L_image.jpg

  • おもしろネタ

日本でもっとも人口が少ない村でmineoは使えるか

毎川 直也

ライター:毎川 直也

お風呂、温泉が好きで、湯治宿、スーパー銭湯で働き、現在は東京の銭湯で番頭をしながら、イベント開催や執筆をおこなう。

  • はてなブックマークに追加

mineoで使うau 4G LTEという通信回線は、日本の人口カバー率が99%と言われています。
それでは、逆にau 4G LTEが飛んでいない1%の人が暮らすところはどんなところなのでしょうか。au 4G LTEがなくても、そこには人の営みがある。私達の知らないおもしろいものがあるはずです。この企画ではそんな1%の地域に足を運び、実際に見て、体験してみたいと思います。

とはいっても、どこへ行けばいいのか。

人口の99%をカバーしてるということは、人口が多いところはカバーしている可能性が高い。
逆に人口が少ないところであれば、カバーされていない1%にあたる可能性が高いですよね。

section1_image

検索してみると、離島を除いて一番人口が少ない村「大川村」というところがありました。
高知県にあり、ダム建設によって村の一部が水没、1970年には1900人ほどいた人口が、現在は約400人です。400人…私が小学生の頃、全校生徒の人数がそのくらいだったような…

大川村について調べてみる

一見mineoが使えなさそうなこの村。どんな面白いものがあるのでしょうか。
掘り下げて調査したところ、2つの気になることが出てきました。

section3_image

その① 和牛が有名で、毎年11月3日に謝肉祭というバーベキューイベントがある。

section4_image

その② どうやらむこうでは「アメゴ」でこの魚の全てが伝わるらしい…


大川村でmineoは使えるのか。
そして大川村の一大イベント謝肉祭、アメゴの説明雑問題…
この3つを、実際に行って調査してまいります!


村に入る前の周辺調査

section5_image

高知県の空の窓口、高知龍馬空港に到着しました。
羽田から約1時間30分。小旅行どころか通勤圏内です。
大川村に向かう道中で、生情報を集めていきます。


section6_image

空港のマップを見てみました。

section7_image

あったけど…ますますわからなくなりました。
パンツ一丁&半ケツで釣りをする文化があるのでしょうか。

新たな謎に戸惑いながらもレンタカーを借り、高知龍馬空港から北上します。



section8_image

途中、「道の駅土佐さめうら」に寄りました。
土佐町は大川村の隣の自治体。ここならなにか情報があるはずです。


section9_image

主任の森さんにお話をうかがいました。

「人口は確かに少ないけど、若い人が来て農業やったりイベントをやったり、頑張ってるよ。」



人口が少ないからと言って、気持ちが負けているわけではないのですね。様々な試みをおこなっているようです。
mineo、使える気がしてきました。


道中の山道を通過

道の駅を過ぎてしばらく行くと、曲がりくねった山道にはいります。

section11_image

道中にはヘリポートらしきスペースもあります。

section12_image

トラックのすれ違いで慎重になるところも。
時間に余裕を持って移動しましょう。

ついに到着、大川村

section13_image

情報収集をした道の駅土佐さめうらから車で約40分、大川村に到着。
ダム湖畔に数件の建物が並ぶ静かな集落です。まずは役場で情報収集します。

section14_image

今回ご対応くださったのは、副村長の筒井さんです。

section15_image

自分「今日はよろしくお願いします。」
筒井さん「遠方からわざわざどうも…」


section16_image

(人口が少ないこと、めっちゃ主張してる…)

アメゴについて聞いてみた

本題のまえに「アメゴの説明雑問題」を解決しておきましょう。

section18_image

自分「大川村のHPに特産品のコーナーがありますね。」
筒井さん「はい。」
自分「アメゴだけなんか雑じゃないですか?」

section19_image

「そうですね…web技術のある職員がいなくて…直したいと思ってます。」


どうやら「アメゴです。」は単に説明不足のようです。
正しい紹介のためには、村内で正確な情報を集める必要がありますね。


食堂で聞いてみた

section20_image

「アメゴの説明雑問題」を解決するため、役場の隣にある旅館兼食堂を運営されている、筒井さんにお話をうかがってみました。
先ほどお話した筒井さんとは親戚関係ではないそうです。


section21_image

ザ・食堂の店内。ここで村の人々は胃袋を満たしているのです。
オススメのメニューを確認しておきましょう。

section22_image

「牛丼ですね。大川村名物の大川黒牛を使っています。牛すじ丼も同じ牛肉ですので、肉質の好みで選んでいただきたいです。」


現地で食事を提供している筒井さんなら、アメゴの詳しい情報を知っているはず。
アメゴの真の姿を知る時が来たのです。


section23_image

自分「アメゴの説明、なんか雑じゃないですか?」
筒井さん「確かにこれでは伝わらないですね。」


お話をうかがってみると
①近くの河川、大北川の支流でよく釣れるポイントがある。
②アメゴ釣りの解禁は3~8月。
③アユは主にコケを食べる。アメゴは虫を食べる。
④大きいと30cm程になる。
⑤月ごとに味に違いがあり、人によって好みが違う。


時期によって味が変わる!なんと奥深い食材でしょう。アユとの違いもよくわかりました。
大川村のアメゴ達も自分たちのことを知ってもらえて、きっと喜んでいることでしょう。
「アメゴの説明雑問題」、これにて解決です!


謝肉祭会場に行ってみた

もう一つの調査対象である村の一大イベント、謝肉祭。
謝肉祭とは、大川村の特産品、大川黒牛のバーベキューイベントです。
予約制で、8月中旬に受け付けが始まり、開催日の11月3日には村の人口の約4倍にあたる、1500人もの観光客が訪れます。村が一番賑わうイベントなのです。

謝肉祭はやっていませんが、会場で余熱だけでも感じてみましょう。

section25_image

ものすごい祭りの会場ですが、オフシーズンにつきがらんとしてます。
余熱を感じるどころか、私の体温がどんどん奪われていきます。

section26_image

これがあれば謝肉祭を感じられると思い、道の駅で買っておきました。
謝肉祭専用のタレ、その名も「謝肉祭」です。

section27_image

「腰かけてゆっくりしてけ」と言わんばかりのすのこを発見。
…謝肉祭、しちゃいますか。


一人謝肉祭、開催

section28_image

こんなこともあろうかと、お皿とお箸は持参しています。

section29_image

section30_image

いただきます!

section31_image

おいしいはおいしいけど…タレだけ舐めてもイマイチ祭りの雰囲気を感じられません。
肉?賑やかさ?熱気?1500人のお客さん?
謝肉祭を感じるために足りないものを求めて、カバンのなかを探してみました。

section32_image

おやつとして買っておいた、おかきとクッキー。
なにか足りない…そう、それはタレにつけるものです。
肉なんて贅沢言いません。
これにタレをつけて食べれば、謝肉祭を体験したと言ってよいでしょう。

section33_image

まずは間違いなさそうなおかきを食べますか。

section34_image

おかきと焼き肉のタレが全然マッチしていないですが、それぞれおいしいのでおいしいです!

section35_image

これならクッキーもいけそうですね。

section36_image

section37_image

吹きおろしの風が強く、寒くて味を噛みしめている余裕なんてないです。
手がかじかみ、クッキーを箸でとるのも困難でした。


section38_image

いやー寒いっすね。


そういえばmineo、どうなの?

アメゴの問題も解決し、謝肉祭を体験して盛り上がったところで、役場の前でmineoが使えるかを確認し、旅の締めくくりにしたいと思います。

section40_image

section41_image

使える!


ちなみに役場より山深い、謝肉祭会場でも見ておきました。

section42_image

section43_image

こっちも使える!


ということで、離島を除いて日本一人口が少ない大川村は、mineoでデータ通信が可能です!
謝肉祭に参加して撮影した写真を、すぐSNSに投稿することもできるわけです。スマホ片手に大川村を訪れてみてはいかがでしょうか。






毎川 直也

ライター:毎川 直也

お風呂、温泉が好きで、湯治宿、スーパー銭湯で働き、現在は東京の銭湯で番頭をしながら、イベント開催や執筆をおこなう。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 16

1 - 16 / 16

本当に電波過疎地を探すなら東北地方がいいですよ。岩手県南部の大船渡線はSBでは駅周辺以外は圏外。ジブンノ母の実家周辺はDocomoさえ圏外で、唯一繋がるのがauなのです。

離島もいろいろと調査をおねがいします。ちなみに私が住んでいる島では、使える範囲がとても狭いです。

面白いですねー!楽しく読ませてもらいました。牛丼たべたいなー。

マイネ王 運営事務局

東北や離島で検証してみたいですね。
もう一度、電波過疎地を取り上げる記事を作る場合は、ぜひ東北や離島を推させていただきます!

東京都町田市の日大3高近くに住んでます。木造2階建てです。
FMの電波がカーラジオでとぎれとぎれです。家の1階でアンテナ1本かゼロ本です。2階では何とか安定に1本です。ネット見ていて切れることあります。東京のアマゾンと呼ばれてます。 3Gでネット出来ないんですよね。電話ならつながるんですが。ADSLをWiFi接続検討中です。

このマガジンにコメントしましょう!

地方で繋がるか、というのが一番の課題。やばそうだな..と思ったら案の定昨年西伊豆で使えなかった。哀しかった。ま、海岸だったからかもしれない....そう思うことにしたが帰りの沼津近辺でもイマイチつうか、つながらなかった。車中だけども、過去は繋がっていたので。機種を再起動すればつながったかもね。次回トライ!

マイネ王 運営事務局

LTEのエリアはかなり広がったとは言っても、一部ではつながりにくい地域もあるのですね。
実際のお声は大変勉強になります。ありがとうございます。

田舎でも観光地であれば、ほぼつながるという印象ですね。安心して持ち歩けます。

マイネ王 運営事務局

とんがりさん

安心してご利用いただけているとのお声が聞けて、大変うれしいです!

人が住んでいる所はおおむね、LTEだけでもauは繋がりますね!
問題は田舎の高速道路上です。高速道路は田舎ですと山を切り開いて作られています。そこは人が住んでないエリアだったり。そういう所は、繋がらない事がありますね。
でも繋がらないのはほんの数分で、また繋がるようになることが多いです。LTEだけでも普段の生活には全く支障がありません(^_^)
趣味がアウトドアで、山奥にキャンプにでも行く人でなければ、困ることはなさそうな気がします。

マイネ王 運営事務局

やはり人の住んでいないエリアではつながりにくいこともあるようですね。
今後、LTEを選ぶ方が増えれば増えるほど、auさんのLTEエリアも広がって、つながりにくいエリアも少なくなってくるかもしれませんね。

初めての見ました
アマゴにそこまでツッコまなくても(笑)

マイネ王 運営事務局

ねぼすけさん
記事の遡りでのコメントありがとうございます!!
ですよね。。。「クスッと記事」もその他色々ありますので、ご覧いただければ嬉しいです!!

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

("・∀・)イイ!!
うちの街にも来てほしい。
と思っちゃいました。

こういう旅の記事は楽しいですね。

退会済みメンバービギナー
退会済みメンバー

日本でもっとも人口が少ない村

高知にあるんですね!

日本でもっとも裕福な村もやって欲しいかも。

日吉津村かなぁ?

ロケットニュースの記事みたいな雰囲気を強烈に感じるのですが…。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。