サムネイル.jpg

  • おもしろネタ

【実験】スマホと母親はどっちが役に立つのか!?

社領 エミ

ライター:社領 エミ

1990年生まれ 兵庫県出身。"面白くて 変なことを 考えている"会社、株式会社人間の書けるムードメーカー。

  • はてなブックマークに追加

マイネ王をご覧の皆さん、こんにちはー!
“面白くて変なことを考えている”会社『株式会社人間』にて、Webライターとして日々変な記事を執筆しております、社領エミ(しゃりょう・えみ)と申します!
この度、色々あってマイネ王にて記事を書かせていただくこととなりました。以後よろしくお願い申し上げます!

section0_image


ところで皆さん、スマホ使ってますか〜!?

スマホって本当に便利ですよね。電話にゲームにインターネットに、なんでもできちゃう万能な機械! もはや、私たちの生活からは切っても切れない存在になっています。

しかし皆さん、思い出してみてください。そういえば子供の頃、『お母さんってなんでもできるな〜』と思ってませんでしたか?

section1_image

お母さんは、なんでも知っててなんでも教えてくれる! 洗濯もできればご飯も作れるし、アイロンも縫い物も仕事もできて、どんな悩みでも聞いてくれる!
十数年前の私たちにとって『母親』こそが最も万能な存在だったのです!

現代ではスマホが幅をきかせていますが、果たしてあんなに万能だった母親よりも役に立つのでしょうか…?
比べたことはありませんが、実際のところかなり気になる!

ということで今回の記事では、『スマホ』と『母親』はどちらが役に立つのか、機能比較してみたいと思います!


スペック比較

今回、私の母親と比べるのは、格安スマホサービス『mineo(マイネオ)』の機種である、富士通のarrows M02

まずは、arrows M02と私の母親のスペックを表にして比べてみることにしました。

section3_image

section4_image

section5_image

やはり母親と比べると、スマホの小ささ・便利さ・おしゃれさが際立ちますね。
さすが格安スマホ、arrows M02は月額1,310円〜と圧倒的に安い!ものの、母親の無料という最強さには太刀打ちできない様子…。

しかし、表だけだと結局まだよくわからないですよね。
この表では、スマホの最も重要な機能である『アプリ』についての比較もされていません。

やはりここは、実際にスマホと母親を比べてみるしかないようです。



母・美和子見参

ということで紹介します。

『スマホ VS 母親』の実験のため、地元から呼び寄せました!
私の実の母、美和子です!

section6_image

美和子
|社領エミの母・社領 美和子(しゃりょう みわこ)。
|兵庫県生まれの53歳。母親歴は28年。バレエ教室に通っています。
|顔出しはNGとのことでした。

section7_image

「皆さん、娘がいつもお世話になってます。今日はよろしくお願いします~」

section8_image

「!!!」

section9_image

挨拶するなり地元の新たまねぎをマイネ王の担当さんに手渡す美和子! 早速の抜かりなさでスマホとの差を見せつけております!

では早速『スマホ VS 母親』の実験に移りましょう。ルールはこちら!

section10_image

section11_image

それでは実験スタートです!



実験!『スマホ VS 母親』

第1試合 『時計機能』対決!

ホームボタンを押すと簡単に時間がわかるスマホですが、母親でも時間はわかるのでしょうか?

section13_image

「お母さん、今何時?」

section14_image

「うーん…11時前くらい?」

section15_image

ほんとだ!

section16_image

「なんでわかったの?」

section17_image

「さっき時間見たから」

section18_image

「アバウトだな…!」

section19_image



第2試合 『計算機機能』対決!

お次はもう少し難しい実験に挑戦です。
スマホの計算機だと、どんな難しい計算でもパパッとできてしまいますが、母親だとどうなのでしょうか?

section21_image

「お母さん、『15678×2344÷6+234』の答えって何?」

section22_image

「えっ!? そんなんできひんわ〜!」

section23_image

できないと言いながらも、健気に計算をしてくれる母。

section24_image

「母親が筆算で計算してる姿って無性に面白いな…あ!!」

section25_image

section26_image

「お母さん、もう間違っとるよ!!

section27_image

「えっ!? う〜〜ん……いや、もう引き返されへん……

section28_image

「そんな〜〜!」

section29_image

ということで、間違いを引きずりながら最終的に出た回答は『6123421』!
果たして正解は…?

section30_image

ち、近い…!! でもハズレだー!

section31_image

「こんなん無理」

section32_image



第3試合 『つぶやき機能』対決!

スマホを触っている時間のうち、Twitterを見る時間が格段に長い私。ということで、スマホの代わりに母親に向かってつぶやいてみることにしました。
まずはこちらのツイートから!

section34_image

1億円欲し〜」です。
Twitterでの反応はフォロワーさんからの1いいねのみ! 返答は一切なかったどうしようもないツイートですが、果たして親に向かってつぶやいてみると…!?

section35_image

「1億円欲し〜」

section36_image

「ふーん」

section37_image

「1億円欲し〜」

section38_image

「ふーん」

section39_image

「……あ〜、1億円欲しいなぁ〜」

section40_image

「くれんの?」


母親に金の話をすると、せびられることが判明!
お母さんにはこの年になるまで随分お世話になったので、当然といえば当然かもしれませんね。

では続いてこちらのツイート!

section41_image

トイレ行きたいなう」です。
Twitterでは完全無視、いいねすらつかなかったこのツイートですが、果たして母親に向かってつぶやいてみると…!?

section42_image

「トイレ行きたいなう」

section43_image

う○こ?

section44_image

最悪の返答だー!
Twitterだと何の反応のなかったツイートでも、『母親に向かってつぶやくと何らかの返答は返ってくる』という事がわかりました。反応の良し悪しは置いといて……。

はい!ということで、

section45_image



第4試合 『辞書機能』対決!

お次は辞書機能! わからない単語があっても、スマホだと瞬時に調べることができますが、母親に聞いてみると果たして……!?

section47_image

「お母さん、リア充ってなんだっけ?」

section48_image

「リア充…? お母さんそれ知ってるで!」

section49_image

section50_image

「えー!! なんで知ってるの!?」

section51_image

「アンタが毎日言ってるからや」

section52_image

スマホでも調べてみました。お母さん大正解!

インターネットに弱い母親ですが、たとえネットスラングでも毎日言ってると覚えることが判明しました。
しかしお次はどうでしょうか。次のお題は、『DQN』です!

section54_image

「DQN(ディー・キュー・エヌ)…!?」

section55_image

「お母さん頑張って! なんて意味だと思う?」

section56_image

「うーん…」

section57_image

section58_image

「お母さん、DONQはパン屋だわ!」

section59_image

「もしかして、これは何かの略では…!? D……『大好きな』……Q……『質問』……」

section60_image

section61_image

大好きな 質問 No.

section62_image

「どういうこと?」

section63_image


section64_image

ちなみにスマホで調べたところ、DQNの本来の意味はこちらでした。90年代からあったのか。

第5試合『ゲーム機能』対決!

お次はゲーム。実に沢山のゲームアプリで遊ぶことができるスマホですが、もしゲームをしたくなった時、母親しか目の前にいなかったら…?

section66_image

「お母さん、なんかゲームがしたいんだけど」

section67_image

「ゲーム……。よし、腕相撲やろう!」

section68_image

「腕相撲〜!? ◯×ゲームとかかと思いきや、かなり肉弾戦なやつが来たな…」

section69_image

なんと、母親が選ぶゲームは腕相撲…!
こうして53歳の母親と腕相撲をすることになった25歳の社領。
普段全く運動をしない私ですが、高校までは運動部だったこともあり負ける気が全くしません! 勝敗やいかに…!?

section70_image

おっ…!?

section71_image

つ、つよ〜〜〜!?!

section72_image

「ちょっと待ってちょっと待っ……!!」

section73_image

「フンヌヌヌ……」

section74_image

負けました。

section75_image

「腕が千切れそう……。 そういえばうちの母、テニス教室に通ってるんだった……!

section76_image

「伊達に毎週テニスしてないわい!」

テニスしている母、強し! ちなみに、腕相撲以外に母から提案されたゲームは『指相撲』『あっち向いてホイ』の2つでした。全部肉体派だ…。

section77_image

また、スマホアプリを取得できるGoogle Playではゲームアプリが山盛り! 腕相撲ほど体力を使わないので、母親よりスマホのゲームの方が良コスパで長時間遊べそうですね。

ということで、

section78_image

第6試合 『自撮り機能』対決

スマホといえば、やっぱり自撮り
昨今のスマホは若い女性の自撮り文化のおかげで、この通り……

section80_image

自分がめちゃくちゃ可愛く撮れちゃいます!! 誰だコレ!
そんな自撮りができるスマホですが、果たして母親も『自撮りしたい!』という欲求を満たしてくれるのでしょうか…?

section81_image

「お母さん、自撮りしたいんですが」

section82_image

「自撮り?」

section83_image

「えーっと、自分の顔を写真で記録したいんですが……」

section84_image

「うーん……」

section85_image

よし、描いたるわ

section86_image

描く…!?

section87_image

そう言うなり、真剣な眼差しで私の顔を見つめ、キャンバスに『サッサッ』とペンを走らせる美和子。馴れた手つきです。昔は絵を描くことが好きで、なんと中学生の頃は美術部員!デッサンばかりの毎日だったのだとか!

section88_image

「(どんなの描いてるんだろ、チラッと見てみようっと。……!?)」

section89_image

section90_image

………!?

section91_image

「………。(サッ……サッサッ………)」

section92_image

section93_image

「……。」

section94_image

「メイクもしてあげよ〜っと(サッサッ………)」

section95_image

「…………。」


(10分経過)


section96_image

「よし、できました! ちょっと変になっちゃった」

section97_image

section98_image

section99_image

ナマズ……!?

section100_image

「これはヒゲじゃなくて、ほうれい線」

section101_image

「そうか……」


なまじ15分かけて描いてもらっただけになんとも言えません。
うつろな瞳に濃すぎる眉、見事なケツアゴ、全く安定しない線には目を見張るものがありますが……。よく見るとアイラインやチークなど、女性らしいところもしっかり描いてくれています。ほくろの位置も忠実だし、髪の毛はいろいろな色で描かれていて深い色合い。

自分の顔と並べてみました。

section102_image

section103_image

「似てるやん!!」

section104_image

「なんか似てる気がしてきた」


でも……

section105_image

しかし、今まで母親には上履き入れや手提げなど色々作ってもらったものの、似顔絵を描いてもらうのはこれが初めてな気がします。
なんだか嬉しい!このあと待ち受けにしてしまいました。

第7試合 『メール機能』対決

いよいよ7つ目!最後の検証となります!
いまや、大事な仕事のメールだって出先で打てちゃうスマホ。もはやスマホは、社会人にとって手放せないアイテムですよね。

そこに目をつけた私、良いことを思いついてしまいました……。

母親に"メールとして"伝達役をしてもらうことで、
上司への無茶な要求も通るのでは……?

section107_image

「お母さん、うちの社長の花岡さんにメールを送りたいのよ」

section108_image

「うん」

section109_image

「でね、1個花岡さんにお願いしたいことがあるから、花岡さんに伝えてもらえない?」

section110_image

「わかった。じゃあ、手紙に書いて持ってくわ」

section111_image

ずるいことを思いついてしまった! いつもなら通らない上司へのお願いを、母親に手紙にしたためてもらいます。
そんなこんなで、手紙が完成!

section112_image

section113_image

私が勤める株式会社人間のオフィスに到着です!
弊社の玄関ドアは何故か150cmの高さしかないので、遠近感が狂いますね。

section114_image

「じゃあお母さん行ってくる! 失礼しま〜す…」

section115_image

「お母さん!! 頑張ってきて…!!」


遂に……!

section116_image

section117_image

母・美和子と上司・花岡のご対面だ〜!!

花岡 洋一
|株式会社人間の代表取締役。社領の上司。
|変な前髪だが、家族全員変な前髪らしい。

section119_image

「社領エミの母です。娘がいつもお世話になっております〜」

section120_image

「こちらこそいつもお世話になっております」

section121_image

「母親がオフィスにいる…! 母親と代表が向かい合ってる…! ものすっごく変な気分なんですけど!!

section122_image

「実は折り入ってご相談がありまして…」

section123_image

いそいそと便箋を広げて読み上げる美和子。
私のたった一つの願いを、美和子なりの文章にしてもらいました。
果たして美和子は、どんな"メール"を読み上げるのか…!?

section124_image

花岡 洋一様

単刀直入にお願いです。

"娘に、有給を使って東京ディズニーランドに行くことを許可してください。"

もしくは、社員旅行で東京ディズニーランドに1泊でもかまいません。

小さい頃からの夢で、是非とも叶えさせてやりたいのです。
もう花岡さんしかおすがりできなくて…


以上 よろしくお願いします。

社領エミ ママ


こんな手紙ですが…私、『平日に有給で東京ディズニーランドに行きたい』としか言っておりません!
『社員旅行で1泊』『小さい頃からの夢』は母親が勝手に付け加えた創作です…!なんなら私、去年東京ディズニーランドに行っております!!

『おすがり』なんて言葉もこの手紙で初めて見ました。なんてへり下った言い方なんだ…。

section125_image

なんとも言えない顔をする花岡さん。
果たして、結果やいかに…?

section126_image

「これは……」

section127_image

ゴールデンウィークに行ってください

section128_image

ですよね〜!

section129_image

「あぁ〜〜〜!!!」

section130_image

section131_image

混んどるやん!! 混んどりますやん!!

section132_image

「知りません。ていうか、お前去年東京ディズニーランド行ってたやん」

section133_image

「うっ、バレてた…!! お母さんも、『ですよね〜!』じゃなくて粘ってよ!!」

section134_image

「いや、別に有給取らんでも行けるやん」


母親をもってしても、上司への要求を通すことは無理だった〜!!
しかも、勝手に謎の創作ストーリーを2、3点付け加えられます!ということで、

section135_image

section136_image

「お母さん、この度はご足労をお掛けいたしました。変なことに付き合わせてすみません」

section137_image

「とんでもない! これからも、娘をよろしくお願いいたします」

section138_image

最後に三人で記念撮影! 自分の実の母親が、オフィスでバレエのポーズをとっている……。

section139_image

「平日のディズニーランド、行きたかった〜っ!!」


『スマホ VS 母親』結果発表

ということで、今回の『スマホ VS 母親』でわかった結果は以下!

(1) 母親でも時間がわかるけど、アバウト! スマホの勝利!
(2) 母親に5ケタの計算は無理! スマホの勝利!
(3) 母親はつぶやきに反応はくれるが、金をせびる!スマホの勝利!
(4) 母親はネットスラングは割と苦手!スマホの勝利!
(5) 母のゲームは3種類だが、スマホのゲームは無限大!スマホの勝利!
(6) 母親の描いた似顔絵はなんかムカつく!スマホの勝利!
(7) 母親は勝手にメールを創作する!スマホの勝利!


以上の結果を持ちまして……、

section141_image

ということがわかりました〜!

『知ってたわ』という感じですよね。皆さん毎日使ってますもんね。すみません。
しかし、mineoならそんなスマホも月額1,310円から! や、安すぎるー! 私なんて月々10,000円超払ってますよ!? これを機に、格安スマホを本気で検討したいと思います…。

section142_image

「お母さん、付き合ってもらったのになんかゴメン」

section143_image

「ううん、でも楽しかったわ〜!」


おわりに

section145_image

実験終了後。

せっかくなので、母親に今日の感想を語ってもらうことに。
ここで私は、思わず自分の家族の意外な真実を知ったのでした。

section146_image

「お疲れさま〜! 今日は実際見てみてどうだった?」

section147_image

「あんたの仕事が生で見れて面白かったわ〜。記事の撮影ってこんなに時間かかるんやね!」※この日の撮影は3時間かかりました

section148_image

「記事によるけどね。いやー、でも出てくれると思ってなかったよ! 私の仕事って完全に自分を切り売りしてるから、良い印象持ってないと思ってたし」

section149_image

「いや、仕事に関しては何とも思ってないよ。そのうち仕事も変わると思ってるし」

section150_image

「え! 変わる? それはなんで?」

section151_image

お父さんも昔記事書いてたから

section152_image

嘘〜!? 知らなかった!! 今、お父さんって自営業で店舗設計やってるよね?」

section153_image

「うん。昔は全国に取材行きまくって、雑誌とか、ちっちゃい冊子とかに書いてたんよ。そっから色々仕事変わって、まぁ〜苦労して今の職業に行き着いてん。やっぱり平面で稼ぐのはなかなか難しいって思ったわー」

section154_image

「じゃあ、お母さんは今の私の仕事に反対してる?」

section155_image

「いやもう、あんたが納得できて普通に暮らしていけるなら、どんな仕事でも良いよ。ライター仕事もきっとお父さんの血やからどうしようもないし! ただ、この先どうなるかなんて誰にもわからんねんから、どんな仕事してる時も長い目で見るねんで。ずっと続くものなんてそうそうないからね」

section156_image

「今、人生で一番お母さんが頼もしく見えてるかもしれない…」

section157_image

「あー、とりあえず私は子供たちが無事に大きくなってくれたからホッとした! もうなにがあっても学校ださなあかんとか、大きなお金が必要ってことが無くなったからね〜。これからは好きにやってちょうだい!」


この後も色んなエピソードを根掘り葉掘り聞いたのですが、こんな機会でもないと知ることのなかった話ばかりでした。
新婚早々に突然脱サラして独立したお父さんと、二人三脚で会社を走らせてきたお母さん。私が鼻をほじり食いながら学生をしているうちに、沢山の荒波を乗り越えてきたそうで…。子供達には平気な顔しか見せてこなかった両親に、社会人になった今、もっと親孝行をしなければと強く感じたのでした。

お父さんお母さん! ここまで愛情込めて育ててくれて本当にありがとう…!

あれ…!?
これって、スマホの機能的に大敗はしたものの、結果的にはお母さんの大勝利では!?



機械のスマホは確かに役に立ちます。

しかし、お母さんほど、
家族を世界一大切に思っている人はいな〜い!!!!

section158_image

イェイイェイイェイイェイ! イェイ〜〜〜!
お母さんに万能さなんて必要ねぇ!
その愛と真心だけで、お母さんの大勝利なんじゃ〜!!!!!!
お母さん大好きじゃ〜〜〜!!


ということで、『スマホ VS 母親』でした。

ちょっと過ぎてしまいましたが、5月8日は母の日でしたね! 皆さんもこの機会にお母さんと過ごす時間をとってみては? 意外な自分のルーツが知れるかも!

また、月額1,310円〜の格安スマホ『mineo(マイネオ)』についてはこちらから!
現在auまたはドコモを利用されている方は、今お使いのスマホをそのまま使えて月額使用料がメチャクチャ下がる断然おトクなサービスですので、是非チェックしてみてくださいね!

ではでは、ごきげんよう! 社領エミでした。


社領 エミ

ライター:社領 エミ

1990年生まれ 兵庫県出身。"面白くて 変なことを 考えている"会社、株式会社人間の書けるムードメーカー。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 33

1 - 33 / 33

エミさんのアイコン、強烈だなwww
インパクトありすぎ♪♪♪

社長さんのステキ髪型に全部持っていかれてしまい、以降の記事が全く頭に入らなくなってしまいました(たぶん何かすごくいい事が書いてあったと思います)

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

スマホの勝利になったが、母ちゃんは母ちゃんでいてくれるだけで充分ですね。

お母様、ストールお似合いです。
スペック比較表を拝見しましたが、失礼ながらお母様は通信機能をお持ちで無いのですね。ちなみに私の母は通信機能があります。

母「え~と、あれ取ってきて、あれ」
私「はいはい、新聞ね」

最大通信距離は3メートル程です。

面白すぎるにゃー!あんちゃん、この記事のライターさん好きになったにゃ!
でも、地主さんもいいと思うにゃー!

関西のお母さんって面白いけど…歳めっちゃ近いな…(笑)
たまねぎのお土産で、兵庫県というともしかして…

このヴァラエティ感がマイネ王!

おかあさん、同じ年~

やはり最後は「母は強し」最強です!
愛に勝てるものなど存在しません。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

女性は母親になると母性本能というスペックが倍増します

これはなかなか楽しめましたw

それにしても、最近のスマホの自撮りは凄いですね(^^ゞ

面白くて楽しく、そして和める記事。ありがとうございました。(^^

朝から楽しませてもらいました(#^^#)
こういう和む記事はとても好きです♪
次回も期待してるので頑張ってください!

面白い対決ですね。綺麗なお母さまのマスク、リラックマか何かにしてあげて欲しかったわ

実に面白い

関西のノリ満載で楽しませてもらいました

マイネ王 運営事務局

>HOOKUPさん

他の誰よりも目だっていますね!(笑)

>Niyaさん

ステキ髪型に気をとられすぎてしまったのですね!(笑)

>ひろしひろしさん

楽しんでいただけたみたいでよかったです(^-^)

>長柄のヤンさん

母親の代わりはいませんよね(*^^*)

>ロシアより愛をこめないで。さん

たしかに!髪型がよく似ていますね!

>白イチジクさん

すごい!白イチジクさんのお母さま、高スペックです(^^)

>あんちゃんさん

今後も応援よろしくお願いしますね☆

>バギンズさん

玉ねぎを配っている姿が、THE関西人ですよね♪

>619_ak@mnemoさん

そういっていただけると嬉しい限りです(^-^)

マイネ王 運営事務局

>ikvさん

同い年って、親近感わきますよね(^-^)

>nakachanさん

大爆笑だったようでよかったです!お母さんのアナログ感がいいですよね♪

>み~さん

“愛に勝てるものなど存在しません”
胸に響きました☆

>テン・ガ・アールさん

“母性本能というスペック”名言ですね!

>Kanon好きさん

カメラアプリも充実してますもんね!
楽しんでいただけたようで何よりです☆

>オズさん

次回も楽しみにしててくださいね(^^)

>456ピッコロさん

面白マスクをしていても綺麗なお母さまですよね(*^^*)

>Sho Eさん

関西のお母さんは、ほんとうにノリがいいですよね♪

>ぽんた@さん

ご親切にありがとうございます♪
面白いだけじゃなく、最後に感動させてくれる記事でしたね(^^)
お母様には(間接的に)行くと思いますよ!

母 言わなくても、気を利かせて、色々やってくれる。だが、時々余計なこともする。
スマホ 指示したことしかしてくれないが、余計なことはしないし、小言も言わない。

私的には、結構大きい差です。

お母さん、べっぴん3やなあ。
めっちゃリア充してる母娘さんやねえ。
オモロイねたで、笑わせてもろたわぁー(笑)
おおきに。

おもしろかったです。次の記事もたのしみにしています。
週刊社領エミになることを期待しています。

サイズの比較は単位合わせたのに、重量の単位は違うとか、、、。
スマホアプリの電卓の計算結果と比較してる段階で、お母様の勝ちは無いではないか?
ちゃんとそろばん弾いた結果とスマホと比較しないと!
自撮りは、何も設定することなく独特な雰囲気で加工までしてくれるとか、お母様凄すぎではないですか?

総じて突っ込みどころ満載で楽しませて頂きました。
元気な親を大切に。。。

マイネ王 運営事務局

>Kei(。・∀・。)ノさん

どっちも良いし、どっちも必要!
大切な存在ですね(^-^)

>むかさん

べっぴん3ですよね♪仲良しで、しかも面白い母娘っていいですよね(^^)

>みたちさんち

楽しんでいただけてよかってです☆
次の記事も楽しみにしていてくださいね!

>sinnoさん

電卓と比べられると辛いところがありますね(^^;
自撮りの加工は、お母さまのセンスが光っていましたね☆

計算誤差1000分の1以下は優秀ですよ、今後のお母さんの活躍を楽しみにしています。

株式会社人間が衝撃的。
ミスター・スポック社長に興味津々。
未来のザッカーバーグに乾杯。

馬鹿馬鹿しいけど笑えました。
社領さんの上司はミスタースポックの信奉者でしょうか?

マイネ王 運営事務局

>もずく特級さん

そうなんです!お母さま、結構高スペックですよね(^O^)。まだまだ現役ですね!

>いけ9999さん

会社がおもしろい→社員がおもしろい→記事がおもしろいの3原則ですね!
美容院で「ミスター・スポック風で」と注文すれば、あの髪型になれるのでしょうか。気になりますね!

>よそものさん

やっぱりミスター・スポックに見えますよね(^-^)。事務局でも話題になってました(笑)。

うちの母親は通信機能あります。アメリカにいたころ寝ていて姉妹が死んだとわかり、起きたら日本から悲報の電話が。

いわゆる虫の知らせという物ですね。

マイネ王 運営事務局

>Hikota Irieさん

夢の中で知らせがあったのでしょうか?
家族の愛を感じる通信機能ですね。

>ロシアより愛をこめないで。さん

もう呼び名が社長さんからミスタースポックさんに変わってますね!(笑)

いやあ~笑た笑たww

やっぱりオカンの大勝利やねっ!(o^^o)

マイネ王 運営事務局

>トラキチさん

色々な意味でお母さまの大勝利ですね!(^-^)

やあ、素晴らしい!貴女のような方が近くにいらっしゃると毎日が面白くて退屈しなさそうですね(^^)

最後にいい話になってて何だかホロリときました。家族は良いもんですねえ!

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。