他社UQmobileの歩みに見る現実

KDDIは元々、現在のようなSIM単体で格安なサービスを提供するMVNOに向けた取り組みには消極的であったはずです。当然キャリアの売り上げが下がると考えたからでしょう。

NTTドコモがMVNOを積極展開する方向に舵を切ったことがきっかけで、NTTドコモ系のMVNOにauのユーザーが流れる危惧が高まってきたことから、
KDDIもこの動きに方向修正したと思われます。
これによりmineoにも開放された?。

最初のUQの始まりは2014年12月にKDDIが子会社「KDDIバリューイネーブラー」を設立、自らMVNOを始めるというものでした。

KDDIバリューイネーブラーはUQコミュニケーションズの「UQ」ブランドを借りて「UQ mobile」としてサービスを開始しているが、その時点では特段、両社が協力しての展開ではなく速度など評判はよくなかったんです。
そのころのイメージで今もUQは嫌いと言う方が一定数おられます。

UQ mobile最初のプランは、高速通信容量が2GBで月額980円の「データ高速プラン」と、通信速度が300kbpsに制限されるが、データ通信が無制限にできる「データ無制限プラン」の2つを提供していただけです。
月額700円を追加で、音声通話ができる「音声通話プラン」がありました。
このプランが悪評が多かったのです。
この当時のSIMフリー端末はau回線非対応が多くそんなに人気が出ませんでした。

その後UQmobileが大きく飛躍したのが2016年5月だか6月のUQコミュニケーションズと、量販店の店頭で営業協力をするというものです。
※UQコミュニケーションズ=WiMAXの会社。
大手電気店で展開するWiMAX販売に抱き合わせでUQのMVNOを紹介し始めた事から人気が上向きになったと思います。
同年10月頃にこの二社が合併します。
それでUQコミュニケーションズと一体でUQmobileの展開を開始しました。このあたりから恐らくはmineoがUQの速度と比較されるようになったのだと思います。(実際に昼や夕方早かった)

今ではKDDIが積極的にサブへの力を強め、ぴったりプラン、おしゃべりプランの開始、そしてauとの販売連携など、大幅な強化を進めてきたのですから他のMVNOが勝負にならない訳です。
KDDIと他のMVNOでは基礎体力がまるで違うため、UQmobileと同じような速度を提供したら毎年大赤字になるでしょう。

Ymobileも似たようなもので一般的なMVNOと比較するのはナンセンスとも言えます。

結構、UQやYmobileと純粋なMVNOの速度比較を目にしますが、同じようなサービスは無理ではないかと思います。
また、この両社の強みであるプレフィックス無しでの無料通話も純粋なMVNOでは実現が無理でしょうね。

読んで頂きありがとうございます。
この内容は私個人の考えでありますので間違っている事があると思います。


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 15

このような背景から、mineoにキャンペーンなんかいらないから速度上げてほしい、マイネ王の強化やファンサービスはいらないから速度上げてほしいというのも、あまりに回線速度を上げる金額とmineoのファンサービスの金額コストが違うため、これらを引き合いに出して速度アップを希望するのもおかしいのかなと思います。

昼休みや退社時間から20時頃を除けば、UQと変わらないのでmineoを使用しています。

サブ機でUQ使っていましたが、パケット永久に繰越しできるmineoに戻しました。

自宅で光回線Wi-Fi利用なので、今の所は問題無しです。

退会済みメンバー
退会済みメンバー

mineoはmineoなりのサービスを考えてほしい。UQmobileのデーター
プランの最低は3GBですがmineoの最低は500MBです。しかも
切り替えで低速モードも使用できる。そのような利点を生かして
ほしいと思います。

ユーザーにとって損はないので、どんどん競争していただきたいですね。

競争が得意なOCN、共創が得意なmineo。もう各社個性が固定化されつつありますね。

台湾も含めた中華系端末の多くがauVoLTEに対応してくれてるってのも、UQには追い風となってるね。

田中プロの駆け引きが上手かったというべきでしょうかね。スマホはまだ必要ないというガラケー主義の小野寺さんから代わって一気にスマホをラインナップさせた功績は大きいです。プラチナバンドや3G切り捨ててのVoLTEへの思いきった対応は潔くて良かった。唯一の失敗はiPhone5が800MHzに対応してないのに隠して販売したことでしょうか。あれがなければ田中プロは神レベルだったんですがね。

>パケット永久に繰越しできるmineoに戻しました。
これですね

>自宅で光回線Wi-Fi利用なので、今の所は問題無しです。

私もそうです。

BIGLOBEもKDDIの子会社ですよ

選択肢が多い方が良いので
UQやbiglobeとは違ったサービスを展開してほしいですね。

BIGLOBEは通信設備を持たないのでなかなかKDDIとしても高速化するのが難しいのですかね。
貸し借りが一番優遇をやりやすい。

先日年配の母のスマホをY!mobileからmineoに変えました。キャリアもサブブランドも相変わらずの複数年縛りとわかりにくい料金体型で騙してやろうって気配満々な売り方で、嫌気がさした人に居心地のいいmineo。スピード求めたら負けですけどまだまだ同じ土俵ではない気もします。パケットの繰り越し、あげたり貰ったり、優位点もありますしね。

Y!mobileのMNP予約番号取得のために電話したらドスの聞いたおじさまが対応、長々20分以上引っ張られました。オペレーターに向かないタイプをあえて置いてるんじゃないかと邪推。個人的な想いですが、お客さんの方を向かないブランドに明日は無いと思ってます。

そういえばQTのAプランって最初KVEだったのにmineoに変わりましたよね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。