L_image.jpg

  • おもしろネタ

リア充っぽい写真を撮る簡単な方法

地主 恵亮

ライター:地主 恵亮

1985年福岡生まれ。基本的には運だけで生きているが取材日はだいたい雨になる。2014年より東京農業大学非常勤講師。

  • はてなブックマークに追加

これで誰もがリア充です!

リアルな生活が充実している人を「リア充」と言う。最近はネットにもその傾向が強く、SNSのCMなどでも、リア充が全面に押し出され、「誰かとつながっている」的なコピーがつけられている。つまり、そのような写真を撮って、コピーとロゴをつければ、誰もがカッコいいリア充に見えるのである。ぜひ、その方法でリア充になろうと思う。

電話が大切です!

リア充になるには「携帯電話」の存在が大切だ。電話をしていれば、写っているのが一人でも、誰かとつながっていることをアピールできるからだ。携帯電話さえ持っていれば、リア充でなくてもリア充を作り出せるのだ。

その証拠に大根ではリア充に見えない!

たとえば、「大根」をもっている上の写真。これでリア充を感じるだろうか。全然感じない。何をしている人なのか、さっぱり分からない。しかし、携帯電話さえあれば、リア充なのだ。ついでにコピーと、ブランドロゴがあれば完璧だ。

カッコいい!

リア充以外のなにものでもない。彼はつながっているのだ。大根では再現できなかったリア充が携帯電話ではできている。これが携帯電話のパワーだ。またロゴとコピーを載せることでオフィシャル感も出てる。ロゴがメジャーすぎないので、リアリティがあるのだ。

大根だとロゴもないのでカッコ悪い!

海外からの電話でリア充

携帯電話を持って、ロゴとコピーを入れれば、誰もがカッコよくなることが分かったと思う。ロゴでオフィシャル感も出るので、Facebookなどにアップすれば、「あいつモデルにでもなったのか!」と周りから羨ましいと思われるはずだ。

タイから電話

海外から日本に電話するというのもリア充っぽい。規模の大きいモデルの仕事をしているな、とFacebookでこれを見た友達は思うのではないだろうか。日本の時間とタイの時間を書くこと、またブランドのロゴがあるので、海外だと思ってしまうのだ。

日本です!

海外に行けるはずがない。日本の裏路地で撮影している。細い道の雑多なところで、それっぽい格好で写真を撮れば、アジアのどこかに見えるのだ。問題は日本は冬なのですごく寒いこと。それは我慢しよう。


三脚を使っているので一人で撮影できます!

いい家に住んでいる

高層マンションに住んでいるというのも、多くの人を羨ましいと思わせるのではないだろうか。そんな高層マンションで携帯電話。できる大人だ。これも実は簡単に撮影できてしまう。

「※」がポイントです!

ファッション誌などでは「モデル私物」などと書かれていることがある。これを利用して、「※」で撮影場所がモデルの家であることを書く。すると、携帯電話のモデルで、いい家に住んでいて、と完全なる成功者に見えるのだ。

一般公開されている展望台です

もちろん自分の家であるはずはなく、一般開放されている建物の展望台で撮影している。ポイントはパジャマであること。朝起きた感じを演出するためだ。一般に開放されている展望台にまさかパジャマで来るとは思わない。そんな一般常識を逆手にとった方法だ。


本当の私の家からの眺め!

彼女を撮ってあげるリア充

携帯電話の使い道は電話だけではない。カメラ機能も大切だ。近年はデジカメを使わずに、撮影はスマホだけという人も多い。カップルでどこかに出かければ、彼氏が彼女をスマホで撮影することも少なくないのだ。

これぞリア充!

彼女を撮ってあげている彼氏。そこに載るコピー。リア充要素しかない写真になっている。本当に広告みたいだ。もちろん彼女なんていない。私の向けるスマホの先には誰もいないのだ。一人で撮影しているのだ。

スマホの向こう側にいるのは、知らない本当のカップル!

しかし、写真では私はリア充だ。これを「広告でモデルをしました」と書いてアップすれば、誰もが勘違いするだろう。東京で成功しているんだな、と地元の友達も思うだろう。私は地元に友達はいないけれど、一般的にはそうなるはずだ。

撮影も三脚を使い一人でしています!


幽霊もリア充

携帯電話とコピーとロゴでリア充になるのは、何も人間に限った話ではない。幽霊だって、リア充になれるのだ。幽霊の皆さんはぜひ実践していただきたい。


幽霊もリア充

下を向いて歩いていた幽霊も、携帯電話で見違えるようにリア充になっている。彼女はキャリアウーマンなのだ。暗い幽霊を最初に見せておいてのキャリアウーマン幽霊。このギャップで多くの幽霊友達は羨ましく思うのだ。「あの幽霊は違うな」と。

幽霊の皆さんもぜひ!


mineoでリア充に!

以上のように、携帯電話を持って、ロゴとコピーを載せれば誰もがリア充のようになることが分かったと思う。これをFacebookなどに載せれば、同窓会などで注目されること間違いなし。ぜひ実践していただきたい。ポイントとして撮影中に寂しさを感じたら負けだ。

何をしているんだろう、と思っている瞬間





地主 恵亮

ライター:地主 恵亮

1985年福岡生まれ。基本的には運だけで生きているが取材日はだいたい雨になる。2014年より東京農業大学非常勤講師。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 12

悲しいけど( ・∀・)イイ!!

面白いじゃない

マイネ王 運営事務局

ありがとうございます!
楽しんでいただけてうれしいです!

面白い!!!

おもしろいですね!あまりない感じてす!

楽しかったです(^^)

マイネ王 運営事務局

お褒めのコメントありがとうございます!
ライターの地主さんも喜んでいると思います。

シュールでおもろいです(笑)

マイネ王 運営事務局

たしかに、かなりシュールですね(笑)
おもしろく読んでいただけたようでうれしいです!

退会済みメンバー
退会済みメンバー

面白かったです。
地主 恵亮(じぬし けいすけ)様の大根持っている写真はどこかの畑で抜いたのかしら?
どちらの大根か微妙に気になりました。

退会済みメンバー
退会済みメンバー

大根耳に当ててるシーンを肯定しようと思っても良い案が全く浮かびません。(´-ω-`)

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。