switchbot-title.png

  • キャンペーン
  • ITガジェット

【プレゼントあり】自宅をもっと便利に!IoTデバイス「SwitchBot」のご紹介

天然パーマ@運営事務局

ライター:天然パーマ@運営事務局

2018年7月よりmineoのWebプロモーションを担当しています。

  • はてなブックマークに追加

こんにちは、天然パーマ@運営事務局です。
自宅でのWeb会議やオンライン飲み会を楽しむために、グリーンバックを買いました。

さて、本日はスマートホーム家電をご紹介する「自宅をもっと便利に!」企画の第4弾、最終回です。今回はスマートスイッチ「SwitchBot」をご紹介いたします。SwitchBotはスマートスイッチだけでなく、スマートプラグやスマート温湿度計といった製品も取り扱っていて、非常におもしろい製品群です。
今回もSwitchBotを製造販売するWonderlabs社さんから皆さんへのプレゼントもご提供いただいております!

SwitchBot (スイッチボット)とは

section0_image

天然パーマ自宅で利用中のSwithBotボット

まずはこのかわいらしいSwitchBotボットの様子を見てください。スマホアプリなどからの指示に応えて、ボタンを押してくれる小さなロボットです。
ひとまずこのかわいい動きを見てもらいたくてSwitchBotボットを紹介しましたが、SwitchBotにはいろんな製品があります。

左上から順に、
・SwitchBot ボット
・SwitchBot プラグ
・SwitchBot 温湿度計
・SwitchBot ハブミニ
・SwitchBot ハブプラス
・SwitchBot 加湿器
と、現時点で6つの製品があります。

我が家ではこれらのうち、「SwitchBot ボット」「SwitchBot 温湿度計」「SwitchBot プラグ」「SwitchBot ハブミニ」の4種類を使っています。
それらをどのように使っているかご紹介します!

SwitchBot ボット

以前のスマート照明の回でご紹介したとおり、我が家の照明の多くはPhilips Hueでコントロールできるようにしているのですが、電球タイプではない場所がいくつかあるのでそこはコントロールできません。そんな場合のSwitchBotボットです。SwitchBotボットであればどんな物理スイッチでも押してくれます。

アプリのボタン(緑色の枠を付けている箇所)をタップすると、先のGIFアニメのようにSwitchBotボットが物理スイッチを押してくれます。

他にも、空気清浄機の電源ボタンやお風呂の給湯器のボタン、玄関の鍵を開けるボタンなんかに使っている方もいらっしゃるようですね。どんなボタンにも使えるので、各家庭によって活用方法がいろいろと変わってきそうですね。

SwitchBot プラグ

続いてSwitchBotプラグです。
こちらは電源プラグに挿すタイプです。我が家では扇風機に使っています。

緑色に囲った「扇風機」ボタンを押すと、プラグがON/OFFを切り替えてくれます。
電源プラグも汎用的なものなので何にでも使えて便利です。

SwitchBot ハブミニ

「SwitchBot ボット」や「SwitchBot プラグ」は単機能に特化した製品ですが、「SwitchBot ハブミニ」には様々な機能が詰め込まれています。
大きく分けて、スマートリモコンとしての機能と、他のSwitchBot製品をインターネットに繋ぐハブとしての機能を持っています。

左がSwitchBot ハブミニ、右はGoogle Home mini

以前のスマートリモコンの回で紹介したとおり、我が家のリビングにはNature Remoがあるので、SwitchBot ハブミニは寝室に置いています。以前はベッド横のサイドテーブルの上に置いていたのですが、朝起きたら落ちていることが多かったので、最近木の板にGoogle Home miniと一緒に取り付けました。

左: ハブミニの画面
右: ハブミニに登録したエアコンの操作画面

我が家のSwitchBot ハブミニには、スマートリモコンとして寝室のエアコンと加湿器のリモコンを学習させています。

SwitchBot ハブミニがあると、その他SwitchBot製品をインターネットにつなぐことができるようになります。つまり、家の外から操作することができたり、GoogleアシスタントやAmazon AlexaなどのAIアシスタント、IFTTTなどのサービスに接続することができるようになります。

GoogleアシスタントやAmazon AlexaにSwitchBotのアカウントを連携しておくと、「アレクサ(OKグーグル)、扇風機をつけて」というと扇風機を動かしてくれるようになります。特に難しい設定もなく、SwitchBotアプリで設定した名前で操作できるのでとても便利です。

「SwitchBot ボット」や「SwitchBot プラグ」は「SwitchBot ハブミニ」がなくてももちろん使えますが、使い勝手を考えると「SwitchBot ハブミニ」は必須かなと思います。

SwitchBot 温湿度計

続いて、「SwitchBot 温湿度計」です。個人的にはすごく気に入っている製品です。

スマートホーム家電って、部屋の温度や湿度によってコントロールしたい、ということが多いんですよね。もちろん部屋や場所ごとに温度や湿度は変わるので、いろんな部屋・場所に置いておくことができる「SwitchBot 温湿度計」がとても便利です。

例えば、最近暑くなってきたので深夜に暑さで起きてしまうことってありますよね。そんなときに、「SwitchBot 温湿度計」と「SwitchBot ハブミニ」を組み合わせて、「夜間23時〜8時のあいだに気温が30℃を超えたらエアコンをつける」というような設定が可能です。

以前はカメラケースの中に温湿度計を入れて、「湿度が50%を超えたらスマホに通知する」といった設定をしていたのですが、最近は温湿度計を寝室に置いてエアコンのコントロールに使っているので、追加でもう一個温湿度計を買おうと思っています。

便利な使い方

SwitchBotアプリを使ってSwitchBot製品たちを操作するのも良いのですが、けっこう手間がかかる場合が多いです。
そのため、実際には下記3種類の方法で操作することが多いです。
・スマートスピーカーへの音声指示
・スマホのウィジェット
・SwitchBotアプリのシーン機能やIFTTTを使った自動化

スマートスピーカーでの音声操作やシーン機能を使った自動化は先に書いているので割愛しますが、私の一番のオススメは「スマホのウィジェット」です。

Android版のSwitchBotアプリはウィジェットに対応、iPhone版アプリはSiri ショートカットに対応しているので、ショートカットのウィジェットで操作可能です。IFTTTというサービス間関連アプリにも対応しているので、そちらでウィジェット化することも可能です。
ウィジェットに設定したボタンを押すと実行してくれるので、「ウィジェットを出す」→「ボタンを押す」の2アクションで操作可能でとても便利です。
※ IFTTTから操作するには「SwithBotハブミニ」もしくは「SwitchBotハブプラス」のハブ機能を持ったデバイスが必要です。

SwitchBotとSwitchBotハブミニを合計6名さまにプレゼント!

今回は、SwitchBotを製造販売するWonderlabsさんから皆さんへのプレゼントをご提供いただきました!

参加方法1 (マイネ王)
この記事のコメント欄にて「応募する」にチェックを入れて、この記事の感想やWonderlabs社さんへのご意見をご記入ください!

参加方法2 (Twitter)
mineoとSwitchBot JapanのTwitterアカウントをフォローした上で、下記のツイートをリツイートしてください。

賞品
SwitchBotとSwitchBotハブミニのセット 6名さま(マイネ王3名、Twitter 3名)

募集期間
2020年6月16日(火) 〜 6月23日(火) 12:00(正午)

注意事項
・当選に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
・やむを得ない事情により、賞品は予告なく変更となることがあります。
・当選者の権利を他者へ譲渡、換金はできません。
・当選者の住所が不明確な場合、また転居による住所変更などの理由により、賞品をお届けできない場合は、当選資格を無効とさせていただく場合があります。
・賞品の発送は2020年7月上旬以降を予定しておりますが、諸事情により前後する場合があります。あらかじめご了承ください。

<マイネ王にて応募の場合>
・コメント投稿時に連携中のeoIDにご登録の連絡先に賞品をお届けします。
※eoID連携者以外の方は当選対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

<Twitterにて応募の場合>
・Twitterアカウントを非公開にしている場合、ツイート・リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
・ダイレクトメールを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。

気になるSwitchBotの価格は…!

以下のようになっています!(2020年6月10日現在)

製品名 価格(税込)
SwitchBotボット4,480円
SwitchBot プラグ1,980円
SwitchBot 温湿度計1,980円
SwitchBot ハブミニ3,980円
SwitchBot ハブプラス6,980円
SwitchBot 加湿器4,980円

スマートリモコン機能を持ったSwitchBotハブミニが3,980円というのはかなりお手頃なのではないでしょうか。

さいごに

SwitchBotの製品は、小さくてコロンとしたかわいいものが多いので、なんとなく愛着がわきます。最新の家電でなくても、ハイエンド製品でなくても、どんな家電でもインターネットにつなげることが出来るのがオススメポイントです!

6月17日まで、スマートカーテン「SwitchBotカーテン」をMakuakeにてクラウドファンディング実施中なので、興味ある方は是非ご覧ください!
太陽の光で朝スッキリ!ワンタッチで自動化&楽々操作「SwitchBotカーテン」| Makuake

二酸化炭素濃度が集中力に影響するという話をよく聞くので、二酸化炭素濃度センサーも販売してほしいなと個人的に思っています!

このスマートホーム企画のスタッフブログは今回で一旦終了ですが、最近新しい製品がいろいろと出てきているので、またそのうち書くかもしれません!
そのときまで!



天然パーマ@運営事務局

ライター:天然パーマ@運営事務局

2018年7月よりmineoのWebプロモーションを担当しています。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 1552

アンケート

応募する場合は応募条件を確認し、「応募する」にチェックを入れた上、この記事への感想やWonderlabs社さんへのご意見をコメントしてください。

このアンケートは終了しました。

色々参考になります!

便利な世の中になってますね〜

テレワークも増えたので、こういったグッズを買って、パソコンや携帯用に使用してみたいと思います

これは便利!
めちゃほしいです。

これ色々使えそうですね。

すごく便利!ほしい!

これおもしろい
カーテンはこどもが喜びそう(笑)

あると便利ですね。

すごい!便利!こんなのあるんだ!

こっちも終わってる

このようなアイテムがあるなんて知らなかった!

退会済みメンバー
退会済みメンバー

これはいいね

こんなのがあるんですねー。
でもちょっとコスパが気になります

気づくの遅すぎて応募出来なかった、残念。
世の中どんどん便利になりますね!

スイッチボットなぁ。スマートとは言い難いが好きだw

あると便利ですね!!

こういった製品を使った密室トリックとかも出てくるかもしれませんね。

ありがとうございます😆💕✨
当たりました❗

けっこう楽しそうなグッズがあるんですね!
機会があれば試してみたいです。

こんな便利なものがシンプルで可愛く使えるようになって、普及しやすくなるんですね。使ってみたいです。

IoTデバイスはスーパーええやろ🤩
うちにも数10台あるで📶

これ、誰かテレビで言うてたな〜もしかしてマイネ王のひとか!違う王だった気がするが。

これ使って自動ドアとか作れそうですね

アイディア参考になります

トライしてみようかな…

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。