災害時、優先レーン

通信サービス
通信サービス への提案

災害時にフリータンクの引き出し枠が拡大されるみたいですが、災害地域に限った通信の優先レーン化を検討していただきたいです。
対して、有料で募集枠設けてのプレミアムサービスは不公平感があり、私としては反対です。
ただ、これまで試験サービスを経て得たノウハウをここに生かされると幸いです。
以上、ご検討よろしくお願いします。


  • はてなブックマークに追加

運営事務局へのコメント 6

これ以上ありません。

①災害発生時のみ、プレミアムコース専用の帯域を、災害地域にお住まいの方が使えるようにする。
 これは、通常のコースより高いお金を払っている、プレミアムコースの方が通常コースに移されてしまうので、かなりの批判が来そうです。

②通常の帯域を狭くして、その分災害地域にお住まいの方を優先する
 これも、通常のコースから、遅いとクレームが来そうです。

③プレミアムコースと、通常のコースから、それぞれ帯域を貰って、災害地域にお住まいの方が使える帯域を作る
 これが一番現実的かなと思います。

④回線増強をして、その分を災害地域にお住まいの方が使える帯域にする
 回線増強は、すぐに出来る物ではないですし、かなり費用がかかるので現実的ではありません。

いずれにしても、どれくらいの帯域を災害地域にお住まいの方が使えるようにするのかは、難しい問題ですね。

災害時なんかキャリアですら回線パンクするんだから、ましてやmineoなんか優先したところでって気もしますけど😂

「どう実現するのか」「そもそも実現できるのか」はさておき(mineoさんに丸投げするとして)、実現できたなら災害時にとても心強いですね。
パケットばかりもらったところで、通信できなきゃ・・・ねぇ^^;

これ、MVNOではキャリア(MNO)の輻輳対策に対して手が打てるわけでもないので、現状ではキャリアが発着信規制をし始めたり、場合によってはデータ通信も絞れば優先も何もなくなってしまうんですよね。

※今の携帯電話網も下回りは IPベースなので、そこで音声なのか?データなのか?の種類別に優先度設定をしてる訳で、それらの制御権は MVNOに存在しないわけですし。

実際に輻輳時の規制は音声から先に入るので、データ通信まで規制される場合はある意味「網側にも被害が発生している場合」ですから、簡単に制御できる方法はまず存在しないとも言えます。

もしも制御可能であるとすれば、被災地域内で折り返すデータ通信を優先する、というくらいではないかと思いますが、それすらキャリアが制御権を握っているので、実現する場合はキャリアを巻き込んでのお話が必要になるのではないかと考えます。

提案内容の自分的解釈は、現地で他のキャリア(MNO)ユーザーよりもmineoユーザーの優先~というわけではなく、あくまでmineoユーザー内での優先(現在のプレミアムコースと同等)の提案だと思っています。

キャリアネットワークの輻輳時はもちろんMVNO含めてみんな輻輳しているので優先も何も無いので、その話ではないと思っています。

災害の程度にもよりますが、発生直後は輻輳することが多くそこに接続するユーザー全員が通信しにくくなりますが、その輻輳も数日続くなんて事はまず無く、ある程度で落ち着きます。
その後の情報収集などに使う時の話・・・ですよね?
輻輳時の話をしてしまうと、そもそも該当地域のフリータンク引き出し10GBまでになったこと自体が無意味だという話になってしまいます。

ちなみに不公平だという話も、現在の「該当地域のフリータンク引き出し10GB」も同じように不公平ってことになってしまいます。
災害は地域差はあれどの地域も発生する可能性はあり、被害にあった地域への救済だと思っています。それを不公平・・・と思う人はいるんでしょうか?

既に過去に災害・・・具体的に言うと7月の九州北部大雨による災害救助法が適用された地域の人に一律2GBのパケットが付与されていますが、それが不公平だというコメントは見たことありません。(自分が見てないだけかもしれないけど)

なので、災害時の救済という意味での「該当地域契約者の一時的なプレミアムコース化」は賛成です。
ちなみに現状のプレミアムコースの反対も提案者と同じです。

Phamtomさん、詳しくフォローありがございます。
まさに、そんな感じですそんな感じです。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。