『太陽の季節』

趣味・サークル

おはようございます。

懐かしい映画です。
わたしは、観ていませんが、そう想う方へ‥


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 9

わー 石原裕次郎さん
「俺たち流の生き方」って 何かな?
大人の世界に叩きつけた問題作だったんだ!

私は本日 ベット周りのお洗濯
だって 梅雨の合間の 「太陽のでる日」だから

「梅雨の合間に太陽がのぞく季節」という意味ですか?

>わたしは、観ていませんが、そう想う方へ‥

どんな内容か尋ねたくとも、投稿主さんが存じ上げないのですね。
どうしたら。(*´・ω・`)b

なんだか暴力的なシーンが出てきますが、ボクサーを目指す話しなのかも?

母親が裕次郎大好き💓♥️❤️です❗
ファンとまではいきませんが…

これは慎太郎さんですね。この当時のエピソードとして、監督やプロデューサーがカメラのファインダー越しに見てこれは凄い!と感嘆したその人物が石原裕次郎、大スター誕生の瞬間です。慎太郎さんも男前ですが俳優としての目は「死に目」、一方「生き目」が石原裕次郎。二人の行く道が決まった瞬間でもあった、とまあ大袈裟に言いたくなるほど社会に影響を与えた兄弟でしたね。

シンタローさんが都知事のときに尖閣のために集めた寄付金は今どーなってるのかな?

寄付金14億ですね。使うことも出来ずまた返金するにも返金先不明でそのまま塩漬けされてるようです。何の展望もない中で思いつきだけで集め自らはタップリ退職金もらってハイサイナラですからね、まっこといい加減な知事でしたね。

それで、何かに投資しててそのリターンが都の予算に組み込まれてたら、ワラうところですかね。(私は都民ではありません。)

太陽の季節は、障子を破ってしまうエピソードしか知らないです。
そのシーンが伝説になっているので、ネタになっているようです。
石原慎太郎氏は、モラルに欠ける内容の小説を書いていたのに都知事になると漫画を規制すると発言してましたよねぇ…。

父が裕次郎さん、好きです。
私は、太陽にほえろだったかな
そのテレビしかイメージないです
残念ながら。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。