huethumnail.png

  • キャンペーン
  • ITガジェット

自宅をもっと便利に!スマート照明デバイス「Philips Hue」のご紹介

天然パーマ@運営事務局

ライター:天然パーマ@運営事務局

マイネ王のプロモーション、コンテンツ企画、運営を担当。

  • はてなブックマークに追加

こんにちは、天然パーマ@運営事務局です。

最近は家にこもりっきりなので、1年半くらい前に買って放置していた自作キーボードキットを出してきて週末に作ろうとしています。(2019年1月8日のスタッフブログ参照)キースイッチはGateronの赤軸にしました。こんな状況でも配送してくださる配送業者の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです…!

さて、こんな状況だからこそ、これを機会として、自宅をもっと便利にしてみましょう!ということで、今回はスマートホーム家電をご紹介します。
今日はスマート照明「Philips Hue」のご紹介です!Philips Hueを製造販売するシグニファイジャパンさんから皆さんへのプレゼントもご提供いただいているので、ぜひ最後までお読みください!

Philips Hue(フィリップス ヒュー)とは

天然パーマ自宅で利用中のPhilips Hue

Philips Hueにもいろんな製品があるのですが、かんたんに言うと「スマホやスマートスピーカーなどから操作できる照明」です。

電球の何を操作できるかと言うと、ライトのON/OFFはもちろんのこと、明るさや、光の色を操作できます。

section2_image

こんな感じです。
我が家では「Hue ホワイトグラデーション」という白色系の色温度の調整ができるモデルを使っています。ほかにも「Hue フルカラー」という1,600万色のフルカラーを表現できるモデルや、電球色の調光のみが可能な「Hue ホワイト」というモデルもあります。

Philips Hueの基本的な構成を書いてみました。スマホアプリやスマートスピーカーなどからHue ブリッジへ指示を出すイメージですね。
ただし、最新のモデルではBluetoothでスマホとランプを直接接続できるようにもなっているようです。

具体的な利用シーン

それでは私の自宅ではどのようにPhilips Hueを使っているかご紹介します。

このように我が家には、部屋・場所ごとにHueランプを設定しています。複数のHueランプをまとめて「ルーム」にまとめることができます。

「ダイニング」として設定したルームの中に、2つのスポットライトと1つのペンダントライトの合計3つのHueランプが入っています。

音声での照明コントロール

Google HomeやAmazon Echo、Siri(※1)などの音声アシスタントを使って、照明の操作をお願いすることができます。妻は夕方以降に家に帰るといつも、「OK Google リビングとダイニングの電気をつけて」と言っています。(私はまだ音声アシスタントで操作するのが少し恥ずかしくてあまり使っていません)
詳細は割愛しますが、各音声アシスタントとの連携はとてもかんたんです。
※1 Bluetooth接続時はSiriに未対応(2020年4月20日現在)

ウィジェットから全部の電気をまとめてOFFに

我が家は基本的に私が一番遅くまで起きているので、毎晩電気を消すのは私の仕事です。
楽に電気を消すことができるように、Philips Hueアプリのウィジェット機能で「就寝」というボタンを設定しています。「就寝」ボタンを押すとすべてのHueランプが消えるように設定しているので、ベッドに横になってから「就寝」ボタンを押しています。
ベッドで横になってから、「あ、あの部屋の電気つけっぱなしだな…」となるとかなり億劫ですよね…!

タイマー設定も可能

毎日何時になると電気をつける、何時に電気を消す、というのが決まっている場合はタイマー設定(ルーチン機能)を活用できます。
我が家のフロアランプは、毎日18時になったら電気がついて、深夜1時になると消えるように設定をしています。
もともとは空き巣予防で設定していたのですが、夜中に電気が消えて「もう1時か…そろそろ寝るか」と、寝るタイミングのアラームみたいな使い方になっています。

家の外からでも電気のON/OFFが可能

家を出たあと、「あれ、電気消したっけな」と思ったときにHueアプリを開くと状況の確認ができます。電気をつけたままだったら、外から消すこともできます。(この機能の利用にはHue ブリッジが必要です。)
実際にはあまり使わないのですが、この機能があるとなんとなく安心ですよね。

さまざまなサービスと連携可能

Googleアシスタント、Amazon Alexa、Apple HomeKitやSiri、IFTTTなどなどさまざまなサービスと連携可能なので、あんなことできないかな?と思ったことは、だいたい実現できます。
拡張性が高く、しっかりアップデートされてサポートされている安心感がよいですね!
※ Bluetooth接続時はSiriに未対応(2020年4月20日現在)

Philips Hue フルカラー Bluetooth + ZigBeeを3名さまにプレゼント!

今回は、Philips Hueを製造販売するシグニファイジャパンさんから皆さんへのプレゼントをご提供いただきました!
電球色から昼光色までのホワイトと、1,600 万色のカラー照明を作り出すことができる「Philips Hue フルカラー Bluetooth + ZigBee」モデルを3名さまにプレゼントいたします!
※ フルカラーモデルを持っていないので個人的にもほしいです…!
Bluetoothでスマホと直接接続できるモデルなので、導入としてはピッタリな製品です。使ってみて気に入れば、是非Hue ブリッジやランプを買い足してみてください!

参加方法
この記事のコメント欄にて「応募する」にチェックを入れて、この記事の感想やシグニファイジャパンさんへのご意見をご記入ください!

賞品
Philips Hue フルカラー Bluetooth + ZigBee 3名さま

募集期間
2020年4月29日 (水)〜 5月6日(水) 23:59

注意事項
・コメント投稿時に連携中のeoIDにご登録の連絡先に賞品をお届けします。
※eoID連携者以外の方は当選対象外となりますので、あらかじめご了承ください。
・当選に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
・やむを得ない事情により、賞品は予告なく変更となることがあります。
・当選者の権利を他者へ譲渡、換金はできません。
・当選者の住所が不明確な場合、また転居による住所変更などの理由により、賞品をお届けできない場合は、当選資格を無効とさせていただく場合があります。
・賞品の発送は2020年5月中旬以降を予定しておりますが、諸事情により前後する場合があります。あらかじめご了承ください。

さいごに

今回は日々めちゃくちゃ便利に使っているPhilips Hueをご紹介しました。
とはいえ、シーリングライトで電球使ってるところあまりないし、自分には関係ない話だなぁという人もいらっしゃるのではないかと思います。

でも安心してください。そんな方にはこんなIoTデバイスがあります!

これはSwitchBotというスイッチを押してくれるロボットなんですが、これはまたの機会に。

スマートホームデバイスには、デジタルとアナログの狭間みたいな製品が多く、使ってみるとやっぱり便利で楽しいですね。
それではまた次回!


天然パーマ@運営事務局

ライター:天然パーマ@運営事務局

2018年7月よりmineo.jpのWeb制作やmineoのWebプロモーションを担当しています。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 840

アンケート

応募する場合は応募条件を確認し、「応募する」にチェックを入れた上、この記事の感想やシグニファイジャパンさんへのご意見を投稿してください。

このアンケートは終了しました。

試してみたいと思いました。

たかが照明、されど照明。技術の進歩は凄いですね!

最近の照明はほんとに便利でおしゃれになってますね。

照明は生活において切り離せないものですよね。

すごくいいです使ってみたいなー

使ってみたいです!!

‧˚₊*̥(* ⁰̷̴͈꒨⁰̷̴͈)‧˚₊*̥

めちゃくちゃ欲しいな

めちゃくちゃいいですね!

すごく欲しい…

気になります、、、。 すごい時代が来たもんだ。 

試してみたい、、、

タイマーで留守中の防犯になりそう

リモコンすぐ無くすから便利ですよ~

ウチのLED電球が切れたらコレに買い替えた〜い!

空き巣予防にいいですね!
真っ暗な家に帰らなくていいのも良いです。

いつもありがとうございます。ito興味あります。‼️

すごい。便利そうですね。使ってみたいです。

子供の部屋につけたいです

これは便利!ほしい!

防犯に使えそうですね。

おうちの防犯になってすごくいいなと思いました!

凄え。時代も進化したなぁ。

いいっすね~
使ってみたいと思います。

使ってみたいと思います!

SwitchBotオタクで現在8個所有しております。
帰ってきたらアレクサ連動で自分の部屋のコンセント(プラグ)On,電気をOn,そしてPCをこのSwitchBotでOnします。
再来月にカーテンが開くようになる予定です。

自分自身、段々ものぐさになってきているのが少し怖いです。。。
子供からは少々呆れられています。

これは試してみたくなりますね。

スイッチを押してくれるデバイスって、IOTとアナログの融合でなんか楽しいですね

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。