mineoのSIMで緊急地震速報は受信できる?

  • はてなブックマークに追加

名称未設定_12.png

マイネ王運営事務局のマイテクです。
まず、この度の平成28年(2016年)熊本地震にて被災された皆さまや、被災地にご家族や友人のおられる皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

今回のような大地震の際に携帯電話に通知される緊急地震速報について気になる方も多いかと思います。
本記事では、緊急地震速報のような緊急速報がどのような仕組みで配信されているのかmineoでご利用の端末で受信できるのかをお話させていただきます。

仕組みではなく、mineoで使えるのかどうかだけ知りたいという方は「mineoでご利用の端末で緊急速報を受信できるか」まで読み飛ばしてください。

まず、緊急速報は大手携帯キャリア(MNO)3社から下記のような無料サービスとして提供されています。
ドコモ:緊急速報「エリアメール」
au:緊急速報メール
SoftBank:緊急速報メール(緊急地震速報+津波警報+特別警報+災害・避難情報)

それでは、緊急速報はどのような仕組みで配信されているのでしょうか。

緊急速報の仕組み

緊急速報はETWS(Earthquake Tsunami Warning System:地震・津波警報システム)といわれる仕組みを利用し、気象庁や自治体などから提供される緊急情報を可能な限り早く、多くの端末に配信するシステムのことです。ETWSは3GPPという国際標準化プロジェクトにて国際的な標準規格として制定(3GGP Release8以降)されています。

ETWS以前はCBS(Cell Broadcast Service)やBC-SMS(Broadcast SMS)という一斉配信機能の仕組みがありましたが、ETWSはこれらを機能拡張することによって、より早く・より多くの端末に受信させることが出来るようになりました。
具体的には、CBSやBC-SMSは必要情報を一度に配信するのに対して、ETWSは必要最低限な情報である「第1報」と補足情報の「第2報」に分けることにより、「第1報」を出来る限り早く発報することを可能としました。

また、以前は待受け中のみの受信に限られていましたが、通信中でも受信ができるようになり、より多くの端末で受信できるようになりました。ただし規格上では可能でありますが、現状ではドコモのXiネットワークによるパケット通信中(VoLTEやVoIPによる音声通話を含む)のみ対応しています。

section3_image

緊急速報の仕組み(ネットワーク)

緊急速報の配信方式は3GとLTEでは仕組みは違うのですが、ここではLTEでのETWSの動作を書いてみます。

section5_image

ネットワーク側の動作概要は以下のとおりです。

1. 気象庁や自治体などで一斉に配信が必要となった際、そこに設置される情報配信元であるCBE(Cell Broadcast Entity)からMNOのキャリアネットワークに設置されている情報配信サーバであるCBC(Cell Broadcast Center)へ緊急情報配信要求が送信される。
2. CBCは配信要求に含まれる情報より、「メッセージ」の作成と「配信エリア」を特定する。
3. CBCは該当エリアのMME(Mobility Management Entity)に作成した「メッセージ情報」、「配信エリアリスト」等の情報を送信する。
※MME:複数の基地局(eNodeB)を収容し、端末の移動管理等の制御機能などを提供しているシステム。
4. MMEは「配信エリアリスト」に基づき対象の基地局(eNodeB)へ配信処理を依頼する。
5. 基地局は同報配信を実施する。
6. 端末は同報配信を受信し、緊急速報を発報する。

このようにMVNOであるmineoの設備とは関係なく、MNO側のネットワークで緊急速報は実現されています。

緊急速報の仕組み(端末側)

では、端末側はどの様に受信するのでしょうか。

実は基地局(eNodeB)からは報知情報と呼ばれる複数の電波が一定サイクルで配信されています。
この報知情報は接続するキャリアや周波数帯、送受信タイミング、各種設定値などさまざまな情報が入っていて、端末はこの情報を取得することによって、通話、通信を実現しています。
ETWSはこの報知情報を利用しているのです。まず、端末の電源を入れると、上述の報知情報を決められた間隔で受信します。
その報知情報の中にETWS通知が含まれていると即座に別の報知情報(具体的には緊急速報の第1報としてシステム情報10番(SIB10)、第2報としてシステム情報11番(SIB11))を読み込むことで、情報を基地局(eNodeB)に取りに行くことなく緊急速報を受け取ることができるのです。

section7_image

mineoでご利用の端末で緊急速報を受信できるか

上記のように、mineoの設備とは関係なくMNO(ドコモ、au、SoftBank)側のネットワークで緊急速報は実現されています。

そのため、mineoかどうかはあまり関係なく、ご利用の端末が緊急速報を受信できる状態かどうか、が重要となります。

端末が緊急速報を受信するためには下記3つの条件が必要です。
・電源が入っていて、MNO(ドコモ、au、SoftBank)の電波を受信している
・端末が緊急速報対応機種である
・端末の設定、もしくはアプリの設定で緊急速報の受信設定をしている

□電源が入っていて、MNO(ドコモ、au、SoftBank)の電波を受信している
当たり前のことですが、電源が入っていないと受信することが出来ません。また、圏外でも受信できません。

mineo Dプランであればドコモの電波、mineo Aプランであればauの電波を受信します。
なお、SIMの種別(サイズおよびシングル、シングル+SMS、デュアル)は関係ありません。

□端末が緊急速報対応機種である
国内販売されている全ての端末でETWSを受信することはできるのでしょうか。残念ながらそうではありません。

基本的にはMNOで販売している緊急速報対応機種であれば、緊急速報が受信できます。
緊急速報対応機種については下記ページをご覧ください。
ドコモ:緊急速報「エリアメール」 対応機種
au: 対応機種一覧:緊急速報メール

ただしひとつ注意点としては、同じMNOのmineo SIM(ドコモ端末であればmineo Dプラン、au端末であればmineo Aプラン)を挿してください。(SIMロック解除した端末に他MNOのmineo SIMをさした場合の動作については、申し訳ございませんが未確認です。情報があれば教えてください。)

ここで問題なのはSIMフリー端末です。日本国内で販売はしていますが、元々はグローバル端末なので「緊急速報機能がそもそも搭載されていない」「搭載されているが緊急速報情報を解読できない」など、端末側の実装によって受信可否が決まってしまい、受信できる端末が少ないのが現状です。
ちなみに、iPhoneについてはSIMフリー端末、SIMロック解除端末についても動作確認端末一覧のiPhone 5s / iPhone 5c以降については緊急速報受信を確認しています。

自分の端末が緊急速報に対応しているか実機でテスト動作確認できればいいのですが、前半でご説明したとおりMNO側に閉じた仕組みであるため、端末所有者やMVNO事業者がテストで確認することはできません。

緊急速報に対応しているか確認できない場合は、技術的にはETWSとは違うものですが、防災情報用のアプリケーション(例えば「Yahoo!防災情報」や「ゆれくるコール」など)を利用するか、Twitterや自治体が発信する電子メールなどの防災情報をご利用ください。

□端末の設定、もしくはアプリの設定で緊急速報の受信設定をしている
こちらは端末によって設定方法がさまざまなので、詳細は各端末の取扱説明書をご覧ください。
注意点としては、MNO販売端末の場合、緊急速報アプリ(ドコモの「エリアメール」、auの「au災害対策」)が無効になっていないかをご確認ください。

mineo端末の状況

mineo販売端末の緊急速報対応状況については、下記のとおりです。

section13_image

LUCEについては申し訳ございませんが、緊急速報非対応です。

さいごに

緊急速報は、万が一のために有効な機能ではありますが、上記で述べさせていただいたように国内で販売されている全ての端末が対応できているわけではありません。
また、前半でご説明したとおりMNOに閉じた仕組みであるため、MVNO事業者が、実際に鳴動するかを実機でテスト動作確認することが難しいという問題はあります。

9月1日(防災の日)などに、各自治体より防災訓練の一環として「緊急速報メール」が訓練配信されることがありますので、それを利用して確認することができます。
ケイ・オプティコムの本社がある大阪市では、最近は毎年実施されておりますので、緊急通報動作確認が恒例の行事になっています。

今後発売される日本向けSIMフリー端末の全てが緊急速報に対応していただけるように期待しています。

マイテク@運営事務局の「自己紹介」と「これまでの記事」

マイテク@運営事務局


バックナンバー

「mineo技術・サポート」の記事一覧

マイテク@運営事務局

マイテク@運営事務局

mineoの技術関係、端末検証担当です。通信網、Android OS、iOSなどブラックボックスの中で日々もがいています。

関連記事

Banner mineo site 320x50

Banner support site 320x50


コメント 46

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

Screenshot_2016-04-22-14-05-13.png

mineoさんのsimと関係無い組み合わせで申し訳ありませんが

sim:ソフトバンクみまもり3用(緊急速報対応端末)
端末:docomoSH-01E 緊急速報(エリアメール)機能あり

4月1日愛知県にて手続きの為auショップにその時間居たのですが、店のアラームに囲まれ、防犯装置の誤作動かなとか思っていたら、実は地震の緊急速報でした。(タタンさんの報告の物)
後日、うるさすぎて聞こえなかったのか鳴ってなかったか確認した所、受信した記録はありませんせした。
mineoさんのsimはルーターで使用の為、組み合わせの検証はできませんでした。端末の設定はONになっていたっぽいです。
会社の違い(sim会社と端末アプリの違い)により受信できない事もあるらしいとだけ報告しておきます。(組み合わせが特殊すぎて参考にならないかもしれませんが・・・)

Screenshot_2016-04-22-12-27-33.png

au端末をシムロック解除して、Aプランで運用してますが、
熊本でもちゃんと受信できています。

生きた心地はしませんが…

Screenshot_20160422-120337.png

使用端末はNexus5Xです。
4/1の地震の際は、大阪市にいて緊急地震速報を受信しました。
昨年9月の大阪880万人訓練では、端末はNexus5でしたが、緊急速報メールは受信しませんでした。
Nexus5Xで大阪880万人訓練の緊急速報メールが受信できるのか、今年の訓練までは確認することができませんが、本当の緊急地震速報は受かることは判明しました。
不安はあるので、ゆれくるコールも併用しています。
テストする機会がないので、外国製の端末はこういう面で不安がありますね。

LUCEは非対応なんですか。arrowsに至っては肝心な時に画面割れて助けも呼べず死ぬ人出そうですね…

>PALさん
>WiFiでつないでいても電話の着信は取れますよね。
>WiFi接続時は、LTEや3Gでのデータ通信をしないだけで基地局の電波(報知情報)は待ち受け受信しているはずなので、ETWS信号は受信できると思います。

ありがとうございます。
とても分かりやすい説明でした。

本当は色々な状態での受信状況を確認したいところですが、それが出来ないのがもどかしいです。

年に何度かでも、発受信確認テストとかしてくれれば有り難いんですが。
もちろん、大々的に世間に周知してから、防災の日とかに。
他の警報システムや防災システムとかを一緒に試しても良いですしね。

2016-04-21_17.39.44.png

事前設定しないとWi-Fiで利用できないのは「災害用音声お届けサービス」みたいです。

wifi接続時はバッテリー消費を抑えるために機内モードでしたが、キャリアから通知にはモバイルデータ通信ONで、そこはトレードオフになるとの理解ですよね。

>Kanon好きさん

私の推測なので間違っているかもしれませんが、LTEは通信中もずっと制御情報(報知情報)を受信し続けているはずなので、au回線でのパケット通信中でもETWS信号を受信できるのではないでしょうか?

すごくいい記事ですね!
大切なのはみんなが正しい知識を持つことだと思います。
何ができる、何ができないかがはっきりすれば、対策を行う事が出来ます。
これからも、みんなの知識アップの為の記事を期待しています。

>うまちゃんさん

WiFiでつないでいても電話の着信は取れますよね。
WiFi接続時は、LTEや3Gでのデータ通信をしないだけで基地局の電波(報知情報)は待ち受け受信しているはずなので、ETWS信号は受信できると思います。

周りに多くの人がいるような場所では、誰かのケータイ、スマホが鳴るのでいいのですが、車を運転していると、車内では地震の揺れに気づきにくいので、車で移動することが多い人は、対応機種にしたいところですね。

ほんの数秒が生死の別や大怪我を免れる可能性があるので、キャリアと警報アプリの仕組み違うと知り、現実的にどちらに優位性が有ったのか知りたいです。
両方を受信することで端末の応答が遅れるかもしれないので、競合系のアプリは重複させたくないところです。

熊本地震の緊急地震速報で端末の履歴を見たらはwifi時でも受信していたようです
がアラームが鳴ったのかははっきりとは覚えてません(その時に他の端末が複数台あり鳴ってましたが)
アラームが鳴った時には激しく揺れていましたし、今の熊本県民には緊急地震速報は恐怖でしかありません…

私も現状はシムフリースマホを使用しているので、通知が来ることは無いですね。
なので、ヤフー防災速報を使ってますが、今のところはこれで間に合ってる感じです(^^ゞ

今回の熊本の地震の時にGalaxyS6 edge(SCV31)をSIMフリー化させた状態で0SIMをさしていたのですが「ウルトラ省電力モードにしますか」という感じの通知が出ていたので緊急地震速報は機能しているかもしれません(通知をOFFにしていたのと、周りでiPhoneが緊急地震速報を受信して通知音が出ていたのでわかりませんが、音はなっていなかったと思います)。
au災害対策のアプリは設定をしていなかったのでわかりません。

 緊急地震速報の対応の可否は端末に依存していることは前々から知っていましたが、ETWSなど技術的な部分はこの記事をみて初めて知ることができてとても勉強になりました。

 この記事を読んで最初に思ったのは、自分の端末が自身でETWSに対応しているかどうか調べるすべがないことと、端末の状態でETWSを受けられるかどうか変わってくるところに、仕組みを理解しづらいのかなと感じました。

 自分でもETWSを調べてみると、端末メーカーでも即答できないようで、詳しい方じゃないとわからない仕組みだと感じました。

 また、地震大国日本だからこその機能なので、キャリア主導で動いていて、SIMフリーの端末メーカーはコスト優先で、まだETWSの機能をつけるところまで行き届いていないと感じました。

 最後にこのような記事を公開していただきありがとうございました。難しい内容でしたが、内容的には面白かったです。ぜひ今後もこういった技術的なお話がきけると嬉しいです。

LUCEが未対応機種とは気付きませんでした。
重要な機能のため、対応機種を増やして戴きたいです。

ある程度は知っていましたが、詳しく解説されていて改めて
勉強になりました。(^^

ところで、緊急速報の受信は基本的に待受中のみの対応で、ドコモの
Xiネットワークによるパケット通信中のみ対応なんですね。

という事はauでLTEデータ通信の場合は緊急速報を受信できない事になると
いう事でしょうか。

データ通信は結構長時間行うこともあるので、この間受信出来ない
というのは注意が必要かと思われ、気になりました。

2016-04-14_14.38.27.png

auのZL2(SOL25)ですが、白ロムを購入してmineoのsimを挿して1年半、緊急速報は1度も受信してないです。

1日の9割近くWi-Fi環境下に居るんですが、Wi-Fi環境だと受信できないらしくて、それを受信できるように設定しようとすると「エラー、本サービスはパケット通信サービスの契約が必要です。401」というメッセージが表示されて先に進めないんですよね。

MVNO側で簡単にテストできないとのことであれば、今回の地震が落ち着いたらか、防災の日にでも各機種の受信有無情報をマイネ王で集めるというのは、いかがでしょうか?
mineoとして正式に保証はできないとしても、情報としてまとめる価値はあるかなと思います。