f07c-0-1.jpg

  • ITガジェット

PC用のWindows 7をまるごと入れた伝説のガラケー「F-07C」は強引すぎて清々しい一品だった

辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

  • はてなブックマークに追加

2020年現在、ややおとなしくなってしまったように思える日本の携帯電話メーカー。しかし、かつてのガラケー隆盛期では、日本メーカーは活気に満ちあふれ、挑戦的な端末を次々と投入していました。

その極め付きとして知られたマニアックアイテムが、富士通から発売された「F-07C」です。

画面サイズ約4インチの“ガラケー”にWindows 7を強引にブチ込んだシロモノで、手のひらにPC用のWindows 7が乗る、その無鉄砲さに新しもの好きなユーザーたちが集まりました。

2011年7月23日の発売当時ですら、「使いこなすのが困難な迷機」と言われていた一品。いま使うとどうなるのでしょうか?

開封する

ドコモレッドの外箱

状態のいい商品をメルカリにて購入。赤いドコモカラーに彩られた外箱が高揚感を醸し出しています。さっそく開封してみましょう。

一見するとスマホっぽいが……

当時、世界最小のパソコンとして鳴り物入りで登場した通りのミニサイズ。

上から見るといまのスマホのような見た目でありますが、厚みはけっこうなものがあります。

この厚み

スライド式のQWERTY配列によるキーボード。横画面で使う

うしろはこんな感じ

さっそく電源を入れてみましょう。まずこちらが通常のガラケー仕様のケータイモードで、あの「iコンシェル」の羊のキャラ・ひつじのしつじも誇らしげに画面の中央を歩いています。

Officeのイルカと並び、ジャマもの扱いされた不遇のキャラ

こちらがメニュー画面。メーカー独自に作られた画面です。ほとんどのスマホがiOSとAndroidに集約されたいまとなっては珍しい光景。

ガラケーらしく、挙動はサクサク

section13_image

ヨコからタテにすると、メニュー画面の向きも変わる


さっそくWindows 7モードへ

しかし今日の本題は、ケータイモードではなくWindows 7モード。サイドにあるWindowsのロゴの入ったボタンを押せば、魅惑のモードに切り替えられます。

ケータイモードに戻るときもここを押す

まるで秘密のボタンを押したかのように、「Windows 7モード切替」の画面が出るのがちょっと楽しい。

section18_image

section19_image

しかしスマホのように瞬間的な起動はできず、PC版のWindows 7と同じくらいの時間がかかります。

1分30秒ほど待っていよいよ、Windows 7が立ち上がりました。あらかじめ設定しておいたパスワードを入れて、ログインします。

section21_image

ガラケーにWindows 7のロゴが出る違和感

いつものアイコンたちが並ぶ

こんなに小さなボディーで、Windows 7が立派に立ち上がることに軽く感動を覚えます。

キーボードの左上にはマウスが描かれたボタンがあるのですが、これはWindows 7モードでマウスの左クリックと同じ役目として使うことができます。

キーボードがマウスの左ボタンを兼ねる

ミニトラックボールもある。使うには慣れが必要

ちなみにWindows 7モードを使用中に電話がかかってきても、瞬時にケータイモードへと切り替わる機能があり、すぐ電話に出ることができます。

section28_image

通話が終わったあとは素早くWindows 7モードに戻る


動作が遅すぎる

このF-07Cといえば、マシンパワーのなさで有名なのですが、実際ホントにホントに動作が遅かったです。

まずCPUは非力とされる、インテルの「Atom Z600」。しかも処理能力を表すクロック数を、通常の1.2GHzから600MHzに半減させた上で動作します。これは消費電力や発熱を抑えるためと言われますが、とにかくパワー不足この上ない状態です。

section30_image

CPU使用率は100%が続く

かつて私はWindows 3.1時代の66MHz程度のCPUのPCに、無理やりWindows 98を入れて動かしていたことがありますが、そのときを思わせるような遅さでした。

PCのパワーを表す「Windows エクスペリエンス インデックス」によると、プロセッサのサブスコアはまさかの「1.0」という低さ

ちなみにシャットダウンまでも5分かかる

section34_image

ケータイモードに戻るのは一瞬でできる

ふだんは挙動が軽いケータイモードで、必要に迫られたよっぽどのときだけWindows 7モードにする、それが現実的な使い方かもしれません。


バッテリーが持たなすぎる

さらにこのF-07Cがネックなのはバッテリーの少なさです。ケータイモードのときはまだいいのですが、Windows 7モードにするとバッテリーを一気に大量消費してしまいます。

正確に時間を計ったわけではないのですが、体感では20分くらいで「バッテリがあと30%」の状態になってしまいました。PC用のWindows 7を、ガラケーで動かす無理がたたるとこれほどまでになるのでしょうか。

「残り30%」ですでに警告が出る

この状態からもどうにか使えるのですが、ほんの少しそのままにしておくだけで、バッテリー節約のためか、すぐにケータイモードに舞い戻ってしまいます。

システム側も少しでもバッテリーを食うものを停止させようと、MicroSDカードが強制イジェクトされるほど。

コンセントなしでWindows 7モードを使う場合は、用途を絞ってとにかく時間をかけずに操作するのが賢明です。


Internet Explorer 9で悪戦苦闘のブラウジング

このWindows 7に標準で付いているWebブラウザは、2011年に公開されたInternet Explorer 9です。古いバージョンなので、ページによってはなかなか正常に表示できません。

ポータルサイト「msn」ではこんな文字化けに

ソニー損保のHPでは「ご利用のブラウザではお手続きいただけません」と出る

Amazonはちゃんと見られた

さらに、最近のインターネットのトレンドといえばYouTubeですが、Internet Explorer9でのサポートが終了しており、サイトを見ることすらできませんでした。

 

Google Chromeでもネット閲覧はキビシイ

最新のブラウザだとどうなるか試してみましょう。今をときめくGoogle Chromeを新たにダウンロードします。

そしてインストール。しかし、終わるまでなかなかの時間がかかります。最新のPCなら一瞬で済んでしまうのですが、体感で20分ほど待たされました。

ようやくインストールが完了し、さっそくYouTubeのサイトを開いていきます。しかし、なかなかページの動画や画像が表示されません。

section50_image

ようやく表示されても、紙芝居のようなコマ送り状態に

動画を1つ選んで再生しようと試みたのですが、通所は動画が表示される部分が真っ白に。

なぜか動画が出てこない

今度はTwitterをやってみましょう。いままで一度も見たことのない謎のエラーなどを乗り越えて、どうにかログインしてページを開くことができました。

試しに画像付きのツイートをしてみましょう。

こんな感じで投稿し……

“記念カキコ”に成功

見事、記念投稿に成功しました。タイムラインの更新がうまくいかずに真っ白な画面に包まれることもありますが、Twitterはなんとか使えるようです。

ちなみにGoogleフォトで画像のサイズ変更などをしたのですが、ぜい弱なマシンパワーのおかげでめちゃくちゃ時間がかかりました。


クレードルセットで世界が広がる

単体でも十分に底知れなさが味わえるF-07Cですが、僕らをさらなる深みに連れて行ってくれるアイテムがあります。

それは、F-07Cとつなげて使う「クレードルセット F01」

ケータイマニア憧れの存在、クレードルセット F01

実はこのクレードルは高価で販売されており、本体とセットで買ったら3万円を超えてしまいました。

F-07Cとドッキングさせるポートに加え、USB端子やHDMIも付いています。これを使えば、一介のガラケーを本当の意味でPCさながらに使うことができるようになるのです。

マウスを付けてみると、こんな感じ。マウスと本体の大きさがあまり変わらないところが、見ていて妙な気持ちになります。

ちなみに最近のWindowsではUSB機器を取り付けると、自動的にドライバーを検索してすぐ使えるようにしてくれますが、今回は何やらものすごい時間がかかっています。

ずっとこのふきだしが出ている状況

20分ほどかかってようやくマウスが使えるようになり、現代の日本人が忘れかけた「忍耐」という言葉が思わず頭をよぎりました。

それでも、こんなに小さなガラケーPCでマウスが使えるようになった喜びはひとしお。

section67_image

こんな感じでマウス操作が思いのまま。ただしPCの動作は遅い

マウスとくれば、次はキーボードを取り付けたくなります。そこで、USB接続のキーボードを付けてみました。

このサイズ感

テンキーなしのキーボードでも、このサイズ感。完全にキーボードが本体みたいになっています。こちらもマウス同様、USBを挿してから20分ほどかかって、ようやく使えるようになりました。

ちなみにMicrosoft Officeの2年間ライセンス版も付いてくるので、Wordを使ってみました。これはまあどうにか打てるかな、という感じの使い心地ですが、何とも妙。

section73_image

ここで手持ちのPCと大きさを比べてみましょう。この違いです。

4インチのディスプレイの小ささがわかる

しかしやはりディスプレイが小さいと、PCとしての作業はちょっとやりづらいもの。そこでHDMI端子を使い、31.5インチの大型ディスプレイと接続してみました。

左下にあるF-07C本体と比べると、冗談のような大きさです。ともあれ大画面でWindows 7を使うことが可能になりました。

section79_image

使っている様子がこれ

しかし一見、ふつうのPCっぽくても、そのスローな動きは変わりません。


堅実な仕上がりのケータイモード

Windows 7モードの突拍子もない飛び道具感ばかりが目立ちましたが、最後にケータイモードをもう少し見ていきましょう。

ちなみに、今をときめくおサイフケータイも搭載しているほか、辞典も5つ入っています。

中にはニセの着信がきて、受話器から聞こえる質問に答えるだけで、あたかも電話している風に見せる「イミテーションコール」なる機能も搭載されています。夜道などで不安なときでも、自然に誰かとつながっているように振舞うことができるとか。

さらに約100デシベルの大音量のアラームを鳴らして、自分の居場所を知らせたり、周囲の注意を引きつけたりする「ワンタッチアラーム」など、身の守るための機能もついていました。

あのテトリスも搭載されており、親指操作で楽しめます。

カメラは、アウトカメラが510万画素で、インカメラが31万画素。しかしWindows 7モードにすると、インカメラがなぜか17万画素まで下がってしまいます。

Windows 7モードではインカメラはなぜか17万画素に

こちらが510万画素のアウトカメラで撮影した画像

こちらは31万画素のインカメラで撮影した画像。時代を感じる画質

さらにモバイルGoogleマップなど、ケータイモードだけでもちゃんと完結できるような仕上がりでした。

勢いあまってF-07Cを買ってしまった人でも、ケータイモードだけ使っていればそれなりに快適に使えそう。というかWindows 7モードだけだったら、とてつもない地雷機種だったかもしれません。

それでも「ガラケーでWindows 7が使える楽しさには変えられない」と思った人もいたのでしょう。だからこそこの機種は、少なからずガジェット好きに偏愛されてきたのです。

「ガラケーでWindows 7が使える」というチャレンジングな機種をも生みだしたFOMA。その歴史は2026年3月31日に幕を閉じますが、僕らを楽しませてくれた過去がなくなることは永遠にありません。

(編集:ノオト


辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 350

青春を思い出しました。ありがとうございます。

発想がシンプルでいいですね!

タッチパネルのWindowsをモバイル出来る環境がそれほど無かったのですごく欲しかったです。高嶺の花でした。

尖ってるな~
どんなSTP分析したんだろうか?

私はガラケーとマイネオのスマホの2台持ちなので、とても楽しく読めました。
auのガラケーなので、あと1年ぐらい(だったかな?)で終わってしまいますが、この記事を読んで、大事に使いたいと思いました。
日本人が忘れかけた「忍耐」の一文がとても印象に残り、おもしろかったです。

大変勉強になりました。貴重な情報をありがとうございました。

動画もあって読みやすかったです。読んでると欲しくなってきましたが、起動が遅いとかバッテリーの持ちが心配ですね。最近のと比較すると最近の性能は良いんですがデザインなどのワクワク感、それは昔の方が惹かれるものがありますね。画質が昔の少し画質悪いくらいの方が良いと思えたり。

Windows7モードは2万円で買えるNetbookよりも遅かったので、当時でも「これはダメだろう」という感じでした。

一部の提灯記事しか書かないメディアでも携帯モードのことばかり書いてあって、Windowsモードは「非常時にWindowsが使えるのは便利」みたいな書き方で。

CPUパワーが3倍位(当時のAtomの通常版くらい)あればそれなりに使用出来たのに。
(※但しバッテリーは持たない)

こういう端末すごく好きです!
昔PSPにwindowXP入れるの好きでした!

わかります。夢が詰まってる✨

面白いものがあったんですね。

商品化しようとする事すごい

コレの半分くらいのサイズで
まもなくauから折り畳みスマホ
発売されますね

折りたたみスマホは浸透するのか?

懐かしすぎるぅぅぅ😂
手のひらサイズのPCなんて興味津々で めっちゃ欲しかったのを思い出します。

無茶しやがって・・・

という代物だなあ。

ところで、Windows7が2011年にはあったってことに意外さを感じた。
最近だと思ってたことが何年も前のことだとわかった時に、「老けたな・・・」と寂しくなる。

こんな商品あったのか

そこまでしてウィンドウズ使いたいのね感が半端ないですね❤(≧∀≦)

電源強化してプロセッサ換装とか、外部ファン追加とか、クロック周波数upとかいう人出てきそう...

小さい機械を工夫して使うのは面白い。知恵が必要

面白い!
楽しく読ませていただきました。

懐かしい。かつての日本の家電は楽しかった。

懐かしいです。の一言。

懐かしいです。の一言。

そう考えると、スマホってすごい!

こんなケータイが存在してたんですね、感動しました

後にも先にもこんな端末は日本でないだろう。

逆に興味が湧く。ほしい。

記事では触れられていませんが、この機種のボタンは、透明の樹脂にさり気なく青のラメが混ぜ込まれていて、黒い背景と相まって、私感ですが、まるで宇宙できらめく星の海の様な美しさを持っています。

時代の流れって早いですよね

こんなのが、あったのかw

スコア笑ってしまった。

昔はこんな挑戦的な端末が多かった気がします。個人的にワクワクした覚えがあります。
最近は端末に面白みが減った気がする…

パソコンが手の内にあるの感動したなー

物理キーこそ至高だと思い、スマホは絶対にブラックベリーにしようと思っていたら、日本撤退してました

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。