからの移行、プラスシム間の移行、それぞれの手続については、
MNPとは別の枠組みで検討して頂きたいと思います。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

経営者でもなきゃmineoの関係者でもない奴が、ゴチャゴチャ吐かしてもしゃーないけど、既存mineoユーザーには、あんま関係ない宣伝っちゅー事で、おK???

>SIMリーマン@運営事務局さん
コメントどうもありがとうございます。

私は、日経電子版+SIMについて、ユーザーの側から見ればセットになり
通信料金が安く事はメリットだと思いました。
しかし、これは日経さんとケイ・オプティコムさんの双方にはどういった
メリットがあるのかが見えてこないのが。気になりました。
というのも、Twitter等をみていると、既に日経電子版を利用されている方
が主に興味を示しているという印象です。
これだと、日経さんの方からしてみれば、+SIMの方へ移行されても、
売上単価が下がるだけのように思えるからです。

同時に、mineoさんを利用してみたいという方が居たとしても既に
日経電子版契約済みの方がこちらに契約してしまうと、同じく売上単価が
下がるだけのように感じます。

自社サービス同士のセットなら、加入を増やす上でプラスになると思うの
ですが、これは他社とのセットなのでお互い値引き分を負担してサービスを
行う形になるでしょうから、個人的にはしっくりこない印象を持ちました。

結局、ユーザーにはメリットがあるけれど三方良しという感じにはなって
いないように思えた所が引っかかったという感じです。

それと日経さんならほぼ唯一無二の存在なのであまり問題はならないですが、
一般紙との提携の場合、結構個々の思想で、人によって好みが出てここと
提携しているからmineoとは契約しないと思われてしまうリスクがあると
思います。

さらに、この形式だと長期契約するようなコンテンツでないと成り立たない
仕組みで、そうしたものは相当限られるように思います。

なので、mineo契約者向けに特定のコンテンツサービスを利用する際に
一時的でも良いので割引があるといった感じの方が、上手く行くのでは
ないかと感じます。

具体的には、「Spotify」のローンチパートナーになった時のキャンペーン
の手法ですね。

ああいった形のほうが、良いのではないかと私は思いました。

>SIMリーマン@運営事務局さん

質問への回答おつかれさまでした。
想像していたよりmineoとは切り分けられたサービスのように読み取りました。
コラボ先が主導でmineoのスタンスを当てはめるのは筋違いかもしれませんが、
ユーザー目線でわかりやすい案内がされることを期待しています。

新聞配達経験の話は伝わらない部分があったようですが、
配達経験が生む強い想いだったり、話そのもののデリケートさであったり・・・
いろいろと考えさせられるものがありました。

SIMリーマン@運営事務局様、

ガンバ!

応援してます。

SIMリーマン@運営事務局

(続き)

■mineoスイッチは使えない?

「+SIM」はmineoブランドではないため「mineoスイッチ」はありませんが、
「節約スイッチ」という名前で同一の機能をご用意します。

ただしアプリではなく、WebのMyページのみでのご提供となります。

■マイネ王で取り上げる内容だったか

たしかに別ブランドである+SIMの件を
mineoのコミュニティであるマイネ王で取り上げるのは筋が違ったのかもしれません。

日経電子版+SIMはmineoではないがゆえに、1月のmineoの発表会でも取り上げませんでした。
ただ、自分が実現したサービスを皆さんにも知っていただきたいという思いから、
マイネ王で掲載させていただきました。

配慮が行き届いておらず、申し訳ありませんでした。

■「日経電子版+SIM」について
 サービス詳細のご説明は本日よりコチラに掲載させていただいておりますので、ご覧ください。
 http://plus.mineo.jp/nikkei/


最後に、私自身に関する部分についてです。

私自身は新聞配達の経験を苦労話や感動秘話として
自慢したり同情を買うするつもりでは話しておりません。
学生時代の経験が今回のサービスを考える上での
起点であることをお話ししたかっただけであることを
どうかご理解いただければと思っています。

ただし、私が記した文章によって
みなさんが不快な気分を抱くことがないよう
よりわかりやすく簡潔に書けるよう尽力いたします。


今回の経験を今後に生かします。
これからもよろしくお願いいたします。

SIMリーマン@運営事務局

みなさん

返答が遅くなってしまい、申し訳ありません。
また、たくさんのコメント、叱咤激励ありがとうございます。

いただいたご質問に回答させていただきます。

■なぜmineoと別のブランドなのか

「+SIM」はパートナーさまのコンテンツやサービスとパッケージしてケイ・オプティコムが提供したり、
「MVNOに興味はあるがコスト的に難しい」というパートナーさまが導入しやすい仕組みとしてパートナーさま自身が販売したりします。

お客さまと共に新しい価値を創る
Fun with Fansをステートメントとするmineoとは「ちょっと違うね」ということで、
社内でディスカッションをした結果、別ブランドにすることにしました。


■なぜmineo のオプションではないのか

「mineoのオプションにすれば良いのでは?」、「2000円くらいのオプションならいい」
といったお声もありました。

いまご説明したように「+SIM」はパートナーさまのコンテンツやサービスが「主」で、
通信はそれに付加価値を与える「従」となります。

今回の「日経電子版+SIM」は日経電子版3,889円の価格が基本で、
それに通信をプラスするという仕立てです。

したがって、mineoが主となるオプションとはなっておりません。

■解約するとどうなるのか

パッケージモデルですので、日経電子版の解約=通信の解約となります。
日経電子版だけの契約や通信だけの契約はできません。

どちらかを継続されたい場合は
それぞれ解約した後に、新規契約していただくことになります。

また、現時点では弊社のシステム仕様上、
mineoをご利用中のお客様が、日経電子版+SIMにMNPをすることはできません。
今後、MNPいただけるように検討を進めているところです。


(文章が長くなってしまいましたので、次のコメントへ続きます。)

もう、新聞事態が終わりに近づいている気がする。
新聞と言う情報誌の考え方を切り替えるには良いと思う。
スマホがここまで普及してくると情報誌のありかたも、色々と考えていかないとね。

ただし、ここの文章長いよ。
もう少し、まとめて。

固そうな日経さんといってもやっぱり危機感あるでしょうから、まずは、やってみなはれ、のパターンは、進めるべき。
でないと、次のネタも日の目をみないし。まいねおらしくてよろしいやん

サービスの背景や作り手の方の想いや人柄が分かるのがmineoの魅力と感じています。
別途プレスリリースの場はあるのですから、あまり堅苦しくならず今後もこういった話を聞かせていただきたいですね^^

面白い発想だと思いますし、それを実現するまでのお話も楽しめました。
様々な段階で問題点の洗い出しなどがあったかと思うので、立ち上げた以上は成長すると良いですね。

個人的には、日経新聞を購読していて、キャリアSIMに追加する形でMVNOを利用しているので、非常に魅力的だと思いました。
私の様なユーザーがまずターゲットになるでしょうし、大学生なども大きなマーケットになり得ると思います。

厳しいコメントが多い印象ですが…。
身近にタブレットで通勤時に電子版読んるよーという人がいるので、ターゲットとするところのイメージはわきました。
また、日経電子版がどういうものか知っているのといないのとでは大きな差がありますかね。
既存の利用者に訴えるのなら納得ですが、個人的には5Gで足りるかな、というところが気になりました。
毎日朝夕主要記事を読んでも一ヶ月間足りるかわかれば、目安になるように思います。

残念ながら目が疲れるので、オンラインのみの記事以外は紙派の私ですけども。

思いを実現したのはすごいです。こういう社員さんがいる会社は幸せですね。

+SIMの仕組みがよくわからないのですが、
「日経電子版+SIM」はmineo の回線を利用した日本経済新聞社のサービスになるんでしょうか?
有線でいうと回線はNTTだけど、プロバイダはソネットみたいな感じでしょうか?
だとすると、契約変更すると日本経済新聞社と契約することになるんですかね?MNPの手続きなども必要となってくるんでしょうか?
その辺の仕組みが???です。

SIMリーマン@運営事務局さま、
大学時代のご苦労、よくわかります。
そこにご縁があって日経様とのコラボですね!

素晴らしいと思います!ハイ。
今後の企画も素晴らしいものができてくると期待してますので、
我々をアッと驚かしてくださいね。


すでに利用者の私たちも乗り換えができるようになると良いのかな?
と思います。

今後の企画、楽しみにしております。

なんでこんなに非難されているのだろう?

自分は興味深く読みました。
発想の原点から実行まで、周りを巻き込んで一つの商品を作り上がるのは大変だったと思います。
表には書けないところも機会が有れば聞いてみたいです。

他の新聞も巻き込んでいけたら面白いと思ってます。
オワコンと言われる新聞が「+SIM」でどう変わっていくのか?
デジタルネイティブなミレニアル世代に訴求力を出せるのか?

閉塞感を打ち破る為の、一つのチャレンジングな商品と思っています。

今後も、こういったチャレンジングな試みを続けて行ってください。

なぜmineoで提供できなかったのか、が知りたいです。
日経が第一弾ということは今後もサービスが増えるということですよね。
選択肢が増えるのは消費者にとっては良いですが、mineoユーザーにとっては裏切りに思えます。
mineoユーザーもオプションで利用できるように頑張ってもらいたいです。

それと、「きっかけ」は書かなかった方がよかったです。
嫌なら普通にバイトをするか普通の奨学金をもらって社会人になってから返せばよかったのに。
恩を仇で返すような企画に思えます。

こんにちは。

「何が」「いくら」なんでしょうか?
→まず一番重要な話のポイントがぼやけています。

まぁここは「ブログ」ですから、プレスリリースとは違うとしても、
なんかちょっと違和感が。多くは皆さんが言及している通り。

>■日経電子版+SIMのポイント
ここだけでいいのかなぁ。わかりにくいです。
>■最後に
を読むと「コストの問題で叶いませんでした」とか出てくるし、、、
どっちなんだと。最後には結論じゃないのか?

これ、普通に日経Simとしてケイオプティは黒子役(MVNE)に徹した方が良いのではないでしょうか?
「企業コンテンツ+sim」と云う名称は中途半端な気がしてなりません。

こんなに長い記事…
読むのが辛いです。
簡潔に分かりやすくお願いします。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

マイネ王運営事務局 さま
SIMリーマン@運営事務局 さん


追記 3
”新聞の奨学生”の段の、この発表への経緯について

不整合な論理的説明をされても読者は感銘を受けません。

参考資料サイトを御覧下さい。

”理論的とは・論理的とは(意味の違い)何故、話し合い⇒口論になり上手くいかなくなってしまうのか?”
http://mainoko.com/blog/archives/3306

根本となる意図が定まらず、読者は混乱します。


私達は、時間を掛けてスタッフブログを確認しています。

いち早く情報を得たいのに、SIMリーマン@運営事務局 さんの
能力・性格・価値観・地位など個人的性質を確認するために
スタッフブログを拝見しているのでは有りません。
責任者として、公表するにあたり異議を唱える方がいらっしゃらないのでしょうか?

私の述べたい事はこの追記 3 までです。
運営事務局 さまからの御連絡をお待ちしています。

読み物としては、結構面白かったです。
個人的にはsimと日経の組合せにあまり魅力を感じませんが、個別に契約するよりお得な価格設定になっているなら、それなりに売れることでしょう。
ご健闘を祈ってます。

そこまでネガティブな批判をしなくてもいいと思いますが、私も正直「重たい自転車に350部の新聞を載せて配達していた」あたりの記述は不快に感じました。「だからなんだよ」と。
はっきり言ってしまえば、日経電子版とsimのサービスがセットになった商品というだけのことで、そのウラに感動秘話のようなものが潜んでいるわけはありません。この記事ははっきり言って小学生の作文にもなっていないようなこじつけです。ケイ・オプティコムさんはちょっとマイネ王のレベルを低く設定しすぎなんじゃないですね。

…あれ?俺のほうが批判的か?

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

>ジャックブライン様
素晴らしい。
”それがどうしたんだ。自慢したいのか? このことは俺だけにして今後お前の身の上話は絶対に話すなよ!”

その知人はとても的を得た助言をされたと思います。
感動いたしました。
ナイスを10回いや100回押したかったです。
チップで代用しました。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

マイネ王運営事務局 さま
マイネ王メンバーの皆様

マイネ王運営事務局 さまにメッセージを送りましたが返信が無いので
私はアカウントの停止される覚悟で投稿します。
マイネ王メンバーの皆様におかれましては、
”違反報告”されても構いませんので御一読頂けましたら幸いです。

追記 2
今回もマイネ王運営事務局 さまに対して批評せざるを得ない事になり
残念でなりません。

SIMリーマン@運営事務局 さんは
どの様な人物でしょうか?
スタッフブログは統合責任者の最終校正の行程はなされず、たとえ
マイネ王メンバーが ”意図不明に想う表現”
すなわち
”その目的に道筋を立てる行程において必須ではない表現”
に憤りを禁じえない。場合があります。
このセクションは、キャリアを積んだ転職者が多いのでしょうか?
”個性の隔たりすぎ” を承認する事により、mineo の方向性が歪むことが無い様に御願いします。

そして個人の体験された事の表現についても

”新聞の奨学生” のみの表現で宜しいではないでしょうか?。

それに自身の体験として

”夏の暑い日照りの日も、雨の日も雪の日も、重たい自転車に350部の新聞を載せて配達していたんです。”

同情を買いたいのですか?

私は苦労に苦労を重ねて卒業しています。

あなた様は何が目的で苦労話を発表するのですか?

スタッフブログにまで表記された事ですので、ケイ・オプティコムへの採用試験の際にも御話しされている事でしょう。

私も ”新聞の奨学生” を経験していますが、家庭の事情の事ですので公表していません。
知人に一度だけ話しましたが
”それがどうしたんだ。自慢したいのか? このことは俺だけにして今後お前の身の上話は絶対に話すなよ!”
要するに
”他人に素晴らしい人物と思われたい、自慢話を聞いて欲しい、苦労話を聞いて欲しい、のなら、恥を掻くのはお前だ!” 
と助言を頂き私は恥じました。

私と年齢差はあまりないと存じますが、上席は二十歳前後の若造には
助言されると思います。
此処で私が若輩者ではありますが、未熟ながら御社の発展のために一筆
申し上げさせていだきました。

自社のコンテンツ+SIMサービスを一元提供したいけど、リスク抱えるMVNOを自社でするのは…と言った企業向けに提案出来るサービスで面白いなと思いました。
ただ、将来的にSIMだけ辞めたいorコンテンツだけ辞めたいと言った時にどうなるのかな?って疑問点は残りますね。
今回は日経電子版との提携ですが、mineoサービス契約者も「現契約+コンテンツ」の一括請求サービスを受けられる様に、今後増えるであろう提携先と調整を進められるとmineoの魅力が高まると思います。

携帯電話サービスの既存ブランド「mineo(マイネオ)」に対して、
新ブランド「+SIM(プラスシム)」を立ち上げたとのこと。
mineoユーザーには関係なので、これは住み分けたサービスと捉えました。
開発者の思いはとても伝わりましたが、
この場での掲載はただの宣伝ではなのでしょうか。

パーソナルユースではMVNOは確実にキャリアにとって変わると思います。

だからこそ、SIMリーマンさんのおっしゃるとおり、安ければいい、ではない付加価値をつけなければ、ユーザーは逃げます。
過渡期の今だからこそ、キャリア3社ができなかった(しなかった)ユーザーを大事にする(逃さない)方策に注視する会社であって欲しいですね。
とても難しいことだとは思いますが。


フリータンクの枯渇未遂事件のみなさんのコメントを読んで思いました。

みんな、変えるの、イヤなんです(^_^)
面倒だしね。
縁あって出会ったんだしね。

だから、お願い、ケーオプさん❗️

ずーっと、使いたいって思えるように、ユーザーを大切にしてくれてるなぁ😄って思えるような何かを続けてくださいね。

がんばってください。
応援しています📣

四半世紀以上前から日経新聞を愛読している(今は電子版のみですが)私としましては、とても期待できる企画です。サービスが始まって、ユーザー数が増えていく中でブラッシュアップしてくださればありがたいです。今気になるのは、mineoユーザーが日経+SIMに乗り換えた際に、まさかMNPの扱いにはならないでしょうね?(同じ事業者が提供するサービスなのですから)ということ、mineoが提供している通話割引やパケットに関わる革新的なサービスは同様に使えるのでしょうね?ということ。先ほどサポート窓口に色々確認したのですが、先方もあまり情報をもっていない様子だったので、mineoユーザーになって1年未満である私は少々不安になりました。販売開始4日前にしてこの状態なのは、お粗末なのでは。。。

PR方法や契約方法は今のままでいいですが、契約したらmineoの契約コンテンツサービスに自動的に追加されるといいと思いました。
(既存のmineoの契約者も同じ差額料金でコンテンツ契約できる)

5GBプランでないと…、というならそれは既にプラン構成がキャリアみたいになっているということで、まっすぐではないですね。
あと、帯域もどうなっているか分かりにくく、情報も取りにくいので、手を出しにくいです。

回線使用数を増やしていくのも大事だけど、それ以上にmineoブランドを信頼のあるものに育てていくのも重要だと思います。

苦労話は立派ですが、肝心のmineo とは別サービスになった(せざるを得なかった)理由くらいは、支障の無い範囲で出して欲しかったです。それすら言えないとなると「別ブランドの成立過程をわざわざここに逸話を書く理由って何ですか?」って話になりますな。

これは、mineoとは別のサービスだと思いますが、mineoスイッチと同じものはあるのでしょうか?
また、日経を読む場合、パケットフリーになるのでしょうか?
わかる方がいれば教えて欲しいです。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

MVNOをむかしから応援してきた者です。大手キャリアとは違う価値軸を出そうとする取り組みだと理解しました。ぜひ成功してほしいです。
ここではmineoユーザが反応するのは当然ですが、この商品はmineoのユーザとはやや異なるセグメントも狙っているのかもしれないと思いました。
楽しみにしています。

発案者の想いが伝わり、楽しく読ませて貰いました😸こうして様々なサービスが産まれる訳ですね。

自分の事を書くってなかなか難しいと思いますが、バランスが取れてて、単純に読み物としてもとても面白い記事でした。
これからも頑張って下さい。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

mineoユーザー向けのオプションとして売り出した方がわかりやすいのでは?
+3000円くらいで読めるならそこそろ需要はありそうですが

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

他のスタッフブログでは昼にタイムアウト等の苦情もあるのに、お昼に読めるのかな?💦

日経以外も読めたら、即決めなんだけどな。1紙では今の企画ではないような。

次は「週刊少年ジャンプ+マガジン+サンデー+チャンピオン電子版+SIM」でお願いします!

私は日経電子版購読者なんですが、
通信量は3GBで足りているので、ちょっと計算してみました。

日経電子版は月額4200円(税込)
デュアルの3GBプランは月額1600円(税込)
合計5800円(税込)

日経電子版+SIMデュアルタイプの最安は5GBプランで6097円(税込)

一瞬安いかもって思ったけど消費税加味すると私のプランではちょっとだけ高くなってしまいますね^^;
元々5GBプランに加入してる人はかなりお得ですよ。
私は3GBプランが出るまで我慢しますー!

コラボ企画、拝見しました。
なぜ(モノとしての)新聞を読まなくなったのか?
ネットでの情報が溢れている中で、新聞の情報は古いものになってしまうから?!
紙媒体で読まないのに電子版!は読むのか?

紙媒体での新聞を購読してる人にとっては良い企画だと思いますが…
〈今回は、あえて辛口で言わせてもらってます〉

他の利用者もおっしゃってますが、新たなプランは必要ないですよ。
期間限定とかではないんですよね?

コラボ企画をするのであれば、
いつからいつまでの期間限定で新たにプランを作るのではなく、パックとして出してみたらどうでしょうか?

mineoらしい企画を待ってますよ!