東大・オプテージ・シャープで5Gの実験とな?

フリートーク

IMG_2139.JPG

オプテージさんがシャープと東京大学と一緒に5Gのセキュリティ実験をするらしいです。

https://corporate.jp.sharp/corporate/news/190612-a.html


  • はてなブックマークに追加

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50

コメント 17

ん… ニュースリリースを読んでも、何をするのかよう分からん。
けど、次世代に向けての大実験やんやろな~とは思いました。
しかし、東大・大阪のオプテージ・堺のシャープってのが面白い。 あっ、今はシャープは〇〇資本。
大丈夫やんな!?😅

>対象・人数:東京大学の学生 50人程度(予定)
>実施期間:2019年8月~2020年3月末(予定)

こんな少人数かつ短期間で大丈夫なんですかね?

あんちゃん、ボルテージだと勘違いしたにゃw

要するにトラフィックのパターンで何のデータなのか推測する実験でしょう
か。

セキュリティ機能の向上が謳われていますが、SSLで暗号化されたトラ
フィックを識別してコントロールし、限られた帯域を有効活用する事にも
使えそうな技術な気がします。

それにしても最近のMVNOは東大と組むのが最近の流行りなのでしょうか(^^ゞ

・IIJと東大、プライベートLTEの活用に向けた実験
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1188539.html

mineoはAIがどうのこうのだって。とりあえず、AIマイちゃんが賢くなると理解した(タブンチガウ)

タグ付けとあるので、車でいうとナンバープレートみたいなもんかな〜と予想します。

ナンバープレートがないパケットを「怪しい通信」と推測したり、セキュアで内容不明な通信だけど秋葉原ナンバーが多いのを補足して「アニメ動画かな?」と予想したり。

読む限りは、「タグ付け」はデータを蓄積するために行うだけなので「タグが無ければ怪しい」という意味では無いと思います。
本来の通信にはタグは無いのだから。

現状の通信はトラフィックパターンからサービス内容を推測するの困難です。
なので、あらかじめサービス毎にタグを付けられてる実験用端末を用意し、それで通信することにより「このパケットはサービスB」という確実な情報が得られます。そのタグの付いたトラフィックパターンを学習することにより、タグが無くても「このパケットはサービスBだ」という推測が可能になります。

一通り読んだ程度では理解できませんでした。
最初はノードがどうちゃらこうちゃらって書いてあったので、Win10のアップデートで用いられているような、他人のPCを使った配信の最適可の様な機能を強制的にあちこちに作ってやるようなものかな?と思いましたが、読んでいくうちにそうではなくルーティングをAIを使って行うようにも見えてきて、結局何をするの?mineoがどう関与する余地があるの?って。まさかとは思いますが実は売り手市場の就職戦線で大学と企業の接点づくりのネタ?などとも思ってもみたり。

たぶんね、あんちゃんはシャープの実験用スマホにアイドリッシュセブンが入るか気になるにゃ!

AIであんちゃんのアイドリッシュセブンのトラフィックもわかれば面白いにゃ!

昔からいろんなMVNOとやってるんだねえ。
今回はmineoかな

東京大学大学院情報学環とフリービットとfreebit mobile、新世代ネットワーク技術 SDN / NFVを用いたMVNOの実証実験を開始 | 東京大学

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/p01_260630.html

「DPIしないけどDPIの結果は欲しい」というAIの教師データ取り

タグってVLANのタグでSDNとは関係ない話なのでは?

データプレーンの中見てコントロールが怖いですね。OpenFlowでやるんですかね?
いや、FLARE端末だしデータプレーン見るような感じですよね。

東大もたまには、世界的な学問的成果を出してほしいもんだ。
現状は、上流国民及び高学歴管理者養成学校としか思えない。

Untitled.png

>>タグってVLANのタグでSDNとは関係ない話なのでは?

https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15H01681/15H01681seika.pdf
ここではトレイラーと称してますが、ようはアプリ名みたいですね。
既存のネットワーク情報に「それを利用してるアプリ名」も付与しているようです。

A. Chromeでマイネ王にアクセス
B. マイネオアプリでマイネ王にアクセス
C. テザリングした端末がマイネ王にアクセス

従来、区別のつけられなかったABCを、アプリ名を付与することで区別できるようにして、それぞれに最適なネットワーク網をソフトウェアで作り出すようですよ。

なるほど。トレーラにアプリやデバイス情報を入れて、それを基にトラフィックを制御するんですね。
今mineoがやってるのはDPIなんですかね。現在ヘッダーやトラフィック見て推測していたのが、精度が良くなるということですね。

従来YouTubeのトラフィックが増加した場合、ブラウザやアプリなど関係なく、このIP宛、みたいに規制していたものが、アプリの通信だけ帯域制限をかけるというのが出来るようになるということですね。または、Android端末だけとか。

AIはサービスの分類のところで使っているんですかね。トラフィック見て〇〇アプリはサービスAとか。

で、こっそり規制されたのはユーザーには分からないんですよね。

amiyyさん、博多の砂糖さんの推測のお陰で理解が進みました〜。

昔、マイネ王で「通信の秘密」が話題になりましたが、法との兼ね合いが気になりますね。
おそらくは、手紙で家ば消印つけるようなものなのでしょうから、特に問題にならないのかな?とは思いますけど。

通信の秘密は、宛先住所やIPアドレスだけでも通信の秘密の侵害になります。でも郵便局や通信キャリアでは業務遂行に必要だということで違法性が阻却されます。

帯域制限は災害などで一時的にトラフィックが増加した場合は違法性が阻却されますが、設備増設とか、POI増速とか「お金がかかるからやりたくないので帯域制限する」というのは、違法性の阻却事由はならないです。

しかし、オプトアウトして、ユーザーの同意を得られれば、問題にはならないです。一般ユーザーに適用するときに、ユーザーの同意を得て実施するかどうかですね。コッソリやったら炎上でしょうね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。