ストvogp.jpg

  • おもしろネタ

プロゲーマーとストV対決!ハンデ有でeスポーツ選手どぐらさんに挑む

キシダチカ

ライター:キシダチカ

1992年生まれの奈良県民。大学中退後ニート期間を経てトンチキハッピーな作品を作ったりコラムを書いたりしている。肩幅の広さが悩み。

  • はてなブックマークに追加

こんにちは、キシダチカです!

突然ですが、みなさんはeスポーツってご存知ですか?

【eスポーツとは】

「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称。電子機器を使う娯楽や競技、スポーツ全般を指す言葉で、コンピューターゲームやビデオゲームを使って対戦する競技。

スポーツ=身体を使った運動の意味しかないと思っていたのですが、スポーツの語源には”競う”という意味も含まれているそうです。知らなかった……!

私はかなりのゲーム音痴でして、前回の記事のようにポチポチしていたらストーリーが展開していくソシャゲか、のんびりとした育成ゲームしかできないんですよね。

スポンサーがつくレベルでゲームが上手ってどういうこと?
練習って何するの?賞金っていくらくらい貰えるの……!?

気になる〜〜〜〜〜〜!!!!!

ということで、同じ奈良県出身で勝手にシンパシーを感じているCYCLOPS athlete gaming所属のプロゲーマー・どぐら選手に突撃インタビューさせていただきました!

Dogura (どぐら)
FPSや格闘ゲームを中心に幅広いジャンルで活躍するプロゲーミングチーム「CYCLOPS athlete gaming」所属。『ストリートファイターV』を中心とした格闘ゲームで活躍する関西の人気プロゲーマー。
Twitter:@maneater_dgr

格ゲーの知識もないに等しいミーハー丸出しの私がインタビューなんて恐れ多いにもほどがある……でも、この好奇心止められねぇ……っ!

どぐらさん、本日はよろしくお願いします!!!!

どうやったらプロゲーマーになれるの?

キシダ
まず、どぐらさんってどうやってeスポーツ選手になったんですか? どぐらさんが子供の頃ってeスポーツ選手という職業は存在してないですよね。

どぐらさん
そうですね。僕は子供の頃からプロを目指していたいうより、結果的にプロになったっていう方が近いかな。高1からゲーセンに行き始めて24、5歳くらいまで365日中350日ゲーセンに行く生活を続けてたんですよ。
キシダ
ほぼ毎日じゃないですか! 学校もあるし、ゲーセンにも通ってるならバイトする時間なんてないですよね。ゲーセンのお金ってどうしてたんですか?
どぐらさん
親から貰うお小遣いやご飯代から捻出していました(笑)格ゲーは負けない限りプレイできますしね。
キシダ
そうなんですか!? ゲーセンってプリクラ撮るかクレーンゲーム目的でしか行かなかったんで知りませんでした。ちなみに最高連勝記録って覚えてますか?
どぐらさん
確か120連勝くらいかな。30戦目あたりから同じ人がムキになって挑んできて。

キシダ
120連勝!? そんなに強いってことは、大学出てそのままプロになれそうですね。
どぐらさん
当時はなんも考えてなかったんで、ゲーセン仲間の先輩から「親戚がフランチャイズでラーメン屋やるから来る?」って声かけてもらって「就活せんでええやん!ラッキ〜」ってそのまま就職したんですよ。
キシダ
ゲームとは程遠い職種じゃないですか!じゃあその時もまだプロゲーマーを目指してたわけじゃなかったんですね。
どぐらさん
ゲームは趣味でずっとやってるけど、職業には絶対なるわけないと思ってたんです。でもゲーム無しでは生きていかれへんしな~って思いつつ就職してみたらむっっっちゃくちゃ忙しくて! そんな時にゲームがバージョンアップして、更に面白くなってたんです。
キシダ
うわ〜。ゲームする時間がないのは辛いですね……。
どぐらさん
いや、ゲームしないと生きていけないんで、幸か不幸か職場から車で5分くらいのところに24時間やってるゲーセンがあったんですよ。

キシダ
はい?

どぐらさん
なので朝の9時から深夜0時まで働いて、そっから深夜3時までゲーセンで格ゲーして、30分かけて帰宅してから2〜3時間寝て出勤っていう生活を1ヶ月繰り返してました。ゲームしないと生きていけないんで。

シンプルにヤバい人じゃん……。

どぐらさん
で、ある日の朝、車で運転してて気づいたら路肩に乗り上げてたんです。
キシダ
ヒーーーーッ
どぐらさん
幸い人の少ない道で大丈夫やったんすけど「これ、あかんな」と思った瞬間、ゲームは辞められへんから仕事を辞めようって。
キシダ
迷わなかったんですか?
どぐらさん
一切迷いませんでした。ゲームしないと生きていけないんで。
キシダ
何回言うんですか。
どぐらさん
その時に梅原さんが日本初のプロ格闘ゲーマーとして活躍されていたので、ラーメン屋を辞めて奈良のゲーセンでバイトしながら個人的に大会出場しつつプロを目指していました。

※梅原大吾(ウメハラ):日本人格闘ゲーマーとして、初めて企業スポンサーをつけてストリートファイターIVをプレイした功績を持つ世界トップクラスのプロ格闘ゲーマー。

余談になりますが、偶然にもどぐらさんがバイトしていたゲーセンと私が高校生の時にプリクラを撮っていたゲーセンが同じ店舗でした。

どぐらさん
でも周りにプロの人もおらんし知名度もなかったんで、24〜9歳まであてもなくゲームしてたんですよ。梅原さんを皮切りに実力のある人たちは着々とプロになっていってたのに、僕はなかなか声がかからなくて。もう来年30歳やし、やっぱり拠点を東京に移した方がいいんかな〜って悩んでました。
キシダ
どぐらさんは現在33歳ですが、プロになられたのって割と最近だったんですね。
どぐらさん
そしたらいきなり「来年大阪でeスポーツチーム作るから関西出身としてプロになってくれへんか」って声がかかったんですよ。運ですね完全に。
キシダ
うおーーー! それは嬉しい……! まさに継続は力なり! ですね!

競技人口や賞金についても聞いてみた

ここから監督の楠本さんも交えてインタビューさせてもらいました!

nazomen(楠本翔)
StarCraft元日本代表。今までに選手・チームリーダー・実況解説・大会運営を経験し、講習会やイベントを開催。CYCLOPS athlete gamingの監督を務める。
Twitter:@nazomen

キシダ
失礼ですけど、eスポーツにも監督さんがいるとは思ってませんでした……! 楠本さんは元々プレイヤーなんですか?
nazomen(楠本さん)
はい。学生時代にとあるゲームで日本代表になって、世界大会に2回出場しました。卒業後はサラリーマンをやって転職というかたちで今のチームに関わるようになりました。監督になってからは4年目です。まあ何でも屋ですね。
キシダ
じゃあ、どぐらさんも将来的にはコーチ側に?
どぐらさん
それも視野には入れてるんですけど、格ゲーマーって結構息が長くって。45歳でバリバリ現役の人もいるんですよ。
nazomen(楠本さん)
FPS なんかは反射神経が衰えてくるので25歳過ぎたら厳しいと言われてるんですけどね。

※FPS:ファーストパーソン・シューターの略称。操作するキャラクターの視点でゲーム中の空間を移動する。

どぐらさん
格ゲーは反射神経というよりも技術の積み重ねなので、努力すれば弱くはならないです。

キシダ
プロゲーマーの方ってゲームならなんでもズバ抜けて上手いと思ってたんですが、よく考えたらゲームにも色々ジャンルがあるしプレイ方法が違うと全く別の競技になるんですね。
nazomen(楠本さん)
なのでeスポーツがオリンピック競技に……って話もあるんですが、タイトルによってはサッカーの練習してたのに野球やれって言われるくらい競技が変わっちゃうんで、選手にとっては難しいところなんですよ。
キシダ
競技人口が多いゲームってストリートファイターなんですか?
nazomen(楠本さん)
最も競技人口が多いのは「MOBA」とよばれるジャンルのゲームですね!
キシダ
モバ???
nazomen(楠本さん)
MOBAっていうのは、マルチオンラインバトルアリーナの略称です。アメリカのゲーム会社が開発したとあるゲームの競技人口は、1億人以上といわれています。
どぐらさん
バスケやサッカー等を含む全スポーツ中、そのゲームの競技人口って5位らしいですよ。
キシダ
それだけ多かったら大会の賞金もダントツじゃないですか!
nazomen(楠本さん)
いえ、賞金額が一番多いゲームはジャンルは同じですけど、別のゲームなんです。 ちなみに、賞金総額は30億円以上ですね。
キシダ
そんな金額、誰が出してくれるんですか!? 石油王!?
nazomen(楠本さん)
ゲームメーカーが出す分に加え、そのゲームでユーザーが課金したお金の一部が大会の賞金として追加されるということで賞金総額がとても多くなりました。
キシダ
課金したお金が応援してる選手の賞金の一部になるかもしれないんですね。

キシダ
どぐらさんの腕ってゲーム映え(?)してますよね。やっぱりプロになるとゲーム以外に筋トレしたり、動体視力鍛えたり特別なメニューが組まれるんですか!?
どぐらさん
一切ないです(笑)蚊も捕まえられないくらいの動体視力なんで、ほんまに格ゲーだけやりまくったから人よりできるようになったって感じなんです。

海外遠征の頻度について

キシダ
eスポーツの大会って海外の方が盛んなイメージなんですけど、どぐらさんも頻繁に海外遠征されてるんでしょうか。
どぐらさん
Capcom Pro Tour は3月〜12月がシーズンで、12月にまた別のカプコン主催の大きな大会があるんです。それの出場権を獲得するためにいい成績を残してポイントを稼がないといけないんで、今年(2020年)は新型コロナの影響でスケジュールも変わってますが、例年は10ヶ月の間に20回は海外遠征しますね。 「人間はこのスケジュールで動いたらあかん!」って身体が訴えてきます(笑)

※Capcom Pro Tour:全世界10地域で18大会行われる、『ストリートファイタ ーV』のオンライントーナメント。株式会社カプコンが主催。

キシダ
時差もあるしハードすぎません!? 今年ってコロナウィルスの影響で海外遠征できませんよね。その間は無給なんですか?
どぐらさん
うちのチームは基本給が出るのでそこら辺は大丈夫なんです。ただ生活は一変しましたね。今はMildom(ミルダム)という動画配信サイトでゲーム配信している時間が多くなりました!
キシダ
早く元の日常に戻れるよう祈るばかりです。どぐらさん、本日はありがとうございました!






で、終わらないんですよ。


じゃん!

マイアーケードコントローラ〜〜〜!

どうも、かたちから入る女キシダチカです。
こんなチャンスなかなかないので是非お手合わせをお願いしたく、ストリートファイターVとアケコン買っちゃいました!

私は縦ロールが魅力的な神月かりんちゃんを選択! どぐらさんはベガ使いだそうです。

ここで私のプレイ動画を録画する予定でしたが、なんせ格ゲーを一切プレイしたことがない故に、アケコンの操作もままならない。

基本の操作方法のみ教えてもらい、1週間必殺技を練習して再訪させてもらうことになりました。

キックとパンチめっちゃあるやん……。

やったるで!!!!!!!!!!!!!

いざ特訓スタート!

とはいえ、家にPS4がないので(ないのに買うなよ)編集部のオフィスで特訓させてもらいます。

昨日は全くできなかった「天狐」が出せるようになったり、

CPUと戦って純粋に「ストリートファイターV チャンピオンエディション」 を楽しむ。

喜びのあまりフライングダイナソーに乗った時の写真になった

土日は自宅で特訓するためにPS4を持ち帰ります。おっっっっっっも。
雨で壊しちゃったら給付金が消えてしまうので持ち帰るだけで命がけ。これだけでHP尽きるんだが……。

自宅では主に「大蛇」の練習と、かりんちゃんのことをもっと知るためにストーリーモードでプレイ。YouTubeで初心者向けのかりんちゃん講座を見て頭を抱えました。

どうやら初心者のスタートラインにも立ててないっぽいです。

慣れないアケコンの操作に手が痛み始め、指先が腐る悪夢を見たり。

再び夜になるまで人間で練習したり。

しんっど……。

怪奇にもなる。

アケコンを身体に馴染ませるため、片時も離れず日々を過ごしました。

決戦の時

キシダ
特訓の成果、見てください!!!!!!!

section90_image

か~ら~の~

殲破楔(せんはくさび)!!!!!!!

どぐらさん
お〜すごいすごい! 1週間前は何も動かせてなかったのに!
キシダ
やった〜! 指先腐らせた甲斐がありました! お手合わせ、お願いできますか?

どぐらさん
僕、親戚の子供相手にも手加減できなくて怒られるんですけど……。

望むところです! 全力で戦いましょう!!!


負けられない戦いがここにある……!

ドゴォッ

ドドドドドドド

section102_image

何が起こった???

いや、はなから勝てる勝負じゃないって理解していたけど、あまりの早さに頭が追いつかない。ベガの身体、紫になってたやん。紫のオーラを放つキャラは強いって相場が決まってんねん。

キシダ
……どぐらさん。
どぐらさん
はい。
キシダ
ハンデつけさせてもらっていいですか。
どぐらさん
全然いいですよ〜! 目隠しのハンデとかはやったことがあるんで。
キシダ
それではお言葉に甘えて、五感を奪わせていただきます。
キシダ
え?

某テニス漫画の最強キャラからヒントを得ました。

キシダ
まずアイマスクで視覚、イヤホンで聴覚、刺激物で味覚嗅覚、そして某キャラクターのパペットで指先の自由を奪い触覚を鈍らせます。手錠は逃げ出す可能性があったので念のため購入しました。

かりんちゃんの好きな「完全勝利」、意地でももぎ取ってやりますわよ!

どぐらさん
音楽うるっさ! 汁すっっっっっっぱ!!!!!

どぐらさん
ウヴェッヘエ!!! ゲホォッ!!!

※世界で戦うプロゲーマーです

よしよし、弱ってるうちに畳みかけるぞ!



ドゴォ!!!!!!

ペショ……

?????
 

キシダ
アイマスクつけてるよね!?!?!?
どぐらさん
~~♩

section128_image

音楽のリズムに乗りながらもボコボコにしてくるどぐらさん

嘘やん

ハンデなしの戦いと大差ない秒数で、技ひとつ出せず終わりました。

こんなにふざけた恰好手を尽くしたのに???

キシダ
え?怖……気付いたら端っこに追いやられてリンチかってくらいボコボコにされてたんですけど。
どぐらさん
〜〜♩
キシダ
終わりましたよ!!! イヤホン取って!!!

プロと対戦してみて

キシダ
恐怖体験でした……。ゲームやのに「あかん!死ぬ!」って思いましたもん。でも、これとは比べものにならないプレッシャーのなか世界で戦ってるんですよね。
どぐらさん
「ここ絶対負けたらあかん!」って試合の時なんてグワーーーって心臓掴まれてる感じしますね。だからこそ勝てた時の喜びは何ものにも代えがたいし、その時の達成感があるからしんどくてもプロ選手続けてるんやろなぁって思います。
キシダ
最後に、eスポーツ選手になるために必要な素質を3つ挙げるとしたら何ですか?
どぐらさん
うーん、「負けず嫌い」「ゲーム以外のことを顧みない」そして何より「ゲームを楽しいと思える気持ち」かな!


思い出したよね。

ゲーム初心者の私にも「楽しい!」と思えた瞬間があったことを。

何年もの間ゲームを楽しくプレイし続け、世界で戦えるほどのスキルを培ったどぐらさんにたった一週間の特訓で音を上げた私が五感を奪うだけで勝てるはずなかったんや……。




どんなに辛くても「楽しい」気持ちさえ忘れなければ、人は成長し続けられるんですね。どぐらさん、ありがとうございました……! 次は四肢を拘束しよう。

ちゃっかりソフトとアイマスクにサインしてもらいました。

「どぐらさんサイン入り! どぐらさんの視覚を奪ったアイマスク」プレゼント企画~~!!!

【応募方法】
マイネ王にメンバー登録のうえ、こちらの記事のコメント欄の「応募する」にチェックを入れ、アイマスク応募の旨をコメントしてください。記事の感想も一言頂けたらキシダが大喜びします。

応募締め切りは2020年10月31日(土)23:59までです。

メールアドレスのご登録がまだの方はログイン後にサイト右上のボタンからマイページに入り、設定でメールアドレスのご登録をお願いします。

免責事項
【当選者発表について】
当選者には11月中頃に、マイネ王にご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
※予め「@mail.king.mineo.jp」「@k-opti.com」からのメールが受信できるようご設定ください。


【注意事項】
・コメント未投稿の方は当選対象とはなりません。
・eoID連携済みの方が当選された場合、eoID連携しているお名前、ご住所宛に賞品を送付させていただきます。
・ご応募は賞品発送時点で日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・当選に関するお問い合わせはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
・当選者の権利を他者へ譲渡、換金はできません。
・当選者のご住所が不明確な場合、また転居による住所変更などの理由により、賞品をお届けできない場合は、当選資格を無効とさせていただく場合があります。
・賞品の発送は11月~を予定しておりますが、諸事情により多少前後する場合があります。あらかじめご了承ください。
・賞品ご使用開始後の返品・交換・修理、およびこれに関するお問い合わせはお受けできません。


ご応募お待ちしております~~~!!!


企画・編集:人間編集部
撮影:納谷ロマン


キシダチカ

ライター:キシダチカ

1992年生まれの奈良県民。大学中退後ニート期間を経てトンチキハッピーな作品を作ったりコラムを書いたりしている。肩幅の広さが悩み。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 177

アンケート

応募する場合は応募条件を確認した上、「応募する」にチェックを入れ、アイマスク応募の旨や記事の感想をコメントしてください。

アンケート回答 応募する

スト2やりたくなった

アンケート回答 応募する

プロゲーマーってそこまですごいなんて知らなかった!!
子供のゲームも寛大にするべき??(^_^;)

アンケート回答 応募する

プロゲーマーの生活してみたい
☺︎

アンケート回答 応募する

ヤバイ
コレはおもろかったー

アンケート回答 応募する

ゲーム好きの人は楽しそうですネ🎶

おもしろいです〜

アンケート回答 応募する

ゲーム好きはいいですね

eスポーツ興味が出ました!そして、スタッフさんが可愛かったです!

アンケート回答 応募する

おもしろ

やっぱりどんな世界でもプロはすげーな

熱意がスゴすぎる!

外出自粛でeスポーツが改めて注目されそう

10年前には考えられなかった世界ですね( ̄∀ ̄)

アンケート回答 応募する

こんなとこでどぐら見るとは思わなかったw

アンケート回答 応募する

ゲームがないと生きていけません!

めっちゃ面白そう!

eスポーツは、夢があります!

自分も学生時分にゲーセンで対戦しまくってました。
ストII、餓狼、龍虎…。時代が早過ぎたようです😭

eスポーツお疲れ様です。😎

これは面白そうですね。

Eスポーツ初めて知りました

面白そうですね。

アンケート回答 応募する

キシダチカさん、おもしろいです

アンケート回答 応募する

プロはやっぱり強いですね。キシダさんの記事は、いつもぶっ飛んでいて、楽しいです。

アンケート回答 応募する

壊れてる
すげぇな

アンケート回答 応募する

よかったです。

アンケート回答 応募する

プロの生活ヤバイね

アンケート回答 応募する

コロナ渦の中、eスポーツは、トレンドですね。

次元が違うとはこのことか、、、あっという間に読めちゃいました

今までeスポーツに興味を持たなかったのですが、こちらの記事を読ませていただき、楽しそうだなと思いやってみたいなと感じました。

アンケート回答 応募する

目隠し音のみ←分かる
目隠し音無し←え!?

プロゲーマーも奥が深いですね

e-Sports気になってました(^o^)
改めて知る良いきっかけとなり、このブログに感謝。謝謝。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。