wz3-0-1_eyecatch.jpg

  • ITガジェット

【検証】日本初のスマホ「W-ZERO3」でネット閲覧は可能なのか?【2005年製】

辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

  • はてなブックマークに追加

iPhone 3Gが日本に上陸したのは2008年7月11日。そこからスマートフォン時代が到来しました。

さらにその3年前、2005年12月14日。ウィルコム(現Y!mobile)から発売されたPHSが、日本初のスマホ【※1】であるW-ZERO3(端末名:WS003SH)でした。
※1 意見は分かれるものの、W-ZERO3が日本初と定義する声が多い

まだガラケーといわれる従来型の携帯電話が主流のなかで、W-ZERO3は半年足らずで15万台ものヒットを記録。日経MJの2006年上期ヒット商品番付にも入りました。

この成功で大手メーカーが次々とスマホ市場に足を踏み出したのです。


日本初のスマホを購入しよう

当時PHSを使っていた筆者は、W-ZERO3に興味を持っていたものの諸事情で買えませんでした。

10年以上の時を経てようやく手にできる期待に胸をふくらませつつ、状態の良い中古品をメルカリで購入(送料込みで、2,998円)。

さっそく開けてみましょう!

▲ウィルコムロゴがなつかしい

▲昔のハードといえば、セットアップ用CD-ROMがつきものだった

▲こちらが本体

▲右の「Galaxy S9+」と比べると、だいぶ分厚い

いまのスマホと明らかに違うのが、その分厚さ。26mmもあります。筆者の手元にあるGalaxy S9+が8.5mmなので、その差は歴然。

重さは220g。こちらもGalaxy S9+の187gを上回っています。

OSには今では珍しいWindowsのモバイル版、Microsoft® Windows Mobile™ 5.0 software for Pocket PC 日本語版が搭載されていました。

文字の入力はパソコンで使い慣れたQWERTY配列のキーボードをスライドさせて出し、両手でのタイピングで行います。当時の携帯電話の片手打ちより早く打てる方式でした。

▲早打ちが出来た、独特の両手タイピング

section8_image

▲2WAYスタイルで使えて、画面の向きも入れ替えられる

画面サイズは、当時としては異例の3.7インチ。まだ2インチ前半ほどのサイズが多かった携帯電話のディスプレイとは、一線を画す大きさでした。

▲最近のスマホ(6.2インチ)には負けるが、当時としては規格外の画面サイズ

▲「プログラム」を開くと、こんな感じ


ネットにつなげず、悪戦苦闘

操作方法はだいたいわかったので、次はインターネットにつないでみましょう。

Y!mobileは、PHSケータイの新規契約を終了しているため、PHS回線は使えません。そこで、標準搭載されている無線LANで接続を試みます。

しかし、スマホからのテザリングでネットにつなごうとしたものの、なぜかそのWi-Fi電波がW-ZERO3に認識されません。


▲どうしてもつながらない

試行錯誤した結果、テザリングをするスマホ側で設定していた「WPA2-PSK」という暗号化の規格にW-ZERO3が対応していないことに気づきました。

そこで、「WPA2-PSK」を外して、オープン状態で接続【※2】してみたら、ようやくつながりました。5時間も悩んで、ようやくです。
※2 セキュリティー上、問題があるのでマネしないでください。

▲どうにかつながった

昔の携帯を今のWi-Fi技術でつなごうとすると、素人にはなじみない「暗号化の規格」まで疑わなければならず、心が折れそうになることがわかりました。


エラー連発、瀕死のネットサーフィン

ようやくインターネットにつなげました。それでは2005年に生まれた日本初のスマホで、2019年のネット世界をブラウジングしていきましょう。

▲W-ZEROシリーズのサイトはまだある

W-ZERO3の公式サイトはしっかり表示されています。しかし、こんなキレイに表示されるページは、なかなかありませんでした。

▲この表示が出てきて、多くのサイトが閲覧不可

▲何度も出てくる、この表示

▲サイトを開けても、今度はこの表示が何度も登場

なんらかの理由でサイトを開くことができず、たとえ開けたとしても文字化けなどの不具合が発生します。

回線のスピード以前にレンダリング【※3】がとても遅いようで、ひとつページを開くにも、数分単位で時間がかかります。これでは90年代前半にメインの接続方式だった「ダイヤルアップ接続」と同じレベルの低速です。
※3 Webブラウザが表示用のデータ(HTMLファイルなど)をもとに、内容を整形してWebページを表示すること

また、スマホでは欠かせない地図ページや、乗り換え案内などいろいろトライしましたが、試した範囲では一つも使えませんでした。


▲乗り換え案内。「該当する駅がありません」と出る

さらにTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSはサイトを開くことすらできません。

▲検索サイトもNG。その中で開けた数少ない存在がlivedoorだが、サイト検索はできなかった

▲食べログも「非推奨環境」との表示


なかなか快適なネットサーフィンはできませんが、当時一世を風靡したSNS「mixi」や往年の名テキストサイト「侍魂」など、古い文字コード方式の「シフトJIS」や「EUC-JP」を使っているサイトは見られることが多いようです。

▲「シフトJIS」を使うサイトの一部は表示できる

▲10数年前に一世を風靡したmixiも、どうにか表示できた(ログインはできず)


Amazonで買い物はできる?

ここまで苦心のブラウジングをしてきましたが、はたしてAmazonは開けるのでしょうか。

TOPページから大いに文字化けしました。

検索窓は生きているようなので、「サッポロ一番みそラーメン」と入力してみましょう。

そして、検索ボタンを押すと、

大いに文字化け。

最終的に、謎の商品が1件ヒットする有様。

どうやら日本語での検索は無理なようです。そこで、文字化けしない英字で検索することに。筆者愛用のマウス「BSMBU19」で検索したところ……、

お目当ての商品が出た! カートに入れてレジに進んでみましょう。

またもや文字化け。

何が書いてあるかわからないのがちょっと怖いですが、おそらくこれは注文確認画面でしょう。それらしきボタンを押して先へ進みます。

最終的に出てきた表示がこれ。

PCから購入履歴を見てみましょう。はたして買えたのか……?

買えてた!

道なき道を歩くような攻防の末に、マウスを購入できました。

それにしても、14年もの月日はおそろしいものです。あのとき最新端末だったW-ZERO3さえ、こんなに古くなってしまいました。


133万画素カメラで2019年の風景を撮ろう

搭載されたカメラは133万画素。他社の携帯電話は当時200~300万画素時代に達していたものの、ウィルコムのPHS端末としては最高画素数でした。ちなみに先ほど登場した現代のスマホGalaxy S9+は、1200万画素です。

写真の明るさは7段階で調整でき、撮影サイズは320×240、640×480、1280×1024ピクセルの3段階から選択可能。連写やセルフタイマーモードも選べます。

では、このカメラでいろいろ撮影していきましょう。

▲家系ラーメンを激写。発色のせいであまりおいしくなさそう?

▲靴屋さんを撮る。豪快な手ブレが発生

最新スマホの感覚で、シャターボタンを押してすぐカメラを動かしてしまうと、壮絶な手ブレが写真に反映されてしまいます。しかし手をガッシリ固定すればどうにか見られる画像も撮影できました。

▲夜の渋谷ヒカリエは撮影できた。手を動かさなければいける

しかし一眼レフにも迫る現代のスマホと比べれば、その差は歴然。逆に、いまの技術をありがたく思えました。

ちなみに、W-ZERO3は動画の撮影も可能。320×240ピクセルのみですが、こちらも撮ってみましょう。

section58_image

▲なかなかのコマ送り感

なめらかな動画は録画できず、妙にドギマギした動きのコマ送り動画になりました。ただし当時の感覚だと、「動画が撮れただけでうれしかった」のかもしれません。


忘れ去られたアイテム「miniSDカード」

携帯端末とPCの間でデータのやりとりができる「Microsoft ActiveSync」で画像や動画のデータを取り出そうとしたところ、筆者が使用しているWindows 10では使えませんでした。

そこでminiSDカードを使います。microSDカードではありません、絶滅寸前の「miniSD」です。

▲秋葉原にて、投げ売り価格(240円)で購入

▲左のアダプターをつけるとSDカードとしても使える。容量はなんと、128MB……!

▲このようにさし込む


どんなソフトが入ってるの?

動画再生ソフト「Windows Media Player」が入っていました。再生できる規格はWMV、WMA、MP3の3つだけ。動画の再生にマシンがついていけずコマ送りになった挙げ句、エラーで止まってしまいました。

section65_image

ほかには、電子書籍を読める「ブンコビューア」なるソフトも。250万部を超えた当時の大ベストセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』の立ち読み用がプリセットされていました。

▲試しに少し読んでみる。多少ページに「タイムラグ」はあるが、当時のガラケーより閲覧性はいい

▲ゲーム「Bubble Breaker」で遊ぶ。いまで言うと「ツムツム」っぽいゲーム

▲ExcelやWord、PowerPointもある。エクセルは関数もひととおり使える

section71_image

▲手書き文字入力も可能

▲近くのアンテナを探す機能「パワーサーチ」。電波をつかむのに苦労したPHS時代を思い出す

section73_image

▲昔の端末によくあった「タッチスクリーンの補正」

またW-ZERO3は外部から新たにソフトをインストールすることも可能でした。現在のアプリのようにひとつのショップに集まっているわけではなく、初心者には少々敷居が高かったですが、いわゆるガラケーよりもずっと拡張性があったのです。

▲ブラウザの「Opera Mini」をインストール。現在でも新たにアプリ(プログラム)をインストールできるようだ

▲今でも使えるモバイル用ブラウザの「オペラミニ」なら、Twitterも(なんとか)見られる!


遅れていた日本のスマホシーンの救世主

日経エレクトロニクス2006年11月6日号によるとW-ZERO3は、当時人気だったシャープのPDA「Zaurus(ザウルス)」【※4】に、ウィルコムのPHS通信カードを内蔵する試みから始まったとか。
※4 PDAはPersonal Digital Assistantの略。スケジュールや住所録、ToDoなどの情報を携帯して扱うための小型機器。ザウルスは日本製PDAの代表的製品だった

ザウルスのSL-C1000を原型とし、そこに音声通話やカメラ、無線LANなど多数の機能を追加。そして完成したW-ZERO3は、従来の製品の枠を超えた新しい製品でした。

▲ザウルス SL-C1000

ヒットしたW-ZERO3シリーズは、その後も新製品を出し続けました。しかしiPhoneなどに押され、2010年1月に発売された「HYBRID W-ZERO3(端末名:WS027SH)」を最後に、その歴史を終えます。

▲「HYBRID W-ZERO3」。通話はPHSで、通信は3Gで行う意欲作だった

ひっそりとその役目を終えたW-ZERO3。しかし、あまりにも遅れていた日本のスマホシーンに、大きなマイルストーンを打ち込んだ一作でした。

PHSサービスの終了は2020年7月末。時代の流れに逆らえず倒れたW-ZERO3は、僕らの思い出の中でひそかに呼吸を続けます。

参考文献:日経エレクトロニクス2006年11月6日号

(編集:ノオト

辰井裕紀

ライター:辰井裕紀

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 61

懐かしいですね。
○W-ZERO3後継(WS004SH)
○advanced w-zero3[es](WS011SH)
×WILLCOM03(WS020SH)
○Hybrid W-ZERO3(WS027SH)
それぞれ持ってました。
文字打ちやすいのがメリットやったなー。
○はまだ動きます。

モバイル敬老会の会場はこちらですか?
もち、持ってましたよ!

あー懐かしい♪ これ一時期持ってました。

私のモバイルの始まりは、ドコモのPDC携帯(ムーバ)と
カシオのカシオペアを通信ケーブルで繋いでメールチェックしてました。
http://arch.casio.jp/ppc/e503/

CFタイプの無線LANカードでWifi通信したり
あの頃のワクワクを思い出します。

発売が発表されてすぐに予約して買いました。
同僚に自慢して見せたら馬鹿にされました(^-^;
電話として使うには大きすぎましたね…

面白く読ませていただきました。自分もこの製品を利用していたことがあるので、今利用するとこんなになるんだ!と思いながら読みました。
PowerBookやLibretoでも同様なんでしょうね。

ありがとうございました!

これ買ったときの070の番号で
今mineoさんでお世話になってます。
こいつからアドエス、ハイブリと使いました。
この子は壊れるまで使っちゃったので、もう電源も入りませんが。

この当時はこんなにスマートフォンが普及するなんて誰も予想しなかったかもしれませんね。

懐かしいですね。
当時買えなかったのですが、W-ZEROやVAIO type Uとかすごい欲しくてビックカメラで触ったりしてました。近未来を感じていました。

懐かしいなあ。W-ZERO3開発で出荷直前まで深夜まで何日も仕事したことを思い出します。 OSはWindows Mobile。

懐かしいです笑
W-ZERO3とアドエス持っていました!
このZERO3、お尻のポケットに入れて自転車に乗ってると知らぬ間に落ちて、何度も親切な方に拾ってもらったのをよく覚えてます・・・(¯―¯٥)

それでも、qwerty keyが使い易くて愛用してました。

我が初スマホの端末は「ほぼスマホ」型番忘れた。デビューからmvnoでした。

俺も持ってました。
よくフリーズしたけど、それなりに使えたと思います。
懐かしいな

んー、何か意味があるんでしょうか?
現在及び未来に向けての試行錯誤なら興味持てたんですけど...

所で、mineoスイッチが無くなるとの事ですが、節約出来なくするのでしょうか?

ますます格安simらしく無くなっていくような...

ASTEL関西から出ていれば買ったかも知れない元まっTELユーザです

この記事はマイネオユーザーに必要?
想いでコーナーとか、タイトルにつけて欲しい。途中まで読んで損した気分。ごめんね!

W-ZERO3シリーズはいいおもちゃだった。デフォルトじゃ恐ろしく使いにくいからランチャーソフト軽いの入れたり細々とカスタマイズするのが楽しかったわぁ。
今思えば面倒だしお世辞にも一般向けとは言えない機種だけど手に入れたときのワクワク感は今のスマホに勝る。

14年前の携帯か・・自分の車も買ってから15年19万キロ超え、後どれだけ乗れるのやら。。時がたつのははやいですな~(´・ω・`)

Zero3二台、Zero4、アドエス持ってました
今でもスマートフォンと言えばコレって思います

なつかしいー!
京ぽんでパケ放題が幕を開け、W-ZERO3が発表されたときは嬉しくて眠れなかったほど興奮したのを今でも思い出す。「ゼッテー買う!ゼッテー買う!」と周りに言って騒いだが誰にも共感されず、弁当箱とバカにされた恨みは今でも忘れないよ(笑)
いまは皆弁当箱で使ってるじゃん(笑)

まぁ、今使った、そんなもんでしょう。
無線LANは、PSPを繋ぐときに、ハマったのと似たパターンだ(^^)

しかし、懐かしいですね。
Linuxを搭載した、通称リナザウ+PHS通信カードを使っていた私。
もう、当然買うしかないでショ。W-ZERO3。
発売日に有給取って、ヨドバシに並びました(^^;

Google MapもW-ZERO3で動かして・・・
そのおかげで、GPS、絶対必要! って刻まれました(^^:
周辺の建物で、自身の位置を確認するというテクニックが必要だったんです。

なんだかんだ言って、IS-01を手に入れるまで使ってたかな。

ちなみに、ザウルス。
もっと以前の機種では、ザウルス+外付けモデムで、Nifty-ServeとかPC-VANとかにつないでましたねぇ。

初代Librettoとか、そんな子たちと一緒に、うちで眠ってます。
時代の先端を走った、尖った奴らでしたよ。

今度はIS-01を手に入れて、試してみてください(SH-10Bでも可)。
大丈夫、Androidですよ、1.6だけど。

って、ナツい話で終始して、いいんだよね(^o^;

日本の端末は遅かったのではなく早すぎたんじゃないかと思う。
カシオのPADなんかは機能的にも素晴らしい端末だったが、いかんせんソフトが貧弱で…

今のように気軽に個人がソフトの提供をできるような状況があれば、iPhoneにここまでやられることもなかっただろうに

ケイ・オプティコム改めオプテージにとってはライバルであるウィルコムの製品を紹介するのですから、懐が深いと言わざるを得ません。
当時はケイ・オプティコムがMNOとして「eo64エア」をサービス提供していました (アステル関西の音声サービスは終了)。ひょっとすると端末持ち込みでW-ZERO3をeo64エアで使っていた人がいたかもしれませんね。そもそも受け付けなかったかもしれませんが。

なつかしいですね!! 後継のアドエスを一時期使ってましたがあまり使いこなせなかったなぁ〜

阿部寛のホームページならサクサク表示されそうw

これ持ってた!懐かしい~。
確かにネット接続に苦労した思い出がある。

すごーく懐かしいというか感激です。使ったことはないのですが、あこがれてました。

とても懐かしいです。私は初代→es→アドesと使いました。自分でソフトウェアを入れて色々弄って楽しかっただです。小さな画面でしたがExcelは仕事で大いに役立ちましたよ。思い出に残る端末です。

iPhone より3年も前だったっていうところが凄いなと思いました。日本って進み過ぎていたのかもしれませんね!ちょっとゲーム機みたいで面白いなと思って読ませていただきました。

私は、willcom03のみですが、このシリーズには、当時びっくりしました。
2011年より前にスマホ持っている人は、本当に少なかったです。

まだ持ってます!
先取りしすぎの名機です!

んー、懐かしい!一気に読んでしまいました。

職場に一台ありますが、充電出来ず、静かに眠っています。
懐かしい画面ですね。

これは懐かしいですね!! 一度持ち込みで契約しなおしたくらい好きでした。もう、ウィルコムSIMゲットできないんですね・・・

1554545396019138139633860218982.jpg

にゃいす!あの頃はあんちゃんは産まれてなかったにゃ!

飼い主のオノデラさんは中学生の頃で、ドコモのフィーチャーフォンを使ったのが携帯電話デビューにゃ!

たぶんSIMを挿せば未だに使えるね!

懐かしいけれど、今となっては性能不足ですか。

ただ、2005年の最新PCのミドルレンジ品だと、今でもそこそこ(入れるOSによっては普通に)使えるんですよね。
W-ZERO3の性能は当時のモバイルデバイスの中では「上の下くらい」だったと記憶していますので、モバイルデバイスの進歩の速さに驚かされます。

当時無線回線(Wifi)をあまり信頼してなかったので、興味はあるもののスルーでした((+_+))

3G→4G→5Gへ、今後ついていけるのか?初老の私は不安です(;´Д`)

懐かしすぎました。
京ぽんから、W-ZERO3シリーズに移行して、そのままアドエスまで使ってましたね。

そんな昔にスマホあったんですね。

2019-0407-155910230.JPG

いや、懐かしいですね〜。
しかし、今のスマホと比べたら、ユーザーが頑張ってカスタムして、「普通に使用できる」レベルでした。(;´∀`)
当時、MSやシャープ、ウィルコムで、腹を割って話しとけば、天下を取れたかもしれないのに…。
ホンマに、使ってて「なんでこんな仕様なんや!」と、よく思ってましたから〜。
写真は、うちの子です。

この機種持ってたし、記事おもろいけど、オプテージ社屋を、外からでも写メ撮ってみました、とかやってほしいね。

これ社会人一年目で持っていて
外でエクセル弄ってドヤってました…
時代は進化するものですね!

私はS21HTを持ってました。すぐ固まって困って、違う機種に変更してからSkypeを入れられなくって、非公式で入れたり、android1.6だったかな?入れたり遊んでました。懐かしいなぁWindowsフォン

mineoユーザーに懐かしいっておっしゃる方が多くて嬉しいな。
日本初のスマホって書いてくださってありがとう。
15年か。あの時代はまだ力があった、スマホを語れば、今の日本の姿を語ってる。

最近はホームページがSSL化して古い機器だと見れなくなる事が
増えたので厳しいのだなと思いました(^^;

一方でOfficeソフトやアプリに関してはまだまだ使える事も分かり
面白かったです。(^^

ZERO3もハイブリッドも、ザウルスも持ってました。当時から新し物好きでした。WーSIMはストレートタイプの携帯に差し込んで、ほぼ電話機とメールとで使っていました。
でもモバイル端末としては、WindowsCEをもっぱら使っていました。

2012年当時、会社の先輩がこれを業務端末で使ってましたねー、懐かしい。わたしはesだけ持ってました。

当時のアプリストア的なものと言えば、わたしの知り合いがgiraffeというサイト(アプリ)を作ってましたね。ダウンロードしてそのままインストール処理を開始したり、アプリ一覧を作成したりと、今のアプリストアの走りのようなサイトでした(W-ZERO時代はまだなかったですが)。

今はWindows Mobileもろとも終了してしまいましたが、あのころはアプリ開発コミュニティも盛り上がっていましたねえ。Microsoftも結構セミナー開いてたし、同時安くはなかった開発環境を自前でそろえてた人も結構いたなあ と。

1513640561600.jpg

以前、マイネ王の掲示板のどこかでW-ZERO3関連の書き込みがあった気がするのですが、みつけられませんでした。
その時にUpした画像を再Upします^^;

懐かしいですね。当時は斬新すぎてとても手が出せない雰囲気プンプンでしたが
今見たら当時の開発者のセンスの塊ですね。
Excelの入力データが袋麺の内容量だったのに思わず吹き出してしまいました(^^)

懐かしい!
バソコンでeo64使ってましたがな!

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。