ドローンで4Gや5Gを利用する事は「現状」電波法に違反しています

よく携帯キャリアが「5Gでこんな事ができる!」みたいのに、ドローンなどの空中を無人飛行する機器の利用が挙げられています。
しかし、このような使い方は【現状では】電波法違反です。

日本でセルラー通信として認められているのは基地局と通信できる範囲の陸上・河川・海などです。
ここに空中は含まれていません。

現状では、空中で地上との間で無線通信ができるのは航空無線や、低出力のアマチュア無線、特別な認可を受けたデジタル簡易無線など、ほんの一部のみです。

携帯キャリアとしては、「現状違法な事」を推奨するかのような形になっていますが、これはどう説明されるのでしょうか。

また、国や総務省は今後この規定を変更するつもりはあるのかと思って調べたら、ドローンの5G通信に限り、今後許可をする検討をしているようです。

ただし、現状はドローンでのセルラー通信は違法なのでやめておいた方が良いでしょう。

同様に、航空機内のスマホの利用や、スマホを風船などで飛ばして撮影するなどの際に、セルラー通信の電波を出したままにする事は電波法違反となるので絶対にやめましょう。


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 7

航空機内のことは航空法かと思っていましたが、(上空では)電波法にもひっかかるのですね。

勉強になります。

基地局との通信相手が陸上移動局って概念ですね。
上空だと新たに認可を取らないと駄目ですね。
とは言え、ここを見ている人に電波法を詳しく語れる方がどの位いるのでしょうか...

現状5Gでそんなことをしようとしても即圏外ですからww

現在、エリアマップに高さ方向の要素がないんですが、今後は3Dマップになるんですかね?

ドローンで遊びたいなんて思わない。

ドローンって2.4Ghz帯・5.7Ghz帯・5.8Ghz帯の物しか知りません。許可が必要ないのが2.4Ghzのドローン(技適有り)、無線従事者資格と無線局の開局が必須なのが5.7Ghz帯と5.8Ghz帯としか知りません。携帯網の電波で飛ぶドローンがあるのですね。
あるとしたら限定的な許可をうけて飛ばしているんではないかと個人的に感じています。

2016年法改正で実用化試験局の免許を申請で、モバイルネットワークに対応したドローンの実証実験が各キャリアでできるようになっているらしいですから違法にならないのでは。

> nikowonさん
周波数の話はそれはリモコンとの通信ですよね。セルラー通信で全てを賄う場合は関係ありません。
それと、実験的利用で携帯電話会社のような免許がある場合のみ合法とされていますが、実用化したり個人が総務省に特別な許可を得ないまま実験する場合には現在の法律でも違法になります。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。