散歩途中の拾いもの

HAPPY

散歩途中の拾いものをつらつらと、いやだらだらと上げて参ります。


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 59

DSC_2078.JPG

ヒトリシズカ(4月上旬)。義経の妾・静御前が名前の由来だそうです。

DSC_9886.JPG

ヒメリュウキンカ(3月末)。エナメルの様な質感の花弁が綺麗ですが、強くて繁殖力もあるため、国によっては特定外来生物扱いだそうです。

自然を満喫すると気持ちも健やかに穏やかになって良いものだと
思います。
自然は偉大ですね。

新ちゃん おはようございます。
「自然は大きなホスピタル」そんなCMもありましたね。地震など天災のことを思うと自然は無慈悲で人の無力さを痛感しますが、そんなこともふまえて、自然から謙虚に学ぶことが大切なのかと思います。「自然は大きな教科書」みたいな感じでしょうか。

DSC_5836.JPG

ちょっとコレはグロ注意です。
百舌鳥(モズ)のはやにえ現場って初めて見ました。モズは他の猛禽類に比べ小型で足の力が弱いのでこのような習性があるそうです。(写真はモズ♂)

いつも楽しませてもらっています。
ありがとうございます。ペコリ

どの写真もとても素晴らしく、その瞬間を綺麗に撮られてますね。

カラスもこうやって見ると凛々しくてカッコいいです。

ヒトリシズカは初めて見ました。ひっそりと静かに佇んでいるようで、見逃してしまいそうな花ですね。

コゲラ、赤いリボンの髪飾りを付けているようですね。雌ではなく雄なんですか(^^)
貴重な写真ですね。
コゲラは両掌に収まるくらいのおおきさですか?
とても可愛いです(๑•᎑•๑)♬

ケロコロさん ありがとうございます。

モコナナさん ありがとうございます。ヒトリシズカは黄花カタクリを見に行ったとき近くに咲いていました。花の部分が明るい白で葉もテカテカしていたので目に留まりました。コゲラは図鑑には15cm位(シジュウカラ位)とありますが、尾も短めなのでもう少し大きく感じます。森を歩いていてキツツキの音がするとコゲラのことが多いです。

DSC_4320.JPG

モズの雌。百舌鳥ははやにえの習性のため日本でも欧州でも凶鳥とされてるそうです。個人的には可愛い目をしているのに嘴や風貌が猛禽類っぽいのが好みです。

DSC_0251.JPG

3枚目のキジがそろりそろりと動き出したところ。

構造色について・・・キジやカワセミの羽は、純粋な色素の色ではなくて、「構造色」だそうです。
構造色とは光の回折・屈折・干渉・散乱に基づく色で、微細なナノ構造(薄膜・多膜・微小円柱など)がもたらす発色のことを言います。
 表面や毛並みが構造色の例、CDの裏面、シャボン玉、玉虫、マガモ、孔雀等虫や鳥の一部、魚類の一部など。
 液晶技術の一部は構造色の応用で、先述の生き物の表面構造は、スマホやTVなど私達の身近なものである液晶とよく似た構造だそうです。
 人は液晶を開発する為に長い年月を費やしたわけですが、生き物は既にそんな技術を遥か昔から知っていたわけです。やはり自然は人にとって先生であり、教科書なのでしょう。
(カワセミの自己スレ)https://king.mineo.jp/my/882c90e699ea85ae/reports/46725
注)キジの構造色は首から胸の紫や深緑の部分のようです。

DSC_2481.JPG

(気まぐれですいません。トップをスッキリさせたいので、最初の写真を移します)
春咲きのリンドウ。4月上旬、近所の森にて。(ハルリンドウかフデリンドウか分かりません)

IMG_20190416_110832.jpg

バラバラな上げ方ですいません。2枚目の風景の向こう側からの風景。ムラサキケマン、タンポポ、リンドウが咲いていた森です。

IMG_20190421_195346.jpg

ど根性系のジュウニヒトエ(十二単)。
(4月中旬、近所の公園にて)

DSC_2628.JPG

ど根性系のヤマブキソウ。上の十二単と同所にて。似ていますが、よく見かけるヤマブキはバラ科、ヤマブキ草はケシ科の別物。花弁もヤマブキ草は4枚です。(こちらの名称の方が好きですが草山吹とも言うそうです)

DSC_2769.JPG

この公園の谷は、草山吹の大草原となっていました。

十六夜ノ月さん
こんばんは(*^^*) 今夜も沢山に有難うございます。

構造色について、とても興味深く勉強になりました。
キジをこんなにもマジマジ見たのは初めてです。何とも言えない色彩をしていますね。
また、百舌鳥もアップで見ましたら、可愛らしい顔をしてますよね。

あまり出歩かない私は、あらためて自然は偉大だと染み染み感じました。

DSC_2756.JPG

モコナナさん ありがとうございます
 構造色についてはカワセミを撮った時、光加減によって緑に見えたり青く見えるのが不思議で調べると、構造色によるものと分かりました。今はネットのおかげで分からないことはすぐに調べられるのでホントに便利になりました。キジの雄の模様も本当に綺麗を通り越して奇抜ですね。

DSC_2941.JPG

道端の草叢で「あんた誰」と思わず二度見。調べるとその名も「セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)」。(鳥が飛んでるかのように咲いていました)
 キンポウゲ科デルフィニウム属の雑草(中国原産の帰化植物)。繁殖力はネットで調べるも強いのか弱いのか不明。必殺技のようなカッコイイ名前ですがデルフィニウムは飛燕草と訳されるそうでこの属の雑草は珍しいそうです。しかし強い毒性があるので取扱い要注意です。

「セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)」鳥が飛んでるかのように…

確かに、この写真の右側の花はそのように見えますね。

モコナナさん コメントありがとうございます。

どの鳥たちも、お花も凛としてますね。
いい瞬間を写真で切り取るのは難しいでしょうね。

構造色についても、興味深いですかったです✨

Clemonさん ありがとうございます。
野生の動植物は日々サバイバルなんでしょうね。鳥にいたっては「うっ何か変なオッサンが来た」と警戒し凜とするんだと思います。より良い瞬間を撮るべく日々修業中です。

DSC_3542.JPG

過去に撮った赤いバラ。
色に興味を持たれた方へ・・・(百均でも売っている)大きめの10cm位の虫眼鏡で上の薔薇を両目で距離変えながら見てみると・・(ちょっと不自然ですが)赤い薔薇が浮き出て見えると思います(個人差有り)。「色立体視」と言われる現象。古くから知られる現象で色収差が主要因と思われますが詳しい理由は諸説あるようです。何にしても「青空や緑背景に赤系」の花などを撮ったり見たりが楽しくなる思います。

なるほど…
意識して見ますと、虫メガネを使用しなくても、真っ赤なバラ🌹は少し浮き出て見えますね。

赤色は色の波長が長いため、背景が暗めの色だと、少し離れた場所から見たら手前に飛び出す感じに見えます。

なかなか面白い写真ですね(*^^*)

モコナナさん こんばんは
そういうことだと思います。そしてレンズを使うと効果が増します。「色立体視」でググると色の見本の様なサイトが出てきます。波長的には青系の背景に赤系のものが一番効果があるようですが、進出色とか後退色とか組合せもあるようです。

>十六夜ノ月さん
こんばんは(´・∀・`)ノ

>>撮ったり見たりが楽しくなる思います。
ホントですね。
『写真』は奥が深いです。

こんばんは。
素敵な写真ばかりで楽しいトピックスをありがとうございます。
特に山の芽吹きがまぶしいですね。
普段コンクリートばかり囲まれてると、癒やされまくりました。
デルフィニュームが自然にはえてるとは珍しいですね。横から見るとイルカの横顔に見えるからデルフィンから名前がついたそうです。

DSC_3113.JPG

花好き女子さん こんばんは ありがとうございます。本当に綺麗な雑草で驚きました。蕾の時はイルカで咲いたら燕なんていうのも洒落てますね。ただの道端にタンポポやハナダイコンなど他の雑草負けず群生も作っていたので結構強さもありそうです。

DSC_3246.JPG

芹葉飛燕草を吸蜜するヒゲナガバチ 。(うまく撮れませんでしたが長いストローを持っていました)
 鳥の尾の様に伸びた部分には蜜が入っているそうで「距」というそうです。虫達に頭部を入れて着実に受粉してもらうよう進化したそうです。スミレ、蘭、オダマキ等の花は距が長いようです。

DSC_2266.JPG

去年の5月に見かけた西洋オダマキ。(オリックスの角のような)長い距をしていました。

これがお散歩中に撮られた
写真ですか?😍
十六夜ノ月さん
どちらにお住いかとプロフを
拝見したら東京都在住!
奥多摩の方でしょうか~✨
なんて素敵なとこに住んでらっしゃるのかしら~⸜(*ˊᵕˋ* )⸝

いいなぁ🤣
ステキだなぁ✨✨

DSC_2391.JPG

みどりのねこさん ありがとうございます。(それほど奥ではない)多摩地域在住です。周りは造成地も多いですが、山や森を歩くとこの辺は昔からの土地なのかなと感じることがあります。写真は4月中旬、近所の森の山瑠璃草。

DSC_2400.JPG

アメリカスミレサイシン。上の山瑠璃草の近くで勢力を強めつつ咲いています。この外来種の状況が心配で毎年観察しています。

DSC_3300.JPG

ウラシマソウ(4月下旬の公園にて)。浦島太郎の釣竿と釣糸のような姿がその名の由来(拡大すると茶色の花部から紐状のものが伸びています)。緑の中、木の下で釣りをしてるようでした。

DSC_3288.JPG

ムサシアブミ(4月下旬の公園にて)。武蔵鐙も浦島草も森でよく見かけるマムシグサの仲間。花部(仏炎苞)が「舌長鐙」という昔の馬具に似ています。

DSC_3281.JPG

ホウチャクソウ(宝鐸草)(4月下旬の公園にて)。宝鐸とは寺院などの四隅の軒に吊るす鐘だそうです。緑深まる頃の森は昔話を彷彿させる花がありました。

DSC_3409.JPG

キンランの花咲く森。(4/29の近所の公園にて)

 今上天皇も2018年の歌会始の儀でこの花のことを詠まれています。
「語りつつあしたの苑を歩み行けば林の中にきんらんの咲く」
 明日からは美智子様と御所内のキンランを心穏やかに御覧になるのでしょう。

>十六夜ノ月さん

おはようございます♬
『令和』でも、よろしくお願いします(*^^*)

DSC_3364.JPG

モコナナさん いつもありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。(何か新年みたいですね)

黄色が一番好きな色です💛
(๑✪‿✪๑)

モコナナさん こんばんは
菜の花、ヒマワリ、タンホポとか、黄色い花は見てて温かな感じで和みますね。

DSC_3527.JPG

チゴユリ(ホウチャクソウの近くで咲いていました)。双方ともチゴユリ属で近くにあると交配してしまうそうです。

DSC_3276.JPG

ナツトウダイ(宝鐸草や稚児百合の咲いていた森にて)。幾何学模様のような生え方と咲き方が面白い花。昔の室内照明の燈台が名の由来のようですが、私的には赤いインベーダーに見えます。

DSC_3548.JPG

河骨の花。当方の幾つかの池では咲きだしています。あまりアップで見たことなかったので寄ってみました。何気に美味しそうな気もしました。

初めて見る花が多くて、とても新鮮で感動です。

稚児百合…素敵ですね。疲れた心が癒やされました。

河骨の花…ホントだわ。拡大して見たら美味しそうでした💛

ビタミンカラーですね。嬉しいです💛

DSC_3050.JPG

カルガモかな?(河骨の咲いていた池の端で休んでました)
そういえば、新幹線の700系は「かもノハシ」、500系はカワセミの嘴の形状を研究し、空気抵抗やトンネル突入時の衝撃軽減のため、それらを模して車両が開発されたそうです。

IMG_20190430_101817_2.jpg

雨の日のミツバウツギ。
(記述に誤りあり自己レス二つ削除しました)

DSC_3358.JPG

晴れの日のオオアマナ。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。