【終了~雑談中】もうすぐIIJmio meeting中継が始まります

他社情報ですが、もうすぐIIJmio meeting中継が始まりますよー。

本日13時半〜
こちらで見られるはずです。
http://iijlive.ipcasting.jp/miomtg/sp/

テーマなどはこちらに記載されています。
http://techlog.iij.ad.jp/archives/2138

今回のトークセッションのテーマ
・みおふぉん教室 「格安スマホ選び2017」
・SIMロック解除とMVNOの話
・IIJmio タイプA SIMとSIMフリー端末について

ご興味のある方は是非。


---------
終了しました。

資料はこちらから。
(IIJmio meeting 14資料公開)
http://techlog.iij.ad.jp/archives/2148


個人的には、「au網とMVNO」がめちゃくちゃ面白かったです。
mineoの人にも役立つ内容だと思います。
資料、是非見ましょう〜。


  • はてなブックマークに追加

コメント 175

mineoの話題が、他社よりもよく出ましたね。
以前よりも、対等な競争相手になってきた感を覚えます。

懇親会でビール飲みちゅう〜

mineoに3日で366MB制限がないのは、実装が大変だったからなのか?
IIJmioでその制限があるのは、将来的に契約者が増えたときを見越していたのかな?

>ゲラルトさん
私も伝送遅延をわざと入れている事は興味深かったです。
本来、関東で利用した場合、mineoの方が一旦大阪へ行ってから東京に戻る
のでPingが悪くなるはずですが実際IIJmioの方が悪いのはこういう理由
だったのかとハッキリ分かって良かったです。

もしかすると、IIJmio meeting9で交換機上のトラフィック制御パラメーター
のチューニングで速度が改善したというのがありましたが、伝送遅延を
入れている事かもしれないなと感じました。

mineoでもパケットロスが多いのならば、安定化の為IIJmio同様に、敢えて
伝送遅延を入れるのも手ですね。

プレミアムコースに関しては、結局かなり限定的なユーザーにしか提供
出来ないのじゃないかというのが私の印象です。
今年のmineo事業戦略発表会で出てこなかったあたり、主力サービスとして
大々的にやるのは難しい事が明らかになったのでは?と感じます。

>アッカリ〜ンさん
>mineoに3日で366MB制限がないのは、実装が大変だったからなのか?

私も今日そう思いました。
日次締まってから数時間かけてチェック、ってどんだけ複雑な処理…

伝送遅延ですが、回線の込み具合によって動的にかえているのかな?
時間帯によってかえているとはおもいますが。
mineoもこういった制御すれば、昼休みの混雑時間帯はもうちょっと安定すると思います。

>Kanon好きさん

プレミアムコース、mineoではもう消え入りそうな感じがしますが、外ではまだ斬新なサービスという印象で捉えられているんですかね。
今日何度も話題に出て驚きました。

mineoって低速と高速の切り替え以外の制御とか制限とかせずにPOI通してそのまま繋ぐっていう感じの方針ですよね。
混雑具合に応じてうまく制御してくれればよいと思いますが...

バッファの制御(遅延)はmineoもやってると思いますよ〜
というか必ずやってるはず。どの程度云々は各社違いはあると思うけど。

Phantomさん
そうなんですか。どこでもやってるものなんですね。

Phantomさん

懇親会のレポよろしく!
なんかブッコミ質問してきて~

>バッファの制御(遅延)はmineoもやってると思いますよ〜

質問の回答を聞いていて、帯域制御とping値を取り間違えていると思いましたが、tcpパケットのタイムアウトは、RTTの何倍、というように端末で設定されるんですね。RTTをある程度大きくしておかないと、何回も要求をだしてきてしまうんですね。

酔っ払ってるので無理です〜w

というか大内さん探し中…

>Phantomさん
そうなんですか。なんか、混雑時の様子を見ているとあまりやってなさそうな感じがしてました。
でも、最近は一時期のすごく遅い状態からやや良くなってきているので、いまは入れているのかな。主観ですが、以前より、PING値すこし大きくなった気がします。
でもやっぱり、技術的にはIIJの方がきちんと制御している感じですよね。

>さとさん
mineoとしては、プレミアムコースはあまり触れないでフェードアウト狙っているように思えます。2月から始まる募集が何人になるのか...200名程度と言っているけど、まさかトライアルからの継続を含んで200名なのかな?

Phantom さん

| というか大内さん探し中…

大内さんに、今日の講演内容に関して追加の質問をさせて頂きましたよ。

>アッカリ〜ンさん
質問のやり取りは聞いていませんが、 TCPのタイムアウト値は端末のOSで決まっていて、LInuxだと3秒(1回目)、6秒(2回目)、12秒(3回目)..とタイムアウトした回数で増えていきます。
RTT(Round Trip Time )というのは往復にかかる時間なので、タイムアウト値<RTTとなると再送が起きるわけです。
なので、RTTが大きくなってタイムアウトすると、2回目のタイムアウト値は大きくなりますが、RTTの何倍という形で決まるわけではないですよ。
タイムアウトの制御はOSによって変わりますが、AndroidもLinuxベースなので、たぶん同じです。
あと、テザリングでPCつないでいたらPCのOSで決まります。

mineoは「使用量」の計算をしてなかったからねぇ。あくまで総量から残量を引いた数字を「使用量」として表示していただけでしたから。
3日制限をやる気が無いからそういう実装にしたのか、そういう実装にしたからできなかったのかはわからないですが。

>ベルりんさん

tcp rtt タイムアウト で検索したら、それっぽいことが書いてあったので、

>1回目の再送までの時間はラウンド・トリップ・タイム(RTT)をベースにして計算されるため

そうかと勝手に思っていたのですが、ガセだったのかな?ww

>アッカリ〜ンさん
先の私の説明でいうと、最初の通信のタイムアウトを3秒とするとRTTが3秒以上になるとタイムアウトして再送が起こります。そして1回目の再送(私の説明だと2回目のタイムアウト値)は6秒にするわけです。2回目以降ののタイムアウト値の決定の仕方は、OSやアプリの作り方によって異なります。(アプリからOSの設定を書き換えて変えることもできるので)

1回目の再送以降のタイムアウト値(2回目以降のタイムアウト値)はRTTによって影響をうけるため、間接的には、RTTによって決まるとは言えますが、1回目の通信をしてみないとRTTはわからないので最初のタイムアウト値(デフォルトのタイムアウト値)は、設定値できまっています。

>1回目の再送までの時間はラウンド・トリップ・タイム(RTT)をベースにして計算されるため
というわけで、1回目の再送以降のタイムアウト値はRTTに影響されますが、RTTを基に計算されるというとちょっと違いますね。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0312/25/news001_2.html
では以下のように書かれています。
実際のTCP/IPの実装では、タイムアウト時間は固定値ではなく、ネットワークの状況などに応じて動的に変化するように設計されている

ご参考まで。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。